女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-141

 ←恋のカタマリ-140 →恋のカタマリ-142
「っふ、不法侵入……」

堂本が構わず山下の目の前に立ち、手帳をその目前に突き付ける。

「K署の堂本です。署までご同行願います」
改まって告げた。

堂本の目を見て、山下が頭を掻きむしる。

「着替えるのを待つよ」

堂本が目を細めてニッコリと微笑めば、山下の視線が後ろの久坂を見る。

バカか……。同じ刑事だ。
助けてくれる訳ないだろ?
俺より融通など利かない男だ。

「早くしろっ」

後ろから声がする。

ほーら、怒ってる。

*

部屋はワンルームで全体が見渡せる。

「出てくれよ。着替えるから」
「男同士で、何が恥ずかしい」

堂本が腕を組んで首を振れば、渋々目の前の服を手に取った。

山下が着替えている間、堂本は玄関で立ったまま見ていた。

「刑事さん二人して、何でずっと仁王立ちなんだよ。それに見過ぎだろ……セクハラか」
ブツブツ言いながら着替える山下を構わずジッと見る。

着替え終わった頃に久坂の方を向いて視線で合図すると、頷いてその場を離れた。

玄関に向かって来る山下の目……。
梢は非常階段の方へ、芦田は階段下に、制服警官も二人居るはずだ。

「任意だよな?」
「あぁ。今の段階では」

山下が渋々のように靴を履き、廊下に出て辺りを見てから、歩き出した。

堂本は後ろを歩きながら山下の足をジッと見る。



廊下の途中で、その足が踏み込んだ瞬間を見逃さず、堂本が腕を掴む。

振り返った山下の飛んでくる拳を、少しだけ避けて受けた。

衝撃を逃すように一歩後ろへ後ずさった堂本を見て、山下がそのまま走り出した。

やっぱり、逃げる気だったな。

堂本が追いかける間もなく、久坂が現れて正面から山下に向かう。
身長も体重も久坂より大きな山下が、久坂に殴りかかる。
それを久坂がかわして腕を取り、上にねじりあげた。
非常階段から出て来た梢も飛びかかって参戦し、暴れる大男の山下を二人がかりで押さえ付ける。

