女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-158

 ←恋のカタマリ-157 →近平×拓篤◆メインキャラです♪☆寿祐様
堂本が仕事を終えマンションに戻ると、前に春馬が立っていた。

「……何やってんだ」
「ご飯、誘いにきた」

あっけらかんと言う春馬に、堂本が首を振る。

「急に来るな。今日はたまたま早かっただけで……」
「じゃ、タイミング良かったんだ。ラッキー」

こういうタイプは、得だな。
自分の魅力を知っていて、こうやって男を思い通りにすることに何の迷いもない。

「何食べるんだ」

心で呆れながらも、悪気のない顔に……拓篤を、また重ねてしまった。

「この近くにあるラーメン旨いんだ。俺が誘ったから、驕る」

堂本の腕を取って、向かう。

あぁ、あそこのラーメンは拓篤も好きだった。
拓篤が居なくなってから、足が遠のいてしまっていたんだっけ。

腕を取っていたが、外に出るとすぐに離す。
ゲイだなぁ……なんて、こんなところで感心して仲間意識が湧いた。

*

「堂本さん、フリーだよね」

ラーメンを食べながら単刀直入に聞いて来る。
知ってるけど、確認してるのだ。

「……まぁな」
「おっし!!」

目の前でガッツポーズする春馬に、笑いが零れる。

「口説く気か?」
小声で言えば、ビシッと親指を立てた。

「無駄だと思うぞ?」
「えー。そうなの?」

ムクれた顔をして見せるけど、それはポーズだ。

男は、ハンター。

狩りを楽しむ性。

この、寝るか寝ないかの瀬戸際の時間が楽しい。
相手の反応を見て、どうやって攻め込もうかと思案するのが良いのだ。

それを証拠に、春馬の目は俺を獲物として見ている。

黙ってラーメンを食べて金を支払い、店を出ても付いて来る。

堂本ももう何も言わず、マンションに帰って部屋の鍵を開けた。

*

部屋に入るなり、抱き付いて来た。

「いきなりか?」
首筋に吸い付てくる春馬を、一旦引き剥がす。

「落ち着け」
「無理……。昨日会ってから、あんたとしたくて。今日ずっとムラムラ」

なんて正直で、エロい。

……直球で来たか。
そういう処も好みだけどな。

「するのはいいけど」
「けど……何?」
「俺は、他に好きな男がいるぞ?」
「知ってる。だからいいんじゃん」

そう言って、飛びついてきた。

小難しいことなど、どうでもいい。
やりたいから、する。

その単純な思考が、堂本は懐かしかった。

春馬を抱き上げ、そのままベッドルームまで連れて行く。

こんな排他的ともいえる行動をしている自分が可笑しくて。
それでも、とても気持ちが解放されて行くような気になる。

狙いを定めたハンターに、喰われるのも……悪くない。

こっちも喰って、おあいこだ。

*

シャワーを浴びて、リビングに戻ると春馬がビールを飲みながら、堂本の煙草を吸っていた。

「堂本さん、やっぱ巧い。皆で元カレの話で盛り上がってた時にさ、酔っぱらった克哉さんが自慢してたんだ」

そんなことだろうと思った。
そういう話を聞けば、男は味わいたくなるもんだ。

「チャンスを狙ってた。こうね……バン!」
拳銃を打つマネをする。

「俺は獲物で、まんまと食われた訳だ」
「よく言う。共食いじゃん」

堂本もビールを取り、缶を開けて口にする。

「俺、堂本さんの好きな相手に似てるんでしょ?」
「あぁ……なんとなくな」
「何で別れたの?」
「……弱ってる時、傍に居てやれなかった」

あの拓篤の痩せた後ろ姿をまた思い出してしまい、ため息を一つ。

「それが理由?」
「いや……色々とな」

そう……色々とだ。
タイミングだったんだとも、思う。


「忘れられないんだね」
「忘れようと思わないんだ」

即答した堂本に、春馬が目を小さく剥く。

「そっか~」

煙草を消して、ビールを飲む。

「遠くに居る。そして、俺は逢いに来るのを待ってるんだよ」
「……ふーん。帰ってくるといいね」

そう言って、頬にキスをしてきた。
親愛のような、キスを。

「相思相愛って、凄いと思うんだ……俺」

今度は真面目な顔で言ってくる。

「そうだな」
「逢いに来たら、捕まえなきゃね」

勇ましい目で言ってくるから、雄だなぁ……と思う。

その通りだ、春馬。俺も、そう思ってるよ。
