女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←拓篤を巡って(?)仲の悪いw高宮叔父&甥◆ラフ画☆寿祐様 →恋のカタマリ-124
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【拓篤を巡って(?)仲の悪いw高宮叔父&甥◆ラフ画☆寿祐様】へ
  • 【恋のカタマリ-124】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-123

 ←拓篤を巡って(?)仲の悪いw高宮叔父&甥◆ラフ画☆寿祐様 →恋のカタマリ-124
妹が……怒っている。

俺と同じだ……。
憤怒の思いが、溜まっている。

孤独な悲劇の息子と、実家の邸で呑気に暮らす母と妹。
周りの声がどんな風だったのか、想像がつく。

そして小夜子は、どこにも吐き出す場所がない。
多分、誰一人。そういう環境なのは、俺にだって分かる。

「……ごめん」

それしか言えなかった。

きっと誰にもぶつけることの出来なかった言葉が、小夜子の中にたくさんある。

俺は、どうすれば良いのだろう……。
小夜子の中にある鬱積を、どうしてやればいい?

「俺に、何か出来ることはないか?」
『ないわ』
「でも……」
『何もしないでっ』

キツイ口調が、胸に刺さる。

「……俺は、どうしたらよかったんだ?何をすれば、お前は俺を許す?」

声が震えた。

『何もしないで』

また同じ言葉を言われた。

『兄様は……分かってないわ』

呆れたように言われ、拓篤は胸が軋む。

「分かるように言ってくれ」
『兄様は自分だけが背負ってると思ってる。女の私は、何も背負っていないと思ってるの?』

小夜子の声が興奮している。
あまり感情を表に出さない小夜子が……。

『私がどんな思いで、ココにいるか。あなたには、分からない』

その声は、震えていた。

ずっと言いたかったんだろう言葉を、言えずにいたんだ。

思えば俺は……孤独だったけど、気楽でもあった。
好きな時に寝て、起きて、自分のペースで。
バイトして、友人とご飯を食べ、恋人と甘い時間を過ごして。

小夜子は、そんな兄を思い浮かべて母の実家で過ごしていたのだろうか。

『私が好きで多治見の姓を棄てたとでも思ってらっしゃる?』
「……嫌だったのか?」
『私には選択する余地が無かった』

多治見を嫌っているのだと思っていた。

俺は……自分のことに必死で、妹の気持ちに気付いてやれなかった。

力が無くても、例え無理だったとしても。
一緒に来るか?の一言も言ってやれなかった。

まだ高校生だった妹は母の生家の慣わしを学び、そこで生きて行くしかなかった。
体の弱い母を気遣い、祖母や伯父達の前で良き娘であるために。
祖母の厳しさを、俺自身煙たがっていたのに。

