女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-76 →恋のカタマリ-78
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-76】へ
  • 【恋のカタマリ-78】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-77

 ←恋のカタマリ-76 →恋のカタマリ-78
拓篤はバイトが終わってから、芳武の店に顔を出した。
あれからどうなったのか。
大成が監視だと言って自分を時々見にくるのなら、芳武の方が頻繁に来ていそうだ。

電話じゃ表情が見えないから、直接会いにきた。

「お?拓篤」

店には客が一人。
手だけを上げ、店の外で待ってると示すように外の方を指さした。


拓篤は店の外から遠くに見える、たくさんの派手な照明が点り出した街並みを眺める。

華やかできらびやかな夜の街。
そこに溶け込んで行く人たち。

水稼業……。

俺は幼い頃、こういう場所は近付いてはいけないと教えられた。

高校生になるまで、俺はまるでココが怖い場所のようにさえ思って生きていたのだ。

大成に出会うまで……。

高校から普通の私立に入って馴染めずにいた俺に、声をかけてくるのは女ばかりだった。
休み時間になると、珍しいモノにたかるように女達に周りを囲まれて辟易していた。
そんな状態じゃ男友達が出来るはずもなく、学校に行くのが億劫になっていた頃……。

『お前って、百合みたいだな』
大成がいきなりそうやって話しかけてきた。

妙なことを言う奴だと思ったっけ。
男を花に例えるなんて、気持ち悪いとさえ。

『何の百合?』
『……わかんねぇ。白いから白百合?』

頭を掻くその姿が面白くて、笑った。
そこから休み時間になると、女が寄って来る前に連れ出してくれるようになった。

俺達が仲良くなるには、時間がかからなかった。

言葉遣いも変化し、母が目を剥いて驚いた顔をしたのが今は何だか笑える……。
あまり悲しませたくなくて、家では気をつけるようにした。

俺は、大成のやる面白い遊びに夢中になった。
親父が中学の半ば頃から既に家に寄り付かなくなり、家庭はもう崩壊寸前だった。
帰りたくなくて、母や妹のことも考えず遊び歩いた。

そういえば、あの頃……小夜子に言われたっけ。
『兄様も、父様と同じね』なんて。

今思うと、家に居て欲しかったんだろうと思う。
妹の気持ちより、俺は自分のことで精いっぱいだった。

寄ってくる女と遊び、酒を飲み、夜の街に出て深夜までカラオケに行ったり。
喧嘩して暴れて、怪我しては大成の家で血を洗った。
互いに消毒しては、傷口に沁みると……笑い合った。

俺にとっては、今も煌めきを残す日々だ。
もうあんな無茶は出来ないからこそ、思い出すと甘酸っぱい思いがする。

「有難う御座いました」
店内から芳武の声がして振り返ると、客が出てきた。
入れ替わるように拓篤が、店の中に入る。

芳武は何か紙切れを持っていて、それを振って見せる。

「何?」
「ご覧あれ~」

紙を渡されて見て見れば、堂本近平の名前が記されていた。

「え?ここに来た?」
「そう」
「事件絡み?」
「うん、聞き込みみたいだった。ほら、外人さんのぼったくりとか?」

そうなんだ……。

「俺、後で気付いてさ。呼び止めて、お前のことよろしく!なんて言っちゃった」
「は?仕事中なのに、何やってんの」
「うん。つい……」
「恥ずかしいことすんなよ」
「まぁ……でも、カッコイイじゃん。顔も男前で、体付きも」
「ヤらしい目で見るな」

