女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-115 →恋のカタマリ-117
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-115】へ
  • 【恋のカタマリ-117】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-116

 ←恋のカタマリ-115 →恋のカタマリ-117
とっくに四月に入っても拓篤の仕事は、裏方に徹するのみ。
水埜はフランス行きの調整で走り回っていて、週に何度か顔を出すだけだ。

店の奥にいても、常にどこかで迷惑をかけているのではないかという負い目は拭えない。

水埜の母も、バイトも。
皆が思い遣ってくれていることも、苦しくなってくる。

心がヘドロのようなモノに纏わりつかれてるような感触が、つきまとう。

……いい加減にしよう。

水埜の母が、人の噂なんか月日が経てば消えるのだと言ってたじゃないか。

拓篤はそう思って、店のゴミを出しに裏手に出た。

そこに立ってたのは……棚秦。
一番最初に来た週刊誌の記者だ。

いつもこれだ。
こっちが振り払おうとすると、こうやって現実を見せる。

「また取材ですか?」
「いえ、ご報告を」

一体何の報告だ。

「仕事中なので」
「記事はもう書きません。どっちにしろ、もう限界です」
「あ、そう」

拓篤が冷たく答えると、棚秦が大きなゴミの蓋を開けてくれた。
無言でゴミをそこに捨てると、苦い顔をする。

「あなたの記事が一番マシだったとでも言って欲しいの?」
「…………」

拓篤が薄く笑って、棚橋を見る。

「あれから……」

何かを言おうとする棚秦を無視して、店の扉に手をかける。

「本を出すことになるかもしれません」
「え?」

一体、何の本だ?
拓篤はゾッとして振り返った。

「ゴシップではありません。日本の旧華族の没落の本を」

……好きにすればいい。

「どうぞご自由に」
「真実を書くつもりです。あなたのお父さんのことも」

拓篤が棚秦を見つめる。

「日本という国の中に、今も血を受け継ぐ末裔の方達は存在する。あれから、何人かに取材をお願いしました」
「…………」
「血統というモノの重さ、圧し掛かるモノ。時代に翻弄された当主たちを」

拓篤は無表情のまま、扉を開けた。


「もし!!書籍化されたら、送ります。何年も先かもしれないし、あなたが読んでくれなくても」

後ろから叫ぶように言う棚秦に、拓篤は振り向かず扉を閉めた。

*

棚秦の顔を見てから、気持ちが何処か違う方に向かう。
あの取材に来た時……あれが始まりだったんだと思えば、今のこの状態を悔しく思う。

自分のやり方が拙かったのかもしれない。
そう思った処で、戻れないのだ。
結局はそこからネットへと移り変わり、人の好奇の目を知った。

いや……昔からだ。
そういう目は、いつもついて回っていたじゃないか。

パソコンに数字を入力し終わってから、コーヒーを淹れて飲む。
まだ仕事中なのに、夕方になると眠気に襲われるから。

店頭に出ている時はいいのだが、デスクワークになると睡魔に見舞われる。

眠気が取れず、シンクの水道で顔を洗って壁の横の鏡を見る。

真っ赤に充血した目に、ゲンナリとしてきた。

ふと、そこに父が見えた。

多治見の亡霊に取りつかれたような己の顔に。
……父が同じ表情をしていたのを思い出した。


父様。
あなたの辿った道を、僕は歩いてる。
とても険しい道を。
この道は、何処まで続いてますか?
重くて……膝をついてしまいそうです。



……寒い。


もうとっくに春だというのに。

拓篤はブルリと震えて、自分の体を両腕で抱く。


堂本さん……。

寒いよ……。


俺のこと、温めてよ。
一瞬でもいい。

ダメか……。
会ったら、俺もう崩れるよな。
確実に、崩れる。


そうだよ……。
もう、立てなくなってもいいじゃないか。

堂本さんの部屋で、ずっと留守番していればいいんだ。
何処にも行かずに、ジッと帰ってくるのを待っていればいい。
そうしたら、こんな思いから解放される。

ご飯作って、部屋の掃除して、堂本さんがいう仔猫みたいに大人しく部屋に居ればいい。


会いたいんだよ。

堂本さんの腕の中だったら、ゆっくり眠れると思うんだ。

眠りたい。
朝まで目を覚まさずに、ぐっすりと眠りたい。



なんでだよ……。


なんで、傍にいないんだよ。


愛してるって言ってくれたじゃないか。

……そうか。
俺が「会いたい」って言えばいい。

見られたって、仕方ないじゃないか。
俺が会いたいんだから。

後はジッとそこにから出ないで、閉じこもっていれば大丈夫。

何で我慢してるんだ?