そして父が殺されたことによって起きる摩擦。
多治見と前坂の板挟みになって……どれだけ苦しかったのだろうか。

前坂の親戚の前ででも、父の話を振られ続けては表面上は微笑み耐えている小夜子が浮かぶ。

『兄様は、自分の人生を生きて。私が、母様を守って行くから』
「そんな……っ」

それは縁を切るというにも等しい言葉だった。
拓篤は頭を殴られたような気になり、携帯を持つ手が震える。

「前坂を出る訳にはいかないのか?三人で……」
『父様と同じね……。すぐに自由を求めて逃げようとする』

即答されてしまって、拓篤は目を閉じる。
そうだ……。俺は、父に似ていると自分でも思う。

何故ダメなのだと、思ってしまう。

『今更よ……兄様。母様のことを考えて』

冷めた口調で、最後通告のように言われた。

『私は、父様を許せない。だから、兄様も同じよ』

そうか……。許せないか。

そうか……。
そうだよな。

『もう……構わないで』

…………。

「……連絡するなってことか?」
『……お願い。そっとしておいて』

そっとしておいて……。

拓篤は自分がいつも心で思っていた言葉を言われ、目を伏せた。

沈黙が流れる。
何一つ言葉なんか浮かばない。

小夜子も同じだろう。
俺に最後通告を突きつけて、平気だとは思えない。

「……母さんのこと、頼むな」
『はい……っ』

小夜子の喉がグッと詰まる音が漏れ聞こえた。

あぁ……小夜子が泣いている。

胸の中で、何かが砕けた。

いつも冷めた口調は、小夜子の鎧。
兄様、助けて……と言えなかった、妹の防壁。

それは、妹に残された誇り。
必死に闘っている妹の、膝を折るようなことは……今は言えない。
傍に居てやれないのだから。

「小夜子……。守ってやれなくて、ごめんな」

黙る小夜子に拓篤も堪らなくなり、そのまま電話を切った。

*

堂本は埼玉に出向き、県警の刑事と一緒に被疑者の実家へと向かう。

埼玉への移動中に、凶器の血痕が被害者と一致。
そして逃亡中の男の部分指紋が出た。
ふき取ったつもりでも血がついた手で触れると、そう簡単には落ちない。

途中で携帯が鳴り、班長から現在の情報が入る。

銀行のATM、コンビニ等で、自分だけではなく相手名義の金も限度額いっぱい引き出した。
カードを使うと足取りが分かることも、充分に知った上での現金。

携帯の電源も切ったままだと言うから、本気だ。

「ガイシャは危篤のままだ」
「わかりました」

命を落とせば、その瞬間に殺人事件へと移行する。
同居人名義の口座から引き下ろした金なら更に罪が増える……。

これ以上罪を重ねる前に、自首して来い。
堂本はいつも思うが、逃げる方はパニクっていて必死だろう。

「その角を曲がった処です」
そう言って、車を側道に止めた。

堂本が車から降りると、家の近くに止めていた車から地元の所轄の刑事も降りて来た。
簡単に挨拶を交わし、指さす方向を見る。

「現在マル被の姿は見ていません。家の者の出入りも無し」

部屋の中の電気は点いているということは、在宅だ。

「出入り口はここだけ?」
「そこの窓だけです」
「芦田、お前は窓の方についててくれ」
「了解です」

万が一、被疑者が中に潜んでいた場合、どこからでも逃げる可能性がある。

埼玉県警の飯塚に同伴してもらい古い一軒家の玄関前に立つ。
所轄の刑事が反対側で待機しているのを見てから、堂本が呼び鈴を鳴らした。

「はい?」

玄関が開き、出てきたのは年老いた女。
多分、母親だろう。

「東京から来ました、堂本と申します」
警察手帳を提示して、隣の飯塚も同じように提示して所属と名を名乗る。

「都筑志津夫(ツヅキシズオ)さんは、息子さんですね」
「……はい」

何かあったのだと悟るような目を、堂本は静かに見据える。

「志津夫さんは、ご在宅ではないでしょうか?」
「いえ……お正月に顔を出したっきりです」

その顔に嘘の匂いはしなかった。
……が、簡単に信用はしない。

「あの……」

上目遣いで問う表情に、堂本は口を開けた。

「志津夫さんは同居人を刺し、逃亡した疑いがあります」
「…………それはっ」
「現在、殺人未遂として捜査中です」

崩れる体を咄嗟に支える。

「…………っ」
「どうか、ご協力頂きたい」

狼狽して崩れる母親の体を抱き、堂本が淡々と告げた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【拓篤を巡って(?)仲の悪いw高宮叔父&甥◆ラフ画☆寿祐様】へ
  • 【恋のカタマリ-124】へ

~ Comment ~

兄妹

kiri様。

兄弟がいたらそんなもんですかね?私は兄弟がいないのでわかりませんけど…父がなくなったときも、家を出るときも、離婚する時も…頼れる、話せる兄弟がいたらなぁと思いました。

…が、私の娘は「兄ちゃんうざい。一人っ子がよかった」と言い、兄は「こんなバカな妹はいらんっ」と20過ぎても喧嘩しております。

拓篤…さよちゃんもいつかわかってくれるよ。男は辛いねぇ。

頑張れっ!


