女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-112 →恋のカタマリ-114
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-112】へ
  • 【恋のカタマリ-114】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-113

 ←恋のカタマリ-112 →恋のカタマリ-114
堂本が本庁へしばらく出張としての勤務体制に入り一週間。
あれから、拓篤の周りは騒がしくなっていた。

雑誌二社が競って記事を書くことで、相乗効果のようにどっちも売れたからだ。

二度目の記事が発売された。
週間gateは相変わらずのゴシップ路線。
高宮との関係はそれ以上掘り下げなかったが、今も疑問が残るとばかりの書き方だ。

対して、週刊ディスクローズは日本の名家としての多治見を辿った記事を付け加えた。
どれだけの広大な領地を持っていたか……。
それ故に、小さなバーで命を奪われた当主の悲劇性が増しているとも言える。
多治見家だけではなく、没落していった過去の華族たちの末路を足して二ページの枠。

そして便乗するかのように、女性週刊誌も加わった。
対象が女性読者ということで、暴力団のような血生臭い路線は狙っていない。
記事の半分は……拓篤だった。

拓篤の健気に働く姿まで目線入りで小さく載せてあり、内容もデフォルメしてある。
名前は伏せてあるし、写真も小さくて全身撮りだから分かり難いのがせめてもの救いだ。

堂本は知らないフリは出来ず、結局は雑誌に目を通す。
拓篤にどれだけの火の粉がかかるのかが、気になって仕方がないのだ。

どれもトップ記事ではない。
客観的に見れば、興味のある人だけが読む内容だ。

どっちにしろ、雑誌には限界がある。
堂本は恐れているのは、その先だ。

「堂本!!」

班長の声で我に返った。

「鑑識から連絡入って、指紋合致。ガサ入れだ」

*

拓篤は疲れ切っていた。

携帯の電源も切ってある。
マスコミだけでなく、古い友人とも呼べない知人からの連絡も鬱陶しくて。

一度だけしたモデルの仕事のことまで書いてある。
元、芸能人同士の加害者と被害者とばかりに。
トップ記事ではないにしろ、俺は芸能人じゃない。

そんなつもりで言った訳じゃない言葉が、ニュアンスを変えて活字になっている。

父が広島で、ずっとヒモ生活をしていたようなことも書いてあった。
部屋には、女の痕跡など何一つ無かったのに。

二社だった雑誌が、今週は女性週刊誌。
その内容は父のことじゃなく、俺のこと。

酷い父親と、健気な息子。
同情を買うように、一家離散の末に一人残された息子を美化している。

同情なんか欲しくない。

そんなこと、望んでない。
俺は父を恨み、そのうっ憤を喧嘩して、他人にぶつけてた息子だよ。

調べれば分かることなのに。
けど調べても書かないんだ……きっと。
勝手にイメージを作り上げ、都合の良い方向へと持っていくだけ。

もっと悪質だと思うのが、一部ネットの掲示板で盛り上がっていること。
ヤクザと名家の息子の関係を面白おかしく取り上げ、男同士だということも人々の好奇心を更に煽る。
事実より、憶測と妄想が入り混じって、まるで小説のように勝手に話が作られて流れて行く。

ネットに顔写真が載り「堕ちた王子」というタイトルまでついていた。

一体誰なんだ……。
ネットの先じゃ、見えない。

送られてくるメールにご丁寧にリンクが貼ってあった。
もし、小夜子も同じように写真が載っていたら……そう思うと、確認せずにはいられない。


……堂本にも会えないまま。

店頭に出れば、客を装った記者、その上に一般の人まで店の外から中を覗き見る。

普通に道を歩いていても指を指され、コソコソとこっちを見る連中まで。
携帯で写真を撮られたのも一度や二度じゃない。

それでも何も言えない。
言えば、どんな形で表に出るか分からないと知ったから。

日に日に……どこにいても、周りの目が自分に注がれているような被害妄想が起きる。
そんなはずはないのに。
既にトップニュースでもなく、雑誌を読むのも、ネットで見るのもごく一部の人だって頭では分かってるのに。

