女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-40

 ←恋のカタマリ-39 →恋のカタマリ-41
拓篤の携帯を鳴らしても、出ない。
本当に、迎えに来る気か?

しばらくして煙草を消し、堂本はもう一度携帯を鳴らしてみた。
……やはり応答が無いので、諦めて署を出た。

ちょっと遠回りでも、顔だけ見て帰ろうか。

拓篤の家の方へとトボトボと歩き出し、五分も歩くと向こうから走ってくる男が見えた。

あ~。やっぱ、来たか。

堂本はそれでも歩調を早めずにゆっくりと歩く。

必死で走ってくる拓篤に、顔は自然と緩まる。

「堂本さんっ」

息を切らし、そのまま飛びつくように抱き付いてきた。

「どうした?」
「何も……ない。ずっと声……しか聞いてないから、顔見たかっただけ。だって近く、にいるのに」

ま~~~た、そういう可愛いことを……。

息を切らせながら言う言葉に、ズキュズキュ来る。

懐かれると、どうも弱い。

拓篤を少し抱きしめてやり、体を離す。

「もう、帰って寝なさい」
「来てくれないの?」
「今日はもう、ダメだ。今度、飯食いに行く約束だろ?」

そのまま拓篤の腕を取り、家に向かって歩き出した。

「え?」
「家まで送る」
「いいよ。俺、勝手に来たんだし。疲れてんのに」

「そうだな」

笑いながらも、方向は拓篤の家へ。

「大変だね、刑事さんって」
「大変だよ~」

軽く答える堂本に、拓篤が体をくっ付けてくる。

「偉い懐きようだな」
「だよね。自分でも、そう思う。何でだろ……堂本さんが家に泊まったから、余計にこうなった」

それは、お前が寂しいからだ。

堂本はそう思ったが、口にはしなかった。

あの殺風景な生活感の無い部屋を思い出せば、胸がキュッと鳴る。
そしてこの懐きよう。

ズキュズキュ……キュッ、だ。
ん~……。やっはりヤバイな。

「レポートは出来たのか?」
「まだ」
「じゃ、俺にかまけてる場合じゃないだろっ」

頬を軽く抓られても、拓篤は嬉しそうだ。


ボソボソと話をしながら十分以上歩いて、マンションの前に着いた。

「大人しく戻って、お勉強しなさい」
「するけど……五分だけ上がって」

拓篤の言葉に、堂本が首を振る。

「俺は仕事を頑張る。お前はレポートを頑張れ、学生」
「ご飯、絶対に連れてけよ」

今度はまたエラそうな口を聞く。

「あぁ、約束したろ?」
「絶対だからな」
「わかった、わかった。お休み」
「……お休みなさい」

そう言っても、マンションの中に入ろうとしない拓篤の頭をポンと撫でた。

「お休み」

もう一度言えば、やっと踵を返してマンションの暗証キーを叩いて入って行った。


世話のかかる坊ちゃんめ。


心でそうごちて、堂本は署までの道のりをまた戻って行った。

*

部屋に戻って、拓篤はベットにダイブする。

俺……何やってんだろ。

そう思って、シーツを握りながら足をバタバタさせて自己嫌悪。

体を反転して、大の字で溜息を吐く。

声聞いて……。
仕事終わったって言葉で、会いたくなった。

体を動かせば会える位置に居るんだと思ったら、衝動的に飛び出してしまった。

堂本さんがこの部屋に泊まった日から、寝る時にいつも思い出すんだ。

あの腕の中で。
あの胸に顔を埋めて。
眠りについたことを。

肌の温もりも、臭いも、手触りも、全部思いだす。

SEXより、ずっと気持ち良かった。

あんな風に、もう一度眠りにつきたい。

毎日そんなこと思って、このベットで眠りにつく。

男は、他にもいるし。
別に女だっている。

遊びに出れば、誰かが声をかけてくる。

寂しいなら、ひと時の温もりを求めたって別にいいとも思う。

でもその気になれず、大学から帰ってはこの部屋で一人で過ごす。


仕事は本当に、忙しい人だ。
一体、いつ休んでるのかと思う。

そんな隙間に、少しだけ相手してもらって悦んでる自分が、案外健気だと思う。
こんな風に、自分から誰かに向かうことなんか一度も無かったし。

思えば、自分から積極的に誰かに電話したりメールしたりも、したことがないな……。

全部が、拓篤にとっては初めてのことなのだ。


何なのだろう。


いくら考えても、憧れだけという単純なモノだけじゃ無いような気もする。


そう。ずっと……憧れていた。

多分、気持ちがすさんでいる時に出会ったから余計かな?

