女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-146 →恋のカタマリ-148
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-146】へ
  • 【恋のカタマリ-148】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-147

 ←恋のカタマリ-146 →恋のカタマリ-148
ベルギーからオランダに行き、そしてイギリスに渡った。

そして再びフランスに戻って、三か月。
日本を飛び出してから一年半が経っていた。

拓篤は、フランスに戻ってきてから頻繁に思い出すようになっていた。
堂本との出会いから、別れまでの数年間を。
今も携帯を取り出して、時々堂本の写真を眺める。

好きだとか、そういう気持ちとはまた別の処にある自分の指針のように。

たくさん思い出す。
刑事として取り調べ室で再会したことから始まって……。
無茶をするなと怒って頭を撫でられて、子供みたいな気持ちになってくすぐったかった。
名刺を貰って嬉しかったこと。時々、取り出しては眺めていた自分も。

堂本が、警官であることが憧れだった。
それはあの頃の自分の心理が、そうさせたのだろうとは思う。

ストーカーみたいなことも、してたよな……署の前をウロついたりして。

クラブで再会した時は、夢かと思った。
バカみたいに強引に誘って、子供みたいに必死になって。

何で俺……あんなこと、出来たんだろう。

当時の自分を思い出す度に、拓篤は恥ずかしくなる。
困った顔の堂本の顔も同時に浮かぶ。

相手にしてもらえて、嬉しかったんだ。
調子に乗って、もっと近づきたくなって……。
後は気持ちが勝手に歩きだした。

……別れたことを後悔はしていない。
むしろ、手を離してくれた堂本の大きさに感謝さえしてる。

堂本と別れていなかったら……きっと、時間を見つけて会いに行っていたかもしれない。
ほんの僅かでも、あの温もりを欲して、切なさより苦しさの方が勝っていたと思う。
勉強に集中出来たかどうかも、怪しい。


「拓篤、ご飯食べに行くよ」
ノックがして、水埜の声がした。

「はい」
扉を開けると、水埜がもう着替えて待っていた。

「今日は日本人がやってる店に行こう。古い知り合いでね、今こっちに戻ってきてるみたいだから」
「日本食ですか?」
「お寿司」

*

寿司を食べて、そのまま近くのバーに流れる。
店のオーナーの酒井が水埜を誘った。

酒井は水埜より少し上の三十代半ばの実業家。
水埜への好意を隠しもしないし、水埜もそれを当然のように受け止めている。
古い付き合いだと言っていたから、ずっとそんな感じなのだろうか。


扉が開き、酒井が従業員の日本人を連れてきた。

「久しぶりだね~。一緒に飲むの」

ニコニコとして、テーブルに座る。

「紹介するね。こいつは上中恭二(ウエナカキョウジ)。二十七歳」

酒井が連れてきた男を紹介する。
店に居て寿司を握ってはいたけど、反対側に居たから話しはしていない。

背が高くガッシリとした体格に、甘い顔立ち。
どこかで一瞬だけ、堂本を思い起こすような雰囲気に、つい……見つめてしまった。

水埜と拓篤が挨拶をして、改めて自己紹介をした。

「上中です。フランスに来て、まだ一年半程なんですけど」
「僕達もあまり変わらないよ。ね、拓篤?」

水埜に言われて拓篤が頷く。

「日本にいずれ支店出すつもりだから、こっちで修業させてるんだ」

酒井はヨーロッパとアメリカで寿司店を手広く展開している。

「僕達もその内日本に帰るから。日本にお店出したら連絡頂戴」
「本当に来てくれるの?」
「酒井さんに社交辞令言って、どうするの」

ワインを飲みながら、話しを聞いているだけの拓篤。
ココに居ても……思うのは、また堂本のこと。

海外の生活に慣れ、心に少し余裕が出来て。
そうしたらもう、思い出す頻度が増えて来た。

だから余計に花に没頭する毎日だ。

堂本と、こんな風にフランスでワインなんて浮かばない。
国内旅行でさえ、そう気軽に行ける仕事じゃないんだ。
でも、一回くらい行ってみたかったな。
近場でも良いから……。