けど、仕事が終わって帰れば、こうやってマンションの前に誰かが居る。

一体……いつまで続くんだ。


拓篤はこっちにカメラを向ける男を無視して、マンションに入ろうとする。

「多治見さん。K署の刑事さんと、そこのラーメン屋に行っていたらしいですね」

え……。

拓篤がギクリとして振り返ると、男はニッと笑う。
何度か見たことがある顔だが名前も覚えてないし、名刺も受け取らなかった。

「聞き込みされた人が、たまたまそこに居て似てたって言ってましたよ?」

拓篤の中で何かが音を立てる。

「あれ?」

拓篤の顔色を見て、男が覗きこんできた。
まずい……反応があったと思われている。


落ち着け。
もし、堂本だと知られても、あれから二人では会っていない。
ラーメン屋で一緒に並んで親しくしていたからって……別におかしくはない。
現に芳武となど、頻繁に食事をしている。

堂本が刑事だから、興味を惹かれただけだ。

どうしよう……。
どうしたらいい?
堂本まで記事にされたら?

足が震える……。

落ち着け。
落ち着け、落ち着け。

しっかりしろ。
俺の言葉一つで、迷惑がかかるんだ。


拓篤は足に体重をかけ、息を吸いこみ、薄い笑みを浮かべた。


「普通に友人とラーメンを食べただけで、僕は記事にされるんですか?」
「いやね、ヤクザさんと噂もあったでしょ?で、今回は刑事さんだから……何かあるのかなーと」
「ヤクザも関係無い。それに一体いつの話ですか?ラーメン屋なんて長い間行ってない」

本当だよ。付き合いだしてから、この界隈では二人であまり出歩かないようにしてきた。

あれ?……と頭を掻いている。

「僕だって普通に友人と食事くらいします。その一人が、誰かに似ていることもあるでしょう。それを一々、その誰かに当てはめて書くんですか?」

男は、いえ……と小さく頷く。

「友人がどこかの刑事に似てるからって、それだけで記事にされる言われは無い」

空気を斬りつけるように、ピシャリと言った。

「見ず知らずの他人を巻き込むようなデタラメを書くのは、控えて頂きたい。ちょうど今、弁護士と相談している処です」
「え……」
「名刺を下さい。父や僕だけじゃなく、関係のない人まで巻き込むくらいなら考えがあります」

男の目が見開く。

「名刺を渡せと言ってるんです」

*

部屋に戻り、パソコンのメールを開けてみた。

「名誉毀損、プライバシー侵害等で損害賠償」
件名にそう書いてあって、水埜の紹介の弁護士事務所からだった。

刑事……というだけで、堂本の名前は出ていない。
でも、興味を惹かれただけで書かれることもある。

そんなの絶対に、困る……絶対に。

告訴なんかしたら、火に油を注ぐ結果になる場合もあるというのも聞いた。
今のところ、する気はない。
でも……。

拓篤は文面を読み、そこに記されている番号に直接かけてみた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-112】へ
  • 【恋のカタマリ-114】へ

~ Comment ~

もぉぉぉぉぉーっι(`ロ´)ノ

イライラする!

この記者!
ほんっとイライラする!(ノ-_-)ノ~┻━┻

いつか堂本さんの存在を臭わせるようなこと言い出すんじゃないかとは思ってたけど、ほんとムカつく!

そうよねー。告訴なんかしたら、言わなくてもいいような事まで出てくることもあるものね。
売れれば内容が事実だろうと捏造だろうと週刊誌には関係ないのよね。
あ~やだやだ!

拓篤の心が折れないうちに堂さんに会えればいいんだけど…難しそうですね(T^T)

Kiriさんも言ってたけど、高宮は高みの見物って…その通りだと思います。
それもただ冷たいんじゃなくて拓篤のために敢えて…って感じですよね。
個人的にはほんとフルボッコ希望なんですけどね(笑)

拓篤がんばれーーーー!

