女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-153 →恋のカタマリ-155☆R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-153】へ
  • 【恋のカタマリ-155☆R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-154

 ←恋のカタマリ-153 →恋のカタマリ-155☆R18
深いキスに……好きだという思いが唇から脳へと伝達し、そのまま全身に伝わってくる。

腰に巻き付いた恭二の腕に力が入り、片手で双丘をギュッと掴まれ……体の中心部を擦りつけて来る。
そこは硬く自己主張を始めていて、拓篤を刺激する。

あぁ……これ。

堂本の楔を思い出し、体は熱くなる。

打ち込まれ、揺さぶられるあの快感をも思い出し背筋がブルッと震えた。


欲しいと……体が、求める。


「はっ……」

唇を離した恭二が、拓篤の目にキスをしてきた。

やめろ。
あの人と同じことをするな……。


「抱かせて」
「嫌だ」

口ではそう言うのに、本気で抗っていないのは恭二にも伝わってるはず……。

「キスはいいのに?」
「…………」

拓篤が体を離そうとすれば、再び腰を抱かれた。

「この状態で放り出す気?」

その声は、責めてるとも……縋るようにとも、取れた。

「誰に操立ててる?もう、とっくに別れた男?」

操?
違う……そういうんじゃない。

額にもキスをされ、拓篤が身を捩る。

「やめ……っ、そういうことをするからっ……。思い出すんだよっ」

俺を愛して、大事にしてくれたことを思い出す。

キスをしながら抱き上げられ、ベッドに降ろされたことを。
激しく何度も……気がおかしくなるくらいに抱かれたことも。

熱くて、熱くて、灼熱の中で溶けて行くような……。

汗ばむ肌を密着して、首に縋りついて。
自分から何度もキスを強請ったことも。

堂本の汗が顔の上に落ちてくる、あの感触まで……。


ずっと考えないようにしてきたのに。
性欲など何処かに飛んだかのように、花にだけ気持ちを集中した。

それくらいしないと、あの背中には追いつけないと思ったから。

「やめろ……」

頼むから、やめろ。
意識の下の、ずっとずっと下に仕舞いこんだ物が、暴かれて行く。

あの、抱擁を。
大きな胸に包み込まれる腕の中を。
疼く……熱さを。

「身代わりにしてくれていい」

恭二は必死だ。
ギリギリの理性で、押さえ込んでいる目。

分かるよ……俺も男だから。

「身代わりになんかなるかよ」
「じゃ、俺を見ろよ」

真剣な声に、拓篤が顔を上げる。

「日本に帰るんだろ?だったら……どう足掻いたって、俺は想い出になる」
「…………」

自分を見おろす双眸に、目を逸らしてしまった。
こんな時でも、日本に帰るとは言えない自分。

顎のラインを唇で吸われ、首筋を舌で舐められる。

「あぁ……っ」

舌の感触に、仰け反り……硬く閉じていた官能の花が一気に開いて来る。

「拓篤……触れたい」
掠れた声で耳朶を甘く噛まれ、ゾクゾクとした痺れが広がっていく。

また唇を奪われるように塞がれ、自然と口が開く。
舌を攫われ、吸われ……絡みつく水音。

「……んっ」
雨に打たれた体に熱が発生し、蒸気が体を包み込んで行く……。

恭二の手がシャツの下から入ってきて、素肌に触れた。

「…………っ」

逃げだす間もなく背中を撫でられてゾクリと震えが走った瞬間、恭二に抱きかかえられ、ソファーへと移動させられた。




上に圧し掛かってくる恭二の顔を、少しボヤけた頭で見上げる。

「もっと……そういう顔見せて」
そう言うなり、またキスが落ちてきた。

シャツの前を器用に外されて、胸の尖りを指先で抓まれる。

「ん、んっ」

舌が喉を通り、鎖骨の溝も……そして胸の尖りへと辿り着き、先端を強く吸われた。

「あっ……やめっ……」