自分に似た思考の持ち主に、心強い。

「そのつもりだ」

逢いに来たら……あいつが文句を言っても、抱きしめてやろうと決めている。


自惚れであろうが何であろうが。
拓篤はまだ俺を好きだと、そう思ってるからだ。

ちょっとくらい他の男や女と遊んだ処で、構わない。
遠い国に嫉妬したって、何になる。

逢いに来て、顔を見れば分かる。

駄目な時は、そうだな……今度は俺から口説いて追いかけようか。
その時に考えりゃいい。

「遠いとこにいたらさ、捕まえるにも手が届かないもんな~。狙いも定まらないし」

目を細めて手を伸ばし、また拳銃を打つマネをする。

春馬は、素直だ。
克哉が文句を言いながらも、可愛がる気持ちが分かる。

「お前にも好きな奴がいるんだな?」

堂本が何気に問えば、顔を伏せた。

あ……悪いこと聞いたかと思えば、すぐに顔を上げる。

「居るよ」

その表情で相手はノンケかとも思うが、それ以上は聞かなかった。

「俺さ、面倒なの嫌なんだ。だから、堂本さんみたいにそこのとこ分かってる人がいい」

顔をしかめるのは、トラブルでもあったんだろう。

「俺に好きな男が居るのも、好都合か」
「うん……。だからって、誰でもいい訳じゃないんだよね。そこらへんの微妙さっていうの?」
「あぁ、分かるよ」
「セフレみたいな男は居るし、そういう場所に行けば相手も居るけど」

そうだな。お前なら、相手には困らないだろう。

「単純に、したいと思った相手とのSEXに溺れたかったんだ」

堂本に寄りかかり、淡々とそう言う春馬の頭を撫でてやった。

「今日、何かな……こういうの久しぶりで。ちょっと解放された気持ちになれたよ」

正直に気持ちを言った。

虚しい訳でもない……不思議な気持ちだ。

「たまに、遊んで?」
「う~ん……」
「セフレとか、そういうのは要らないんだ。何だろ?変な連帯感みたいなの?上手く言えないや」

春馬の言うことは、何となく伝わってきた。

「ご飯食べたりだけでもいいし。気分が乗った時だけ、ヤる」

ニッと悪気なく笑う春馬を見ていると、力が抜ける。

……昔の俺、そのものだ。

堂本は可笑しくなって、くくっと笑った。

「何?俺、変なこと言った?」
「いや、すまん。……そうだな。形を決めてしまうと、型にはまって抜けなくなる」
「でしょ?」

思えば、克哉との関係もハッキリした型はない。

「とは言っても。俺、かなり不規則な仕事だぞ」
「そうなの?」
「そう。今日はたまたまだ」
「公務員なのに?」

堂本がプッと吹き出してしまった。
そうか。刑事とはまだ言ってなかったっけ。

「公務員にも色々あるんだよ」


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


昨日イラストを頂いたので、今日か明日…(また、いい加減 汗)時間ある時にUPします!
見かけたら、覗いてみてくださいね~♪
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-157】へ
  • 【近平×拓篤◆メインキャラです♪☆寿祐様】へ

~ Comment ~

ゆっくり

のんびり拓篤を待ってる感じですね。
ちゃんとした約束は会いに来るだけ。
それからの事は約束もしていないけど、気持ちは決まってるって強いですよね。

再会までジレジレしながら待ってます。

みなさんのコメでやっぱり色々捉え方があって面白い!!ホント地雷色々ですね。

明日も楽しみにしています。

Re: ゆっくり

ふらわー様

ゆっくり、じっくり…待ってます。
龍介も、肝心な時「結婚しても待つ」と言ってましたね。
刑事だから?待つのは鍛錬されてんのでしょうか(違う

肉食系の動物たちが、獲物を前に前足でジリジリしてお尻振ってる感じ?
来た時は、飛びかかるくらいの気持ち(あくまでも心はですけど

そうは言っても、拓篤を目の前にすると…どうなるかですが、それも楽しみにしてて下さい。
劇的にはあえて書いてませんが、再会の日はそう遠くない。

ほんと色々な捉え方があって、その反応でまた色んなお話が生まれてくるんでしょうね~。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

