女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-150

 ←恋のカタマリ-149 →恋のカタマリ-151
場所を何度も移動し、車も替えながらの張り込み。
時刻はまだ陽も明るい四時。

ビルからの出入りも全て写真に撮り、集まってくる仲間を観察する。
食料の買いだしやら何やらで、数人が出入りして全てをチェック。

今現在で、中にいるのは少なくとも六人だ。

その時、ビルの窓から一人が周りを見ているのが見えた。

「気付いたか」
「可能性有り」

こんな狭い道に場所を移動したって、車が止まっていれば怪しまれても仕方ない。
とにかくここ一帯はマンションも無く、見通しだけは良い離れた場所。

堂本が班長に連絡を入れ踏み込みの許可を取った。

このままじゃ散る可能性が高い。

こうなったら袋のネズミで行った方が早い。

*

応援を待って、到着と共にビルに踏み込む。
三階に上がる時、笑い声が聞こえた。

正確な人数は把握していない。

声のする扉の前に立ち、堂本がノックをした。



中の声が一瞬にして、止まる。

堂本がドアノブに手をかけると、簡単に開いた。

扉を開けて、まずは頭数。
目算で七人。

そして……真ん中のテーブルには、丸山が口をあんぐりとあけたまま踏ん反り返っていた。

「警察だ」

堂本が手帳を見せたとたん、テーブルの上のナイフを手に取った。


丸山がナイフを持ったのを見ながら、堂本は全体に目を走らせる。
顔ぶれは……十代の終わりから成人したて。

「警察官の前で、そんなもん持っていいのか?」
堂本がニヤリとした笑みを浮かべて、ナイフに視線をやりながら丸山に告げる。

「何だよ!!何もしてねぇぞ!!警察が何で」
「ヤベぇよ」
「バカ!弱気になんな」

口々に喚く、嘆くのオンパレード。

「お前ら、一言も何も言うなよ!!」
丸山が一喝する。

やっぱり……リーダーは丸山か。

シン……とした時間が数秒流れ、緊張が走る。

次の瞬間、入り口に一番近い場所に居た一人が走り出した。

西村が取り押さえている間に、中の連中が一斉に逃げだす。

そこからはもう警官が雪崩こんできて、廊下や階段で怒号が飛びかった。

*

全員取り押さえ、ビルの前はパトカーが到着してそれぞれに乗せて行く。

パトカーに乗せる時も、悪態のオンパレードだ。

何もしてない。
喋っていただけだ。
横暴だ……。

「ピーチクパーチク、煩せぇんだよ!!さっさと乗れ!!」

最後の一人を乗せて、パトカーが走り去る。

これで終わりじゃない。
手分けして、残った者で今からビルの中をしらみつぶしに見て周る。
中に居た七人は全て捕まえた。
……が、廃墟のビルだ。他の部屋に居る奴もいるかもしれない。

