女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-160 →恋のカタマリ-162
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-160】へ
  • 【恋のカタマリ-162】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-161

 ←恋のカタマリ-160 →恋のカタマリ-162
堂本が病室に行くと、もう久坂の身内の者は帰っていた。

久坂が公務中に犯人に切りつけられ、腕の部分を深く切ったのだ。
命に別状はないが、怪我の状態を見れば当然入院だ。

堂本は、うつらうつらしている久坂に声をかける。

「携帯見るぞ?お前の嫁に電話しないと、心配するだろ」

久坂が小さく頷いたのを見て、携帯で履歴を探す。

何とまぁ……。
仕事以外は、ほぼ「達也」の表示。

堂本はクスッと笑みを零し、その番号を表示して自分の携帯で電話をかけた。

「あ、達也くんかな?」
『……はい?』

知らない番号からの電話に、警戒する声。

「俺は、久坂の同僚の堂本だ。落ち着いて聞いてくれ」
『……え』

もう声が戦慄き始めた。

「久坂が刺されて……」
『ど、どこですか??今、どこ??』
「え?警察病院」

ガチャガチャと電話口で凄い音が響き、堂本が思わず耳を塞ぐ。

ありゃ……慌てちゃって。

電話を落としたのだろうと待っていると、いきなりブチッ……と音がして切られてしまった。

あ~……。
何か誤解してる?

どうしようか……。

久坂を見れば、また寝たようだ。
獣も麻酔銃打てば、イチコロだもんな。


うーん……。


もう一度携帯を鳴らしてみたが、繋がらない。



……ま、いっか。
こっちに向かってるんだろう。
管轄内のはずだから、そう遠い訳じゃなし。


堂本は携帯をポケットに入れて、スツールの椅子に座って目を閉じた。


男同士で、結婚出来ないもんな。
表向きは友人である久坂の嫁に、正式な通知は行かない。

身内の者が帰り、警察の仲間も帰った後。
連絡をしなければ……あの男は、何も知らないまま今日を過ごすのだろう。
明日になれば久坂が自分でするだろうが、なるべくなら早く知らせてやりたい。

この先輩の愛情、どうよ?