そうだ、会いに行こう。
本庁まで行って、署の前で待っていれば会える。

拓篤が時計を見ると、後三十分で終わる。

*

「お疲れ様です」
「拓篤くん」

頭を下げて上がろうとしたら、水埜の母であるオーナーに呼び止められた。

「あなた……随分と、顔色が悪いわ」
「大丈夫です」
「ちゃんと食べてるの?」
「はい」

食べてるよ。
量は少ないけど、ちゃんと噛んで呑みこんで体の中に入れてる。

生きるために。

裕理とゆびきりしたから、ちゃんと守ってる。


「……そう」
「心配かけてすいません」
「ね。明日、うちに食事にいらっしゃいな」
「いえ、大丈夫です」

だって俺は堂本さんと食べるんだ。
これから毎日……。


あ……そうか。
フランス、行けなくなる。

「拓篤くん?」
「あの……フランスなんですけど。俺、行けないんです」

「……どうしちゃったの?」

オーナーの顔色が変わるのを見て、あれ?……と思った。

「いや、あの……」

俺は一体、何を言ってるのだろう。


「すいません。変なこと言って」

やっと我に帰って顔を覆った。

「明日はお店がお休みでしょう?予定ある?」

拓篤が顔を覆ったまま首を振る。

「だったら、家でご飯食べましょうよ。無理にとは言わないけど」
「……有難う御座います。連絡します」
「帰れる?」

帰れる?……って。
俺は、そんなに心配される程弱ってるのだろうか。

「はい。大丈夫です」

ニッコリと笑って、頭を下げた。

「気をつけてね」
「はい。お疲れ様です」

店を出て真っ直ぐに歩き、曲がってからそこの壁にもたれ掛る。
オーナーが心配して見ているのが分かったから。

はぁ……。

しばらくそこに居てから、気を取り直して歩き出す。
本庁ではなく、家へ向かって。


携帯が震えて確認すると、新着のメールが来ていた。

何も考えずに開けてみると、リンクが貼りつけてある。

……まただ。

今度は何だ?

放置しておけばいいのに、堂本や小夜子だったらと思うと無視できない。

拓篤はドクドクする心臓に手を置いて、リンクを開けた。


「…………!!」


自分の喉が鳴る。


そこには小夜子が写っていた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-115】へ
  • 【恋のカタマリ-117】へ

~ Comment ~

お久しぶりにコメントします。
毎日ツラい展開で、、きっと書いてるほうもしんどいんでしょうね。
昨日は堂本さんの「愛してる」で少し気持ちも盛り上がりましたが。
拓篤が壊れた!!と思ったらオーナーさんナイスです。踏みとどまってくれて良かった、と思ったのも一瞬じゃないですかぁーーー!!
拓篤頑張ってぇーー。
きっと大丈夫。兄様だから小夜子を守らなければいけないけど、きっと上手くいく!大丈夫!

NoTitle

拓篤ーー!!
踏ん張れっーーー!。・°°・(>_<)・°°・。

Re: タイトルなし

おみち様

お久しぶりです~!!
この展開に、お久しぶりの方が時々ニョキっヽ(´Д`;)ノすいませーんw

書いてる方はね、結構「拓篤、負けるな」と自己陶酔的になってる…(コラ
愛なんぞ~のような、愛憎の方が結構キツいんだと、コレ書いて知りました。
あれはもう、亨の想いが重くて!!

こっちは、マスコミ云々もありますが、拓篤個人の問題なので。
彼が自分の考えで、膝を折るもヨシ、踏ん張るもヨシ。

妹の写真で、目が覚めたか…拓篤よ。守るべき者がいる!!踏ん張れ、兄様。

またお顔出して下さいね。
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

男だって、女だって。
踏ん張る時があるのよね。

負けるな…拓篤(>_<)
逃げるなーー。

有難う御座いました☆

Σ( ̄⊥ ̄lll)

拓篤が『堂本足りない病』に罹ってしまった!Σ( ̄ロ ̄lll)
症状が進んでる!精神が現実から分離して夢遊している!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?
そこへまた新たな問題が!(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

…なんか一人で盛り上がってしまって…(しかも顔文字乱用…)

しかし不気味なメールですね。誰の仕業なのか…
弁護士に相談するのよ、拓っくん!