なんせ無人だ。
若い連中にとっては、城のような場所。

堂本は三階を見て周り、隠れられそうな場所も全て覗きこんで確認をする。

トイレも見て、道具用の扉も開けて。

確実に居ないと踏んで二階へ降りると、右上が向こうの階段に居た。

「どうだ?」
「居ないようです」

カタ……ッと音がしたように思えた。
気のせいかと思うような小さな音。

堂本は目の前の扉に手をかける。

「ここは?」
「鍵が閉まってるんで」
「確認してないんだな?」

そう言ってガタガタと扉を引っ張る。

おかしい……。
立てつけが悪いにしても、扉が遊び過ぎだ。

堂本は構わず、扉を蹴った。

蹴られた扉が開き手をかけようとした瞬間、中から男が飛び出てきて堂本の脇を抜けた。

堂本が瞬時に反応して後を追いかける。

階段を飛ぶように降りて行く男の上に覆いかぶさるように、数段上から飛び乗った。


押さえつけた瞬間、光るモノが見えた。
反射的に身をよければ、二の腕にピリリとした痛みが走る。

腕をねじり上げ、そのまま横に引っ張り反動で倒した。

「……痛ってぇ!!」

そこへ走ってくる足音に顔をむけると、右上が階段を降りてきていた。

「何やってんだ!!」

膝で腰を押さえつけながら右上を怒鳴りつければ、真っ青な顔をして傍に降りて来た。

「すいません」
謝る右上の肩口を、堂本が拳で強く叩く。

「見逃してんじゃねぇ!!」
「はいっ」
「さっさとワッパはめろ!!」
「はいっ」



二人で男を連行する時、右上の目が堂本の腕を見た。

暑くてスーツの上着を脱いでいたから、シャツ一枚。
結構深かったようで、血が滲んでいる。

「どうしてくれようか」

堂本が男に向かって言えば、男の目がシャツに滲む血を見て見開く。

「警察官、怪我させて……知らないからな」

怒鳴られた腹いせとばかりに右上が言えば、男はぐずぐずと泣きだした。

***

拓篤が朝食を作っていると水埜がキッチンに入って来た。

「パンでいいですか?」
「うん」

パソコンを持って空返事で難しい顔をしてる。

「痛……っ」

パンをナイフで切る時、指に痛みを感じた。
あ……と思った時には遅く、指から血が滲んでる。

白いパンの生地に赤い血が染まる。

水で血を流し、傷口に絆創膏を貼る。
指先の怪我は慣れたものでも……嫌な感じがした。

白いパン生地に赤い色が染まるのを見たせいなのか。

「拓篤?」

水埜の声で我に返る。

「あ、急ぎますか?」
「うん。パンだけ食べる」

***

手当を受けてから署に戻ると、取り調べが始まっていた。

「どうだ?」
「マル害に連絡ついて、面通しにこっちに来てもらってます」

十七から二十二の年齢の開きは、先輩後輩の関係。

「他には?」
「あいつらウタいませんからね。簡単には」
「男気か」
「毎回思いますけど、こんなとこで出すなってんですよ」
「丸山は?」
「お山の大将のつもりですからね。ふんぞり返ってます。行きますか?」

堂本が頷き、取り調べ室に入って行った。

*

被害者にマジックミラー越しに確認をしてもらい、ビルにあったブランド物のバックや財布も押収。
質屋に持って行くつもりだったのだ。

証拠を突きつけて、正式に逮捕をして、一件落着。

破れて血のついたシャツも証拠品として押収された。

現場に来ていなかった連中や、もう関わりたくないと逃げた連中も、全て自宅まで行って連行。

一度でも加担すれば、罪は罪だ。

***

拓篤は仕事や授業の合間も、何度もネットで確認する。
警官が大きな怪我をするような事件が無かったかを。

指を怪我したくらいで、すぐに堂本に結びつける自分を戒めながらも、検索にもかけてみる。


もし……警官が命に関わるような事態があれば、必ず何処かに出るはず。

ちょっとした怪我くらいなら、大丈夫……。

怪我はつきものだって、言っていた。
今までだって、怪我したことあった。

大丈夫……。
大丈夫だ。

堂本さんは、強いから。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-149】へ
  • 【恋のカタマリ-151】へ

~ Comment ~

NoTitle


うわぁ先輩!あわわわわ! 
大事に至らずホッ。
咄嗟のかわし身、日頃の鍛練ですね(敬礼!)
ここまで怒鳴る堂本さん初めて拝見!
命を落としかねない紙一重な状況ならば…
こうやって堂本さんも新人時代叩き込まれたんでしょうね…
右上さんはドツかれた肩の痛み、職務を全うするまで忘れないことでしょう…
結果身を守り、検挙の糸口になればこそ!

仕事、とりわけ今回の事件モノ、kiriさま言われてましたが(BLの範疇だから書けると)、やはりそうそう書けるものでもないですし、才能➕お好き感が伝わってきます^^軽やかなkey touch 音まで♪
恋愛描写は、それぞれの♂たちの魅力のプロセスが引き立ってこそで、描写の比率でなく、ひとつのストーリーとして、全体が長いか短編なのか、という見方をするとグンと拡がっていくなぁ…と感じて読ませていただいています^^

そして…まぁるーやぁまぁー(笑)、先輩アドレナリン出まくり中だから、塩水浸けたアサリのように素直~にキレイに吐きなさい^^←

しかし、手当てだけでもう動いてるぞ…
タフな先輩(^_^;二の腕(上腕)…
龍さんは前腕で入院した(させられたw)よ~😢
発熱もあったけれど…
もちろん部位だけじゃなくて深さがやっかいですね(>_<)
それに…今入院しても仔猫ちゃんは見舞いに来られません😢…
が、拓篤くんの心にいつも棲みついてる先輩…血を見てそっちにすぐ思考が。
>大丈夫……。大丈夫だ。堂本さんは、強いから。
祈りに似た心の声、しみる…😢
関係を切った方の拓篤くんのカタマリのほうが大きくなってる…?

