女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-163 →恋のカタマリ-165
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-163】へ
  • 【恋のカタマリ-165】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-164

 ←恋のカタマリ-163 →恋のカタマリ-165
堂本は署で提出された防犯カメラをチェックして行く。

「こりゃ、慣れてんぞ」

時間を計り、その素早さに首を振った。

「こういうことは覚えるの早いんだよ」

画面に写っているのは、三人の男達。
顔はハッキリとは写っていないが、一人は見張り、あとは二人は作業の実務と補佐の役割だ。
服装や動きからして、かなり若い。

「業務用の油圧カッターだな、コレ」
太いチェーンを、短時間でぶった切る。

「こんなもん使ってるってことは……やっぱり濃厚だな」
「間違いない。ちょっと悪戯で乗り回すにしちゃ、用意周到過ぎる」

ここの処、頻発しているバイクの窃盗グループの映像。
マンションの自転車とバイク置き場の防犯カメラで撮れたものだ。

犯罪を犯す方も下調べをしっかりして、カメラの位置も把握している。
けど、それを見越してダミーの防犯カメラで気を逸らす管理会社も出て来た。
犯罪が起きれば、防犯の質も上がる。それの繰り返しだ。

地図を広げ、届け出のあった場所に印をつけていく。

「最近じゃ餌撒いても、食いついてこねぇからな」

西村が腕を組み忌々しそうに地図を眺める。

「目星つけて張り込むにしたって、こう範囲が広いんじゃな」
「ケツモチの可能性もある」
「だったら、相当しずめてんじゃないですか?」

バックに暴力団がついていれば、現金化のルートもあるだろう。

「てんぷら(偽造ナンバー)つけて転売ルート持ってるか……」
可能性を上げながら、西村と地図の上をペンで囲んで行く。

「堂本さん。このアングルだと、結構顔がハッキリ写ってます」
「よし、それ画像解析に回せ」

堂本が画面を見て言えば甲谷が頷き、部屋を出て行った。

*

甲谷と共にゲームセンター、ネカフェ、バイク店、コンビニ……。
ありとあらゆる場所で聞き込みを続けた結果、コンビニ店員の証言を得た。

砂川功(スナガワイサオ)十七歳。N高中退。実家暮らし。

署に戻り、調べ上げた情報を元に班で会議をする。

「よし!張り込みだ」

物証の無い段階で、逮捕など出来ない。
まずは砂川の交友関係を探り、そこから窃盗犯グループを静かに追い……芋づる式に挙げる。

*

得た交友関係を元に、数箇所に分かれての張り込み。
六日目の夜、奴らが動いた。

現場を押さえ、現行犯逮捕に向かうため、アジトとなっている潰れた工場跡へと踏み込んだ。

半分閉まったシャッターから中を覗けば、盗んだバイクのプレートを外す作業をしている連中が三人。
音が煩くて足音にも気づかないらしい。

「警察だ!!」

その声で、作業を放り出して逃げ出した。

逃げる少年を西村が取り押さえ、ねじ伏せる。
右上がワッパをはめるのが見えた。
一人目、確保。

制服警官がもう一人を床に叩きつけるのが見えた。
他の警官が取り押さえている。
二人目、確保。

甲谷が、壁際にもう一人を追い詰めてる。
堂本がワッパを取り出して近づくと、甲谷の目線が動いた。

瞬時に振り返れば、誰かがシャッターから屈んで顔を覗かせている。

目を見開いた男と目が合った瞬間、堂本は走り出した。

シャッターを潜り外に出て、街灯の少ない暗い道を走る。

走る。
ただ、走る。

若いだけに足がとんでもなく速いが、逃がさない。

この先はフェンスになっていて、登らなければ逃げられないはずだ。

どれだけ地取りしてると思ってんだ。
道の作りは全部頭に入ってんだよ。

警察、舐めんな。

後ろから足音がする。
振り返らなくても、分かる。甲谷だ。

距離が離れて行くが、堂本はただ追いかける。

フェンスに飛びつき、足をかけるのを見ながら。

逃がすか……。

少年が足を上にかけ、腕の力でよじ登ろうとした瞬間、堂本が飛びついた。

「おら!!降りろ!!」

引きずるように力を込めれば、そのままコンクリートの上に少年が落ちた。

「……痛ってぇ!!」
「……うるせぇ!!……ったく、どいつもこいつも…………走らせやがって……」

ハァハァと荒い息のまま、動けないように腰の急所を膝で踏みつける。

「かいたにぃぃぃ~~~~!!」

声を上げれば、甲谷が手錠を取り出しながら走ってくる。
堂本が少年の手を後ろ手にねじれば、到着した甲谷が息を切らせながらはめた。

「おら!!立て!!」