強い刺激に、体が跳ねる。

押さえつけられて、執拗に吸われ舐められてしまえば、反応してしまう。
舐る舌が乳輪全体を包む感触に、ゾクゾクとして恭二にしがみつく。


「は……ぁ……っ」

漏れる声を手で塞ぐと、掴まれて退かせてキスをされる。


そのままベルトを外され、下着の中に入り込もうとする手を、もう拒まなかった。
どうにか排出して、解放を願う方へと流れて行く。

「は……凄い。濡れてる」
興奮した恭二を見上げて、自分も興奮してくる。

頭では分かってるのだ。

きっと、お互いに……。

排出してしまえば、熱が急激に下がることも。

それでも体の中心部の熱さに、解放することを優先する悲しい生き物。

拓篤は両腕を伸ばし、恭二の首に巻き付けた。
一瞬驚いた顔の恭二を引き寄せる。

「熱い……」

耳元で囁き、甘える。

人にこうやって甘えることを俺に教えた男は、今は居ない。
甘えて、甘やかされて……子供にかえったように思えるくらいの幸せをくれた男が――恋しい。

ズタズタになった心のままで、俺は……それも手放した。


好きだった。


――違う。


今も……好き。



忘れていた熱が、マグマのようにグツグツと煮えたぎってくる。

俺を好きだと言って熱を浴びせてくる――この男のせいで。



「拓篤……」

何かを言おうとする恭二の唇を、顔を上げて自分から塞いだ。

愛の言葉など要らない。
何の言葉も欲しく無い。


心は、日本の地に。
あの男の元に置いてきたままだ。



堂本さん……。





心で名前を呼び、目を閉じて。
堂本の顔を浮かべた。





あぁ……逢いたい。





そう認めた瞬間に、拓篤の中で何かが弾ける。

そして夢中になって愛撫する恭二の髪を掴んだ。

「恭二」

名前を呼べば、顔を上げた。


恭二は目を剥いた。
そこに居たのは、もがいて逃げようとしていた男ではなく。
雄々しい表情でこっちに向かって来る目だったから。

「何……?」

拓篤の表情は、驚くほど妖艶に変化する。


「あんたは、俺を暴いた」


次に残酷な笑みを浮かべた拓篤に、恭二の喉がゴクリと鳴る。



「心は日本にある。恭二の入り込む隙間はないよ」

最後通告のように……それでもいいのかと問いかけるように、拓篤が小さく首を傾げて恭二を見た。

恭二は黙ったまま、頷くしか出来なかった。

その恭二に、拓篤が優しく微笑んで上体を起こす。
何をするのかと思えば、自らシャツを脱ぎ捨てた。


「抱けよ」

まるで褒美だとばかりの高慢さで、拓篤が告げる。


「…………っ」


これが……この男の本当の姿なのか、と目を剥いた。

強い光を帯びた瞳が、こんな時にでも高潔さを滲ませる。

その表情があまりにも綺麗で……憑かれたように見つめる。

動けずにいると拓篤が恭二の顔を両手で包み込み、唇に優しいキスを落とした。

「……火を点けたのは、恭二だろ」

頬を撫でられ……誘う目に囚われ……赤い唇が半分開く……。
魅入られるように、恭二は再び唇を塞いだ。

ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-153】へ
  • 【恋のカタマリ-155☆R18】へ

~ Comment ~

堪えますとも!!!

やっぱりですね。こらえますよ私は(涙)
でも、心までは動かせないと言う事。
更に愛しさが募ってるのを自覚する行為になるんですよね。

男だから仕方ないのかなぁ~。
お互い様と言う事で納得させます。
Kiri様~私にとったらキツイ結果ですよ!
でも、これぞって感じでもあります。
明日も変わらず楽しみにしています。

でも、なんだかツライ~ぃ~!!

嗚呼(涙)

kiri様。

ここにも、下僕(シモベ)が、一人、
誕生しましたね。
堂本さんは拓篤にとって唯一の王、いや皇。
他は、忠実な、下僕達となるのですね。


恭二くん。
フランスの美しき想い出、だけで、満足しとこうね。

Re: 堪えますとも!!!

