女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-100 →恋のカタマリ-102
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-100】へ
  • 【恋のカタマリ-102】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-101

 ←恋のカタマリ-100 →恋のカタマリ-102
来週には大学の卒業を控え、拓篤はバイトの比重が日に日に増えて行った。

「拓篤、児島が来るけど帳簿の方は出来てる?」
「はい」

拓篤のやることで増えたのは、日々の仕入れと売上をソフトに入力して行くこと。
細かな雑費なども、その都度領収書を眺めながら転記して、銀行の残高と最終的に合ってるかどうかを見るだけだ。

数字を打つだけでも、どれだけ支出が多いのかが分かる。
経営をするということは、お金をいかに上手く回すことかということだけでも少し勉強になった。
大学で学んでも、信託でお金を動かしていても、現金で直に触れることは実感となる。

「あと、春になったらフランスに行くよ」
「え?」

いきなり言われて目を剥くが、水埜は動じない。

「フランス、イギリス、ベルギー、オランダ、ドイツ……全部回りたいけど、いっぺんは無理かな」
「……俺も……ですか?」
「何言ってんの、当たり前。君の勉強を兼ねて行くんだから。まだ向こうの調整があるからすぐじゃないけど。パスポート、用意しといて」
「……はい」

じゃ、教室に行ってくると手を上げて出て行った。

向こうでクスッと笑い声がして顔を向ければ、水埜の母が笑っていた。
正確にはこの店の経営者は彼女だ。

「拓篤くん、固まってる」
「あ……」
「昔から、あぁなの。お父さんもあんなだったから、似ちゃったのかな」

水埜の父は、幼い頃に亡くなったというのだけは聞いている。

「いや……突然で。海外に行くなんて、思ってもみなかったから」
「あの子も二年くらい行ってたのよ?そこからも一ヶ月単位でちょこちょこね。また、行きたくなったのかしら」

