女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-76

 ←恋のカタマリ-75 →恋のカタマリ-77
拓篤はNFDの資格を取るために、バイトの合間を縫ってレッスンを受けに行く。

花をバラして、もう一度元に戻して……など、花の仕組みを学ぶ処からだ。
まずは三級からがスタートで、最短で取れるようにシフトも組んでもらった。
単位によっては、夜に行くこともある。

レッスンを終えてから直接店に行き、拓篤がカウンターで注文の花束を作っていると傍に水埜が来た。

どこかおかしなとこがあるのだろうかと思えば、水埜の顔がニンマリ。

「うん……やっぱり、拓篤のセンス好きだな」
「有難う御座います」

リクエストのトルコキキョウ、デルフィニウムを中心に、後はキイチゴ、リキュウソウを使って少し大胆目に束ねて行く。

自分なりで手探りでやっているが、何かを創り上げて行く過程は凄く楽しい。
何よりも重要なのはお客さんのニーズに合わせること。

最近では、名指しで依頼してくれる人も出てきた。

好きや嫌いは感性の部分で、その人の好みに合ったのだろう。
拓篤はそんなことが、嬉しかった。

「会社の先輩が転勤するので、送別会に贈るそうです」
「男性?」
水埜が花を見て聞くから頷いた。

「年齢は?」
「三十代初め、独身」
既婚なら、家に持って帰るから女性が喜ぶように色目を変えるが、今回は独身だから男が持っても照れないような色彩に。

拓篤の答えに満足そうに微笑み、何も言わず奥の事務所に引っ込んで行った。

フラワーラップとリボンも、濃淡をつけ同色で二色使い。
自分の頭で描いたような形に整えて行く。

「わ、何か格好イイですね」
高校生のバイトの美玖(ミク)ちゃんが、傍に来た。

「うん。男性が持って歩いても、いいように」

拓篤が微笑み、リボンを結んでいると美玖がまだ傍にいる。

「どうしたの?」
「知ってます?店の口コミで、拓篤さんと店長のこと書いてましたよ」
「へぇ~、そうなんだ」

今は何でもネットだ。
店のホームページもだが、協会や専門のサイトのカテゴリーに登録して、口コミ欄に気軽に色んな評価を入れられる。

「あれ?何て書いてたか聞かないんですか?」
「あぁ……何て?」
「イケメンのいる花屋さん」

クスッと笑うと、美玖がニッと笑って仕事に戻った。

*

夕方に花束を取りに来た女性二人が、拓篤の作成した花を見る瞬間。

どんな言葉よりも、その目が輝く時が拓篤の喜びだ。

「うわぁ……凄く綺麗」
花の香りを楽しむように顔を近づけてから、花の一輪ずつを目で愉しむ。

「高そうに見えるね」
「すぐそうやって現実的なこというんだから」

嬉しそうな顔で代金を支払って帰って行く後ろ姿を眺め、拓篤の表情も和らぐ。
その拓篤の眉が寄せられ、視点が定まった。

(大成……)

心で呟き、店の中の美玖に声をかけ拓篤は大成の元へ歩く。

近づいて行けば、逃げるでもなくふてぶてしい態度で待っていた。

「何してんだよ、こんなとこで」
「監視」
「……は?」

拓篤が顎を上げると、大成が小さく笑う。

「相変わらずだなぁ……。お前は、突っかかって来るヤツにいつもそういうツラしてたっけ」

懐かしむような大成に、拓篤が溜息を吐いた。

「ふざけんな」
「大学の時みたいに、ここで喧嘩でもするか?俺はいいけど」
「俺は監視されるような覚えは無い」
「俺にはあるんだよ」

睨み合い、拓篤が唇を噛む。

「俺を監視してたって時間の無駄だ。確かに……あのララって子とは、芳武さんの店で一回だけ会った。でも、たまたまだ。連絡先さえも知らない」
「ララは、お前のことを店の同僚に言ってたそうだ。凄く綺麗で、自分なんかとは世界の違う男の人だったって。好きになっちゃいそうだってな」