ふらわー様

> やっぱりですね。こらえますよ私は(涙)←笑 あ、笑っちゃダメ(>_<)スマヌ

そう。心は動かせない。体は、ゴニョゴニョ…・・・(・∀・i)タラー・・・

もうね…オッキしちゃってて(/ω\)(下品で申し訳ない
「どうにかしろ。お前の責任だ」とばかりに、最後は襲…w

拓篤…ちょっと水埜化してたでしょ?苦笑
雄々しい部分を忘れ、花にだけ魂を注ぎこんで。クールすぎる…。
中性化して、まるでフェアリーのようになっていたから。

ここでいっちょ、男であることを覚醒させました。一番単純な方法で。←コラ

Rは、そう濃くは書いてないです。メイン以外は、基本的にクドク書かないので…♪
耐えるのよ!ふらわーさんっ(ナゼ

有難う御座いました☆

Re: 嗚呼(涙)

優様

> ここにも、下僕(シモベ)が、一人、←笑
あの高宮と渡り合った子ですから…。どんな形であれ、高宮を翻弄させた。
そして、野獣刑事もメロメロに。

>堂本さんは拓篤にとって唯一の王、いや皇。
そうですとも。堂本は唯一の人。

思い出になる。自分で、もう分かってたね…恭二くん。
でも、きっと良い思い出になる…。

有難う御座いました☆

覚醒♪

kiriさま、こんにちは!

拓篤の”目”に力が宿り、豹変していくさまは、きっと気高く美しいことでしょう。読んでいてゾクッとして、興奮してしまいました(*^_^*)
大人になるため成長するためには当然、変わっていくことも大事なことですが、拓篤のこの高貴な部分は”変わらない”というか、
拓篤の根底にある”不変”の部分ですね!

いままで異国の地の様子は、なんとなく”ふわっと”した感じで、勉強も淡々とこなしていて、時は着々と流れているはずなのに、なぜか進んでいないというか…不思議な雰囲気で…(←わかりにくい表現ですね(^_^;))
もちろん、拓篤にとっては必要な時間であることは承知しておりますので、誤解なきよう…。
でも、今回の一件で、やっと何かが動き出した感があり、ワクワクしています♪

”恋のカタマリ”を自覚し、覚醒した拓篤。お花と向き合う心にも変化が期待できそうで、勉強の方も今まで以上に集中できそう?
…な~んて言ってたら、さらに近平くんとの再会は遠のいちゃうかな?(^_^;)

今まで心の奥底にしまっておいた”課題”をゆっくり、一つずつ消化していくなかで、今回は、まずは第一歩、前進でしょうか?

そうそう!150回をすぎ、やはり”「ここに、おいで。」越え”は確実でしょうか?まだまだ、何かが起こりそうな予感に期待大ですっ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拓篤復活?

恭二が必死すぎて逆に同情してしまったですよ。
身代わりで良いと思うほどに焦がれてたんだね…。

今まで恭二が接していたのは、一人で必死に立っていようとする拓篤で、
「抱けよ」と妖艶に微笑む顔は知らなかったんかな。
その落差にヤられちゃったか、恭ちゃん?

思えば、拓篤はクラブでも男を惹きつけてましたね。
その頃のギラギラした感じが戻ってきたみたいですわ。
拓篤にとってはきっかけになったみたいで、読者としては喜ばしい限り!\(^o^)/←同情心吹っ飛びww
早く日本に戻っておいで、拓っくん♪


~本日の『流涎の館』会報
●若くて…(*´ω`*)ムフ
http://b-o-y-s-boys.tumblr.com/post/116260863134/sorrygirlsisuckcock
http://stewardjones2.tumblr.com/post/116109636499
http://u111u.info/jTHx
●ジャ/ステ/ィン君も熟れてきた♪>http://b-o-y-s-boys.tumblr.com/post/116260892744

●明日の恭二と拓篤>http://ommfsn.tumblr.com/post/116261693114
予告みたいなことをしてしまった。(^^;)削除してくれて構わないです。