温泉なんか一緒に入って、美味しいご飯食べて。
そういうこと、してみたかった。

「拓篤。またそんな顔してる」

水埜に言われて、ハッと我に帰った。

「来週まで、スクールだけだろ?ちょっと気分転換しなさい。取り憑かれたみたいに勉強ばっかり」

取り憑かれたみたいって……。

「僕で良かったら、その気分転換に付き合いますよ」

優しい顔で言われて、つい苦笑いが出た。

「あぁ、それいいね……。年も近いし。たまには遊んでおいで」

そんな気分じゃない。

「拓篤?花の勉強に関してはこの一年半、我武者羅にやってきた。作品を見ても、驚くくらいに成長した。でも、全然遊び心がない」
「……遊びですか?」
「そう。心をもっと遊ばせるって言う意味のね。焦る必要なんかない」

水埜に言われ、そうなのかとも思う。

「君の今の状態を何て言うか知ってる?」
「え?」
「日本語で、くそ真面目」

拓篤の目が一瞬見開き、ふっと笑った。
あまり汚い言葉を使わない水埜が、日本語で言った意味。

「時間を有効に使うのも、伸びシロを増やすことになる。君はそれを遮断したままだ」
「……はい」

そういえば、ベルギーからオランダへ向かう時に同じようなことを言われたっけ。
なのに俺は……フランスに戻ってからはまた同じサイクルだった。
仕事とスクールの往復と、部屋でずっと花に関することに没頭して毎日を過ごしてきた。

……心を遊ばせる。

「じゃ、早速明日。一緒にランチに行きましょう」
恭二に言われ、水埜を見る。

「行っておいで。来週まで、僕とは別行動。これは命令」

*

翌日、気の進まないままで待ち合わせのカフェへと向かうと、恭二はもう来ていた。

「Bonjour.(こんにちは) 」
「来てくれた」

屈託なく明るい顔で言われて、構えすぎたかと反省した。

「まるでデートの誘いみたいな言い方」
少しばかりの冗談を。

「そのつもりだったんだけど」
「……え?」
「俺から酒井さんに頼んだんだよね……実は。水埜さんがこっちで、美人な男連れて歩いてるって聞いてて」
「……はぁ?」

じゃ、あれはお膳立て?
拓篤は、ムッとした。

「お見合いじゃあるまいし」
「ごめん。あ、誤解のないように言っとくけど、水埜さんは何も知らないよ」

だろうな……。あの人はそういうタイプじゃないし、もしそうならハッキリと言う。

「俺、男だけど」
「だから言ったろう?美人な男って」

……成程。
俺も鈍いな。

「……帰る」

拓篤が立ち上がると、腕を掴まれた。

「ちょっと待って」
「離せ……。デートなんて、冗談じゃない」
「ランチ食べるだけだって。帰るなよ……。同世代の日本人と話すのも久しぶりなんだ」

必死な目をされて、そこまで拒絶する自分も自意識過剰に思えてきた。

何も交際を申し込まれた訳じゃない。

……ただランチを共にするだけだ。

拓篤が椅子に座ると、恭二はホッとした顔で微笑んだ。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-146】へ
  • 【恋のカタマリ-148】へ

~ Comment ~

え?いいの?

kiri様?

この展開?いいの?

…会議(新入社員研修中)に読んでいいの?…な潤でした。

ちょっとワクワク♪

おやおやおや。拓っくん誘われちゃった~。
ランチを一緒にするだけ……で済むかなー。(。-∀-) ニヒ♪

恭ちゃんは下心アリアリですね。
拓篤は乗り気じゃないから友人で終わるだろうとは予想はしてますが、
でも、そこを何とかってがんばりそうな感じがします。この子。
彼はワンコ系? だったら、仔猫との愛称は……?(。-∀-) ニヒニヒ♪

ま、でも、友人を作るのは良い事ですよね。拓篤は交友関係が狭いし。
日本では大成と市倉兄妹と堂本だけ?←挙げた人みんな身近な心を許せる人だけだΣ( ゚ω゚)
水埜とは上司と部下ですし、海外で友人と呼べる類の人が居ない。
恭ちゃんと知り合うことで世界が広がると良いですね~。
お店とかお勉強とかのビジネス以外の関係は必要だろうし。

さて、どうなるかな~♪
昨日のリコメで「拓篤の方も、色々と…♥腐」とお返事を頂いてますから、ちょいワクワクですよ。
は。恭二くんを恭ちゃんとかこの子呼ばわりしてしまったww(・・。)ゞ