喰われてやるけど、こっちも喰うぞ、てなもんか。
負けず嫌いってワケじゃないけど、楽しむときは徹底して楽しむんだな~。

うーん、拓篤の痩せた姿かあ。最後の抱擁で気づいたのかな。
あのとき滲んだ涙には、
> 「……弱ってる時、傍に居てやれなかった」
という後悔も含まれていたんですね。
でも、それが堂本の仕事であり、拓篤もそんな堂本に惚れた。
居てやりたいときに居てやれない、
居て欲しいときに居てくれない、
こりゃ拓篤に大人になってもらわんとイカンねえ。
再会が楽しみですよ~。
再会後は拓篤だって忙しくなりそうですしね?

おお、150話いったなーなんて思ってたら、もうすぐ160話になるんですね。
『ここに、おいで。』が166話ってことは、ホントにもう終わりに向かっているんだなと、私の中でカウントダウンが始まってます。
終わらないでー(ノ△・。)


~本日の『流涎の館』会報
●男が一仕事終えて目頭辺りを摘むとき、その服の下は…(妄想)
  →http://jppejeje.tumblr.com/post/116386612815
最近、ゴールドフレームさんちがお気に入り。ポリポリ (・・*)ゞ
●上から>http://m-eritt.tumblr.com/post/84425511840/chillin-like-a-villain
●森の中で仮眠?>http://yoshicuteboy.tumblr.com/post/116373613223/le-garcon-fait-la-sieste-dans-la-foret-the-boy

●春ですね~(=^. .^=)ミャー >http://curazy.com/archives/75226
●LINEスタンプ情報>https://twitter.com/mitirun03/status/588936707174608896
楽しそうよね、スタンプ。スマホ持ってないんだけどさ(石ころ蹴り)

では、明日~┏○))ペコ

ふ・ふ・腐。

少々、地面に穴掘ってぐるぐるしてたような気分から抜け出たかな。


堂本サンをそんなふうにさせた本気の ’恋’、そして拓篤。
これはもうくっつくしかないでしょーー!
経験値上げて、爪とぎして(?)、♂の顔になって帰ってきてネ❥

春馬くんは、どこかが二人に重なってる男の子。
だから自然体になれたのかな―、堂本サンも。 会う度に 「俺に似てる」
「拓篤に似てる」 としながらもちゃんと春馬くんも見てた。

いただきます。&ごちそうさまでした。 を言い合ったようなベッドの上のくんずほぐれつ。。
満腹したお馬さんは、鞍も轡(くつわ)も苦手な野生のお馬。・・・って、
構ってほしい時だけまた走って来るの?
ど、どうか拓篤と鉢合わせしませんように~(祈)。



ト―ヤさま。
スマホ持ってても電話の延長って扱いしてれば、LINE使わなければスタンプなんて関係ないです~。


kiri様。
堂本サン、拓篤と同じで、心の中を言葉にして明るくなった(あ、軽くなった、とも言う。笑)?



Re: NoTitle

鍵コメDH様w

そうですね~。色々なお声がw
楽しんでもらえてるなら、嬉しいです(*゚ー゚*)

そう、QAFの世界はほんと自由で。そしてちゃんとラブもあって、切なさも。
恋愛だけじゃなく家族の問題も仕事も。…色々と見てる方も考えさせられる。
そーいうのも書きたいんですが、やはりBLでは限界がありますね。
恋愛中心でないとやはりイケナイ場所なんだと思います。

書いてる方も、それはちゃんと頭に入れておかないと、あらぬ方向に行きそうww
(何度も行きかけて、軌道修正 |д゚)

でも、その「括り」が書きたいモノを書けないジレンマになったら、BLという場所からは出ないといけないかな~とも思ったり。じゃ、何処行くねん(笑
男女の恋愛は、全く萌えないので書く気なしっつーのにww
まぁ、当分はこのままで行くと思います。