(/ _ ; )

…………見守る……………。・°°・(>_<)・°°・。

NoTitle

。。。ゆうキリンさんに、倣う 。。。。・°°・(>_<)・°°・。

息子の誇り

こんにちは。kiriさま、ファミリーのみなさま。

堂本氏が恐れている、その先・・ってなんだろうか。
それが気になっていますが、今は見守るしかありませんね。
拓篤くんは、あの誇り高き(勝手にそう解釈してる)父の息子なんだからと。
その身に流れる血は重いだけではなかったはず。

それにしても、ネット社会の現実は恩恵も大きいけれど、牙を向けられたら
たまったもんではありませんね。これもヒトが動かしてるんですよね・・。

ここまで拝読してきて、岡田屋鉄蔵作品の「千夜一夜しとねのひめごと」を
思い出してしまいました。まさしくネット社会の犠牲者です。壮絶な受けさまの過去はリアルすぎて胸がイタイ。今はラブラブ(死語)ですけどね(^◇^)

これでもかと曝け出される現状に、壊れそうな拓篤くん。
今ここで一人孤独に戦った父を思い出し、今を乗り越えると同時に、父の苦悩を察することのできるでかい漢になってくれ!・・と叫ばずにはおられません。・・いや・・もう察してはいるんだが・・もっとこう・・理解とか・・。ムリか。

「僕の先輩」「願い叶えたまえ」・・・いいですよね~
ミケリはどちらもBLCDから入りましたが、素晴らしかったので原作もそろえましたよ。へび子さまはファンなのでサイトにもお邪魔しています。
コミックになってない場面もあって感動ものです~

それではまたきます~
今日の一言・・・生きてるヒトが一番コワい


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

拓篤が疲弊してきてる~~!o(;>△<)o
早くフランス行ったほうがいいのかも。
堂本にも会いたいだろうなあ。会って思い切り甘えられれば…無理か。
不憫だ~…(´・ω・`)

> 男同士だということも人々の好奇心を更に煽る。
はい!煽られる自信あります!
腐っててごめんなさい……Orz

ネットは盛り上がりますよねえ。
勝手に写真撮って、勝手にアップして、勝手に犯人探しして。
面白おかしく、都合よく、情報が作り変えられてゆく。
素人はネットで暴走しがちです。怖い…


~本日の『流涎の館』会報

●陽気なプリケツにーちゃん>http://b-o-y-s-boys.tumblr.com/post/112578117769
●BL本の表紙風>http://allthoseboys.tumblr.com/post/112576432659
●海の男(尻)>http://sgr0.tumblr.com/post/111646897768

●ご冥福を…>http://urx.nu/i0PY
●神テロップ>http://matome.naver.jp/odai/2124886163145567986
お家でゆっくりご覧ください。
●チンチラ>https://twitter.com/paroppi/status/572362119561134080
●そういえば来日中だったか?>https://twitter.com/tailwindflysy/status/572003949370220544/video/1
お耳直し>https://www.youtube.com/watch?v=7V78MtpWnu0

気分を変えて陽気にまとめてみましたww1個だけ違うけど。
では、明日~┏○))ペコ

Re: もぉぉぉぉぉーっι(`ロ´)ノ

ちぃこ様

またもや、新たなる記者…。
拓篤はもう、名前も興味なし。

うん、来たね。堂本の匂いを嗅ぎつけた…。
会わなくて、正解だったということです。

バカな男なら、会いに行ってたでしょう…堂本、エライゾ。

名家、ヤクザ、刑事。
どれもこれも「レッテル」がバン!!と貼ってある方達ですから…。

告訴はしても、時間も費用もかかる。フランス行きがあるので、そんな時間もないもんね。

はい「高宮は高見の見物」(シャレじゃないヨw)
勿論、心はフルボッコ状態でしょう…ww

有難う御座いました☆

Re: (/ _ ; )

ゆうキリン様

ひゃ~お久ぶりです!!読んでくれてるのが、嬉しー(*゚ー゚*)

はい、見守ってて下さい。
かならず…男、拓篤。幸せになります!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

> 。。。ゆうキリンさんに、倣う 。。。。・°°・(>_<)・°°・。 ←便乗…?(違

鬼kiri、久々(?)です。
頑張ります←

有難う御座いました☆

私も…ゆうキリンさまと優さまと一緒です。。。。・°°・(>_<)・°°・。それしかできない…。

Re: 息子の誇り

ミケリ様

堂本が恐れているもの…は、ミケリさんもう気づいてますよw
雑誌には限界がある。……既に拓篤はもう、晒されてしまってます。

>生きてるヒトが一番コワい

拓篤は生まれた場所により、どうしても興味を引かれる子。
何も拓篤だけじゃないんだけど、その中の一人なんですよね。
同じことをしても、その背景を知れば色眼鏡で見られやすい。