昨日は春で今日は冬ですね。
我が家の方もそんな天気でした。昨日は暖かかったのに今日は寒いです。
なかなか春は来ない…。
拓篤、いつか春は来るよ~。p(≧□≦)q


~本日の『流涎の館』会報 -乾燥気味なので尻で潤いを-

●ツルスベ~
://sonofaduke.tumblr.com/post/112776723797
://sonofaduke.tumblr.com/post/112776668012/elispiritweaver-hot-dudes
://yummyblokes.tumblr.com/post/111173772126/yummyblokes
●陳列>://underwearnewsbriefs.tumblr.com/post/110933222323/jockstrap-friends

●ネクタイ♪ネクタイ♪>http://trashyprinces.tumblr.com/post/112774502003/we-go-knots-for-ties-felix-hermans-by-marijn-de

●奇跡に遭いたい…チnコとか(ボソッ)>https://twitter.com/sgfoi/status/573408747277557760/photo/1

では、明日~┏○))ペコ

Re: Σ( ̄⊥ ̄lll)

トーヤ様

> 拓篤が『堂本足りない病』に罹ってしまった!Σ( ̄ロ ̄lll)

マスコミだけなら、まだ「人に迷惑かけちゃダメ」ってとこで踏ん張れるんですよ…。
でも、根の問題はやはり、血の重みが圧し掛かってきていることでしょうね。
マスコミやネットの方は、周りも理解してくれること。

けど、今の眠れない根本の部分って、拓篤にしかわからないモノ。
いつまで続くのかさえ、分からないから余計にね。
ゴシップは、既に少しずつ下火になってきてるようですし。

拓篤の今の一番の欲求=眠りたい 人は眠れないと、追い込まれて行くそうですから…。
そうなると、堂本が更に恋しい本能。安心してぐっすり寝たいんだね(-A-。)

>拓篤、いつか春は来るよ~。p(≧□≦)q ←必ず来ます!

オチリhttp取りました~。今、BLの規制?R18の規制?何か、厳しくなるとか…。
噂かな?何かRシーン書くのも、違う意味でドキドキするわ…。
昨夜…昔に覗いてたBLサイトさんも閉鎖されててショックー!怖いよー。

コメント欄までは言われないと思うのですが、一応肌色多目はリンク飛ばないようにしときますね(笑

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

おお、そうですか。お手数をおかけしました。
では、これからなるべくソフト路線 or 健全路線目指してみます!∠(`・ω・´)

てゆかURL貼り付ける気満々でスミマセヌ…人( ̄ω ̄;)

Re: NoTitle

鍵コメu様

拓篤の仕事は、皆が理解してくれてるから恵まれてますね。
けど、堂本は公僕。そこらへん、世間の目も厳しい…。

そして小夜ちゃん!!
生真面目な子なので、お兄ちゃん心配…。
女の子だしね(>_<)弱ってる場合じゃない、拓篤!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

コメント欄まで言われること無いと思うんですが(;´Д`)
イラストサイトさんで(ブログではなくHP)♂♂の裸体絡みの絵を…。
厳しくなったから閉鎖しますって。ショック(>_<)
それも日付みたら去年の末でした…(昨夜まで気付かず)
厳しい…って、そこのラインが分かりませんわ。絵と文字はまた違うもんね(汗

復習の旅へ♪

kiriさま、こんばんは!

昨日いただいたコメ返にて気づき、自分の記憶の欠落をうめるべく復習の旅に行ってきました♪序盤から読みつつ、気が付けば”アンブラッセ卒業”や”なるちゃんとの期限付き逢瀬”を経て”大成との確執”へと突入か!!!のところで、はっと、我に返り、止まらなくなりそうだったので、いったん復習(予習にもなりそう♪)を終わらせました(*^_^*)

拓篤の思考能力の低下による衝動的言動、精神的に追い詰められている様が痛々しいですね。でも、オーナー(水埜母)の気づきがありがたい!裕理姐といい、母親のように見守る、凛とした素敵な女性が味方にいること、なによりですね。小夜子ちゃんの画像、どのようなものかわかりませんが、守るべきものへの攻撃に、拓篤も心を奮い立たせて足に力が入るでしょうか?

