女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「●冬吾と澪☆番外編」
一緒にいたい

一緒にいたい-9

 ←一緒にいたい-8☆R18 →一緒にいたい-10(終)
Sビルの竣工記念祝賀会の日。

澪は冬吾に買ってもらったネクタイを締め、Tホテルに入った。
会場に入るなり、人の多さに目を瞬かせる。

「鹿島がメインだからな。こういう時は、老舗だと思い知る」

向井が檀上の周りにいる年嵩の男達を見ながら呟いた。

立食パーティーの準備が整っていて、後は檀上に鹿島の社長が立ち、挨拶が始まるのを待つ。
時計を見るとまだ時間に余裕はあるせいか、あっちこっちで挨拶を交わしあう光景が見える。

澪は冬吾の姿を探すが、人が多すぎて分からない。

「向井さん」
そこに久住建材の佐倉が来て、皆に向かって頭を下げた。

「リーシング、早い段階で埋まったと評判ですよ」
「うちは、優秀なんで」
「さすが……」
「はは……。何社も競合してますからね。うちも、その中の一つですよ」
「大手を引っ張ってきて、よく言いますよ」

二人で微笑み合う姿に、大人の男同士って感じがした。
自分も十年もしたら、こんな風になれるのかと過る。

ふと横に居る山本を見れば、佐倉をハートの目で見ていた。

「じゃ、また」

佐倉が頭を下げて去り、また違う人に頭を下げて挨拶をしている。

「営業は顔売るのが仕事だからな」

向井がボソリと呟く。

「主任と年一緒でしたっけ。凄い、若い……」

澪も同じように呟くと、額をピシャリと叩かれた。

「俺が老けてるって言いたいのか」
「あ、違いますよ。主任はそのまま。佐倉さんが、異常に若いんです」

その横で、佐野が吹き出した。

「あんた、それフォローになってない」
山本にまで笑いながら言われた。

「ま、これでクライアントにはそこそこ人気あるんだからな……ほんと」

向井が口元を綻ばせながら澪を見る。

「仕事の時はちゃんとしてますよ、主任。私が教育してるので」
山本が敬礼をして見せた。

「ビシバシ頼むな」
向井が言えば、澪が目を剥いた。

そこで檀上に光が当たる。

司会者がマイクを持ち開式の辞を述べ、鹿島工務店代表取締役の名前を呼んだ。

スラリと背の高い、偉丈夫のような人が檀上に立って挨拶を始めた。

冬吾の会社の社長……。
新卒用のパンフに載っていた人だ。

澪は感慨深い思いで、挨拶をしている鹿島社長を見る。
白髪が混ざった髪がそれなりの年齢を感じさせるが、格好イイ。

挨拶も短く、頭を下げれば、皆が一斉に拍手をする。
澪も手が痛くなるくらい、拍手をした。

*

冬吾は会場で澪を探してみたが、見つからない。
別に今日も同じ家に帰るんだけど。

IT部署は、祝賀会には自由参加だ。
この部署が建築に深く関りだしたのは、その後のビルの着工からだから。

社長の挨拶が終わり、各社の来賓が簡単な挨拶を済ませて行く。
澪の会社からも社長が来ていて、挨拶をしているのをジッと見る。
祝電が読まれ、滞りなく進み、その間にシャンパンが配られて、冬吾も受け取った。

再び社長の乾杯の音頭と共に皆でシャンパンを飲む。

「さて、ここからここから」
隣で同期の森元が嬉しそうな顔をする。

「今回はうちがホスト側だぞ?がっつくなよ」
朱山が言えば、森元が肩を竦める。

「鹿島を背負ってるんだぞ……だろ?」
「散々言われたもんな」
冬吾が笑って言えば、隣でチーフの古内がプッと吹き出した。

「若いなぁ」

三人を見て笑いながら、行って良いと顎で指す。

「淑女のようにおしとやかに……だぞ」

後ろから声がかかり、皆が酒や食事を楽しんでいる輪に遅れて入って行った。

*

澪がトイレに行って、戻って来る時。
廊下で車椅子に乗った老人が数人を従えて会場から出て来たのに遭遇する。

そこへ胸に主催者のリボンを付けた男が出て来た。
何となく見ていると、リボンを付けたその背の高い人が、とても姿勢良く頭を深々と下げた。

……あれ?