では、明日~┏○))ペコ

Kiri様
今日は早目に読ませてもらえました。フランスと日本が平行して進んでいく人間模様。そして堂本さんが忘れられないのよね拓篤は。どうしょうもないのです。理性は効かない。本能で全身で堂本さんを求めているのにね。このどうにもならない感に萌えます。
昨日のコメントで「銀の鎮魂歌(ぎんのレクイエム)」の文字を見てビックリしました。CD化されているんですね。私はそれはそれは遠い昔同人誌で買い求めました。読んで泣きました。いじらしすぎる主人公と不器用な愛し方しか出来ない王子。中学生の幼い私が腐女子にどっぷりはまった一冊です。本で出版されているのかな読む価値ありますよ!今日は違う話になってすみません。

女王拓篤、降臨!!(≧▽≦)

kiriさま

穏やか~な雰囲気だったけど、恭二くん、パンドラの箱開けちゃったね-💦
ご愁傷様です┏○

恭二くんは束の間でもいいから拓篤を手に入れたかっただけなのに、拓篤が自ら施していた堂本さんへの熱の封印を溶いてしまった・・・。

拓篤も恭二くんも、もう止まらないでしょうが、結果は恭二くんにとって辛いものになるだろうなぁ。
拓篤という「カタマリ」を抱えてしまうような感じがします💦←そこまで引きずらないといいな。
昨日まで拓篤をけしかけていた私としては、恭二くんにごめんします<(_ _)>

修行僧みたいだった拓篤の豹変に、恭二くんそりゃあ目を剥いちゃうよね~。
さあ、ここに女王降臨じゃあ~💕 うひゃひゃ!!
恭二くん、思いっきり翻弄されてくれ---(≧▽≦)

kiriさま

明日は女王拓篤のお姿、楽しみにしてますよ~🎶
二人ともスッキリするかしら~( *´艸`)



Re: 覚醒♪

key様

拓篤の眠っていた部分が、覚醒しましたね。

元々、この子…そんな大人しい子ではないんですよww
自分から攻撃はしないけど、向かってきたらやり返す子だったんです。

花に埋もれて、和やか~な感じになっておりました。
それは決してダメだって訳じゃないんですが、いざって時は牙を剥く面が表面化。
恭二にも時々、カプっと噛みついてましたけどw

BLじゃなかったら、あと数年くらい居させてやりたいんですが(笑
それはまた一旦帰国して、堂本との絆を強めてからでも出来ますし!

はい、ここに、おいで…は軽く超えます(汗)なるべく早く終わらせたい(気持ちだけはw

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

鍵コメw様

あ。そう見えますか?おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ
うん、感じ方は色々です❤

有難う御座いました☆

Re: おお!

鍵コメh様

私の書く受け…いつもこんなんですね(笑
どーしても、なんか…弱ってると、起き上がらせてしまいたくなる病…(何、それ

>ここで目覚めた拓篤に、何故か納得してしまいました。←w なぜでしょう…w

>ちょっとフランスに来てからの、禁欲的な拓篤くんに物足りないものを感じていたからかな。
でしょう?多分、あの騒動の後で、落ち着いた拓篤の様子に、ホッ…として下さってる方も多かったとは思うんですが。ちょっと…コレ、水埜キャラになってるよ?とw
同じキャラは2人要りませんからね←酷

そう。生まれが華族出ということ&容姿も明良に一番近い。でも、もっと男っぽいタイプ。
よって隼の向こうっ気の強さも少々まぶしております…w

明日はRですが(でないと、あちこちでちゃぶ台がひっくり返りそうww)あっさり目を目指して。

有難う御座いました☆

Re: 拓篤復活?

トーヤ様

身代わりでいい…なんて、半分本気で半分は嘘ですよ…きっと。
必死だから、形振り構ってられない状態。こういう時、なんだって口走る。
ココは拓篤が同じ男なので、理解しておりました。なので、問題無し。←

最後通告つきつけられた処で…。今更、止まりましょうか。
男は悲しき性。相手がOKなんですから、もう行くしかない!!