大成が眉を上げて肩を竦める。

「風俗の女なんか、触れないもんな……お前」

拓篤はカッとしたが、押しとどめた。
挑発に乗るつもりはない。今は、仕事中だ。

『風俗の女など触る気がしない』……それは、高校生の俺が言った言葉。
数人で初体験の話で盛り上がっていた時に、風俗の女で童貞を切ったというヤツがいた。
今思えば……大成の家の仕事を貶めるような発言をした。
悪気はなかったけど、大成は傷ついたのかもしれない。

自分が何気なく、冗談交じりに言った言葉。
けど、そこに本心がまぎれていたことは否めない。

「この花屋で勤めてるのも、ララは知ってたんだ。花を買いに行きたいけど、迷惑がられるかもってな。……泣かせるじゃないか」

その言葉が胸に刺さる。
あの時……名刺を渡そうと手に触れられた時、俺は自分の手を引っ込めた。

「……だから何だ?」

拓篤が首を傾げて、大成に問うた。

「……とにかく、お前に一種の憧れを抱いていた。そしてココに花を買いに行こうかとも。充分に可能性はある」
「御苦労なことで。もし来たら、二代目のお前が心配してたって言っとくよ。だから、帰れ」

そう言えば、大成の眉がピクリと反応した。
叔父の高宮に、似てると言えば似てる……。
それでもやっぱり、違う。

父親に似た体躯の良さと端正な顔は、シャープな印象の叔父より少しだけ甘さが混じってる。

女にも良くモテてた。
金回りもいいし、遊び方も知ってる。

「拓篤……深刻になる前に、どうにかしたい」

放っておけば更に深刻な問題になるということか。

拓篤は、堂本の心配そうな顔を思い出す。

「俺は、関係無い」
「お前がそう思っても、こっちは少しの手掛かりでも食いつくんだよ」

まるで刑事と同じじゃないか。
堂本は警察官で、手帳一つで権力を見せることが出来る。
大成は、バックの力で……か。

「勝手にしろ」

拓篤はそう吐き捨て、大成の前から立ち去った。


「知り合いですか?」

美玖が、向こうに居る大成を見て問う。

「昔のダチ」
「凄く格好イイですねぇ……拓篤さんとはまた違ったタイプで」
「結構距離あるのに、わかるの?」
「シルエットとか、雰囲気で」

いい加減なようで、人の印象ってそんなものかとも思う。
さすが、女好きのする大成だ。
少し自慢に思ってしまって、苦い思いがした。

「紹介してって言われてもしないよ」

拓篤が半分本気で、冗談交じりに言った。

「言いませんよ。私、あんな大人の男の人は釣り合わないですもん」

……そうか。
高校生の美玖ちゃんから見れば、大成は「大人の男」に映るのか。

当たり前のことなんだけど。
自分のよく知っている大成は、目の前の美玖と同じ年だった。

月日が流れてるのだと……刹那が過った。

拓篤は店の外に出て、大成がいた場所を見る。

そこにはもう誰も居なかった。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-75】へ
  • 【恋のカタマリ-77】へ

~ Comment ~

テッテロー(*^ー^)ノ♪

kiri様。

ムカついたので上司の前で堂々と読んでる休日出勤の潤です。お昼は冷めた朝マック…(-""-;)

人の心の柵(しがらみ)って本当に面倒ですよねぇ。

大成くんも半分は自分て作っちゃった柵が壊せないでいるんでしょうね。

殴りあって壊せる程度の垣根ならいいのにねぇ。

また、仲良しになってくれればお母ちゃんは嬉しいなぁ。

今後の二人の展開…楽しみです。




NoTitle

大成、拓篤を心配してるのかな。
早くララちゃんを捕まえて、拓篤に影響が無いように、とか?
なんだかんだ言って大事な親友ですもんね。『元』が付いても付かなくても。
でも、彼の心の奥底は分かりませんね…。
堂本が目を光らせてるし?
ララちゃん、何処行ったんじゃー。

花屋さんに花束を頼むときは気軽に注文してましたが…そうか、お店側は客を観察するんだな。
客のニーズに合わせるって、客の人となりを見る目も持ってないといけないという事なのですね。
私、接客はアルバイトの定食屋でしか経験して無いので勉強になりました。
いやあ、そこで天丼用の海老の殻を剥いてたから早くて上手に剥けるんだ~←どうでもいいww

NFDってナニ?『にほんふらわーでざいん』とか?と思って検索したら『日本フラワーデザイナー』だった。
わ……私、スゴイッ!!(●`・ω・´●)ムホ!
まぁ想像しやすい頭文字だったわけですが(笑