「大人しくしろ!!」
「うるせぇ!!また取調室なんか、ゴメンだ!!」

堂本が手錠を取り出し、叫ぶ山下の腕を取り手首にハメた。

「公務執行妨害の現行犯で、逮捕する」

「……ちきしょう!!」
「これで四十八時間確保だ。拘留延長で十日が二回。お前、知ってんだろ?」

堂本が顔を近づけて言えば、獣のような唸り声を上げた。

*

署に戻れば、会議室の方には誰もいない。
皆、捜査で走り回っているのだ。

久坂が山下を取調室に入れて、梢が報告をしに行く。
芦田が走って必要な物を取りに行き、久坂と目くばせをすれば記録係りの横手の椅子に座る。

取り調べ室に入った堂本を見て、山下が顔をしかめて椅子にもたれた。

「汚ねぇ」
「何がだ」
「あんた、わざと殴られたろ?」
「まさか。誰が好き好んで痛い目に合うか」

とぼける堂本に、大きくため息を吐く。

「あんた滅茶苦茶強いだろ?避け方が違う。俺、わかるんだよ……格闘やってたから」

こういう中途半端に屈強な男ほど、強い弱いで相手を見る。

俺達は、強くて当たり前だ。
警察官は皆、訓練を受けている。


芦田が写真を持ってきた。
防犯カメラに映る山下と栃本。そして釘下。
三人で店を出て行く写真もあった。
そして、二課が見つけた男も。

「えらく親しげだな」
「……たまたまだっての。あるだろ?玉出てる~?とか、そういう話するの。で、腹減ったから飯食おうとかさ」

堂本が一番下にあった写真を、目の前にバン!!と叩きつけた。

「これは誰だ?」

山下の目が見開く。

そこに写っていたのは、中国人詐欺グループの一人。
二課が追ってる事件の、最重要容疑者。

「怖いよな……外人さんは、日本人とは違うから」

そう。
日本人には、到底考えのつかないことを平気でする連中が居る。
アイデンティティー、文化が根本的に違うのだから。

山下の目が写真を見て目をギュッと閉じた。

「勘弁してくれよぉ……。俺、殺される」
「栃本さんと釘下さんみたいにか」

堂本が血だらけの現場写真を、目の前に並べて行った。

息を呑み、その目が写真を凝視してる。
その目に浮かぶのは、恐怖だった。

やっぱり。
こいつは……犯人じゃない。

後ろを振り返り久坂に視線を合わせ、首を振ればそのまま出て行った。

「全部、吐け。自分を守るには、もうそれしかない」

山下がやっと我に返ったように写真から視線を外し、顔を上げて堂本を見た。

***

拓篤は二日間、水埜に休みを貰ってベルギーの街並みを一人で周る。

俺は……ココでは異邦人なのだ。

水の都と言われるブルージュの街並み。
絵本の中のような可愛い建物もあれば、深い歴史を感じる建物も。
馬車が走り、街でチェロを弾く若者。

アールヌーヴォーの建築物は圧巻で、見上げては息を呑む。


――歴史。


そういうモノを深く感じる。

自分の中にある、日本の血を何故か異国で深く思い知るような感覚。


クラブに居る時に、西の大きな寺の住職の影響で宗教学のようなモノも学んだ。
それがここに来て、知識が理解へと形を変えて行く。

マクシミリアン一世がブルゴーニュ公女マリアと結婚したことを発端にして、世界中にその勢力を広めたハプスブルグ家。
列強のパワーバランスの上で六百五十年間、君臨した。
隣国のフランスでは革命が起き、ハプスブルグから嫁いだ王妃がギロチンにかけられた。

常に戦争で闘い、異国間での政略結婚や時には血族間での婚姻を繰り返し、滅びたる王国。
それでも……散りばめられた血を受け継ぐ者たちが、世界各国に今も生きているのだ。

わが日本国は、他国との血の交わりを避けてきた島国。
最も東に位置する神の国……そう教えられてきた。

……異国に来て思うのだ。
崩れ落ちるのも歴史の一つなのだと。

一人で多治見を背負っていたような感覚が、薄れて行く。

大きくて。
あまりにも大きな歴史の渦に、一人で立ち向かうなど出来ようがないのだと……。
それは負けではなく、星の巡りのように感じられる。

拓篤は空を見上げ、父を……祖父を、多治見の先祖達を思う。

きっと、俺を見ていると。
最後の生き残りである、自分を。

これは俺の問題であり、誰かに理解してほしいものではない。
答えは、俺自身が導くものだ。

いつか……十年先でも、五十年先でも。

この世に生のある内に、自分で行き着くことが出来ればと願う。

例え重い荷物は、降ろせなくても。
それを背負って生きる強さを、身につけられるようになりたい。

空を見上げたまま、遠い日本を思う。

堂本さん。
今も、悪い奴追ってる?

きっと走り回ってるんだろうな……。

何も疑わず、自分の道を歩くあんたが浮かぶ。

……俺も、自分の道を歩くよ。

いつか「今」を振り返った時に、頑張った自分を誇れるように。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-140】へ
  • 【恋のカタマリ-142】へ

~ Comment ~

NoTitle

今日の拓篤、ちょっと泣けました。。。
kiriさん、たぶんそういうお育ちじゃないでしょうに、なんでこんな心情書けるのでしょう。。。

NoTitle

拓篤はなにか吹っ切れそうな。
重荷を重荷として受け入れる、と身構えることなく思えるようになったのか。
それも進歩というか成長ですよね。
成長しながら身に付ける強さなのかな。

いつ日本に帰ってくるんでしょうね。
大人になった拓篤が見たいわ~。^^

拓っくん、堂本ったんは強かにがんばってるよー。

わざと暴力を受けて公務執行妨害と罪状をつけるやり方、「転び公妨」と言うらしいですね。
ウィキペディアにありました。こんなのまで載ってるんかいっ!て思ったよ^^;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E3%81%B3%E5%85%AC%E5%A6%A8
そんな手段を取ってしまう警察も必死、やられた方も必死。迷惑極まりないのかも知れないけど。


>みゃお様
病的は『びょうてき』ではなく、この場合は『やみてき』と読むことにして、
最初の2行で『進撃的(中略)な色魔』とか『受動的(中略)な病的』とか、
初っ端っから妄想が広がってしまいました。腐腐…( ̄+ー ̄)キラーン☆