呑気な言い方が母に似ている。

「そうですね。勉強だし」
「余程気に入ってるのね……拓篤くんの作る花束、私も好きよ」

ニコニコとして、花の手入れをしている。


花を愛でる。


そういう表情で。

ただ仕事をしている背中で、教わることがある。

体はまだ本調子じゃなくても、ただ花に会いに来ているのだと思える程に。

息子の水埜は、こういう母を見ながら育ったのだ。
だから、堂々と花を愛するのだと言葉にする。

今までなんてこともなく見ていたモノ達。
通りを歩く道すがらに咲いてる花など、気に留めることもなかったのに。
今じゃ、見つけると屈んで触れてみる。

アスファルトの割れ目に咲く小さな名も無き花に、よく頑張って咲いたな……と声をかける。

そんな自分も、嫌じゃない。

まだ一生の仕事だとまでは思える程のことはしていないし、そんな自信だって無いけど。
少なくとも、花に触れることを喜んでいる自分がいるのだ。

フランス……か。

ちょっとの間、堂本さんと離れるんだ。
……仕事なのに何言ってんだ、俺。

パスポート用意しないと。
最後に海外に行ったのは……中学の頃に、家族でカナダに行ったっきりだ。

父に反抗して、旅行中口もきかなかった自分を思い出す。
あれが、最後の家族旅行なら……もっと楽しめば良かった。

父なりに気を遣って、二人でアイスホッケーに連れ出してくれたのに。
歩み寄ってくる手を、俺はいつも拒絶していた。
大成の時と同じだ……。

「いらっしゃいませ」

社長の声で、仕事中に感傷に浸っていたことに気付く。

拓篤がパソコンの前から立ち上がり、客の方へと向かった。

*

仕事の帰りに芳武の店に顔を出し、一緒に夕飯を食べに行く。

「堂本さんは?」
「本庁の方に行ってる。事件って続く時は続くんだ」
「そっか。大変だよな」
「ま、仕事してる姿想像してるけどね」

今日は拓篤のリクエストで、蕎麦屋。

日本のダシは旨いと、芳武が飲み干した。

「お前、蕎麦でも綺麗に食べるよな」
「そうかな」
「食い物って、育ちが出るっていうじゃん」

まぁ、それは時々言われてきた。
高校時代は、陰でからかわれたりもした。

でも、大成は……ただの一度も、俺をからかったりしなかった。

「大成とか来たりする?」
「いや?あの取り巻きの奴は、たまに来るけど」
「何しに?」
「五分くらい話して帰るだけ」

相変わらずの芳武に、拓篤が上目使いで見る。

「なに?俺、悪い事してないよっ」
「わかってるよ」
「じゃ、その疑いの目は何?」

何だか、可愛い。
ずっと年上なのに、いつまでも何処か少年みたいな処が憎めないし、そういう処が好きでもあった。

「まぁさ、お前に迷惑もかけたことあるし?」
「思ってないよ、迷惑だなんて」

拓篤がニッコリと微笑むと、芳武が目を小さく剥いた。

「お前、やっぱ綺麗だな~」
「どーも、ありがとう」

棒読みで礼を言われてもだなんだとブツブツ言う芳武を置いて、拓篤が席を立った。

「今日は俺が奢る」
「お、サンキュ」

この間、インド料理屋でカレーを奢ってもらった。
大抵は、食べたいモノを付き合わされる方が奢ったりする。

値の張るものは、割り勘。
いつの間にか出来た暗黙のルール。

店を出て、二人で並んで歩く。

「俺、春にフランス行くって言われた」
「えーーーヨーロッパっすか?ゴージャス!!」
「仕事だよ」
「いきなり海外行くって凄いよ」

そう……何をするのかは知らないけど、凄いと思う。

「出張?」
「多分、そういうヤツ?水埜さんに同行して、色々雑用しながらの勉強かな」

詳しいことは何も聞いてないけど、多分そうしながら色々覚えろってことなんだろう。

「何で首傾げてんだか」
「だって、行くよ……ってそれだけしか言わないもん」
「変わった人だよな」

時々仕事の話しのついでに水埜のことが出るから、芳武も皆と同じことを言う。

「自分も変わってるくせに」
「え?俺が?」

自覚ないんだと思って、ちょっと面白い。

「俺も、来月タイに行く」
「店は?」
「その間は休み。人に頼むことも考えたけど、年に一回か二回だけだし」

芳武が言うには、やっぱり現地で買い付けをしたいとのことだった。
そういえば、前に裕理の誕生祝いの時に言っていたっけ。

「向こうのダチに頼めば、売れた分また送ってくれるけどな。新しいのも直で見たいし」

……俺も頑張ろう。
堂本さんと離れるのが寂しいなんて、恥ずかしいこと言ってられない。

マンションの前で分かれて、部屋に入りすぐに風呂場に直行する。

今日は鉢植えの入荷が多くて、かなり汗をかいたから。


風呂から上がって、タオルで髪を拭きながら冷蔵庫から水を取り出して飲む。

パソコンを立ち上げて、チャートをチェックしているとインターホンが鳴った。

時計を見ると夜の十時も過ぎている。

堂本さん?
携帯を見ても、着信もメールも無い。

拓篤は首を傾げながらインターホンに出た。


「夜分遅くに大変申し訳ありません。広島警察の里中と申します」


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-100】へ
  • 【恋のカタマリ-102】へ

~ Comment ~

∑(・o・;)

拓篤の環境がめまぐるしく変わりそうだなと少し心配しながら読んでたら、
まさかのケーサツ登場。しかも他県。
え、なんで!?まさか、一度も姿を見せないあの人が何か…??
なーんて明日からの展開を推理してみたり。

堂本とのすれ違いも頻繁になりそうで、イチャコラできなくて寂しいだろうなあ、拓篤。
うん、読者も寂しいよ。(´・ω・`)←ww

水埜さんのお母さん、退院したんですね。おめでとうございます~。
『花に会いに来てる』ってのがステキな言葉だなーと思いました。
気持ちがホワ~ンとあったかくなりましたよ。(*^.^*)


>潤 様
なるほど、切り貼りして作られたんですね。
通りで見たことのあるシーンがあるなーと思った。
しかしえらく完成度の高いものを作ったもんだ。海外のファンすげー。


~本日の『流涎の館』会報

●デコレーション by 浩太
http://lovehouse.tumblr.com/post/111422812577/lovehouse-lovehouse
●うほ!若ーい、可愛いー!
http://slighty-insane.tumblr.com/post/110197155428/shibuyaland1030625979
しかし、何故金髪は髪が痛んでるように見えるんでしょ?
●うひょー、ラブい!>http://extraordinairey.tumblr.com/post/111152891564

●モデルさん、苦労中>http://girlschannel.net/topics/116822/
最先端と言うか前衛的というかwww
●黒猫>http://karapaia.livedoor.biz/archives/52185041.html

では、明日~┏○))ペコ

Σ(Д゚;/)/ええつーーーーっ!

kiri様。

なにっ?なにっ?ここでっ?