~本日の『流涎の館』会報
●バラじゃないけど『薔薇族』を連想した>http://urx.nu/jcKJ
●「ブロンズ色の…」ってこんな?>http://urx.nu/jcIA

●猫ネタ
https://twitter.com/keitoyo/status/584361589647679488
https://twitter.com/FakeYashu/status/574909061180751873
https://twitter.com/FakeYashu/status/584328261225680896
https://twitter.com/FakeYashu/status/584382281797611521

リコメと言えば。
裁判員裁判が始まって、ある事件の裁判で刑が確定したときだったかな。
TVで専門家という方が前例として2人以上がどうのこうのと言ってた気が。
2人がある意味ラインではあるんですね。

では、明日~┏○))ペコ

生活に(気持ちに)余裕が出てきたら堂本さんのことたくさん思い出すって凄くイイですね。自分を手放してくれた堂本さんに感謝してるって拓篤くんも大人になったね。そう思えるなら帰ってからも堂々と胸を張って堂本さんに会いに行けるはずですよね。
堂本さんの事件も解決したからそろそろ再会かなぁーって思ってましたけど、、、
なんと!新しい男が登場しましたね。拓篤くん浮気しちゃダメよーって思うけど。かなり警戒してる感じ?拓篤くん。堂本さん似の彼、どこまで頑張れるかな~(^^)

NoTitle


「……帰る」
ほらぁ、くそ真面目w
美人なのに、思考や仕草も男なのが拓篤くんの素敵なところ…
そして頑固で真面目w
基本的に好きなタイプ(聞いてないw)
益々磨きかかって、まぶしいなぁ✨

余談雑談…
さて、先日久しぶりにリア萌えしました!(*´∀`)
夜9時を回る頃、最寄りのスーパー。
リーマンらしき影の多くなるこの時間帯…♪
いえ、決して時間狙って行ってるわけではなく(笑)
疲れた足取りでブラブラ店内を回っていたら、
前方にスーツ二人組!疲れ吹っ飛ぶ!ロックオーン(笑)
20代とおぼしき、会社帰り(当然かw)とにらんだ!←先輩に感化ww
野菜やら肉やらもカゴに入ってて、自炊?ねぇこれから二人で自炊?←コーフン度60%

背の高いほう(Aくん)がソーセージのコーナーに行き、離れたとこから『これ買う?』ジェスチャー。
思わず私が頷くところだった…ふぅw
低いほう(Bくん)が『👍』…70%♥
で、で!
まさかの調味料コーナー!←コーフン度80%
Bくん『たしか、みりん切れてたよな?』
みりん?!みりん?!←コーフン度90%
そんな本格的に料理するのね?Bくんが?達也くん並みに?←95%ww
聞かれたAくん、『あー』だか『うー』だか気の無さそうな返事…にも萌!(誰かを思い出すw)
もう自分の買い物そっちのけで、挙動不審な買い物動線の腐女子1名(笑)
極めつけ、『ただ今より鮮魚コーナーにて表示価格の半額…』の店内放送が流れた途端、二人で同タイミングで顔合わせ、ニヤリ😼!←120%💕!
この放送をま、待ってたの?ねぇ、そうなの?←目がウツロ
…そして、仲良く魚を選んでレジに並んで行きました…もうここまででお腹一杯、出口まで、いや、マイカーで愛の巣まで追跡←犯罪w
と思いつつも、体が動きませんでした。
あのニヤリ、で確信した私、何かあれば…と自分の名刺を渡したくなるのをこらえてw店を後に。
もう、彼らがどんな関係でも、ふたりに幸多かれ、です^^

こんなにコーフンしなくてもいいような世界になったら…と思いつつも、この萌えどころ、捨てがたいという煩悩の狭間、悩ましいところです(苦笑)
長々、すみませんでした💦

Re: え?いいの?