トーヤ様。

そうです。日々、ブラッシング、トイレの世話。散歩。飯、ゲロ吐き、コロコロ…クイックルワイパー、雑巾かけです。


是非!家の遠矢をお見せしたいです…デブ猫…

小夜子もつらかったんだね。拓篤に対する冷たい態度も精一杯の強がりだったんだ。
縁を切るようなことを言われて絶望的な気分にもなるよね。今はツラい事の渦中にいるけどいつかきっと小夜子の心の鎧が開かれる時が来るはず!小夜子はしっかりしてるからそれまで母様のことも支えてくれるよ。
だからそんなに悲しまないで拓篤。朝は必ずやって来るし、春になれば雪も解ける!!頑張って~!!
今日は仕事中にも関わらず(いつもこっそり読んでる)ちょっと泣いちゃいました。エーン(TT)

ツンデレ兄妹なんだから~(*´;ェ;`*)

ツンデレ小夜子ちゃんの覚悟が伺えました。
兄に対する愛情も。
> 『兄様は、自分の人生を生きて。私が、母様を守って行くから』
そう言われた拓篤は縁を切る気なのかとショックを受けてましたが、
小夜子ちゃんにとっては大事な兄に自由でいて欲しかったから?
だからあえて突き放す言い方をした? と、都合よく解釈しましたが…。
ホントのとこはどうなんだろなー。(・・。)ゞ ポリ…
小夜子ちゃんもこれから耐えて、自分を律していくことになるんだな。
おばあちゃん、どんだけ厳しいんだ…

一方の堂本も辛い局面ですね。
被疑者(あれ?容疑者か)の家族に告げるという……
事件が解決したら拓篤に癒されて欲しいけど…会えるのか?
うえーん、明日が気になる~~~((└(:3」┌)┘))←最近ずっとこんな状態ッスよw


~本日の『流涎の館』会報

●ヒゲ率高い=双子のように激似、という法則発見!と私の中で話題に(w
http://boyfriendtwin.tumblr.com/post/96180769558

●彼の地でも…>http://bylines.news.yahoo.co.jp/kohyoungki/20150122-00042446/
彼の地と言えば、こんなツイネタがありました。
https://twitter.com/x_Coffee_x/status/575614971561668608
イロイロと挑発はしても、やる気満々じゃないよなあと思ったよ、うん。

●マジか、講/談/社>https://twitter.com/ShingekiKyojin/status/576034989097160704
●鶴の恩返しが大変なことに>https://twitter.com/2ki36/status/575917003975716864
●フランス語版>https://twitter.com/Thermari/status/576040003727433728/photo/1
なんだろね、この"お相撲さんの所為"みたいな第一印象は…ww


では、明日~┏○))ペコ

それぞれの場所で

こんにちは。kiriさま、ファミリーのみなさま。
本日連投で失礼します~。

犯人の必死な状況に、堂本氏の危険信号を感じるのはミケリだけ?
ですよね~(笑えん・・

もし堂本氏に何かあったら、こんな状態の拓篤くんには・・。
がしかし、妹くんの気持ちが伝わったのは吉報だ!と思っておこう!
兄として今できることを精一杯やったことは、いつか解ってもらえるから。

何かを守るって大変なんだな・・。
思いを伝えるって難しいんだな・・。

それではまたきます~
今日の一言・・・どこからか孝造さんの声が聞こえる・・空耳?春だから。






Re: 兄妹

潤様

兄弟って、幼い頃は鬱陶しいことが多いんですが(爆
大人になると、心強い存在でもあります…。
兄、姉、弟、妹という関係で、色々変わってくるとは思いますけどw

周りを見ても男はやはり姉や妹には、弱い部分持ってるような気がしますね。

小夜子ちゃんに、最後通告を受けてしまった拓篤。
コレはかなりの痛手だと思います。

いつか関係が解ける日まで、頑張って良い男になりましょう!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

おみち様

小夜子ちゃんは、兄よりも孤独だったと思いますよ。
一人の孤独と、周りに人が居ても孤独な時ってありますから。

拓篤は喧嘩する相手も居て、男だから力技(喧嘩)ということで吐き出せることも出来た。
それも遠慮無し!で、フルボッコできる相手=ヤスシww
小夜子ちゃんは、傍に母様がいて、祖母も伯父もいて。いつも自分を律していますからね。
そういう世界に居て、そこから逃げるなんてことも思わない。

一連の騒動で、今は気持ちに余裕もないし…。でも、離れてる内に色々気付いて行くかな?