道場で竹刀を持つ姿に、惚れちゃったかな……。
背筋が綺麗に伸びて、竹刀のしなる音が切れていて、ブレないそのさばきに魅入られた。

何かに打ち込んで、平然としてる男は格好イイと心底痺れた。

男が男に惚れるって、あぁいうことを言うのだと思う。

喋ってみると、緩いし……。
何言っても、受け流す。

なのに、いざとなるとビシッと返される。
言うことを聞いてくれなくて、ムッとするのに格好イイとも思う。

心身共に、強い男。

そういう処に、どうしようもなく惹かれる。

エロいくせに、がっついてこないのが残念だけど。
そういうとこも……いいな。

慣れてた……。
自分に触れる手や、唇が。

あのキスは、エロ過ぎだし気持ち良過ぎる。

あれ、またしてもらいたいんだ。

渋ってたくせに、触れる指は官能を奥から引き出されるような感じだった。

キスも、愛撫も、何もかもが、抱くことに慣れていた。

一体どれだけの人を抱いてきたのだろう。

そこには嫉妬よりも、自分もその中に入れて欲しいと思う気持ちが先に来る。

けど。自分が、あの男に抱かれることを恐れる気持ちが芽生えてもいる。

拓篤にとってSEXは、もう捉え方が違っていた。

一度でも体を金に換えてしまうと、中からひっくり返されるような感覚がする。
それは、辞めてから気付いた。

SEXなんか、軽く考えていたから。
その一瞬の快楽だけのただの行為だと、何処かでそう思っていた。

快楽は射精の一瞬だけで、誰としようがそう大きな違いは無いと。

大成が何を言ったって、俺は自分が汚れたとは思っていない。
そこまで繊細な神経は、生憎持ち合わせてはいない。

一番最短で借金を返すためにしたのだ。

例え、間違った選択だったとしても。
後悔はしていない。

ただ。辞めれば表に戻ってきて、以前と何も変わりなく……そう思っていたのが、違っただけ。

そんな甘いもんじゃなかった。

この孤独は、どうすれば埋められるのかも分からないし。
無理して埋めることも無いとは思う。

「堂本さん……また、泊まってよ」

甘えるように口にしてみる。

表を颯爽と闊歩する男を思い浮かべ、拓篤は顔を覆った。

はぁ……どうしよう。

さっき会った処なのに、また会いたい。

いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-39】へ
  • 【恋のカタマリ-41】へ

~ Comment ~

来い!濃い!恋!

kiri様。

いいなぁ。恋してる感じだよぉ。

もう、こーゆーのないですよね。

先日、ばばあセミナーででれでれしているじじばばカップルがいたのですが、じじい初婚、ばばあ二回目なんですって。訳あってのイベントだったのですが、ばばあは「恋」より「金」ですね。

私は恋より「腐る」ことを選んでしまって(←誰のせいなんだろう?
)最近は時間があればブックオフで買い漁って「夢腐腐文学」にハマっております。

いいねぇ。「ブックオフ」

kiri様が本を出したら「新刊」買いますよ。

今は部屋が散らかるのと、突然死んだとき、残った本をみて娘が後追い自殺したら困るのでもっぱら立ち読みです。

私には「たくちゃんの恋」が一番ズキューーーンです。

今日はなんだか化粧の恋(濃い)潤でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

花畑の孤独w

前話のラストで拓篤が切羽詰ってるようで気になってました。
が、心配の必要がなかった。
でも、孤独をひしひしと感じてる姿が痛々しいですね。
堂本に会って気が済んだかと言えばそうでもなくて。
ベッドにダイブしてジタバタ悶絶して……うう、マジカワエエ。
惚れてまうやろ~.+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+

堂本も拓篤も顔がにやけっぱなし?
そして私は花畑に置き去り?
一人でうふふ♪あはは♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
拓篤と同じ孤独を味わってまs←違うし!