動画、ご子息も喜んでくださったとのことで、ホッとしました。^^
メカっぽいの好きな子もいれば、そうでない子もいますしね~。


~本日はバラエティ~
●ピチピチ♪>https://twitter.com/kyusyu_danzi/status/582683858790801408/photo/1
●なんだ、これ(//o//)>http://cyberqueer.tumblr.com/tagged/I%20Killed%20My%20Mother
検索して『マイ・マザー』という映画(http://movie.walkerplus.com/mv54132/)なんだと分かったけど、このシーンは一体…(//o//)
ストーリーは17才という思春期の息子とその母親のお話らしい。反抗期みたいです。
●3巻~♪ヾ(*・ω・)ノ ルンルン♪>https://twitter.com/saezuru_comic
●不思議植物>http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188420.html

一読後の徒然感想なので、まとまりがなくてスンマセン。
では、明日~┏○))ペコ

生きてるといろいろある。

こんにちは。kiriさま、ファミリーのみなさま。

別件タイホっていうヤツだな・・一つ罪状増えちゃったね。
あ~やっぱりセリフがカッコいいなぁ~←ため息まじり
・・お前知ってんだろ?・・ハイ・・知ってます・・知らなくても頷くミケリ♡

甘さの一かけらもない日常。ここら辺はホントにリアル。
現実と虚構の間で、kiriさまが何を書きたいのかがチラリと←勝手に解釈

一転して・・静かに流れる時・・の中の拓篤くん。
異国の地でもしや・・高貴なお方とのloveが・・!・・ないか・・。
ハプスブルグといえば、皇妃エリザベートが好きだったなぁ・・名香/智子作
どっかコミックあったな~・・・こうして思い出の旅へ。

kiriさま・・昨日はいろいろ・・また・・ありがとうございます(T_T)
暗証は今日やってみようと思っています!ネットとかホント不慣れで初心者なもんで、「暗証ってなんだろう・・?」って思ってました(・_・;)へへ・・

そして・・みゃおさま、はるかぜさま・・ほんとにありがとうございます(>_<)
暖かいお言葉が・・全部・・届いて・・きました・・うぅっ😢
解ってない・知らないことが多いこの世の中。人の気持ちも情報も。
でも触れたその時には、自分なりの寄り添い方をもっと、考えてみたい・・と。

ミケリはですね・・ダンナが急死したとき、遺品に中にミケリの知らないダンナを見つけて・・もう何も取り戻せないって実感しました。ダンナに時間があったらきっと、ミケリに知れないように処分したであろうこれも・・ダンナの真実。
暴露タイミングがここかよ~でも知っちゃったからな。泣き笑いですよ、もう。
15年隠しとおしたダンナの気持ちになんとか寄り添おうとして、心が格闘。
いなくなる前に一緒に格闘したかったのにとか、いろいろ思いながら。

今では腐グッズとともに保管。「何とかしてくれよな」って言ってると思う。
バカめ・・。ミケリの腐グッズもあるんだよ!こっちのが大変なんだ!ブツブツ
でもダンナの二の舞いにはなりたくない・・整理する人が大変だし。
人生の黄昏時に一人残され、やらねばならないことを実感しています。

kiriさま、今日も関係ないお話をつらつらと、申し訳ありません。
ファミリーの皆さまにもご迷惑と知りながら。どうか・・許してくださいませ。

それではまたきます~
今日の一言・・・明日から4月。お仕事再開!老体に活いれてがんばる!

※漢字間違い今日もやっぱり発覚。こっそり訂正・・。暗証love! 囀る3巻!トーヤさま、ありがとうございます!只今小躍り中!

Re: NoTitle

purple_rabbit 様

拓篤の心情、感じて頂けましたか?
うん。もうね、妄想想像しまくって、書きました♪
そう言って貰えて、嬉しいです(*´-`)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

完全に吹っ切るには、きっと凄く時間かかるんでしょうけど。
父が突然居なくなってから、ここまで……。ほんと、色々あったもんね。

走って、歩いて、佇んで、時々周りの景色を見て。
気が付いたら、結構な距離を歩いてて…。そういう感じ成長していけてるとイイですね。

>「転び公妨」←どっかで見たわww
これは、山下が悪い。例え「任意」であれ、逃げるだけでも逃走として「公務執行妨害」になるそうです…(って書いてたよ)その上、殴っちゃったらね。
堂本も逃げる可能性は分かってたし、だから逃げ場無いようにはしておりましたけど。
山下の言うように「わざと」っていうか「そう来るなら、それでもいいぞ」みたいなww

>『マイ・マザー』という映画
この動画、イイですね~。全体的に、素敵です♥
映画のシーンなんだ。何となく納得!