>今日は仕事中にも関わらず(いつもこっそり読んでる←笑

有難う御座いました☆

Re: ツンデレ兄妹なんだから~(*´;ェ;`*)

トーヤ様

小夜子ちゃんは、溜まった鬱積を兄に吐き出したことで泣けたよね。
色んなこと、ずーーっと我慢してたんだよ…きっと。
兄は男であるから、結構自由に自分の好きに出来る(ように見えたんだろうね
小夜子ちゃんには、絶対そういう道は歩けないから。
その心中は表に出ないので、想像にお任せしますw

兄が恋しい想いも当然あるでしょう。こういう状態で、離れてるから…。
今の小夜ちゃんは「母を守る」使命感で一杯。
拓篤がしなきゃいけないことを、妹がすると言った…。
これは、拓篤のアイデンティティーにかなりの衝撃です。
それが、どうなるか…ですね(>_<)

カノ方達も…。何故か親近感が。。。腐女子故に。

迷彩服と言えば、昔信号待ちしてる時に、目の前に米の軍人さんが立ったんですが。
なぜこんなとこに居るの?と思ったけど、本物オーラが半端無い。
全身迷彩で、いかにも軍人さん!!ファッションの迷彩とは明らかに違うんですよね。
ま~格好イイったら、ありゃしない。ボーっと(//∇//) 見てました…(怖

進撃の大阪弁(笑)夜に覗いてみます~

有難う御座いました☆

Re: それぞれの場所で

ミケリ様

拓篤の状況と、堂本の状況…。

堂本は、毎日こんな感じです。
これから先も、ずーーっと変わりなく、事件が起きれば追いかける。

一方の拓篤の方は、大きく色んなモノが変わって行く変換期。。。
その時の感情でつっぱしたり、間違って頭打ったり、自己嫌悪したり、冷静になったり…。

>妹くんの気持ちが伝わったのは吉報だ!
うん。知った「今」はショックでしょう…。でも、拓篤が一人相撲のようになっていたことは否めないから。ガンバレ!お兄ちゃん。
力つけて、妹に自信もってまた声が聞けますように…会えますよに。

有難う御座いました☆

男はつらいよ。

今は黙って受け止めるしかないね、拓篤。
小夜子ちゃんの立場からすれば・・・、仕方ないのかな。
事あるごとに言われてるのかもしれませんし。 「多治見の血が」 って。

前坂の中でただ一人他の家の血を引いているのよね、小夜子ちゃん。
いっそのこと、薙刀でも習っていれば発散できたの?

今、一欠片でも剥がす事が出来て、兄妹喧嘩(もどき?)も出来て、少しは息がつけた、らいい、けど。


堂本サンはブレてません♪
でも、サミシイのは可愛い仔猫ちゃんと一緒。 ただ、仕事で誤魔化せるのも限度があるよー。

Re: 男はつらいよ。

ますみ様

少なくとも、お兄ちゃんに吐き出せた。

女の子の方が、我慢するんだよね…。
男みたいに、自由に発散出来ない分、溜めて溜めて…爆発!!
大抵、三行半突きつけるのは女性で、男性は青天の霹靂…のパターンが多いとか(脳科学で

「フランス行く」で、ちょっと小夜子ちゃんも色々思うことあったんだろうな。
とうとう、ブチッと来た。拓篤、お兄ちゃんだから受け止めてあげよう…。辛いけど。

はい、堂本は一切ブレずにお仕事。何年経っても、今と変わらないと思います。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拓篤を巡って(?)仲の悪いw高宮叔父&甥◆ラフ画☆寿祐様】へ
  • 【恋のカタマリ-124】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。