潤様

いいのですよ…いいの( *´艸`)

そんな、あなた…。
あっさり帰らせて、な~にが面白いんですか(爆
花ばっかり弄ってちゃダメだよ、拓っくん…w

有難う御座いました☆

Re: ちょっとワクワク♪

トーヤ様

ワクワク←書き手もww

事件終わって、さ!!拓篤が帰国~?…と思ってた方がいましたら、甘いです(コラ

「何でそっち行く?」という方もいるだろーし。
このまま真面目に帰国して、堂本さん❤ヒシッ!!(抱き合い)でハピエン…。
そうなればなったで、必ず「展開早い」「物足りない」という声が出ます(断言ww

花ばっかり弄って、クソ真面目に勉強して帰国?あり得ん…(私が読者ならばw
恋の都、パリですよーーー!!

そう、拓篤ね…世界が狭いのよ。花と水埜…スクールのお仲間?
堂本を目標にしてるのは良いの。でもね、それが「焦り」みたいな部分にもなってる。
そんな堂本だって、たかが1、2年で「今」になった訳じゃないのよ。
そういう意味で、昨日までの事件を長々とお送りした訳でした。
こういうことを繰り返して、堂本の「今」があるのです。そして心も遊ばせたからこそ!

うん、恭二はワンコかなぁ…猛獣かなぁ…( *´艸`)

デカ猫!!うちも1匹デカいのがいた…(去年、シんじゃったけど)
白と黒のブチ猫。弟が「牛~」と呼んでた。

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

おみち様

そうなの。またフランスに戻ってきて、心にも少し余裕が…。
そうなると、思いだすのよねー。好きな気持ちもだろうけど、過去のことを辿ってる感じ?
今になって「感謝」みたいな気持も大きくなってきてるようですし。

いえいえ、そう簡単に再会は…。でも、ポンポンと時間は飛ばします!
なので、そう長い間かかるという程でもないかな…(私時間で 笑
再会までもうちょっと待ってて下さい!拓篤、どうなるのでしょう…フフ 

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

はるかぜ様

> ほらぁ、くそ真面目w

でしょ?あーもう!!
あんた男だろ!!って言いたくなる(え、意味違う?笑

いや、何も今すぐ色に走るのは抜きにしたって、異国の地で同年代で同国なんだよ?
親近感、半端ないと思うんだけど。

遊びなさい……。一緒にご飯食べたり、下らないことで笑って過ごすということを。
水埜は花の話がほとんどだし、冗談があまり通じない人だし(笑

気が合って楽しかったら、それがきっと花にも影響出るかもよ。
綺麗なだけじゃなくて、心が楽しめるようなお花…♪

うわ~お!そ…それは!!同棲ですね(決めつけ
いや、そこまでなくても…何度も家に行くのが習慣。

無言での会話とか。
みりんとか。
半額のアナウンスに、ニヤリとか。

もう……間違いないですね。(腐女子脳内では

はーー!!良いモノを見ましたね(>_<)萌えます~~~!20代リーマンってのも❤

有難う御座いました☆

NoTitle

いんやっ 万が一 何かあった時には 水埜氏が黙っていないんではないでしょうか
(もしくは本人に任せて自分は見なかったことに… ←こっちだな…)

何も知らない では済まされないでしょう。
何らかの方法で伝わるのでは…???

まあ 水埜氏 あまり衝撃もなさとうですし。
なるようになれ… の気持ちなのでしょうかね

でも拓馬くん…
結構追い込まれているんですか。
でもでもっ、変な男に引っかからないでねー。
どうもっちゃん、多少過去の何があったとしても、
ココロのカタマリはうしなってないです~っ

kiri様 この時の流れ方がすごくいい!!!

イギリスも花が綺麗な国ですよ。
学ぶには十分かと…

Re: NoTitle

とおら様

いえいえ…。水埜は本来、奔放な方です(笑)
24時間拓篤を拘束することはしない…とも言ってましたしね。

それに、拓篤は今フリー…。
堂本と別れて、帰国して「会いに行く」約束はしたけれど。
そのままヨリを戻そうなんて、甘い考えは持っていません。

そこはもう、流れですね…。

花ばかりを弄って。堂本への気持ちは、恋愛というよりも感謝や切なさのみ。

今のこの状態では、多分…戻りませんよ。堂本の元へは。
花に生きるとばかりの「くそ真面目さ」ですからww
そんなね、1~2年留学したからって…簡単に9つも上の人と並べない現実もあると思う。

恋心という「熱」から、少し離れている拓篤。
恋のカタマリが、少しずつ固まって静かに位置してるだけ…とも言うべきかな?
色んなことで心を刺激して欲しいとも思います。水埜が言ってる意味は、そういう方向かと。