はあ…今、頭の中でテレサテンが歌唄った(なんで?)・゜゜(ノД`)

やめてぇ・・・(;´Д`)


家族の思い出って親の年に成る程、思い出します。私は母には捨てられたのですが、父にはスッゴクすぅーーーーごく愛されて育ったのですが、その父は13年前に亡くなりました。その父に息子がソックリで「俺は禿げないっ。」と似てることを拒絶されますが、こんなところに父が生きていてくれることを本当に幸せに感じます。

たくちゃんも少しづつ感じてくれるといいなぁ。

今日は父の好きだった「アメーもんでもくうか?(甘いものでも食べるか?)」と言っては食べていたかりん糖でも食べましょう。

あっ?昨日「ふ菓子」だったっけ?黒糖好きも父の遺伝です。





Re: ∑(・o・;)

トーヤ様

大学の卒業目前にして、色々と目まぐるしい動きが…。

ここからが、あらすじに書いていたことに重なりますので…。
(高宮の叔父や甥のことも含まれておりましたけど)

あぁ、思い出します。トーヤさんも挫折した暗雲…(笑
愛なんぞ~で、亨が明良の前に再び現れて声をかけた時の皆さまの反応を・・・(・∀・i)タラー・・・

拓篤の背後に忍びよる暗雲。しかし、未来はフローリストを目指す輝く目標もある。
押し潰されないように。若者よ……頑張れー。

デコレーション浩太。カワユス~❤
若者たちの、この青さ匂う短き期間限定の魅力!いい男になってねー!

黒猫、うちの実家にも一匹。
雑種なんだけど、海外種の血が混じってるとしか思えない、足の長さとスタイルの良さ。
元々居た、どっぷりの日本猫との差を見せつけられたのを思い出しましたw

有難う御座いました☆

Re: Σ(Д゚;/)/ええつーーーーっ!

潤様

なぜに、テレサ・テン(爆

ここから展開がガラリと変わります。
生まれ故に降りかかる火の粉。

親のことって、ホント年を取ってから分かってくること多いですね。

私の父は破天荒で、家族からいつも呆れられていた人で今も茶髪(汗
でも、もうあちこちにガタが来ていて年を取って行く姿は何とも言えない気持ちになります。
私の中の男のイメージは、やっぱり父から来てるような気がする。。。
ダメっぷりとか特にww

あは、息子さんwwうちの弟もだんだん父に似てきてるなぁ…。

有難う御座いました☆

フランス!


kiriさま

拓篤くん、フランス行くんですか!
わたし1月の終わりから2月の初めまで8日間、卒業旅行でフランス行ってきたんです!

生協の学生旅行のツアーで行ったんですが、女の子ばっかり。
でも男の子2人で来てる人達がいて、「もしかして……!」なんて思ったり笑

わたしはお友達6人と、7人グループの大所帯で行ったんですが、
レストランに入ったりすると、現地の人にすごく微笑ましそうに見られました。
たぶんわたしたち12歳くらいに見られてたんだと思います笑

テロとスリに怯えながらも、にぎやかでとっても楽しい、思い出に残る旅になりました!

あ、卒論は旅行に行く前に無事に提出しましたよー。

拓篤くんもフランスでたくさんのことを吸収して、素敵な大人になるのかな。


でもでも、広島警察の里中さんって……!!
なんだか不穏な空気が……。
どきどきしながら明日を待とうと思います。

明日も楽しみにしてます。

緊迫感にドキドキ♪

kiriさま、こんばんは!