堂本が首根っこを引っ張って、無理やり立たせる。

「おっさん!!首、締まるじゃねぇかよ!!殺す気か??」
「……だぁれがオッサンだ!!」

顔を見れば、まだ子供だ。

「お前、いくつだ?」
「二十歳」

堂本が頭を叩く。

「捕まっといて、サバ読むんじゃねぇ。補導じゃねぇぞ?」
「暴力反対」

……たく。減らず口だけは達者だ。

「たっぷり時間あるからな……お兄さんが、色々調べたんだよ。楽しみにしとけ」
「最悪……」


現行犯逮捕した四人と、新たに二人。
そして、残りの物色するチームだった二人も連行されてきた。
留置場に入れ、朝一番から取り調べに入る。

警官の見張る中で、寝やがれ……悪ガキ共。

堂本は連日の張り込みで疲れた体で、道場の布団の中に包まった。

*

朝から交代で取り調べに入るが、言ってることがバラバラで話にならない。
ヨンパチ(四十八時間)で送検しなければならないのに、人数が多く、やたらと仲間意識が強い。

取調室は他の事件も扱っていて、八人を同時進行とは行かない。
さっさと終わらせたいのが山々だが、ウタうのは恥だとばかりに変な処に根性を見せる。

ダラダラする連中にやたらと時間がかかり、課長からどやされた。


「堂本、やっちまえよ」

西村がニヤリと笑い、堂本も同じように笑みを浮かべて刑事部屋へ向かった。

滅多にしないが……こうやってダラダラと続く時は、流れを変える。
特に、警察を舐めてる若者には理屈や説教よりも、効果があるのだ。

目的の男を見つけると、デスクワークで真剣な顔をして書類を見ている。

怪我を負い、現場復帰はもう少し後。
……さぞかし、体も鈍ってるはず。

デスクの横につけば、書類を書いていた手を止め堂本を見上げる。

「久坂。付き合え」

すぐにペンを置く姿に、クスリと笑う。

ほら、見ろ……。
野獣が大人しくしてるなんて、柄じゃない。

部屋を出ると、後ろから同じようについて来る。

何も聞いてこない。
俺は、久坂のこういう処が好きだ。

見なくても、分かる。
背筋を伸ばし、俺の後ろを付いてきてる。

大学時代、試合に向かう時もそうだった……。
俺の後ろを、ただ黙って歩いていた。

堂本は懐かしい思いが過りながら、道場に入った。

少年が八人、ズラリと並んでいても眉一つ動かさない男。

「四人ずつ相手だ。早く帰りたいもんでな、手伝え」

久坂にそう告げれば、頷いた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-163】へ
  • 【恋のカタマリ-165】へ

~ Comment ~

NoTitle

悪いヤツを追っかけて捕まえる、堂本の日常。
そんな中で時折、拓篤のことを思い出しつつ、春馬と遊びつつ、お勉強しつつ……ん?実はけっこー充実してるんじゃ?
これで拓篤が帰って来たらどーなるんだろ?浮かれすぎて壊れやしませんかね~?(何の心配ww

ああそうだ、龍介さん、退院おめでとう。
なんて思って『強い男』を読んだら、お~っと♪あの道場のシーンですか。
そうか~、この時の拓篤と堂本はこんなだったんだなー。
こうやって地道に犯人を追跡して、逮捕へと。
堂本ったん、犯人逮捕、ごくろうさまであります!∠(`・ω・´)ケイレイ!

傍から見た龍介さんはきっと、現場でもデスクワークでも同じ顔なんだろうな。
竹刀持ってる時はちょっとキリリとしてる?って感じで、
嫁のご飯を食べてるときは多少顔が緩んでる?って見えるのかな。
彼も物思いに耽るって事ありましたっけ?
『とある~』読んできまーす♪ε=ε=┌(*´Д`)┘

kiriさんも時系列の調整ごくろうさまであります!∠(`・ω・´)


~本日の『流涎の館』会報
●コチラもGOODなサイト>http://rhettbeaman.tumblr.com/
●可愛い!❤♥❤>http://u111u.info/kfLM
●「ファイトー!」「いっぱーつ!」…でも視線は下に行き勝ちww
http://u111u.info/kfLI

●棒好きにはパラダイス>https://twitter.com/tenkawaai/status/556374932720848896
こんな大人買いをしてみたい~。
●10年前の写真なんだそうです>https://twitter.com/happii749/status/590894540820611072
奇跡が起きるとイイネ。

では、明日~┏○))ペコ

Re: NoTitle

トーヤ様

ここは女性読者様が多いので、警官があまり乱暴なシーンを書くとお叱りを受けるため、この程度に(笑
実際、もっと凄いみたいですからね。警/察/24時?←かなりカメラ意識してるとかw
言葉づかいとか、そんなもん……いや、書きませんけどw