は…3巻!!私、ヨネダ先生も、これも好きなんです。
でも、イタイ処が(ぎ/ゃ/く/た/い)のとこだけは…もう、もう(>A<。)
買いますけど♪でも、読み返しが出来ない作品です。ヘタレだな…。

有難う御座いました☆

Re: 生きてるといろいろある。

ミケリ様

警官になってから「怪しい臭い」を嗅ぐ訓練を日々行ってきてますので…。
物凄く臭ったんでしょうね…山下くん。

何もしてないのなら、素直に吐けば済むことなのに。まぁ、取調室のトラウマがあったにしてもw
殴ってまで逃げようとするって、相当ですよ。
もう、刑事さん達「繋がり」を確信しちゃいましたね。

>皇妃エリザベート←歴代の中でも、一番人気?
昔、宝/塚/歌/劇観に行きました。トートが美しかったです(多分、初演)
私は西洋史が大好きなんですが、どこを開けてもパプスブルグ家が出てきます。
どれだけ拡散して広がっていったのかが、とても面白い。

>いなくなる前に一緒に格闘したかったのにとか←あー、何か分かる気がします!!
でも、何言っても安っぽい言葉になってしまいそうなので、自重…。
いつの日かの遠い未来に、向こうで会った時。その時、ヤっちゃってください!!

あぁ…私も、大量のBLコミックやら、PCの中に画像とか。う~む…((+_+))

暗証、早速(笑

有難う御座いました☆

NoTitle

日本って島国だから外国勢力が来るとオタオタしたり喧嘩になったり。
友好を保つこともできるけど利害と暴力が絡んだら・・・制裁がコワイ。ちょっとだけ、○○・しまこーさく、のコミックに出てました。。

自分(日本人)と違う・・。ゾゾゾーーッッ!! と感じとったのか?
山下クン、いっそ鞍替えしてしまえばー??


拓篤の方は違う意味の歴史を感じてる。
欧米は石の文化でもありますからね。日本は紙と木の文化。家の造りから違う。
そして血縁による歴史と支配。上に行けばいくほど濃くなる血。
どんな強者でも立ち続けることは出来ない。 ・・・平家物語の冒頭、ですね。  偏(ひとえ、ってこんな漢字?! びっくり)に風の前の塵に同じ。。  せつないわー。
でも、時の流れに逆らう事は無理なんだって思えるようになれたようだから、いいのかも。



ミケリさま。
ダンナ様より親の遺品を片付ける方がきっと大変、ではないかと。
そろそろ心の準備をしなきゃいけなくなって来ました。義理と実の。
今では終活(こっちの漢字を使いたい。うれい(愁い)の愁活・しゅうかつ)が色々あって取り組みやすいですけど、写真とか捨てるの抵抗ありますもんね。
黄昏時。。 どうかゴールデン・サンセットになりますように。


kiri様。 
きょうのBGMは、若者たち(君の行く道は~♫)。風(人は誰もただ一人 旅に出て~♫)。手紙(あんじぇらあきさんの)、をローテーションで。

どなたか追加でお願いしますーー(昭和生まれはつい昭和。笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiriさま

先を見据えて、最悪を想定して準備する刑事2人。山下君、しっかり読まれまくって、堕ちちゃいました💦ご愁傷さま(>_<)

日本の歴史を、殊更外国の地に立つと感じるのは、なぜなんでしょうね-。
特にヨーロッパは、街並みとして歴史をそのまま残している所が多いからなのかもしれないですね。
日本は、京都とか決まった場所に行くと同じように感じる時がありますが、それ以外ではどこでも同じような街並みというか、現代風になってしまっているからからもしれません。

kiriさまも西洋史がお好きなんですね。
私は一時期、イギリス王室関係にどっぷりと浸かってました-。
王室って言っても、本当におどろおどろしくて、血生臭い歴史がいっぱいで💦
途中で、「え?この人王家と関係ないでしょ!」って人が頂点に君臨して、血筋なんてどこへやらと言う事もあったりして。

日本だって色々あったけれど、それでも桓武天皇以降、その血筋が脈々と受け継がれている民族は世界に類がないですよね。
しかも、天皇家の先祖は何しろ神さまですからね--!!凄すぎ、日本!!

だからこそ、拓篤も多治見の血や歴史を重く受け止めてしまう部分が大きいのかもしれないです。
それでも、日本の外に出た事によって、拓篤は初めて深呼吸ができてきているのかも。
等身大の自分を見つめて、そしてその自分を少しでも大きく逞しく強くして、
早く堂本さんの横に帰っておいで💕
おばちゃん達も、首を長~くして待ってるからね( *´艸`)

きっと2人が再会したら、双方とも成長している姿を感じ取って、更に更に愛情が深くなるに違いないっ(≧▽≦)
その時が楽しみであります!!!