>みゃお様
ぷりけつ貢献させていただきます。∠(`・ω・´)シャキ
以前、腰振って竿も玉も回転させてるお茶目な動画を見かけたんですが、
ソレ見たら後輩さん引きますよね、きっと。
私は大笑いしたんですが。


~本日の『流涎の館』会報
※下半身に関係のあるものはhttp無しになっております。

●( ´,_ゝ`)プッ>://nyrammer.tumblr.com/post/107797255035
●転んだ?>://gaytwinkparadise.tumblr.com/post/108957205630
●放置?>://gaymanpornblog.tumblr.com/post/65286758117
●陰影が美しい>://rtremar.tumblr.com/post/107920058750
●プレゼント>://windboy69.tumblr.com/post/106948821407
●カワイ子ちゃんinベッド>http://urx2.nu/gAT1
●爽やかツインズ>http://lovingmalemodels.net/tagged/pletts-twins
●見ざる>http://snap-c-h-a-t.tumblr.com/post/106414856896
●「オレのキャノンボールだぜ♪」「へー…」>http://dubguy.tumblr.com/post/39298999214
●海外の100の質問>http://gayisokk.tumblr.com/post/109047308100/question-time-1111111

キャノンボールってナニよwww
では、明日~┏○))ペコ

Re: テッテロー(*^ー^)ノ♪

潤様

> ムカついたので上司の前で堂々と読んでる休日出勤の潤です。←笑

もうね、どっちもですよ…コレ。
一見、大成が執着してるように見えますけど。

お互いに、未練タラッタラ。

拓篤は大成の小さな歩み寄りを、いつも拒絶。聞こえないのね。
よく耳を傾ければ、聞こえるはずなんだけどなぁ…。
その度に、また小さく傷つく大成。
大成も、柵のせいで伝え方が不器用すぎるのも問題。

この垣根がいつか壊れる日が来るかな~。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

大成の歩み寄りのセリフ、拓篤はいとも簡単に拒絶。
前も言ったけど、大成は拓篤を不幸にしたい訳じゃないのよね。

ハッキリ言えば、拓篤の方が大成を傷つけてきてますし…。でも、お互い様よね。
大学時代の心ない言葉だって、拓篤に直接浴びせたモノ。陰で誰かと組んでやった訳じゃない。
完全なる感情の行き違いな二人~。

外から見ると、すっごい分かり易いんだけど本人達はそうじゃない。

お花を注文することが結構あるんですが。(仕事でww)
大抵はネットで探して、電話でなんですよね。すると当然、イメージ、色はいつも聞かれます。
…が、中には年齢、どんな感じetc…贈る子のことを差支えない程度に結構細かく色々聞いて下さるお花屋さんがいます。そういう処のお花は大抵、バッチリ!!
でも、次に頼むと違ったり…。やっぱり花を創るのは「個人」なんだなぁ…と思いました。

NFDは賛否両論ありますが(高い、維持費もかかる)基本的なことはスクールで学べるからね。
お花屋さんとNFDは別物らしいんですけどw

美形のツインズは、BL界では王道に近いモノが…♪
リアルには早々居ませんが、美しい容貌を持った2人が並ぶと素敵過ぎる♥

有難う御座いました☆

NoTitle

「相変わらずだなぁ……。お前は、突っかかって来るヤツにいつもそういうツラしてたっけ」
ずい分穏やかな感じがするわ、ここ。

「拓篤……深刻になる前に、どうにかしたい」
これって、「手を貸してくれ」って言う事なんじゃないのかしら?


すでに社会に出てる大成は、わだかまりも拓篤よりちょっと少ないよう。
でも言われた本人はまだ余裕が無し。
学業とバイトと資格取得。3足の草鞋やってるもんね。

でも内心自慢してる、元・親友を。
うーん、堂本ったんの、「狭い範囲でモノを見るな」的な言葉、覚えててくれると良いんだけど。
修復したいと思ってるのはお互いなんだから。


お花屋さんで、時々ほかの人が頼んだ花束とかを見ることもあります。
あ! とか、え?! とか思う時もあって、感性の違いが面白い。
美玖ちゃん、知らずにセンサーになったり~(ねー、拓篤さん、また居ますよ、あのカッコイイ男性(ひと)。とか。笑)