そして血が染みるのを見ても一向に気にせずパンを所望する水埜さん相変わらず^^👍笑。
ヘンにあわててギャーギャーよりは、この飄々さ、好きです(笑)
(はじめくんのあわてん坊ぶりはまた別枠で可愛い💕笑)

こうやって、意図しない体の勲章が新たに刻まれていく…(>_<)
その勲章をいたわるようになぞる愛しい存在…(強い男最終回参照w)切なくて美しい情景…

いつか(そうならないように願いますが)もし堂本さんが入院してしまったら…やはり拓篤くんが看病バージョン(出すんだ!www)を黒い目のうちに切望しつつw、失礼します(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

はるかぜ様

普段、竹刀持ってるので←
身をかわすのは、もう体に叩き込まれていることと思います。
海外なんか、まず拳銃持ってないかどうかだし。
よく海外ドラマでも、両手を上げて&跪かせてから近づく。

右上くん、怒られちった。堂本は、仕事モードの時は怖いからなぁ~。
拓篤も時々、鋭い眼光にビクッww
これから右上くんは、同じ経験をした時、必ず隅々まで見ることになるでしょう。
怒られたことより、怪我させちゃったことの方が痛恨だろうし。

そう、龍介は強制入院させられてましたっけ。あの傷は結構酷かったものね。
魚の骨噛み砕くくらい、パワーはあったようですが…悲しいかな体育会系。
上の言うことは、従うw

遠く離れてる人が気になってる時って、こういう心理かな…とも思いました。
普段はそうでもなくても、ちょっと怪我したりしたら結び付けてしまう。
私も娘が海外にしばらく居た時、そういうのがありました~。
足の小指打って、転げまわりなから心はカナダへ←

水埜、やっぱりちょっと変ですね。一緒に暮してて(共同生活)平気な拓篤もww

有難う御座いました☆

Re: うん。うん。

鍵コメmu様

> どっかで繋がっているんですね。

うん、そう願って書いてみました。

拓篤は、心の奥底にしまい込んでるつもりなんだろうけど。
それを時々眺めて満足してるつもりなんだろうけど。

こういう時に咄嗟に堂本が浮かぶ…というイメージで(*´-`)

ほっこりして頂き(嬉

有難う御座いました☆

NoTitle

洋裁に使う裁ち鋏とか工具とかは持ってても変じゃない。でも、武器に使えるナイフとかはいけないんだよー!
銃刀法に引っかかるかな~?そしたら罪が重くなるんだよね、きっと・・。あ、でも。堂本ったんに傷を付けた! 拓篤がいたら確実に蹴りが入っていたわ(見たかったな―)。 

光るモノが見えた途端の回避行動。それも経験から得たカンの一つであるのでしょうが。。
万一防弾チョッキ着ていても腕は、ねえ・・・。


ナイフ男、勇士を募ってあんたの周りを囲んで、 「堂本さんを傷つけたな―。いーけないんだ、いけないんだっ。」と言いながら周りをグルグル。
100回でも繰り返してあげよう。  フホホホ~~。


そして異国では堂本限定仔猫が、ミュー、って鳴いてます。
離れてても好きな人の事は、気になって仕方ない。 おまじないを一生懸命呟いてるよ・・・。
恭二くんっ、気晴らし係、出動要請!

( ゚∀゚)o彡°シンクロ!シンクロ!

丸山、何者だ~? って様子を見てたけど、なんだ、小山の大将気取りの小物か。(゚⊿゚)ケッ
堂本も大事に至らなくてよかったなあ~。
"逮捕するときは気をつけろ”ってドラマでベテラン刑事が言ってたけど、本当なんだねえ。

拓篤ってば、指をちょっと切っただけなのに第六感が働いちゃった?
まあ、時間が空けば堂本のこととか、堂本のこととか、堂本のこととか考えてるものね?(*´艸`*)
お付き合いしてるときは堂本にメロメロ?って聞いてたけど、拓篤の方が既にメロメロだったしね~♪
可愛いなあ、拓っくん♪(*´ω`*)