最近、コメ欄出没率の低下が否めない私(^_^;)
フィクション小説であることは頭でわかっていても、
お話の内容に漂う”緊迫感”にドキドキ…、そして、空気が少~しずつ変化する様に、これから起こり得る展開を想像し、ついつい、固唾をのんでしまいます。もちろん、毎日の更新を待ち遠しく、怠らず日参していますが…♪

拓篤、お仕事の方は春に向けて動きも活発になっていますね。水埜さんからの期待に驚きつつも、必死についていくというか、お花を愛でる自分の気持ちを信じて流れに身を任せている感もありますね。先行投資(研修旅行)の情熱からも水埜さんの絶大な期待を感じますし、このまましっかり自己研鑽して頑張ってほしいです!
拓篤が多忙になることで、いままで以上に時間的すれ違い、物理的距離が離れそうな二人。精神的距離は、あの甘~い日々で蓄積された♡エネルギー♡が強く発動し保たれることを期待していますが、そのエネルギーも事のしだいによっては消費(浪費?)されていくのかと思うとやっぱり心配です。

遅ればせながら、100回越え、3ケタ突入おめでとうございます!
そして、いよいよ”あらすじ”に示されていた本題突入のようですので、また、明日からも心して読みたいですっ!

そうそう!
冬吾のビジュ、あのりょう君ですかっ!うんうん、なるほど…♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: フランス!

美織様

うん、ヨーロッパの方面へ…。まだ、水埜さん何処に連れて行くか思案中~。
けど、フランスは行くと思う。お花のお勉強だもの。

美織さんもフランスから帰って間もないんですね。
良いなぁ…私も一回は行ってみたい!ヨーロッパは、やっぱり一週間は休まないとね…。
中々時間がありません(> <。)

向こうじゃアジア人は凄く若く見られるって聞きます。
うちの娘も海外に行くと、中学生に見られる時があるって言ってた(笑

しかし、無事で良かったです。色々とあったから(>_<)

拓篤も現地で色々なモノに触れて、感性を刺激してたくさん吸収できますように。

明日から、しばし不穏な空気になりますが。
いつかは晴れてきますので…必ず!よろしくですー。

有難う御座いました☆

はじめまして

kiriさま、ファミリーの皆さま・・初コメさせていただきます~

2年前くらいからランキングサイトを経由して、
こちらにお邪魔させていただいておりました。

元々BLCDを取っ掛かりに腐海へと身を沈め、その後
コミック・小説へと見境なく手を染めまして、もはや三つ巴の様相へ・・。

なんともはや恥ずかしいかぎりではございますが、腐歴は20数年ほどで
しょうか。←遠い目・・。

CD取っ掛かりのせいか、素敵ストーリーに出会うと全てのセリフが
声優さんのお声になって紡がれますので、二重に楽しませていただいている
ように思います。ありがとうございます。

愛なんぞ~の連載当時にお邪魔し始めたと記憶しておりますが、ちょっと読んでみて「こりゃいかん。最初のお話から読まねば・・。」と思い一気読みし、大体の世界観を頭に入れてからじっくりと、愛なんぞ~を堪能させていただいたのを覚えています。いやぁ~感動した。
その関係から主役3人さまの声優が最初に決定しまして、これはもはや不動。ここを軸に多くのキャラさま(脇キャラに至るまで)のセリフが目からではなく、耳から聞こえてくるようになりました。
素敵ストーリーに出会うと商業小説でももちろんそうなることはありますが、
正直、少ないのが現状。それなのにkiriさまの小説は全作品声が聞こえるのですから、上質なストーリーとぶれないキャラ設定が素晴らしいんだなと驚嘆しております。

あっ・・誤解しないでくださいね。声優萌えではありませんし、ビジュアルより声質優先というだけです。ちなみにコミックでは全くそういう現象は起きません。目から入るビジュアルが強烈すぎて想像できないんだと思います。
(ちなみに声優名は控えさせていただきますね。みなさまのイメージが壊れてはいけませんから)

長い間ポチ逃げしていたワタシがなぜ突然初コメしたかといいますと、
この中の「高宮孝造」と言うキャラさまのお声が、どうしても「鹿島亨」さまのお声になって聞こえることに気が付いたからです。

なぜだろ~と考えてこのお二人の根っこが近しいからではないかな・・と。
(もちろん勝手なワタシのイメージ的に)
表と裏と・・生きる世界は正反対ですが。
愛する者を手に入れるためにどんな手でも使った2人の漢。その手を手放す苦痛を、一人は愛する者の眼前でさらけ出し、一人はその仮面の下に全てを隠して孤独にのたうち回る・・。だが、去来する思いは同じ。ふっ・・深い!
二人とも生れ落ちる場所が違ったらと思わせてくれます。魅力的。
このくらいの孤独な大人の漢が好物でして。
勝手にここに感動いたしまして思わず初コメしていまいました。すみませぬ。