ふほ~!ゲイの自由人の方々のその、自由加減!!3桁?4??
さすが…性に正直な男だ!!
私は、染色体に一時興味があって色々と…。やはりY(♂)の染色体は、攻撃性とか性衝動という部分で、XX(♀)とは違うんですよね。
それがあるから、こーいうことも書いちゃうのかもしれないです(爆

楽しんで読んでもらえたら、一番嬉しいので。そこだけは忘れないようにしたいと思ってます。

わ…そうなんですか?あはは、その仮…の処が、さすが先生だな~。ほんと、大好きです♪
大阪の空から、祈っておこう。まだまだ読みたいので、ゆっくりとして頂きたいです。

えぇ、ワガママ部分承知しました(笑
まぁ、私も右に同じなんですけどもw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

男同士ですから。
性的に興味を持てば、行くでしょう…普通に。凄く自然というか、素直に。
もちろん、女性相手だとダメダメですけどね!!

ゲイ同士、遊ぶことも慣れていて、感情は絡まない。
でも、ヤケクソでもないし、したいからする。OKならGO!!

>それが堂本の仕事であり、拓篤もそんな堂本に惚れた。 ←ココ、重要

堂本はこれからも変わらないし、変わるつもりもないと思ってます。
もちろん平気ではないけど、事件が起きてしまえば走りますよ。
それが出来ない人は、警官を続けられないと思う。
そこを理解して試験受けて合格して、警察学校に行って学んで実践。。。ですからね。

そう!だから、拓篤自身の問題にもなりますね。堂本と一緒に居たいのなら。
達也のように既に30過ぎて、しっかり自立していても怪我であれだけの衝撃を受けたんだし。

>終わらないでー(ノ△・。)
焦れ焦れして、早く!!とも思うんですけど、終わりが近づくと寂しいね。

仮眠さん…妖精?←言い過ぎ?
私LINEでは、スタンプ使ったこと無い。絵文字も、滅多に使わない。
面倒だからって言えば、スタンプの方が楽だって言われました。あぁ、昭和人間…笑

有難う御座いました☆

Re: ふ・ふ・腐。

ますみ様

堂本も、基本的な性格は変わってないんでしょうけども。
やはり、拓篤との今までにないw濃い~恋愛期間を経て(それも、今までで一番長い?)
好きなまま、お別れ・・・。逢いに来るのを待つ恋愛なんて初めてですもん。

そりゃ、完全に元には戻りませんよねぇ…。
仕事も忙しいし、でも休みだってある。事件の無い日は定時で上がることだって。
そういう時は、前は遊びに出かけたかもしれないですが、今はお勉強。。。

すっかりハンター的な部分が無くなってました。
いや、別にハンターになる必要はないんですよね。
しかし!向こうからやってきた…。拳銃で狙い撃ちされたしw

そういう雄々しい部分を見て、堂本も熱さを思い出したかな。。。
2人の胸に固まっている「恋心」が、熱を帯びてきてるといいですねー(*°∀°)=3
うん、堂本も春馬には色々と。拓篤と同年代だしw

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

そうですね。克哉は堂本の理解者。
ここの関係は、やはり分かり難い方もいると思います。
克哉がまだ本当は堂本を好きなんじゃ?…と思っちゃう方も。

好きは好きですが、むしろ大好きなんですが、もう恋ではない。
もし恋愛感情なら、拓篤のことをこんな風に2人で話すこともないと思う。

堂本がいつになく、ひきずってる(本人は、無自覚)姿が堪らんのですよ…きっと。
でも、拓篤帰ってきてラブになったら「くそぉ!!」とか言うのね、多分ww

うん。堂本は何も「諦めてる」という訳じゃないんですよ。
とにかく、本人がそこにいないのに、グダグダ考えたってしょうがない訳で。

>包み込む愛情に。私も包まれたーーーーーーーい。←言うのはいくらでも!w
そう。勇次も包み込み系ですね(´艸`*)
ジッとしない隼に訓練されて…いやいや、元々そういう部分あったからこそ、隼は勇次が大好きになって…ココは、お互いに影響を与え合って育った幼馴染♪

>どーんとでーんと。この大きい愛が大好きです!
はい、堂本のでーんと!が、理解出来ない方も勿論いらっしゃるでしょう。
理屈ではないんですね。そーいう性格なの(笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-157】へ
  • 【近平×拓篤◆メインキャラです♪☆寿祐様】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