店長・水埜さんの反応が・・、イイ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

ますみ様

>「拓篤……深刻になる前に、どうにかしたい」

そう。他のセリフは、ちょっと嫌味っぽいんですけどね。
最後の方のコレだけは、歩み寄ってる。
拓篤がララちゃんを匿うとまでは思ってない(拓篤のキャラじゃないしね)
でも、俺のことも分かってくれよ…的な甘えが入ってる。

拓篤もつい自慢したりしてね~。ほんと…この子達。

お互いに「分かれよ」って感じて、元親友としての変な甘えが見え隠れしてますね。
ちゃんと腹割って話せば、距離は近くなるのに…と、外から見たら思いますが。
一旦こじれた確執が、そう簡単には…。解けるにはまだもうちょっとぶつからないと。

花はそのままでも充分に美しいんですが、人の手が加わるとまた違う。
感性ってほんと様々で、だからこそ色んなモノが生まれてくるんだな~と思います。

水埜さん、いつもいつもマイペースww

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメT様

綺麗だな~と思っても、ポロリ…が多すぎますよね?笑

もう、出すなよー!と思っちゃうww(皆さんに見せたくて)
健康的っちゃーそうなんですけども。

日本語のTATTOも結構見ます。Tシャツなんか、人気みたいだし。
でも言葉が「え?」ってことたまにあります(苦笑

有難う御座いました☆

ライオンさんの心配顔♪

kiriさま、おはようございます!

またまた遅いコメ投稿失礼します<(_ _)>

拓篤のセンスは着々と磨かれているようですね。
水埜さんも満足げで何よりです♪
お花に疎い私は、拓篤が手に取ったお花たちを検索し、
ブルーベースの甘くなり過ぎない凛としたイメージなのかな…?
と、勝手に想像してます(*^_^*)

かつて、カタログ写真から選び、最寄りの提携店から配送されるシステムのところで花束を依頼。自分の母へだったので、直接感想を聞いたところ不評で…(^_^;)たぶん、同じ種類の花を使っても、花の鮮度やセンスなど、お店やつくる人よって仕上がりが全然違ってしまうようで。次からはお店も吟味して、完成品を直接配送してもらえるところにしています。
イケメンの水埜さん・仔猫ちゃんのいるセンスあるお店、近くにあるといいのに…(*^_^*)

拓篤はララちゃんを通すことで、大成の気持ちをちょっと察することができているような…。「物事を一方向のみでなく視野を広く見よ」とのどうもっちゃんの言葉がふっと思い出されました。それに、ライオンさんの顔が過ってくれたね!しつこいくらいの心配、効果があらわれていますね。
よしよし…♪

大成・拓篤、どっちが良い・悪いってことではないのですよね。
それに無意識にお互いを意識しているし…。
だから、このわだかまりが、より一層もどかしいですっ!
と、毎回ドキドキワクワク…♪

Re: ライオンさんの心配顔♪

key様

センスは磨いて、ピカピカに~。

持って生まれたモノってあるんだなぁ…と、子供が幼い頃の習い事とかの付き添いに行っても思いました。ピアノ習ってたんですが、うちの娘より3つも下の子の上手いこと!!
夢中で楽しそうに弾いてたなぁ…。音大に行きましたね、その子。

そうなんですよ。お花屋さんにもよるけど、同じお花屋さんでも、人の手が変わると違ったり。
やっぱり「創る」ってことは、人間なんですねぇ…。

拓篤も大成、市倉兄妹、ララちゃん…。
色んな人と関って、自分の過去を振り返ったりして未熟な面に気付いて行く。
そして堂本や水埜によって、未来も見えてきそうですね。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメs様

はい、オリジナルな意味で書いてましたw
私の好きな作家さんが、同じように雰囲気で使用されていたので、良いと思ってました(当時の私 汗

その作家さんも、私ももちろん意味は存じております。

でも、何度かご指摘を頂いてるので書き直ししないといけないと思いつつ…。
出来ないままで終わってます(苦笑

全部読み直してしまわないと流れがある&読むに耐えない過去作(滝汗
すいません!

ただの変換ミスの時もあったりしますが、こちらの方はそういう意味でちゃんと書きました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-75】へ
  • 【恋のカタマリ-77】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