長い腐歴の間に客観的にお話を追うクセがついてしまっているのに非常に珍しく、ワタシ自身戸惑っておる次第です。kiriさま、ファミリーのみなさま長々とした文章をどうかお許しくださいませ。
これもkiriさまも作品を愛するがゆえでございますれば。m(__)m

それではこれからも楽しみにしております。ありがとうございました!
※今日のひとりごと       腐海の底はまだ見えない・・。




















Re: 緊迫感にドキドキ♪

key様

フィクションだって分かってても、100話超えの分一緒に成長を見て来てくれたので…
やっぱり、何処かで息づいてるように思って頂いてるのが、有難いです(>_<)

変人、水埜にわりと平気で付いて行ってる拓篤くんww
それもこれも、やっぱり仕事に対する姿勢とか見てるからかな?
ココからは今までより、水埜と密になって行くでしょうね。師匠と弟子…的な感じで。

学生から社会人になるだけでも、恋愛だって変わってくる部分はありますよね。
二人でするのが恋愛だもの。堂本は変わり様がないけれど、拓篤は大きく様々に変化する時期。
けど、相手を想う気持ちさえ変わらないでいれば、続いて行ける。

しかし。思いもしない不穏な空気が…(^^;
拓篤は男の子。自分でしっかり立てるまで、頑張らせます。←

そう、あのジャニの子(りょうくん?)のタレ目加減が、冬吾に見えたww
甘い感じで、綺麗なお顔だよね…。あんまり知らないんだけど、TVで見たときにたまたま♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

色々皆さんの予想…ww
でも、それしか考えられないですよね。ココに来て。

はい、もう突然バン!!と音を立てたくらいの展開の変わり様…。
ちょっと前まで、ラブラブいちゃいちゃしていたというのに。
皆さんに、喜んでもらって…さ、次!!←

このままラブで終わって……。ホッとされるとは思うんですが。
それじゃ、絶対後になって物足りなさも感じるはず(…と私は思うww

エンタメ的にも、もう一波乱!
平和に小波程度でホノボノ路線のお話もあります…が、こっちは違うので。
そのために堂本を相手役にしました。

拓篤の乗り切るモノが何なのか。
展開は私にしては「え、すんなりソレかい」と思われるだろうし、私も思う(笑
しかし、それが本分ではないとも…。

拓篤の未来は恋愛だけではなく、お仕事も重なって…「男」になってみせましょう。

有難う御座いました☆

Re: はじめまして

ミケリ 様

はじめまして!ようこそです(*^^*)

えー!2年程前から、読んで頂いてるんですか!やっとお顔出して頂き、嬉しい♪

>腐歴は20数年ほどでしょうか←先輩!!

愛なんぞ~から、参入されたとのことで。また、そない濃い~お話から…ww
よくぞ、読み続けて下さった。感謝です。それも、遡って…拙話まで読んでもらえて(/ω\)
リンクしてるの多いので(いや、ほぼ?)申し訳ないですー。

キャラで声優さんのお声…。書き手としては、何よりも嬉しいことです!
セリフが声付で聞こえるって…私も味わいたい(笑
愛なんぞ~の3人…。うわ~どんな声なんだろう(。v_v。)

>ちなみにコミックでは全くそういう現象は起きません←分かります。
もう目から入ると、想像力が一部機能しなくなるとw
私はその想像力が貧困なせいか、BLはほぼコミックオンリーなヤツです。絵萌えする(//∇//)

あ。高宮と亨…被るって、時々お声が出てました!
私の方はそう意識してなかったんですが、言われてみればそんな気もする…とw
こっちも裏と表ですね…本当に。

それぞれに後ろに守るべきものが居て、愛に生きることが出来ない漢。
そういう場所に生まれ落ちた宿命という点も、共通してる。
逃げようと思えば、逃げることも可能だったでしょうが、最終的に逃げなかったものね。
それも自分で選択した道。その2人の声が重なるって…萌えます…何故か。あは…

>腐海の底はまだ見えない・・。←同感です!!笑

また、お顔出して下さいね!!嬉しいお言葉…大恐縮です(>_<)
有難う御座いました☆

来ましたねェ。

”それじゃ、絶対後になって物足りなさも感じるはず(…と私は思うww ”