目を開けて久坂を見るが、当然のように寝ている。


それにしても……。
あの慌てようじゃ、パニくってんな。


屈強な男だから、これで済んだ。
剣道で鍛えた反射神経は並大抵じゃない。
俺達は強くなきゃいけない。
それは、絶対に……だ。

本気で向かってくる相手に、情け容赦などかけていたらこっちの命などいくらあっても足りないのだ。
自分のためだけじゃない。
無事を祈ってくれている人のためにも。

俺がもし……こうやって怪我や何かで入院でもしたら。
拓篤は心配してくれるだろうか。
あの、久坂の嫁のように取り乱してくれるだろうか。

そんな想像をして、堂本は首を振る。

頑張ってるか……拓篤。

フランスとか、オランダ……だったっけ?
ヨーロッパの何処かにいるんだろうけど。
何せ遠すぎるからなぁ……。

ちょっと帰ってきて、顔見せろ。
なんて……近所じゃないんだし、そうは行かないか。

今も時々、駅前の花屋を覗いてるんだぞ……俺は。

お前の姿見つけたら、ワッパはめて強制連行だ。
そのまま家に連れて帰って、暴れても、抱いて……抱きしめたい。

まぁ、警官だからな……ただの、願望。


その時携帯のメール音が鳴る。

見れば、春馬からだ。

今日、行ってもいいかという問い。


――まだ仕事中だ。今日はパス。

そう返事をしたら、すぐに「つまらない」と短いメールが来た。

あれから数ヶ月の間に数度会って、二回程寝た。
一緒に飯だけ食って帰る時もある。

恋愛感情が無い場合でも、最初の頃は互いの体も新鮮。
でも、その内にSEXにだって飽きてくる。
そして友達のような関係に落ち着いてくるのだ。

思えば……俺は元々そういう付き合いがほとんどだった。
一人が楽で、自由で……それを寂しいと思うこともなく。
したい時にしたいことをして。

元に戻っただけだというのに。

戻ってないんだよなぁ……。

ふぅ……っ、と息を思い切り吐き出し、春馬に「すまん」とだけ打って携帯をポケットにしまった。



しかし……病院て、暇だな。
誰も居ないし。

そしてまた久坂を見る。

いつも無表情だから、寝てても何一つ新鮮味の無い寝顔を見つめる。

久坂。お前、男前だよなぁ……。
俺に負けらず劣らず、イイ男だ。

俺は男は好きだが、お前はそうやって客観的にしか見れないな。
……まぁ、俺に欲情されても困るだろうけど。

お前が男がイケる口だとしても、無理なんだよなぁ……。
……まぁ、お前もだろうけど。

堂本はあまりにも暇すぎて、下らないことをツラツラと考える。

そういや大学時代、俺が久坂の同期の奴を部室で口説いてる時に見られたんだっけ。
もうちょっとだったのに、こいつがいきなり入ってきてムードぶち壊し。
慌てるでもなく遠慮無しな上、気も利かさないから逃げられた。
あの当時、久坂の同期に可愛いのがわりと居たんだよ。
でも、久坂は……当時から、こんなだったな。

しつこく下らないことを考えながら後輩の寝顔を見ていると、携帯が鳴った。


『……達也ですっ。着きました』

凄い息が荒い。
走ってくるには距離が遠いぞ?
いや、さすがに人間の足じゃこんなに早くはたどり着けない。

「あ、七階まで上がってきてくれるかな」
『い……入口が、電気消えてて』
「あぁ、そうか。とっくに外来は終わった時間か。……じゃ、裏口から入るとこあるから」

部屋番号を告げると、またブチッと切られてしまった。

堂本は寝ている久坂を見ながら、口元を綻ばせる。

「嫁さん、必死だ。愛されてんなぁ……ちくしょう」




しばらくしたら、足音が。
ありゃ……病院で、夜もそこそこの時間なのに走っちゃってるよ。

足音が近づいてきて、いきなりドアが開かれた。

わーお。
やっぱり、美人……。

「りゅう……すけは?」

ハァハァと息を切らす久坂の嫁の気迫に、圧倒される。

「あぁ……」
「あの……」

泣きそうな顔が綺麗なのでついジッと見ていると、膝を折ってしまった。

「あらら……」
思わず傍に行き、どさくさ紛れにひょいと抱きあげる。

思ったより、軽い。
背はそこそこあるのに。

「もっとちゃんとご飯食べないと。軽いよ……男の子だろ?」

声をかけてやるが、目が瞬いていて可愛らしい。

そのまま久坂の上に降ろしてやった。

体の上に乗っかってるが、久坂なら俺が乗っても大丈夫。
……しないけど。

「りゅうす……け……?」

小さな声で嫁が囁き、俺を見た。
あ……っ、そんな縋る目を俺にしてはダメだよ?

「そんな小さい声で囁いたって聞こえないよ。ほら、もっと近くに」

そろそろと嫁が旦那に近づいて行くのを見て、ガバッと行っちゃえとばかりに腰を持った。

「細いな……」

拓篤サイズ?

「龍介!!」

後ろからデバガメのように首を伸ばすと、嫁が首筋にキスしてる。

あ、ららららら……。

「お邪魔かな……」

さすがに居たたまれず、堂本は病室を出た。



ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-160】へ
  • 【恋のカタマリ-162】へ

~ Comment ~

NoTitle

読んじゃったー

強い男

仕事 休んじゃったよー

で、このシーンにもう何言っていいのやらら

龍介 切りつけられた後なのですね
達也パニクった後なのですね

この先洋平のイタリアまでの飛び立ちシーンがあり…

いやあー
kiri様ワールドにハマりっぱなしです

仕事サボって 絶対にいかんよな…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読み返し

昨日読み返したとこ~!!
『強い男』リンクしてますね。
堂本サイドなのでちょっと違いますね。

野獣カプのラブラブみたら想いが募るよね♪更に拓篤に会いたくなってくる?
この二人は男同士って感じがとても強くて
対等ですよね。色んなかぷがいるけど、わりと好きです。強い攻め様萌えなんで(笑)

明日の更新まで『とあるアパート』読み返しま~す。

ありがとうございました。

おや?!

kiri様。

あらー。ワザとじゃなかったんですね?
私はまた分かっててトボけてらしたんかと思ってました。
堂本さん、ごめんなさい。
先輩愛やったのにね、、、
でも、ちょっとだけ、面白がってたでしょ?(笑)
私は悦んでました←

強い男(≧∇≦)

お久しぶりです。毎日幸せな気分で読ませていただいてます(^^)