うん、やっぱりお仕事の様子が少しでも書かれているのはいいですね。
攻めが大富豪だったり会社の社長だったり重役だったりのお仕事内容とか、
何の会議だ?とか、何処へ出張だ?とか、そもそも何の会社だ?とか、
異国の王様なら、エチばっかしてるけど、どんな国政してんの?とか、
シークなら、エチばっかしてるけど、どう部族をまとめてんの?仕来りあるの?とか、
特殊な任務についてるならその特殊性と仕事の内容は?とか、
そんなエグゼグティブじゃ無くて普通のリーマンなら業種は?とか、
そういう余計なことをお話し読みながら考えたりするもので(嫌な読者よね^^;)
背景が見えないのよりはいいな、と思います。
火サス嫌いじゃないし。←ドラマ違うし!(爆
ロマンスも良いけど、もちょっとリアルさが欲しいなと思うもので、堂本さんのお仕事は楽しめました。
という事で、ワタクシ自ら今までどういう傾向の本を読んでいたのかを暴露してしまったようです。ハー●クインかって話よね。自滅。


失礼して私信を。

>みゃお様
寸劇、楽しゅうございます。
(T&T ←泣いてる顔文字かと思いました(笑
みんなでお食事、いいですねえ♪ 読みたいですねえ♪
> どなたか、ちゃんとしたお話にしてくれないかなぁ?ダメ?
あ、みゃおさん、ホラそこに! kiriさんがいらっしゃるじゃないですか♪♪ え、ダメ?(コラ

>優様
ご入学、おめでとうございます。
体育館って足元から深々と冷えるんですよね。お疲れ様でした~。

>ますみ様
犬の十戒は有名ですけど、猫もあったんだなあと。
犬はしんみりしますけど、猫は笑えるんだなあと。
そして女王様なんだなあと笑いました。

>はるかぜ様
阿吽の呼吸で帰宅を共にするリーマン…おいしいですねえ…( ̄ii ̄*)ハナヂ
私の家は学校の近隣にあるもので、リーマンが見当たらないという…ww


~本日の『流涎の館』会報
●ちょっと脱いじゃおっかなー>http://trashyprinces.tumblr.com/post/115348536038
●動画。ホント延々と見れるwww
1個目>http://clinicallymoi.tumblr.com/post/115758242299
2個目>://jppejeje.tumblr.com/post/115853139705
  2個目のサイトは他にゴールドの額縁に縁取られたムキマッチョが拝めます。オススメ♪

●拓篤と恭二の力関係?>https://twitter.com/kawanimals/status/567656479977521152
●犯人病弱?>https://twitter.com/kz_huko0317lov/status/585360887742992384


では、明日~┏○))ペコ

Re: 気になったので😓

鍵コメk様

あ、やっぱり気になります?
そういう方が出て来たら、修正しようと思ってたので後で…。
実は気付いてたんですが…。
商業誌じゃないから、もういっかーと、そのまま。…と、いい加減な私です|д゚)

そう、私のお仕事はソレ系ですww

あ、建つんですね。こっちにもありますよー。行ったことは無いんですが…。

私もその小説は大好きです。最初、♂♂を目当てで読みだしたんですが…。
それを抜きにしても、面白かった!
それ以外にも、普通の小説でも♂♂っぽい香りがしたら、ウハウハして読んでます…笑

今回はさすがに推理小説バリには行かないように気をつけました。
推理するシーンも書かず、とにかく事実だけを追う形に。
推理までしてるシーン入れたらマジでヤバイ(笑

お話大好きと言ってもらえて、またパワー貰えました♪m(__)m

有難う御座いました

Re: NoTitle

ますみ様

ワルさするこういう子達って、攻撃より身を守るために持ってることが多いと書いてました。
何かね、持ってると安心するんですって…。やっぱり彼らの中は「力」の世界だもんね。
武器で「脅し」&「守り」なのでしょうか…。

堂本達のように、一つのことをずっとやってきた人たちも、最初は試合の勝ち負けで上目指して。そして段々、色んな意味の強さを知って行くのだろうか…。と、想像。

そう…拓っくん、こういう時は仔猫みたいに、ミューって鳴いてそう(心で

さ、ここから帰国まで…。展開して行きますよ!

有難う御座いました☆

Re: ( ゚∀゚)o彡°シンクロ!シンクロ!

トーヤ様

名執みたいなのの後だから、余計に小者っぽい(笑
うん。もう、あんまり大きな事件は書きません。
小さいのを、ちょこちょことハサミますが。
なんせ、スピンオフのため…時系列合わせとかお話の繋がりとかが大変なの(>A<。)
まぁ、私がちゃんとメモ取ったり、小まめに整理してりゃいいんですが、気ままにキー打ち込んでるだけなので…己の首を絞めてます。

拓篤はフランスに再び戻ってきてから、ちょっと気持ちが余裕出来てきたかな。
というか、そろそろ「帰国」も視野に入れてる時期だろうしね。

堂本のことを考える時間も増えて。でも、それは静かに想い出してるダケであり…。
このまま波風立てずに、静かな心でお花に専念もしたいような…etc。
さて、すっかり恋から離れてしまった25歳男子。色々と刺激を!