男は揉まれて漢になる。
戦わない男は成功出来ない、と私も思います。

拓篤、このまま社会に出たとしたら・・、ちょっと心配。だって、気の強いハンサムなお兄さん。
世間ずれしてないところがあるんですもの、やすしみたいなのがこのさきいっくらでも湧いて出そう・・・(あ、ハエ取りリボンなら売ってまーす。けど花屋さんには似合わないし)。

誇りとプライドは別だと、少しは勉強してきた、よね?
これから来そうな嵐にもそれで立ち向かってほしい。そして、しっかり地に足付けて堂本さんの横できれいな笑顔でいて、時には花も飾って・・・。



予想はまだ頭の中にしまっておきます。 あんなこと、コンナことでTVの2時間スぺシャルがずらずらーっとありますけど。。


パスポート、ちゃんと取れるのかしら~。
外国は? 
美織さまも行ったフランスへ旅立ってほしいよ―。



あ、お初の方だ~♪  ミケリさま。 初めまして。
私は’愛を、くれ’から参加してるますみです。 ミケリさま、あの三角関係からだったんですか? お疲れさまでした。 よくご無事で・・・(?)
これからは仲良くお付き合いくださいませ(ペコ)。

そうそう、 ”腐海の底はまだ見えない・・。”

いえ、海だと思うから見えないのではないでしょうか。
腐は、今はまだ拡大する宇宙なのだと思ってますよ、私は(笑)。 360度に広がってる感じ・・かな。

好きなだけ浸っていられる幸せ、いいですよね~~。


kiri様。
手始めにフランス、なら、薔薇ですかね?  いえ、ベルばらを連想した訳じゃ・・・(汗)。

NoTitle

拓篤のセンス、見習いたい。
お花って難しい・・・
アレンジとか、花器に生けるとか、必要に迫られて色々あるけど、上手くできてるんだろうかって、自問自答の日々。
今お花の種類も多くなって、名前を覚えるのも大変・・・
kiri様、拓篤借りていいですか~

最近、声優さんチェックしていて・・・
男子だけ(笑)
本当最近なので、まだ浅いんですけど。
ミケリさんの妄想する声優さんって誰なんだろうって凄く気になってます。

亨と高宮は纏う雰囲気が似てると思うので、声優さんだったら同じでもOKだよね~
高宮が沢山出てこないから、そうでもないけど、もっと出現率が高かったら、似てる~ってもっと思ったかも。


Re: 来ましたねェ。

ますみ様

えぇ…高宮の件を潜り抜けて、堂本と結ばれてラブラブ♥
それで終わることも有りかとも思います。
ま、BLだから普通はそうするんだろうな…とか思いながら。
あんまり深く書くのを好まない読者様もいるので(汗

でも、今の拓篤の周り…皆、ずっと年上ですよね。
大成とも完全に仲直りは出来てないし。

人は独りでは生きていけないんだけど、そう実感できるのは「経験」を通してだとも思う。
拓篤は、今色々と学び中…。

普通なら、このテンポで大人になって行くんでしょう。
でも、この子は生まれ落ちた場所が多治見。落ちぶれていても、人はそういう目で見る場所。

ただでさえ、敵を作り易い子です(大成弁&堂本も心配wそういえば、裕理もそれっぽいことを
つきまとう多治見の名ですが、拓篤がその重圧を受け止める男になれますように…。

フランスに行きたいわー。ベルばらのヴェルサイユ宮殿も行ってみたい…。
イギリスのロンドン塔も…。お城スキーですww

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

蝶丸様

お花はやはり、センスがあるようですね。
知人がフローリストでして、最初の頃に一度講習に行きました(友人達とゾロゾロと
「雑」と言われたので、私には到底才能が無いようです…涙

上手くなくてもイイんだって言ってましたよ?コンテストに出すとかなら別ですが…。
完全に「好み」の問題だから、自分の好きなように…とのことです。
お家に飾るなら「あ~綺麗♥」そうやって自己満足出来ることが一番だそうです。

声優さん、私全然分からなくて。アニメ観ないから、基本的に無知なんだろうな。
でも、時々キャラに「○○さんの声当てはめてます」とか言ってもらえると、嬉しいです。

うん、高宮と亨の声は、同じ声だと思うと何故か萌えます…(//∇//)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-100】へ
  • 【恋のカタマリ-102】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。