澪の中で、既視感とも言えるモノが湧き上がる。

「……っ」
男が顔を上げた時、澪は目を剥いて、変な声が出てしまった。
慌てて自分の手で口を塞ぎ、立ち竦む。

あの人だ……。

高校生の時、すれ違った人。
何処かの年を取った人に、こういう風に頭を綺麗に……深く、深く下げていた。

顔よりも、その姿勢で分かったのだ。

カシマ……鹿島。

『ブザマだな…鹿島』

澪は心臓がドクドクと鳴る。
何故かはわからない。

ただ昔、すれ違っただけの人で、それを思い出しただけのことなのに。

車椅子の人が手を上げて去って行く後ろ姿に、もう一度深々と頭を下げていた。
ホテルの廊下の角を曲がって見えなくなるまで。

……絶対にそうだ。

顔を上げた時、もうそこには……あの頃のような不敵な笑みは浮かんでいなかった。

澪がジッと見ていると、視線を感じたのかこっちを見た。

目が合って、澪は息を吸い込む。

見ていてすいません、なんて言うのもおかしいし。
目を逸らすのも変だ。

ゴチャゴチャと軽くパニクってると、ニッコリと笑ってくれた。

そこで気づく。
自分にも、色違いのリボンが付いていたことに。

そして、丁寧に頭を下げてくれた。
慌てて、澪も一生懸命になって頭を下げる。

顔を上げたら、もう一度ニッコリと笑って会場に戻って行った。


はぁぁ……。


澪は思いがけない遭遇に、脱力したようになってホテルの廊下の壁に寄りかかる。

あの人だった……。
間違いない。

冬吾の会社のパンフの最後に載っていた人で、俺が十七歳の時にすれ違った人。
写真だけじゃ、分からなかったのに。

あの人が……冬吾が勤める会社の、次期社長なんだ。

凄いよ、冬吾……。

あの人、俺にまで丁寧に頭下げてくれた。
どう見たって、まだペーペーで何の肩書も無い自分に。
社会人としては、当たり前のことなんだろうけど。

けど……めちゃくちゃ、格好イイ。

澪がボーっとしていたら、目の前に人が立った。

「何してんだ?お前」
「あ、主任……」

呆れたような顔をされて、顔を覆う。

「主任、俺……何か、凄いの見て」
「……は?」
「鹿島の専務を見たんです」
「……だから何?そりゃ主催者なんだから、居るだろ」

首を傾げて立ち去ろうとするから、何処に行くのか聞いた。
何だか心が物凄く興奮してて、訳の分からない行動を取ってしまう。

「煙草」
胸ポケットを叩く向井に、澪も付いて行く。

「お前も吸う?」
「はい」

会社勤めになってから、煙草はほぼ吸わなくなったけど、今は吸いたい。

……っていうか、主任になぜかくっ付いていたかった。


ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【一緒にいたい-8☆R18】へ
  • 【一緒にいたい-10(終)】へ

~ Comment ~

はあ…

kiriさま。

とーるちゃん…素敵(///∇///)

今日はすっかり引き込まれて私が澪ちゃんの後ろで頭を下げてボーッとしてる気分でした。

誰にでも頭が下げられる謙虚さや優しさまでもったとーるちゃん…。明良君じゃなくても

惚れてまうやローーーーっ!!!!

私の回りには見当たらないですけど…

この年末に来て「子会社の副支店長の浮気発覚…相手が○すでで○の支店長婦人(○にぶを入れてください)副支店長今月末の退社のニュースにニヤニヤしている」潤でした。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はあ…

潤様

亨が登場しました~。
セリフは無いんですが、しっかりと存在感はあったかな?

この人が出ると、脇でも目立っちゃって…。
そこは隼と同じで、メイン泣かせです(笑

鹿島専務、やはり会社を背負ってますね。

そしてリアルなニュースww
こんなことで退社…自業自得とはいえ、家族が気の毒ですわー。大迷惑…。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメn様

>ニッコリと笑いかけられたら、もう、わたくし、その場で倒れてしまうかも♥
いや、そんなに喜んでもらえてww

はい、今回はしっかりと本人が出ました。セリフの一行もありませんが…。
まだペーペーくんの澪が、対峙出来る相手じゃないですしね…。
澪も圧倒されてそれどころじゃなく、軽くパニクってましたし。

>澪ちゃんなら、許せる!
しかし、基準はあくまでも亨なんですね?笑

亨は会社の未来を背負ってます。
イコール、目の前のまだ新人くん(澪)も、いずれはそれなりの位置に行く可能性。
彼が力をつけた時、プラスになるはず。
丁寧に頭も下げます。決して、ただの優しい心で頭を下げた訳ではないとこが魔王故。

向井は、口が堅いですからね。でも、少しくらいは…?楽しみにしてて下さい~。

有難う御座いました☆

やっぱり来ちゃいました♪

kiriさま、こんにちは!

澪はこのコーフンを、あの向井くんへ!!!

喫煙所での二人の会話、そして向井くんの発言に期待です!