kiriさん、毎日お話を堪能させていただいております。
今日も可愛い拓篤でした。
もっと距離が近づけ~~!と、毎日念を送っております。←怖いよw


☆○o。勝手にイケメン祭り 2 。o○☆

○┓○┓勝手に第2弾!申し訳ございませんっ!┏○┏○
皆様のイメージが壊れないと言いのですが…

・堂本? その2 → http://bit.ly/1HHdcjd

・大成? → http://bit.ly/1HHdfLJ
・ちょっと年とった大成 → http://bit.ly/1FsnH7Y

・美人さん → http://bit.ly/1FsnnWF

潤様、key様、コメントありがとうございます。
他の皆様も、堪能していただけてよかったです。
勇気出してよかった。ホッとしました。
熊イイッスよね!熊!!←

そろそろネタが尽きそうですww
あ、そうそう。
布面積の少ない『300』って男臭い(w)映画が2本ありますが、
Rodrigo Santoroさんは両方出て、いいカラダを晒しておられます。

今日も失礼いたしましたー!┏○))ペコ

しつこく連投スミマセン。

大成、いた。→http://bit.ly/1HHu2hN

1秒でも早く♪

『拓篤…くんが……あまりに‥足が‥早く‥てハァハァ…追いつ‥かなかっ‥た…』
なんか抱きついてるんですけどっ!!
ゼィゼィ み、水 〇| ̄|_
どなたか電柱の影で飛び込みの瞬間見てましたかっ?


拓篤君!恋する乙男だぁん♡♡
10kgの錘持って飛び込んでも
びくともしないカッチカチの体でガッチリ受け止めとか!!!
背景に薔薇とハートが見えるwww

頭ナデ 萌え~~♡
壁ドンも似合いそうだな w

 ノ
 ('A`)
 ( (7
 <⌒ヽ

もう、堂本さんにされること全てに気持ちよさを覚えてしまって
スキンシップせずにはいられないかも?!

ワタシもヤバイ…
堂本ったんに負けじと
ズギュギュン ギュッギュッ⋆◡̈⃝***(ू•ω•ू❁)**
と来ちゃったです!

Re: 来い!濃い!恋!

潤様

恋の始まり…。
こういうのは期間限定ですよね。

ずーーっと片想いで密かに…ってなら、別ですが。
アクション起こして、実るor敗れる

実っても、今度は色々と摩擦し合うしね~。
ほんと今は、自分の頭の中で色々と( *´艸`)

確かにね。女の方がずーーっと打算的だなぁ…と思います。現実的なんでしょう。
生きるための本能らしいですよ?女性の。逞しい~!ロマンでふわふわしてらんない(爆
わりと「自分」より旦那様や彼氏を前に出してくる方も多いですしね。←苦手タイプ

私も…あの本の山。どうしよう…。
まだ当分生きてると思うので、増える一方だろうし。
PCの中も、ヤバイっすよー。キャー

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメC様

読んでて、ニヤけてもらったら嬉しい書き手(笑

そうなのー。恋なんだろうけど、憧れの方が先に来ちゃってて…。
元ノンケくんでも、薄々は分かってるとは思うんだけどね。

そう、iphone4。友人共に「小さっ」と笑われてもシツコク持ってるw
老眼にはキツいサイズですが、びょ~んと伸びるし?
Safariはついてるけど、よく分からず。。。
ただの連絡取りのために持ってるだけw

有難う御座いました☆

Re: 花畑の孤独w

トーヤ様

拓篤の切羽詰まり(?)にご心配して頂いた読者様もチラホラ。
ただ「会いたかった」だけという…。読者様も振り回す仔猫くんでしたww

そう。堂本に会って、気が済んだかといえば…ジタバタ。
これが「恋」なんだよーー!!拓篤。
会えばまた更に会いたくなる。つれなくされても、更に追いかけたくなる。
男は追いかける生き物だ。行けーー!!
相手はもう、ズキュズキュきてるから…もうちょい(笑

>一人でうふふ♪あはは♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ ←ずっと居ますね?笑

あー。イケメン祭り~。

わかったわ…トーヤさんの中の堂本のイメージがwwでも、私も非常~~に近い線です。
ちょい甘いフェロモン漏れの、男臭いイメージ❤
龍介は、甘さがあまりないんですよね。その対比が萌え…。

で、大成!!なるほど~。こう来たか!!これも、うんうん…。私も似た感じです♪
大成も拓篤も二十代半ばまで続くので、その時は年取った方を参照にして下さい❤
そしてリバーくん!!美少年の代名詞のような彼まで…。