レッテル。今回はわりとコレをテーマにしてる部分有ります。ヤクザも、刑事も同じく。

>父の苦悩を察することのできるでかい漢になってくれ!
私もそう思って、頑張らせてる途中…。極端な展開に持ってきてるのは自覚済み(苦笑
はい、今の拓篤はまだまだそこまで到達してません。
本編中にそれを完全に知るのも無理ですが(なんせ20代では)
欠片を拾いながら色んなことに気づいていくと思います。

人の目、耳、先入観、簡単に人が人を裁くこと。
正義感というモノは、時に鋭い刃となり、相手を気遣うことより正義という大義名分に酔う。
社会というモノの中で生きていると、誰もが大なり小なり経験してますよね。

僕の先輩は…名作です(力説)願い叶えたまえ…も♪←ちょっと深くて痛いけど
はじめちゃんがもう最高ですね。
岡田屋鉄蔵センセのは、時代物が多くて手が伸びなかったんですが…読んでみます。
あ/ま/ぞ/ん、ポチ…笑 教えて頂きm(__)m

有難う御座いました☆

Re: Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

トーヤ様

はい、拓篤の疲労が始まってます。

精神的+眠れない日々…。どんなに強い人だって、疲労します。

自分自身のことだけなら、開き直れるんですよ。
開き直りも一種の逃げでありますが、心への負担は軽減される。
けど、拓篤の場合は母と妹+堂本。そして周りも、自分の言動に影響を受ける訳ですから。

>ネットは盛り上がりますよねえ。
今の時代に合わせて書いたら、もっと酷いことに…(ツイとか
ちょっと時代を遡って書いてるので(今もメール使ってるw)ちょい…マシ?

>素人はネットで暴走しがちです。怖い…
そう。記者は何だかんだ言ったって出所がハッキリしてるから、デタラメにも限界がある。

BLの表紙風がイイっすね(〃▽〃)
チンチラ……コレ、可愛すぎ❤

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

MOMO様

> 私も…ゆうキリンさまと優さまと一緒です。。。。・°°・(>_<)・°°・。それしかできない…。

今からですよ…(ぇ

でも、そんなにこの展開は延々とは続きませんので。でも、もうちょっとダケ… ←

有難う御座いました☆

NoTitle

顔も見えない、性別や年齢も分からない相手から一方的に投げつけられる言葉。
好意もあるとは思いますが、言いたい放題や悪意がむき出しの方が多いでしょうね、こんな場合は。


どこかで読んだのですが、
「これが的だ」 って誰かが言ってそれらしきものを立てると、みんな先を争って的へ石などを投げるんだそう・・です。

自分だけじゃないから、とか、あれは物をぶつけてもいい的なんだから、と責任転嫁。 さらに集団になると自分が特定されない。
うっぷん晴らしにされた方の気持ちなんか全然考えない。

される方の立場になったら喚き立てるくせにね・・・。


とうとう?堪忍袋の緒が切れた・・・。拓篤、攻勢に転じた、の?
でも、記者には通じても、ネットは?

反応がコワイ。。 

Re: NoTitle

ますみ様

面白おかしく…もあれば、同情もあって。
でも、そのどっちも今の拓篤にとっては「余計なお世話」なんだよね。
そっとしておいてほしい…それが一番の願い。
だって、まだ父の死にも浸れていない(>_<)受け入れてもいないんだもん…。

的の心理…ってやつですね。うん、分かる…ソレ。
後、集団心理。これが凄く怖いとかも聞きます。
方向の違った正義感も怖い。本人は「正しい」と信じてるから、容赦ない。

でも、司法制度で甘い裁きを受けると、どーしても許せないと思う心理も分かりますよね…。
悪いって分かってて、刑の重さを計算して悪いことをする輩もいるのも現実。
社会的制裁というのも、一種の抑止力になる場合も。

ほんと個々に照らし合わせると、難しい問題です。
これから更にネット社会になっていくと、どうなるんでしょう…。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-112】へ
  • 【恋のカタマリ-114】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。