(と・・・自分のコーフンを伝えるべく、やっぱり今日もコメ欄出没(^_^;))

NoTitle

そうそう、そうだった。
高校生の目にかっこよく映ったあの一礼。
蘇りましたよ、あの時の魔王様が、私にも!
ひゃ~、ここに繋がったか~、みたいな。なんかヘンに感動しとります。

二人の成長が見られて嬉しいです。
澪は魔王様と会って、また成長するのかな~
さて、明日は冬吾と会えるのか?


~本日のう腐腐ん♪~

●美人なヤンチャ君揃いでもう…_(:3 ∠)_←悶死
 → http://worldsmostbeautifulboys.tumblr.com/

マッチョも良いけど美人さんもね♪
昔のCMに『お節もいいけどカレーもね』ってあったなあと、ふと思い出しました。w

●BLCD→ http://fujo2.com/articles/boyslove/bl_goods/23963.html
私は聞いたことないデス。声優さんが乙女ゲームで『ま◎こ』ってセリフを言ってから、ゲーム系からも遠ざかりました。たぶん『ま◎こ』と言って欲しくなかったのかな。w

●使い分けチャート→ https://twitter.com/ShoutedSteel/status/549103850179678209

●そういや以前は『藁』だったか → http://kaola.jp/2014/12/26/80498/

●おーまいがっ!→ https://twitter.com/SutekiDesign4u/status/549433381755158531

では、明日~┏○))ペコ

Re: やっぱり来ちゃいました♪

key様

合間に、ようこそ~♪ww

澪くん、この胸のドキドキを誰かに伝えたい(笑
でもちゃんと、相手は選ばないとね。
向井主任なら淡々と聞いてくれるので適任かと。

クールダウンして、会場へ戻りましょう…(´艸`*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

気付くチャンスは、本編でもあったんですけどね。
パンフで気づくなど、有り得ない…(私的に

もし、あの頃の澪は気付いたとしても、その偶然に驚くだけで終わったでしょう。
今の澪だからこそ、男として、社会人として、その姿勢を見て興奮してるのだと思います。
奥深さまではまだ分からなくてもイイの。それは無理ってもん。
けど、何かを感じたようですね。それで充分だ、澪!


美人ヤンチャ受けに、カオル嬢が混ざってるような…(秋也に、抱かせろという女性モデルw
そして、下の方に秋也っぽい子も居た♪

そして、パンダ。やっぱりお目々の黒いの無いと……微妙w

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: がんぼー

鍵コメS様

そうそう。その子が秋也っぽいな~と思ってwwもちろん、もっとアジアっぽいですが。
元々、私の中での秋也はロシア系の血が少々混じってるイメージがあるんですよね。
ちょっとダケね。母がクオーターとしたら1/8?
…という、ただの容姿の妄想の横流れ。今のとこ、37本編には関係ないw

有難う御座いました☆

このビル・・。

明良が眺めていた、あのビルだったんですか?
亨がヘルメット被って指揮していた・・・。

澪は知らないことだけど、ようやく破壊の黒魔王から脱したあたりですよねえ、亨。
必要だったから作った家族だったけど、奥さんも娘も息子も今は慈しんでいる。その穏やかさも力になっているんでしょう。

そう言えば、向井さんが来てるのは気付いてる?


そして澪たん、全員に遭遇!印象や心の中での位置は違っても、3人を知ってるなんて・・。向井主任、もし澪の心が覗けたら腰が抜けるかもっ(笑)。

冬吾くん。
きっとあなたより澪の方が、専務・亨の凄さをしってるよ♪
ウチに帰って亨のこと、目・キラキラさせて話しても怒んないでね~~。

Re: このビル・・。

ますみ様

あー。ちょっとカブってるけど、違うかな?あっちはビジネスビルだったかと…。
ビルを一つだけってことはないので、時期が少々被ってるとは思います。

この時の亨は、33歳。28くらいから、再び明良との濃い愛憎を経た後。
その途中から、黒魔王が愛の本質に近づいて行ったんでしたよね。
恋愛に関しては高校生で止まったままだった亨さんが、大人になりました。

何よりも仕事を愛してる人。戸沢にも怒られてましたよね(笑
もちろん、家族は家族で慈しみ、子供を愛し。息子を跡継ぎとして教育し…。
心の奥の別の場所で明良を愛し続けてると思います。

あ、亨と向井は社会に出てから、同じ業界なので。別に今更…って感じでしょうね、顔合わせても。
互いに明良の話は、絶対しないと思います。彼らの暗黙のルール的な?
少なくとも、向井から何かを言うことは無いかと。
センチメンタルさは、この2人の間には無い(苦笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【一緒にいたい-8☆R18】へ
  • 【一緒にいたい-10(終)】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