あぁ、私たちって、何て楽しいんでしょう(爆
イケメンを好き勝手に脳内で腐に変換。幸せですね…お花畑にですほんと。

「300」の映画。もちろん観ましたよ!バトルスキーですから!
あぁ、野獣がいっぱい❤という目で見てました♪
あのクセルクセスが、堂本ったんだったのね!!(違

しかしあの女性のアルテミシアは強い!!残酷で強く、女の武器も使う。
もう、惚れました…。女惚れですわ。悪役でしたけどw
女が本気で闘うと、男より格好良く見える時があります。。。
ほんと男って、女には甘いのよね。そこも可愛くて好き♪

有難う御座いました☆

Re: 1秒でも早く♪

うさメリ 様

追いかけたんですか?笑
そりゃもう、心臓発作もんですよ(゚Д゚)
恋しちゃった男の子(それも21歳)の足に…ついていけないww
腐女子、全滅…。(;´Д`)ハァハァ

堂本の厚い胸に、バキュッ!!と飛び込み。
平気で受け止め、少しだけ(ココがミソ)抱きしめ返し~。

我儘な坊ちゃんをお家まで送って、頭ナデナデ。
大人ですね…心の中では色々呟いておりますが。

もう堂本が触れたことが、頭から離れない拓篤。
だって、快感だけでない気持ち良さを知っちゃったもんねー。
温かくて安心出来る場所。男としての憧れ。
色んなモノが、ウゴウゴ…と。

堂本、首洗って待ってなさい…ww

有難う御座いました☆

仔猫ちゃん、ういやつじゃ♡

kiriさま、こんばんは!

どうもっちゃん!
仔猫ちゃんを視界にロックオンしたときに・・・
なぜ、迎え入れるために、手を広げない!!
なぜ、飛びついてきたときに、抱き上げない!!!
・・・。これは、ウッチー・浩太カプ”恋愛成就の図”でしたね(*^_^*)

でも、どうもっちゃん、困惑しつつも、嬉しそうに厚い胸に迎え入れているし、
仔猫ちゃんが放つ、キラキラした矢がズキュン♡と胸に射抜かれている感はあり、ゆっくりですが二人の距離感は日に日に近くなっていますよね♪

拓篤くんのピュアな”心の初恋”と、それに戸惑う人生経験多き、アラサーどうもっちゃん・・・。
年齢差カプ、ウッチー・浩太との
私が勝手に思う共通点、それは、年上の方の決断が鍵?

まあ、多忙などうもっちゃんには、まだまだ、そこまでの思考には至っていない”恋愛未満”かとは思いますが…。
背景の違いは大きいですが年の差カプどおしということで、ウッチー・浩太を懐かしく思い出してまた会いに(読みに)いき始めています!(萌え部分をかいつまんでですが…)

腐歴の浅いわたしは、kiriさま、そしてここに集うみなさまにご教授いただき絶賛勉強中です!コメ欄でのレッスン、ありがとうございます!!
大成くんのイメージ画像にも”萌え♡”です!!

拓篤くんと大成くん、20代半ばのちょっと大人な二人とも会えることを知り、またまた期待(妄想)が膨らみます♪

脳内がお花畑でどうしましょう💦

kiriさま

昨日からお邪魔できないでいる間に、トーヤさまからのイケメン祭り🎶
凄すぎます~、キャーキャー💖(≧▽≦) ご馳走さまです、腐腐腐。
堂本さんのイメージ、どんぴしゃですね、甘~いマスクだけど男臭さもあって、クラクラきちゃう---💦 涎が止まりません!!
トーヤさまっ、ありがとうございます( *´艸`) またよろくしお願いしますね、エヘヘ💕
最近特にもこちらにいらっしゃる皆さまのおかげで、私の世界がぶわ-っと広がりまして、凄く楽しませていただいています!!! いやぁ~嬉しいですっ。
他ではこうはいきません!! kiriさまの所ならではですよね~(^O^)/

潤さま、私も同じです~!! 思春期男子に見つかったらとんでもないし、旦那にもカムアウトしていないので(でも気づかれている模様💦)もっぱら立ち読みのみです~(笑)

ああっ、拓篤ったら甘くて切なくての恋の導入部分を味わっているのね?
今会って別れたばかりなのに、すぐに会いたくて恋しくなって❤ 拓篤はただでさえ人恋しくて寂しいのに、それが倍増されてしまいますね-。その分だけ、堂本さんに会う時には「可愛い仔猫ちゃんの構って攻撃」でちゃうのは仕方がない事。だって、エチな事だけじゃない、心が気持ちの良くなる事を体験しちゃったんだもの~。堂本さん、ズキュズキュ…キュがどんどん増えていくぞぉ!! 覚悟しなくちゃ!!!
それにしても、拓篤の行動が可愛すぎ~。堂本さんだけでなく、私も悩殺されちゃいそうです。拓篤-、私がなでなでしてあげたい~!!💦