仕事のシーンね。「要らない」って人も居ると思います。
商業誌さんでも、たまに仕事のシーンにページを割いてると(私は読んでないが)絶対文句言われてる(笑)「BLは、♂♂のラブが見たいから読むんであって、そういうシーン読みたい時は普通の小説を読む」
なるほど~!そりゃ、そうだな。と思いつつ、私は書いてしまうんですけどねw
今回はもっと文句言われると思ってたけど、そうでもなかった。読者様も、忍耐強い方がたくさんで有難い!!思っても、わざわざ言うこともない…と。私が読者でもそうかなw

私は小説書きじゃなくて、お話書いてるんだなーとこういう時に思いますわ。
キャラを動かしてお話を作って行く方なので。
男が一番格好イイのは、仕事してる時。…という、固定観念が(笑

2個目の黄金額縁、チラリ…と映ってたのでhttp取って貼り直しました(>_<)
しかし、犯人…笑。いやもう、笑っていいのかどうかですが、何か(。・w・。 ) プ゚ッ

有難う御座いました☆

予感的中💦

kiriさま

刑事小説に夢中になっていたら、何と今日で150話!!
kiriさま、お疲れさま&おめでとうございます(≧▽≦)❤❤❤

昨日、怪我しないようにとあれほど言っていたのに、堂本さんてば怪我しちゃったし!!! めっ!!でしょっ(>_<)
ほら~、拓篤が不安になっちゃってるでしょ~、可哀想に・・・。
可愛い仔猫ちゃんを泣かせたらだめでしょう。泣かせるのは、ベッドの中だけにしないとね( *´艸`)

魂だけじゃなく、身体まで繋がっちゃっているから(過去に何度もね💕)、怪我もシンクロニシティしちゃったのね-。
本当に運命的結びつきの強い二人で、美味しいですわ( *´艸`)腐腐腐腐腐。


私信、失礼します~💦

>はるかぜさま

先日のリーマン、萌えましたよ~(≧◇≦)
私の近辺では田舎なので、スーパーにいってもおばちゃんやおじちゃんばっかりで、そんな美味しいシチュはないので、うらやまし-。
また、ぜひ教えてくださいませね🎶


>ますみさま

>ナイフ男、勇士を募ってあんたの周りを囲んで、「堂本さんを傷つけたな―。いーけないんだ、いけないんだっ。」と言いながら周りをグルグル。
 はい、私もその勇士の仲間に入りますっ!!
せ-のっ! 「い-けないんだ、いけないんだ!!」←指さし呼称で。

それに、犬と猫の十戒、初めてですごく面白かったです。


>トーヤさま

>そういう余計なことをお話し読みながら考えたりするもので(嫌な読者よね^^;)
私も同感です!!
まぁ、娯楽なのであまり考えないで読んでいる分にはいいのですし、それがお好きな読者さまもいらっしゃると思いますが。
kiriさまがおっしゃっていたように、キャラの人格がどこから出てくるのか、それって仕事だったり育ちだったり、生活環境だったりするじゃないですか。その部分がきちんと書かれている事で、「あ~だからこの人はこんな考え方や行動をするんだ」って納得できる部分が多いですし、勉強になる事も多いと思うんですね。
だから、余計にキャラへの愛着が湧いちゃうんですよね-(´▽`*)

え?寸劇、少しは楽しんでいただけました?┏○
なにせ文才がないもんで、ちゃんと仕上げられなくてごめんなさい<(_ _)>
kiriさまへ? う~ん、まずは「カタマリ」をほぐして、ハピエンにしていただかないとですしっ💖


kiriさま、拓篤の帰国がもうすぐなんですねっ!! 楽しみですっ💕
明日もよろしくお願いします(≧▽≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まず、上の者から。

kiri様。

> 「お前ら、一言も何も言うなよ!!」
これはー、翻訳しますとー。
『僕たち皆で、悪い事してまーす♥︎』
て、事ですよね。
この辺がちっちゃい悪ども。
良かったねー!本職の方に囲まれる前にしょっぴかれて(苦笑)
しかーし。
怪我させちゃったら不味いっしょ?!
この場合は、怪我した本人ももちろん怖いけど、今回のチョンボ者、右上さんの後悔の方がパワーアップアップで、オバちゃんは知りませんよー。