拓篤に怒るように言われて、芳武が吹き出す。

「お前って案外、嫉妬深い?そんな風に見えないけど」

笑ながら言われて、拓篤が腰に手を当てて呆れたような顔をした。
心配して来てみたら、本人は呑気で気が抜ける。

「体もデカいし。どこもかしこもデカそう」
「下ネタやめろ」
「俺、警察官嫌いなんだけどさ。あの人は……うん、いいな」

今度は真面目な顔で言うから、拓篤が眉を上げる。

「心配してくれた。例え、お前が関ってるからだとしても、嬉しかったよ」

俺の話を気にしてくれてたのだと思うと、拓篤も嬉しくなる。

「で、どうなの?あいつら、まだ来る?」
「高宮?」

拓篤が頷くと、毎日顔は出すという返事。

「あの子から連絡は?」
「……無いよ。逃げてんだろうから、下手に足つくようなことしないんじゃないか」
「だったらいいけど」

拓篤が芳武を見つめると、訝しむ顔をする。

「何だよ……」
「芳武さんって、変なとこお人好しだから」
「これでも俺は海外でウロウロしてきてるんだ。危険なことは避ける能力は高いんだぞ?」

そう言われたら……そうか。
平和な日本より、危険なことがたくさんある国で何年も過ごしてきたんだから。

「店、そろそろ締めるけど。飯行く?」
「うん」
「ベトナム行こう」
「え~また?好きだなぁ」

文句を言いながらも、拓篤も別に嫌いではない。

芳武が店を閉める準備をしている間、拓篤は店の外で待つ。

夜の色が濃くなり、向こうの大通りでは人も増えてネオンが派手に灯ってる。

人の波を避けるように、車も通る。
クラクションを鳴らされて、横に逸れる人達も慣れたようで驚きもしない。

ここだって、たくさんの人が働く場所だ。

働いて、お金を得て、生活をする。
俺も、同じだ。

「お待たせ~」
芳武の声と共に、シャッターが閉まる。

「何処のベトナム?」
「へっへ~。この近くに見つけたんだよ!ありゃ、俺のためにあるような店だ」

この界隈は細い路地に入ると、異国情緒溢れる小さな飲食店も多い。

二人でネオン街の方へ歩きだす。

街は風俗街と呼ばれたのも過去の話で、今では大手の飲食店も通りに並ぶ。

「この店、あの高宮の系列だって」
それは、ヨーロッパ風のカフェスタイルで、とてもお洒落な作りだ。

大きなガラス張りで、店内がよく見える。
夜の街にポツンと浮いてるが、却って目立って良いのかもしれない。
現に客がたくさんいる。

「ここのスイーツが結構評判らしくて。パティシエを本場から呼び寄せたって」
「俺こっち側まで入ってくること無かったから、知らなかった」
「先月オープンしたとこだしな。その内、この界隈も変わってくんじゃない?店の家賃上がったら、嫌だけどさ」
「でも、客が増えたら万歳じゃん」

変わりゆく街並み……か。
もしかしたら大成のために、こういう事業を広めようとしてるのかな?

息子の将来を考えてのことなら。
そう思うと、羨ましい気もする。
家業は嫌っていたけど、大成は父親を悪く言うことはなかった。

俺の手前、口には出さなかっただけで、尊敬してる目をしていた。

恵まれてんじゃねぇかよ、大成。

羨ましくて、恨めしい思いが過りながら、芳武の後をついて店に入った。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-76】へ
  • 【恋のカタマリ-78】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 香り…

鍵コメj様

そうですね。跡取り…という意味では、亨と同じだ。

ただ違うのは、亨は幼い頃から帝王学ともいうべきものを叩き込まれてきた人。
父と一緒にあっちこっち一緒に着いて回って「鹿島の次のトップ」として顔も売って来た。

大成は、大学卒業して回り道してからだから、ほんと一からのスタートですね。
でも、父親の背中を見て育ってるので、スピードは速いと思います!
そういう意味じゃ、同じ香りかな~(*^^*)

あー。それ…。もう、何か複雑で。日本もほんと危険ですね…。
ツイやら何やら、情報交換やら何やらと利点も多いんだけど。
その反面が、怖い!!いい年した大人でも、結構モメたりしてるみたい。
身近にも、何人かFBとかLINE辞めた子もいます。

個人同士のモメ事ならまだしも…。ほんと、それは怖いわー。
どこでどう転がるか。。。ですね(>_<)

有難う御座いました☆

NoTitle

大成のとーちゃん、手広くやってるんですねえ。
いまだに『井上◎水さん』なんですけども…

“高宮兄弟”として、裏側では名前も広まってるんでしょうか。
息子の代でヤクザとの関係を薄めていきたい、とか?
無理かもしれないけど、親ですもんねえ、気持ちは分かりますよ。◎水さんだけど(違)


~本日の『流涎の館』会報~
厳選するのが難しい…

●kiriさんちの誰か?>http://urx2.nu/gCZt
●拓篤が襲うイメージ>://urx2.nu/gCUJ
●鹿の角並みってこと?>://urx2.nu/gCUF
●海水浴あるある?>://littlegaysquishy.tumblr.com/post/109069621907
●気持ちは覗き魔>://allthoseboys.tumblr.com/post/109073679689
●プラトーンごっこ>http://allthoseboys.tumblr.com/post/109095405219
●あらあらサンタさんてば>://beautiful-b0ys.tumblr.com/post/106483385270
●あらあらまあまあ>://allthoseboys.tumblr.com/post/109096919159
●先生、何をするんですか>http://allthoseboys.tumblr.com/post/109105129209
●只今デスクトップの壁紙に使用中>http://urx2.nu/gCUU

●みゃお様へ>://urx2.nu/gCUP ←要注意!