待ってました〜♡
強い男!大好きな話です。
ここに出てくる堂本さんの存在が気になっていて…
恋のカタマリが始まってから何度
このシーンを読み返した事か〜!
この時は堂本さんは彼氏はしばらくいないな〜っておっしゃってたので
今日繋がって本当にニヤニヤしながら読み終えてスッキリした所です(^_^;)
スピンオフの楽しいところですね!こんなことを堂本さん、考えていたんだな〜♡って(^^)
今日は今からPTA総会なんですが妄想が止まりそうにありません♪
時系列…大変そうですがありがとうございます!このシーン出していただき嬉しかったです♡

終わりに近づいてると言う事で寂しいですが2人のハッピーエンド🎵
こちらも楽しみです。

Re: NoTitle

とおら様

強い男…何気に読み返して下さる方が結構…。
過ぎれば恥ずかしい、過去作…(/▽゚\)

龍介が珍しくダウンして、復活までのお話でしたね。
その間色々と…。
愛を確かめ合う野獣カプと、それを横目で見る先輩…ww

>仕事 休んじゃったよー  ←コラーww

有難う御座いました☆

Re: ('・c_,・` )プッ

鍵コメj様

あ、ココも。
この間、言ってましたね。読み返し…。

結末分かってても、読み返してくれるんだとサイト初めて知りましたわ。
私、滅多にそういうことしないヤツなんで。。。

うぅ……(つ﹏<。)
身につまされるお話。
でも、どこかホッコリもするなぁ……。

あぁ、優しい!!(>_<)

>時間が許す限り、一緒に居る……大事な人。

現実は大変だと思いますが、2人で幸せを感じる「時間」がたくさんありますように。祈

有難う御座いました☆

Re: 読み返し

ふらわー様

堂本は、達也が来るまで病室で色々考えておったのです(暇なのでw

うん。野獣カプは、喧嘩ップル。←私がBLで一番好きな萌え❤
対等で、男同士。同級生で幼馴染なので、一緒に成長してきてますからね…ここは。
受けが攻めを甘やかす、当サイトでは少ないパターンのカプです(笑

拓篤もいずれ…野獣達の背中を見ながら、近づいて行くよ~。

野獣ラブを見て、羨ましい先輩ですが、数ページだけ続きます…w

え、読み返し?(/ω\)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

『強い男』のあのシーンを堂本視点で見るとこんなんだったんか~。
堂本君も軽く言えばいいのに、「落ち着いて聞いてくれ」って、逆に緊張しちゃうよ~(。・w・。 )プッ
親族以外の人を呼んでくれたのは、確かに先輩の愛情ですけどね(笑
でもなんか、いちいち拓篤と比べちゃって。堂本もいじらしいなあ。
達也のこともしっかりでてましたけどwww

昨日は、恭二のことで、しんみりしみじみと色んなことを考えて、今日は腹を抱えて笑ってる。
kiriさんに翻弄されまくりーの。_(:3 ∠)_グッタリ
それでも地を這ってでも着いて行きまするぞ!


~本日の『流涎の館』会報
●【音声注意】ふるふる~~>://u111u.info/k8Nn
●べろーーーん>://burleighman.tumblr.com/post/78733262421

●せ、せんせい…>http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/54759/
●クレームの数々>http://u111u.info/k8Gp
面白いものから呆れるものまでイロイロ。勉強になります。
●ミニチュア>http://xenontenter.com/tanaka-tomo-miniature-art/

では、明日~┏○))ペコ

Re: おや?!

優様

そう。ワザとでは…ないww
さすがにね。大怪我だし。

しかし野獣サイドから見れば、絶対そう見える。
普段の行いが…ホラ(≧ε≦o)

でも、ちょっと面白がってるのは本当。
龍介、獣扱いだし(あんたもな、と言い返されるだろうけど

有難う御座いました☆

Re: 強い男(≧∇≦)

マム様

お久しぶりです♪読んで頂いてて、嬉しい~!

強い男。
好きだって言って下さる方が結構いるんですよね。
37の、愛しい男…の後で、甘々と野獣のこの大きな違いをどうやって出せば…と苦労したの覚えてるので、嬉しい。
お話書いてる時って、リズムがあるんですよね。
あの激甘から、リズムが中々戻らなかった(笑

そうです。この時の「セリフ」のせいで、色々と苦労しております…。
本編書いてる時は、スピンオフ書くつもりもないので自由気ままに、メインキャラに合わせて書いちゃうので(-д-。)

PTA総会。退屈な(コラ)お話中は、妄想して下さい←

有難う御座いました☆

待ってました♪

kiriさま、こんにちは!