うん、多分上品な感じはしてたと思う。マスコミで名家ってのも知ってたろうし。
しかし、高慢でタカビーさをガン!!と見せつけつけられて…あわわ~。
拓篤のベールをはいだ男…恭二くんでした。

3枚目の子。拓篤っぽい❤

あー熟れる前の青い頃って、ほんと短いのね…。また、青い子達を書いてみたくなります。

えぇ…明日は、恭二×拓篤。こんな感じだと妄想して下さいw

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

美夕様

そうなんですよ。忘れられない人。恋のカタマリになって、ずっと胸に居る人。
もう、それでいい…なんて、どこか冷めた感じがしてたんですが…。
とうとう、暴かれてしまいまして「逢いたい」と、言葉(心で)にした。
もう、後は春になるまでもう少し頑張って、堂本に逢いに行くでしょう…。

あ、「銀の鎮魂歌(ぎんのレクイエム)」ですか?
名作のようですね…。ググってみました。
私、シリアス系苦手なんですよ。えぇ…シリアス書いたのに(爆
どっちかというと、ラブコメを好む読み手。本も出てるようです。
元々、BL小説も読まない(コミックオンリー)なので、悩む…うぬぬ(;´Д`)

有難う御座いました☆

Re: 女王拓篤、降臨!!(≧▽≦)

みゃお様

異国に来て、本来の拓篤ではなく、かなり大人しい青年になっておりました。
まぁ、お花に触れてると気持ちも段々とそうなってきますしね。
その上、水埜とベッタリ。あまり、反応のない人なので、喜怒哀楽も出ず。
段々と、中性化してました。
それはそれで、雰囲気もあってよろしいかと思いますが…。

堂本の愛した拓篤くんは「惚れろ~~~!」と、道で叫ぶ子でしたので←そうか?w

恭二はね、そう深い傷でもないと思いますよ。
最初から「ダメ元」だった訳ですし。本当に好きだったとは思いますけど。
拓篤が、自分に恋してるとは…思ったことはないでしょう。期間も短いしね…。
口説く過程も、それなりに楽しかったと思いますし。最後通告も受けた。
だから期待はもうしないかと…。この「期待」が、傷を深めるんですよね。
存分に触れて…タカビーな拓篤を堪能して、ふっ切りましょう。男だ!乗り越えろ。←冷

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんわ

鍵コメm様

あ。今日のお話で、拓篤のようにスッキリすることが出来ましたか?
うわ~、そういうお言葉、とても嬉しいです。

そうですよね。モヤモヤが一体「何」か分からないから、どよーんとしちゃう。
答えがの正誤じゃなくて、自分でストンと落ちる時があったり。

拓篤も、堂本を好きだってことは分かってたけど、逢いたい…と素直に思えた。
霧が少し晴れてきたようです。
思えば、色々あって日本を飛び出して、そのまま花に没頭しちゃったから。
色んな置き土産は、そのまま。でも、いっぺんには無理だから一つずつ…ですね。
全てが解決するとは限らないけど、花と共に一緒に向かっていければ(*゚ー゚*)

そう…頑張るのは未来のため。
全然進まなくて、何やってんだろーって思うことも多々ですけど、知らない間に進んでたりするんですよね。

いえいえ、私の方こそ。そういうお言葉頂いて、元気もらってます♪感謝m(__)m

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメu様

あはw今日は、R付きかと思った方結構いたと思います。
付けようかどうしようか迷って…。そのままにしました(汗

>さすがに男同士で止まりませんでしたか(^_^;)
そう…。覚醒と共に、跳ねのけるかと思った方もいたと思います。
…が、なんと。自分から行きましたよ…(*´д`*)

「お前の責任だろ?冷ませ」とばかりに。
一応年上なので、やんわりと言ってましたけど、意味は同じww

>私はもうkiriさまのされるがままです~~~(笑)←ありがとーーーー!!

明日は…そう濃くはないつもりですw

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

”まるで褒美だとばかりの高慢さで、拓篤が告げる。”

いや、実際そうなんだと思うよ、恭二クン。
もう知ってるんでしょ? 生まれ育ち。だったら心のどっかで「ひょっとして」はあったはず。
俺があいつの熱を呼び覚ましてやる、なんて思ったりもしたのかな?
でも、「俺にしとけよ」的なセリフは常に逆効果なんだよ・・・。

だからほら、ね。 まあ、チャレンジャーだったのは最初からだし、その勇気は偉いと思う。 あとは仕事に情熱を燃やしてー!