>トーヤさま 本日も会報ありがとうございます💕

ぴちぴち。これTVで全編見ました!!
すっごいいろっぺーお姉ちゃんだと思いきや、男性で。すぐに腐視線に変換完了!! 入浴シーンはBL好きな人は大好きだと思いますよ( *´艸`)

なんじゃこれ←動きが早すぎて、目が回る~~ぐるぐる・・・💦年かな?

植物グロすぎ。だけど見ちゃうのはなぜ~?
自然界って凄すぎる!! これも息子に見せてみよう(^O^)


kiriさま

今日は、龍介X達也カプをまたしても一気読みしました。
あ-、2人がイチャイチャしかかっている時、堂本さんは傷心を抱えて頑張っているんだよ-となどど思いつつ。
時系列揃えるのに、本当に苦労されたんだと思います💖

また、明日楽しみにしてます(≧▽≦)



Re: NoTitle

ますみ様

山下くん、逮捕されちゃいました。
逃げそうな目つきしてたんでしょうね…。
まぁ、一度悪の縁が付いてしまうと中々そう簡単に、普通の道を歩むのは難しそう。
個人ならまだしも、組織的になるとね。

拓篤は、海外で色々感じてるようです。
大きな「渦」の中で翻弄されてきた、王族の皆さんとか。
ベルギーも、今も王室がありますものね。
隣国のフランスは、革命後一度復古したけど…。

時代の波というのがあって、とても個人でなど闘えるモノじゃないくらいの大きさ。
拓篤は、自分はその中の小さな一人だってことに気付いたようです。

外から自国を見ると、色んなことが見えてくるんだろうな~。

昭和歌謡(笑)すぐに浮かぶw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

ちょっとブリです!w
長期の出張、お疲れ様でしたm(__)m
3月~4月にかけて、私もバタバタしてます。大したことしてないのに忙しい…。

その間、お話はさくさくと進んでおります(笑
といっても、読者様的にはあまり動きというモノはない「静」のターンなんですけど。

はい。堂本は「強くて当たり前」だと思ってます。
それくらいでないと、ビビってちゃ悪い奴追いかけられませんものー。
けど、驕るのではなく日々訓練!

そして拓篤は、色々と気づきが始まってます。
全てに「答え」など出ないとは思います。
大きな出来事がなくても、淡々と日々を頑張っていれば、その「時」が自然と訪れるかな。。。

私も王朝好き~♪もう、乙女時代、かなり没頭して読みました。
もう、記憶があやふやなんですが(爆

そう!離れてる今が、拓篤も自分のことだけ考えて頑張る時!
見守って下さい(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

みゃお様

山下の目が、逃げる…って分かったんでしょうね。
体がデカいから可能だって思っちゃったか、余程のトラウマか、本当に事件に関与してるのか。

そう。私は西洋史が好き。日本史はとんと疎いんですけど。
高校時代は、様々な歴史書読み漁って、自分で家系図とか書いてた。
一体、何がしたかったのか?謎ですww

日本の皇室は世界最古だと言われてますよね。次がデンマークだったかな…(忘
ヨーロッパの方は、とにかく戦争に明け暮れていたから結婚という形で結びつくのが手段でもあったから。それこそ、王朝も名前がどんどん変わって行ってます。

拓篤は幕府より朝廷側の血筋(という設定w)なので、本当に古いんですよ…。
だからこの子の苦しみは、この子だけのモノ。堂本にだって、理解は出来ません。
なので、自分で乗り越えるしかないんですよね。
千を優に超える歴史を持つ血の重み。どんな重さなのか、想像すらできない…(書いてるけど

たかが数年海外に居たくらいで、乗り越えられるモノじゃない。
ただ、歴史の渦というモノを実感できるだけでも、違うと思います!

あ、野獣読みましたか?(/ω\)
そう…時系列、マジで頭痛いです(汗

有難う御座いました☆

映画館なう

今日は付き添い。
🆙時間は鑑賞中だよー。
寝そうです(;´∀`)

Re: 映画館なう

会長様

今日も付き添いですかー。
結構、映画行きますよね♪
私も、子供が小さい時は連れて行かされたな…(遠い目

お疲れさまですww
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-140】へ
  • 【恋のカタマリ-142】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