本編メインカプの”しばしの別れ、ラブひと休み”の中、懐かしのこのシーン、真っ直ぐな達也の”熱情”に今日はテンションアップヽ(^o^)丿とともにコメ欄へ浮上してきました!

堂本と拓篤、このふたりの物理的距離が遠くなったからこそでしょうか、積み上げた時間と経験を経てお互いに遠くの”想い人”の存在の大きさを日に日に自覚していく様に、堂本の達観した落ち着きがリンクしているかのように、いままで成り行きを静観していました。
そして、野獣さんたちのこの一件から、思いを馳せるどうもっちゃん。
堂本の心って、いつもは湯たんぽのようなほんわかした温かなイメージですが、拓篤に対して熱量があがってきているでしょうか?
堂本からちょこっと垣間見れる”執着心”も人間らしくってイイですね!
どうもっちゃんのイメージって”お釈迦様”なので…(^_^;)

拓篤の帰国に向けふたりの動向にも期待感が高まりつつあり、
野獣カプのこの後の様子と共に、明日の更新が楽しみですっ♪

Re: Re: NoTitle

トーヤ様

はい、堂本視点。
スピンオフでは「お約束」のような、リンク…ですねw

前はスピンオフ書く時、内容もう知ってるのにウザかろう…と思ってたんですけど、結構視点を変えて読むのを喜んで下さる方もいて、ちゃんと書かないと!と思ってますw

先輩の愛情…。自分で言うとこが堂本ですけど。

>「落ち着いて聞いてくれ」って、逆に緊張しちゃうよ~ ←だよね。
普段軽い人が、重くなると「ひぃぃ!!何??」ってなるってば。
ただでさえ、あまり良い印象持たれてないのに(でも、先輩だから我慢w

>それでも地を這ってでも着いて行きまするぞ! ←嬉

●せ、せんせい… 
BLでもね、結構あるんだけど。コメディーで(そりゃそうか)妄想だけなので、笑えるw
仮/面/テ/ィ/ー/チ/ャ― だったかな…。(違ってたらスマヌ
それもショタという超危険なゾーンをコメディ(ひたすら煩悩と闘う)で描いてたような…。

ミニチュア…芸術だ。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『……うさメリですっ。着きました』  w

kiri様!スマホでサイト開けて一行目で
『これは帰ってからPCで「強い男」と並べて読む~~』と心に決め
スマホでは流し読みにしてしまいましたww

「泣きそうな顔が綺麗で見つめる」
「しんみりした顔」に耐えられずヘナヘナァ~
と、この相違だった事に思わず
チョットはトボケタ顔して見つめてくれれば良かったじゃん!と
今更ながら突っ込み入れてしまいましたww
ついでにも一つ。
愛情で達也君に電話をくれたのは感謝ですが、自分の携帯から。。。
それ、「着きましたコール」を見越して?
それとも履歴残すため?とこれまた突っ込み入れました(^_^;)
ついでにこの日の自分が強い男でどんなコメを書いたのか覗き見したら
…泣いてました…なのでまた泣いときますo(´^`)o うぅ~


拓篤だって心配して取り乱しますよね。
いつも異国の地から事件でそれらしい記事が無いか気にしてる位なんだから。
取り乱した拓篤を見てみたいとか、チョット思ってるんじゃないの~?堂本ったんww

明日の恋のカタマリ-162もPCで並べて読む回になりますか?ワクワク“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪

Re: 待ってました♪

key様

拓篤と堂本の別れから2年近く。ブログの方では一月と少しが経ちました。

そろそろ、帰還(戦場ではないけど)の準備期間ですw

遠く離れて、拓篤は花に没頭し。
堂本は以前と変わりなく仕事をし。
でも、心の中では互いに忘れずに想いだけを募らせてきましたね。

>どうもっちゃんのイメージって”お釈迦様”なので…(^_^;)
えぇっ…(゚Д゚)こんなエロなオッサンなのに(爆)
まぁ、年が離れてる&マジで仕事が忙しい男ですので…。
年が近かったら、ここまで大きく見守れないかもしれませんw

可愛い仔猫が、頑張って成長して逢いに来るのを待つ、半分親心的な部分もなきにしもあらず。
…ですが、目の前にしたらどうなるか。
淡々と、を目指して書きました←

有難う御座いました☆

Re: 『……うさメリですっ。着きました』  w

うさメリ様

え?並べ読み?うきゃー!荒がバレる・・・(・∀・i)タラー・・・

堂本視点と、達也視点の、この大きな違い(笑
しかし。その根底には、先輩の愛が入ってるんだぞ~(ホントだよー達っちゃん

うん。携帯のことは絶対誰かが突っ込むと思ったんですけど。
まぁ、常識的に…。人の携帯では電話しないというダケかと思いますww
いえ、決して下心なんて…。爆
後輩の嫁ですからねぇ~。さすがに、いくら好みでも。。。
ちょっと腰とか触って、抱っこもしたけどね(≧ε≦o)