そうです。堂本はこうやって日々を生きてるので。
ハッキリ言えば、充実はしてます。男は仕事が充実してたら人生の半分はそうなんじゃ?
ただね。休みの日とか、帰った後とかに寂しい~。でも、そんなの恋人居なけりゃそんなもんよ。

なので、あまり堂本に同情は必要無し。私はそう思って書いてる←マジです(酷
克哉がよーく知ってる「仕事あったら生きていける」と。

しかしBLなので。ちゃんとラブも投入は忘れておりませんよ…フフ。
絶対的な要素ですからね(*>∇<)ノ

そして龍介くんも、同じく…。達也が結婚しても待つと言った辺り。
仕事しながら待ってりゃいいか?的な。(別れるの前提かいっw
しかし、アパートで学生可愛がるのはムカつくのねw

>●可愛い!❤♥❤
いや、ほんと可愛いわ…。これ以上大人にならんといて…とか思ってしまう。←

>●棒好きにはパラダイス←(゚Д゚)600本!!すごーーーっ

奇跡、起きますように…。

有難う御座いました☆

幸せをおもう♪

kiriさま、こんばんは!

アラサーどうもっちゃん、冷静な激走、お疲れ様です♪
それにしても17歳の子が年齢上にサバ読みって…、
夜間外出や飲酒・喫煙をとがめられてるとかならまだしも・・・。
まあ、今回のことに関して罪の意識が薄いことのあらわれでしょうか?
あと、おなじ「オッサン」呼ばわりでも、拓篤に言われる♡のとは違って、いたって冷静…(←あたりまえですねっ♪)
そして、懐かしい”あのシーン”の序章に次回の二人の勇姿、期待していますっ!

ちょっと戻りまして…。
昨日のお話での、堂本の”幸せ”
堂本の恋愛を振り返ってみると、今まで付き合ってきた人に対して、小さなことから感じられる”幸福感”って期待することはなかった(できなかった)ような気がするので、堂本が拓篤と過ごした日々を「幸せだった」と感じられていること、さらに「拓篤が俺を幸せに”してくれた”」ってところも印象的で…。
お釈迦様(←勝手な持論)どうもっちゃんは、どちらかといえば、やさしく見守りつつ幸せを「施す」イメージだったので、拓篤から幸せを「与えられた」って感じている堂本の気持ちの変化に、そして、異国の地で堂本との再会を誓う拓篤の想いと…、二人の”未来”へ期待感が穏やかに膨らみますね。
あと最近、人間味が増してきているどうもっちゃんの今後の変化にも勝手に要注目です♪

そうそう…、”幸せ”キーワードから、昨日、読後すぐに思い立って「ここに~。」の最終話+あとがきを読みに行ってきました。(みなさん野獣カプに会いにいってらっしゃるときに…(^_^;))カプごとに背景は違うので幸せのカタチはそれぞれですが、どうもっちゃん、過去形ではなく
「凄く、幸せだ・・・」(byうっちー)って現在進行形でおもえるようになるといいですね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 幸せをおもう♪

key様

>それにしても17歳の子が年齢上にサバ読みって…、
でしょ?罪悪感が無い…というか「犯罪」だって認識が薄いことの表れですね。
ついポロリと零れた「20歳」という言葉。
補導歴があり…そこからこういう道へ流れてきたのがアリアリと分かるでしょう…堂本なら。

そして堂本の恋愛。
今まで、エロの方は(笑)長けていた方。
口説くのも落とすまでが楽しい…。気に入れば付き合って、ダメになっても去るモノ追わず。
克哉が本気で堂本を好きだったとき「ココがダメ」だと、悟った部分です。

本人は別に浮気もしないし。悪いことしてる訳じゃなく、凄く自然体なんですよね。
だから克哉が言ったって無理だってことも分かったんでしょう。
ある意味大きすぎて、恋愛部分では多分女性は「え?」って思う人。
拓篤が他の人と何かあっても別に良いのだと言った時も、理解者は少なかったと思います(苦笑
そう取るんだ…と思う事もあったので、女性心理を学びました!
いえ私も、♀なんですけど、最近恋が遠すぎる記憶になりすぎてww

そんな堂本が初めて気づいたような「小さな幸せの積み重ね」は拓篤が与えたモノでした♪

そうですね~。内野が掴んだ幸せを、もうすぐ堂本も…♥

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

堂本の日常って言ったら、もう仕事がほとんどですから(笑
たまに克哉とか春馬とご飯食べたり、後は仕事仲間と酒を飲んだり。
そして、お家でお勉強。足りないのは、…拓篤くんだけですね♥

>追いかける側だから、いつも逃げる人を追ってるから。
>どいつもこいつも、逃げるから。走らせやがるんですよね。
そうなのよ。走って、走って、頑張れー!ほんと、お疲れ様です。

明日はeさんが好きだと言っていたシーンが、少な目なんですが…出ます。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-163】へ
  • 【恋のカタマリ-165】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。