>ただ。辞めれば表に戻ってきて、以前と何も変わりなく……そう思っていたのが、違っただけ。
そんな甘いもんじゃなかった。

う~ん、拓篤本人も納得しているけど、裏にいた時の想像と本当に戻ってきた時のギャップが大きかったんですねぇ。最初から何でも考えていたようにはいかないのが人生ですけど、このギャップを埋めていけるのは、堂本さんしかいないんだろうなぁ。
納得して後悔もしていないけど、この気持ちが昇華されるには時間がかかりそうですしね。

ああっ、もどかしくて甘酸っぱいなぁ~。
kiriさま、明日も楽しみにしていますね!! よろしくお願いします。

ちりも積もれば。

モノのたとえですよ―、堂本サン。  怒らないでっ。 
それにアナタは大きすぎて塵にはなれません、て。 笑。

でも、拓篤くんの心には大小の’堂本・石’が日々投げ込まれ続けている。
そして一杯になったらハタと気付くんだろうね、これは恋だ! て。


うさメリさまー、近くの電信柱の上から目撃しました♪
拓篤くんの飛びつき、もう全身を預けるようにするから、こっちまでズキュン!
可愛いな―、と萌えてました。腐腐。
だけど残念なことに、コアラのように抱きついてたので写メ出来ず。。
残念ーー!

Re: 仔猫ちゃん、ういやつじゃ♡

key様

そうでしたね。
内野&浩太の時の、あのシーンの時、内野は両手を広げて抱き!!
内野が観念(?)して、浩太を受け入れた瞬間とも言えました。

堂本はしませんでしたね…。今はまだ、拓篤の一方通行。
というか、まだ拓篤も確信もってないんだけど、ただくっ付きたいww
若さってイイわ…うらやま~

うん。年の差の場合、大抵年上の方が腰引いちゃいますね。
特に、相手がまだ若すぎる場合は。
これが年も近かったら、また違うんだろうな~。
堂本なんか、即行ってるかもしんない(笑

ここの腐女子様は腐歴も長い方もいて、私も初めて知ることも多いです(*゚ー゚*)
どんどん深くなって行きますよ…ウフフ

最後は拓篤が20代の半ば当たりまで、行きます。
途中でポンポン飛びますけどね(いつものようにw

有難う御座いました☆

Re: 脳内がお花畑でどうしましょう💦

みゃお様

イケメン祭り、見ました?
もう、自由自在に腐に変換して楽しいですねー!
しかし、リアルであんな素敵男子はそうそういませんので…。
キャラに当てはめて、悦ぶくらいさせて頂きましょう♪(厚

思春期男子だと、やはり中々かもですね。
私は娘なので、全然平気なんですが…彼氏が来る時だけは「ヤメテ」と言われます(爆
BL本が、リビングに何冊もあるのでww

さて、拓篤くん。甘くて、切ない恋心…。
これも憧れから来てるので、その境目が難しいんですけど。
触れられたことが、快楽を超えて気持ち良いのならそれは「特別な人」
なまじっか、自分から向かわなくても相手がいくらでもいた子だから、こういうの初。
必死で追いかけて、ゲット!!するのよー。

もう相手は、ちょっとヨロけてます…。
ヤバイとこの後も、何度口にするかww

クラブで居た頃のことは、後悔はしてないんだろうけど。
やっぱり、まんま元に戻るってことは出来なかった。

でも、それが今の拓篤なんだし、堂本はきっと受け止めてくれると思う。
エチを軽く考えることが出来なくなったって、悪いことでは無いしね。
好きな人と…そこは、男女問わず一番イイんだもん♪

有難う御座いました☆

Re: ちりも積もれば。

ますみ様

拓篤、もうかなり良いとこまで行ってるんですけどね。
恋って言葉自体、あまり考えたことも無かったから。

でも高宮が言ってたよね。
「恋」って言葉…。

いい年した大人だって、恋をするんだよー。
バカになるのも悪くない…そう思えるくらいの気持ち。
あの時は、あまりピンと来なかったみたいだけど。

え、電柱に抱き付き??爆、爆!!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-39】へ
  • 【恋のカタマリ-41】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