蝶丸さま。
トーヤさま。
ういちろさま。
御祝いのお言葉、ありがとうございました。
もうねー、冷えて冷えて、足、神経痛か?ぐらいに今日も痛かったですから。←オババ
kiriさんには、昔から(笑)息子の話とかもしてたので、きっと甥っ子が高校ー、くらいの感慨を持っていただけたでしょうか。
逢ったこともないのに(爆笑)

こうやって、色んな人々に関わってもらって(直接違っても、間接的にでも)人は成長して行くし、生きていけるんですよね。

丸山&その他諸々ー。
今回の事を良い出会いに変えるのは自分次第やでー。←逮捕されましたけど。
自分の人生、自分でどないかしーや。


で、拓篤くん。
その、血の染み付いたパンを水埜さんに出したんですか?
出したんですね?!
まあ、薔薇の棘やら葉っぱなんかで手指切って血が滲む事などよく有る事でしょうが、血染みパンは、ちょっとねxxx


みゃおさま。
次男と師匠な息子様が同い年です!
でも、尻は揉ませてくれません。
肩なら『揉んでー』と来ますが。

はるかぜさま。
いえ。
色んな意味ではるかぜさまに勝てるきがしません。
ええ、あの拍コメ二段飛びほか諸々。うっかりはるかぜさまな部分とか、や
ぜったい、

Re: 予感的中💦

みゃお様

長いですねー。我ながら、いつも、いつも(^^;
今回は、相手役の子が18歳からのスタートで、今の時系列に少しずつ近づけて行こうと思ったらば。
こんなになっておりましたw

思えば、拓篤も登場時の堂本と変わりない年に近づいてきてます。

堂本はそこから色んな事件に関ってきて、経験値積みあげて行ってる。
その前に学生時代も、遊びまくって、剣道も頑張って。
警官になるのも、迷いなく突き進んできた人なんだよねぇ…。
性格的にもオープンだし。

同年代設定にしても、やっぱり開きはあったかなぁ。

拓篤の帰国は、もうちょっと先ですが。
そこに向かって行くような流れになって行きます。
そして、お話は終わります。それまで、もうしばらくお付き合い下さい(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

怪我しちゃいましたね。
まぁ、日常茶飯事…とまでは行かないにしても、ちょっとした怪我は他のお仕事に比べたら多いだろうね。
そのために、日々体鍛えてますもの。
知り合いの方が(小僧時代、ヤンチャしてたオッサンw)警官に押さえ込まれたら、全く動けないとか言ってた(笑
当時、喧嘩しまくって腕に自信あったそうなんですけど。
攻撃をかわして、押さえ込む場所を的確に。
刑事、大嫌いだ!!と、今も言ってます(爆

うん。拓篤の中でも、静かに…カタマリが出来上がって行ってるようです♪フフ

有難う御座いました☆

Re: まず、上の者から。

優様

22歳が10代の悪ガキたちのリーダー。
まぁ、たまに聞きますね。リアルでも。

ほんと、高宮に目つけられてしまえば…横瀬が出てくるぞ←
警官に捕まった方が良かった。
被害受けた人の怖さを、ちょっと考えよう。
会社の子も、昔むかーし…自転車の上に置いてたカバンひったくられたそうです。
もう、めっちゃくちゃに怖かったと。取られただけでも、震えるくらい怖いんだよ…。
その後、めちゃくちゃに腹立ったそうですけど。怒りにまみれて警察に行ったそうです…。

>その、血の染み付いたパンを水埜さんに出したんですか?←出すかいっww
しかし、水埜なら…もし血のパン出されたら…。
黙って普通にそこだけ取って食べるか「血が付いてるよ?」って普通に言いそう。

だねー。息子さん、高校生か…と、ちょっと親戚のおばちゃんみたいな気になりましたわ。
私も、娘の中学の入学式(これは行った)体育館がめっさ寒くて(>_<)
薄着してたんで、一旦家に帰って一服して戻ったら、終わってた…ガーン!
娘に「普通、帰る?」と素で聞かれたのを思い出しました。こんな母でご免ね。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメG様

独立…は、もしするとしてもずーーっと先だと思います。
当分は水埜の元で、鍛えて行く感じかな?

いずれ拓篤の仕事してる姿も少し出ます♪
ただね…花を作成してる姿って描写が難しいの…。
刑事の仕事と違って(>A<。)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-149】へ
  • 【恋のカタマリ-151】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