まぁ、何だかんだと言いつつ、心は拓篤が固まってるので❤

明日も、この続きだったかと思います(夜に確認w
描写はかなり端折りましたけど、悪ガキ達と道場でのシーンも有りますよ♪

有難う御座いました☆

ホントだ~

「強い男」と繋がってるんですね~(*´∀`)

あの頃は分からなかった堂本さんの背景を重ねながらこのシーンを読み返すと、また違った面白さがありますね~(*^^*)面白さ倍増ですよ~(*´∀`)

こういうところがKiriマジックなんすかね~。
皆がKiriワールドにハマるのわかりますよね~(*´∇`*)

明日も楽しみにしてます~(*^^*)


いやぁ~~~ん

こんばんは。
出ちゃいました、出ちゃいました。
嫁 達也くん!
拓篤くんと堂本さんとでシリアスになっている所に久坂さんと達也くんが入るとほっと一息つけるというか…このシーンは久坂さんが怪我しているけれども先を知っている分、安心感がありますね。嫁!これからのお世話頑張ってね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ホントだ~

ちぃこ様

はい。
あの時は、ただのエロ先輩でしたが…。
いやいや、ちゃんと達也に教えてあげて、お酒飲んだw
それも、強引でしたけどね。
きっと……寂しかったのよ(´艸`*)

リンクしてるシーン、喜んで下さる方もいて嬉しいです!

有難う御座いました☆

Re: いやぁ~~~ん

美夕様

出ましたね。達也w

すっかり堂本の中では「嫁」扱い。
あのお弁当の美味しさに、確定?

野獣カプが絡むと、シリアス路線には行きませんね。
まぁ、堂本自体がシリアスには向いてない男なんですがw
ちょっとだけ切ないムードだったのに、後輩の願いみていらんことをツラツラと…笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

はい、またもやリンクのシーンです。

スピンオフの宿命とでもいいましょうかw
ここに~の時は、本編が終わった後からのスタート(内野が失恋)だったのでそう無かったんですけども。
こっちはもう、仕事が一緒なので。

先輩の愛情を受けて、後輩の野獣君はスヤスヤと…。
その寝顔見ながら、暇過ぎて余計なことばかり考える先輩でしたw
達也、必死で半泣きで向かってるというのに(笑

はい。道場のシーンあります。…が、少ないですよ~。
ほんとちょっとダケです。動きとかほぼ一緒なので、端折りました(汗
剣道の緊迫感とかは…無いと思いますが、その前の少年たちの逮捕~の処はちょっとあります♪

有難う御座いました☆

ジェットコースター? 回目。

今回は達也がジェットコースター乗りましたね(笑)。出発の合図は、
「落ちついて聞いてくれ」 ・・。

走って来て、ホッとして、’先輩・堂本’ というコースをアップダウン。
一旦着地しましたがまだ続きがあるんですよねー。 む腐腐。
次回が楽しみっ。


対して恋愛一旦停止状態の堂本ったん。
野獣カプに「拓篤は・・」とか、「拓篤なら」とか想い、「俺なら」と思う。
カタマリを撫でてその熱を確かめながら、ちょっとカワイク拗ねてる感に見えるのは欲目でしょうか・・?


でも、足踏みしている訳じゃない。
結局は拓篤が基準になってぜ―んぶ当てはめてる♪
堂本サン、それはお互いなんだよ。拓篤だって同じコトしてる。 遠い国で。

・・・しばらくは妄想で恋を温めていてください。じき、戻ってきますから!


Re: ジェットコースター? 回目。

ますみ様

普段から、やっぱり心配してたんですよね、達也。
クマ、クマと言いつつ、顔を見たらホッとしてたはず。

なのに、先輩…。
まぁ、親切心で電話したのは本当なのでw
一歩間違えたら、腕だけで済まなかったんだし、達也も愛情を再認識♥

堂本、ちょい拗ねw
まぁ、向こうでは着々と帰る方向に向かってるので…。
仔猫がライオンさんを、同じく思い浮かべながら。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-160】へ
  • 【恋のカタマリ-162】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。