イギリスもお花の留学では、筆頭に上がる国みたいですね♪

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様。

そうっ!そうっっ!!
パリは恋の街。
恋の都ですよっ!
琢磨が夜、サンジェルマンに一人佇むと、いったい何人のムシューから声がかかるやら。。。
せやのに、遊びもせず息抜きもせず。。。
そもそもの昔より、芸術家には恋と遊びが必要不可欠。
ドロドなロぐっちょんぐっちょんになったら困るけど、アバンチュールを楽しむぐらいの心の余裕は欲しいかも。
日本を発ってすぐの頃は無理でも、こんな風にいろんな事をゆっくり思い出せるようになったなら、つぎはゆっくり心を広げてあげましょ。
何も恋だけじゃなくて、色んな場面で出逢える事を体験して欲しいわ。

でも、どこか堂本さんの匂いがするなら、その男はやめ時なさいよ。
重ねてみても、彼は堂本近平さんではないんだよ!

Re: NoTitle

鍵コメT様

そりゃもう、BL目線ですよ…。
コレ、まともに♀として見てたら、自分が哀しいかもしんないですよね(笑

オトナの…の、2つ目が好きです♪

おやすみなさい~!

Re: NoTitle

優様

拓篤、日本での色んな騒動から一見落ち着いてきて「良い」と思われてると思いますが。
ちょっと待って…。落ち着きすぎではない?…とも思います。まだ25歳だよっ。

このままじゃ、テクのみ上達。そんなのは経験積んで行けば身について行く。
勿論、異国の街並みや歴史。そういうモノも心に流れてきてる。
多治見の重みも、少しは軽減されてきた。

でも、人の温かさとか関ることでの感情の揺れとか。
そういうことも、そろそろ…。もう、あんまり時間ないけどw

堂本のことも恋しがってるけど、熱さが無いし、何か現状で満足してるし。

あのクールな水埜さえも「こりゃ…ちょっと」と思うくらいなんだもん。
そう芸術は色んなモノを吸収するのも伸びしろを増やすモノなのよ。

>重ねてみても、彼は堂本近平さんではないんだよ!←ココなんだよね。

さて、どうなりますやら…。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっと出た(笑)。

いや、幽霊じゃないけど。

今までだって、きっとアピールあったと思うんだけど。拓篤の方で気付かなかったかもねー。
芸術を見るにしたって、だいたい 花 に結びついてる。 せっかく異国の地に居るのにー(私的にはくっ付いて行けなかったからやきもきしないで良かったケド←ヲイ)。

人生の経験はその時にしか出来ない。 あとから「やっときゃよかった! 」
ってなっても遅い。
だってまだ25よ!徹夜したって全然オッケーな年なのよ!
恭二サン、この際だから色々引っ張り回してあげてー!
夜のパリも、ムーランルージュをはじめとして楽しい所が目白押しっ!
朝市・骨董市・古着屋だってイイと思う。 で、日本語でお喋り。 ンフフ♪

心の畑に、山ほど種を蒔いてね、拓篤。

Re: いきなりの

鍵コメS様

え……水埜が他のお話に出てきました…?私のお話の中だったら、この作品が「初」です。

>商店街で花屋を経営する
あと、無理やり引っ張ってくるとしたら…。
「ここにおいで」で、内野がブルーローズを買ったお花屋さんくらいは出ました。

もしかして、どこかの作家様のと被っちゃったのかもしれませんね(*゚ー゚*)

Re: やっと出た(笑)。

ますみ様

そう、やっと…です。

今まで拓篤は、異国の地に馴染むことや勉強で、脇目も振らず…って感じだったので。

このまま大人しく日本に帰るとか…。
どなたさんかじゃないけど「日本の美」を持ってる彼がですよー?
漆黒の髪と目と白い肌。
今まで、そういうシーンを書けなかったので、そろそろと出しましたww

いいじゃないですか。浮気じゃあるまいし。
ヤケになってる精神状態でもない。ごく自然に…。

日本語でしか分からないニュアンス。
それだけでも、きっと久しぶりで楽しいと思う。だって、水埜だけだとね…ww

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-146】へ
  • 【恋のカタマリ-148】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。