●12星座のクリーチャー>http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183370.html
なんだかカッコイ良い

では、明日~┏○))ペコ

Re: NoTitle

トーヤ様

お金儲けにかけては、兄弟二人とも長けてるんでしょう。
これも才能の一つと言いますもんね。

大成パパは家庭を持った時点で、少しずつでもヤクザと縁薄く…という希望はあると思うよ。
一代、二代程度じゃ無理だろうけど。いずれ…少しずつ。
ヤクザの息子っていうだけで、まともな商売は到底出来なかっただろうしね。
高宮弟は、独りで裏街道を突き進む。結婚も子供も無し。別にゲイじゃないのにね。

高宮兄弟の割り切り方は、私の中では突き抜けたイメージなんです。
とことん、センチメンタリズム皆無(苦笑)話、書けるくらい。
男そのものを書くと非難轟々なので、書きませんけど(爆

拓篤襲うイメージww
男同士って、何かちょっと乱暴なのよね…。そこが萌え❤

12星座のクリーチャー
これ、めっちゃ格好イイ!!好きですーー♪
アートだね…(≧▽≦)

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ふっと思い出したのが、
こども怒るな着た道だ 年寄り笑うな行く道だ。  という言葉。
昭和世代の主腐には身に沁みるけど、拓篤クンにはまだ早すぎ。笑

今この場所、時間だから想いを馳せることが出来る。
そして未来をすかし見ることも。

芳武にーさんは雰囲気がのほほ~んとしてるけど、伊達になんねんも外国を旅した訳じゃない。って?
微妙なとこだからノ―コメントにしとこ。

嵐の前の静けさみたい・・・(外れろ~、イヤな予感)。


ト―ヤさま。
私もクリ―チャ―、すっごい!と思いました♪
そして、外国の方々、明るい。

Re: いつの時代もヒーローは格好いいなぁ

鍵コメh様

お疲れ様です~。

>R18をじっくり読み返しました( *´艸`)ムフ←再読?爆
堂本の愛情浴びて、トロトロの拓篤くんだったかな…。え、tnk装着疑惑ww

今日は拓篤の回想で、大成との出会いが出てきました。
拓篤にとっては、外の世界の扉を開けた瞬間のような感じかな。
疎外感を感じてた中に、声をかけてきた大成。
拓篤は、自分から交友を広めるタイプではなく、近づいて来る中から懐いて行くような子です。
自分からくっ付いて懐いて行ったのは、堂本くらいですねww

大成の存在は、心が荒れていた頃の拠り所でもあったんでしょう。
恋愛関係ではないけど、初めて感じる絆だったと思います。

『ベ/イマ/ック/ス』何かと思って検索…。
わ~こういう系は、ほんと見ないので全然知りませんでした!
浩太に重ねて頂き…(思い出して頂き)有難う~~~(嬉

アニメーション、凄いですよね。(見ないくせにエラそうに
名作がたくさん…。なのに、どーしても観ない私よ…ナゼだww
進撃だけは、アニメの方観ました。闘いが好きだから?爆
いや、腐で知って、腐で見たんですけども。

明日も、お仕事頑張れー!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

> こども怒るな着た道だ 年寄り笑うな行く道だ←沁みる!!

だね。拓篤には、まだピンと来ないだろうな…。
私も最近になって、祖母の言葉をよく思い出したりします。
当時も分かってたつもりなんだけど、実は全然分かってなかったわww

拓篤くん、芳武さんの能天気さに、脱力…。でも、堂本の名刺でちょっと嬉しい。
しかし拓篤、芳武さんは堂本と同じ年なのに、エラそうだなww
それを何とも思わないとこが、芳武兄でした。いいね~

有難う御座いました☆

NoTitle

kiri様。
おはようございます。

> 芳武さんは堂本と同じ年なのに、エラそうだなww

えええええーーーーーっっ!!
そ、そうなんか。いや、どっか出てたか。。。

びっくりした。
朝一番の、感想です。
さ、洗濯物干しましょ。

Re: NoTitle

優様

そうだよ。
前も言うたじゃないかー。忘れたな?笑

そんなに驚かんでも…ww

亨、堂本、芳武。3人は同級生~。
色々と個性がありますねww

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-76】へ
  • 【恋のカタマリ-78】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。