お祖父さまのおことば
強く、逞しく、生き続けること。そして、誇り、運命
この苦悩のなか、拓篤はどのように解釈するのでしょうか?
あと、血統の重み…別の意味で、不安に思っている自分は考えすぎかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 復習の旅へ♪

key様

あ、復習の旅へ…。お疲れ様ですm(__)m
長いし、どこだ?って目安つけてクリック!ですよねww
私、スピンオフ書く時、よくやります…。←
ちゃんとメモ取って書くことなく、思うままPCに文字打ち込み~のいい加減さなため、サブキャラの名前をよく忘れる…汗

>拓篤の思考能力の低下による衝動的言動
今日は、こうなっちゃいましたね。それもこれも、やっぱり眠れないことが大きい。
鏡の中の自分の顔に父が重なってしまったことが引き金になったようですが…。

>この苦悩のなか、拓篤はどのように解釈するのでしょうか?
これはもう「これが正しい」っていう答えなんか無いですからね。
ほんと自分なりの解釈になるでしょう。

>血統の重み…別の意味で、不安に思っている自分は考えすぎかな?←笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメh様

本人が家柄のことを口にすれば「お高く止まって」ってなるし、黙っていても知られれば、そういう目で見られる。
お祖父様が「笑いたい人は笑えばいい。でも、自分の中に大事にしまっておきなさい」
的なことを言ってましたが、結局そういうシンプルな部分に行くまで時間かかるよね…。

あ。そうなんですか…。通ってたサイトさんが( ゚Д゚)
それは寂しいですよね(>_<)
同じく私も、そう通う場所ってないけど← 「閉鎖」にショック!

思えば、自分もたまに新作の合間にお休みしますけど…日々の生活に埋もれて行くんですよね…ズブズブと(苦笑
あれ、非情に危険です…。

いや、Rのせいかどうか分からないんですけど「色々厳しいので閉鎖」って書いてたのよ。
イラストサイトさんで結構男性のち○○とか絡みとかがあったので。露骨じゃなかったんですが、エロかったから?画力あり過ぎて?‥と、一人で(-A-。)

へび子さん…もう、最高でしたわ、新刊。昭和の香りがプンプンなとこは相変わらずでww
笑って泣いて、あぁこの先生ッ天才~~!と、悦に入っておりました♪
全キャラ素敵ですが、ジョッキーが好きです←kiriの好み丸わかりw今回チラリでしたけど。

拓篤もきっと、強く逞しい男になるぞ~~~~!

>エセ関西弁(爆)

有難う御座いました☆

NoTitle

この際だから水埜母・オーナーに「仕事手伝いなさい」命令でご自宅へ連行、落ちついた気持ちになれるアロマのお風呂なんぞに入れてもらって、ブランデー入りミルク飲ませてもらって、 眠らせてもらいたい・・・です。


私は徹夜出来ない人なので、拓篤の追い詰められて眠れないの、少しか想像できません。
でも、赤い目で顔色が悪いなんてー! 

”あなたの辿った道を、僕は歩いてる。
とても険しい道を。”

同じではないよ、あなたには味方がいる! そう言ってあげたい。


また出たっ。棚秦、あんたのせいでもあるのよっ、反省しなさい!
ん? 本? ・・・・拓篤に触発されたのか?  これを機に方向転換するか?
けど、どっちでもいいことね。 ま、頑張って(棒読み)。


ようやく下火になったかと思っていたら・・、ら!?

小夜子ちゃんーー!
拓篤っ、正気を保って! 戦うために寝るの、食べるの、ちゃんとしよう!


でも一体誰が・・・・?



ト―ヤさま。
1本(3斤分)の山型にぽこっと焼けたパン・・みたいな形がいいですねー(笑)。

Re: NoTitle

ますみ様

こういう時、相手が女性の方が結構素直に聞くんですよね…。
裕理然り、水埜母然り。母性の部分に、男の子は温かいモノを感じるのかな。

拓篤と父。
父の場合は、今にも崩れて行く現実を見ていたわけですから…。相当キツかったと。
コメント欄でもお声がありましたが、人の賑わいが静かになっていく過程も全て目の当たりにしてきた。マスコミじゃなく、周りの雑音も凄かったでしょうね…。
拓篤は反対に、もう崩れた後なんだけど、だからって楽な訳じゃないし。
ココの部分は、理解してくれる人が居ないから、孤独なんでしょう。

棚秦は、記者魂に火が点いたのかもですね。結構、反響あったのかも…。
元々、こういう方達だって最初からゴシップ記者を目指してた訳じゃなし。

今の拓篤はとにかく!妹のことで頭がいっぱい…(>_<)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-115】へ
  • 【恋のカタマリ-117】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。