拓篤、自分の熱さましとお礼(?)の気持ちがあったのかもしれない。
強引に蓋を開けられたとはいえ、堂本への思いが未だにゴウゴウ燃えさかってるの再認識しちゃったもん。
この変化、きっと拓篤自身にも、花にも影響を与えるね(ルン!)。
師匠・水埜も気が付くだろうなあ。なんて言うんだろうか・・、楽しみだー。

シモーヌ先生にも言われるだろう。その時「内緒です」にーっこり。したら、先生もよろめくかも(笑)。


そうそう、霧の中で迷ったら、棒きれでも見つけてその先に梅干し括りつけて、それを前にかざしながら歩くと霧が晴れる。なんて怪しい話を聞いたことがあります。

恭二くん、迷い道の中にいる拓篤の’梅干し’になってくれて、ありがとう。
サムライと言う名前の薔薇があるんだよ、ってこっそり教えてあげようかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: う~

鍵コメS様

お久しぶりです♪

あ~、拓篤がフランス行きと同時にお仕事の方も。
モヤモヤ~が同化しちゃってましたか。

>もうモヤモヤのカタマリ←笑 なるほど!!

そうですね。今すぐ…って訳じゃないですが、もうラストに向かってます。
私のことなので、ゆっくりですがwあとしばらくお付き合い下さいね(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

マスコミで「名家」ってのは知ってたし。
水埜と2人で花背負って楚々として登場。
気品もあって、綺麗で…。でも、時々カプッと噛み付く。。。
ん?結構、男っぽい感じ?とかは感じてたと思います、恭二くん。

しかし…。火を点けてしまったら、本性が曝け出されてしまいましたww

まぁ、まだ色気…の方だったので、良かったかな?
あの気位でピシッ!!と撥ねられちゃ~…ぴきぴきに固まっていたであろう。。。

上品とか、品が良いとか、そーいうのとはまた違って「気位」が高いのよ。
もちろん、地雷を踏んだ時にしか出ませんけどw

とにかく。恭二の熱が当たって、拓篤の熱もぶり返し。
とってもシンプルな(体w)本能の部分を刺激することで…ってとこが ん? ですけどねw
それだけ堂本が、濃かったのかもしれません…爆

帰国まで、沸々と…残りのお勉強も頑張れる!恭二とは、これでお友達…になれるかも?
(恭二も、もう無駄だって思えるかなぁ…)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメS様

あ。見たね?
私も!!見た(*°∀°)=3

ほんと…嬉しいです(´A`*)・゚。

Re: NoTitle

鍵コメe様

>わーーーいっ(小躍り♪)

はい~。少々、荒っぽいですが…熱が甦りました。

良い子過ぎて、毒気のない拓篤になっておりましたので…。
やっぱり多少の毒があってこそ!(個人的な好みw

>R云々ではなく、拓篤が熱を取り戻したとこがミソですよねっ!!
そーなんですよ。Rはね…もうハッキリ言っちゃうとオマケみたいな感じです(私の中では
このまま「やめる!!」なんて状況ではない2人ですから。
そっちの方が、読んでて「は?あんたら男なのに?」と引くわ…私なら(爆
体の熱を放出しておしまい!!←

堂本×拓篤は、あまり貞操的には思ってないんですよね…私。
堂本が、そういうとこ重要視しない人なので。
もちろん、付き合ってる時は別です。お互いに、浮気なんざはダメダメ。

そう恭二に同情的な声が…。でも、ダメ元で向かって行ったし、拓篤はハッキリ言ってた。
恋なんて…多かれ少なかれ、傷もつくものよ(酷

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: やっと読めた(*_*;

鍵コメk様

お疲れ様&有難う!!

Re: あっ…間に合わないw

鍵コメk様

>またR回での参上になるのか…笑 ←(´艸`*)

了解!
直しましたー!
有難う御座います☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-153】へ
  • 【恋のカタマリ-155☆R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。