女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-34

 ←恋のカタマリ-33 →恋のカタマリ-35☆R15
拓篤がマグカップをソファーの前の小さなテーブルに置いた。

「夢見てるのかな、俺」

紅茶のカップを手で包みながら、目線をそこに落としたまま拓篤が呟く。

「夢?」
「ずっと堂本さんに会いたかったから」
「……何回か、会っただろ」
「あれは……偶然もあったけど、最後のは違う」

堂本が意味が分からないとばかりに首を傾げると、拓篤が顔を上げた。

「駅からこのマンションに帰る時、わざと遠回りして警察署の前を通ったりした。堂本さんが出てこないかなー。会えないかなーって。何回もね」
「おまっ……」

堂本は心臓を打ち抜かれるような思いがした。
こんなこと言われるのは、三十年生きてきて初体験。

そんなに会いたかったのかという驚きと共に、なぜだとも思う。
けど顔は嘘を言っているようには見えないし、騙そうとしてるとも思えない。
まぁ、騙して何の得があるのかとも思うけど。

猜疑心まで湧く自分に少し呆れながら紅茶を飲んで、とりあえず落ち着こうとした。

テーブルの下に積んである新聞が目に入ってチラリを覗くと経済紙だ。

「拓篤は経済専攻か?」
「一応。それに俺、信託系してるんだ。経済の流れとか、新聞で拾ってネットで調べたりする」
「偉いもんだな」
「生きて行くためには、金がいる」

顔を見るとまだ酔っているくせに、ハッキリとそう答える拓篤に堂本は頷いた。
その背景に、親が浮かんだからだ。

「まぁ、無茶しないようにな」
「うん、慎重にチビチビで行ってるから。大金が欲しい訳じゃないし」

紅茶を口にしながら真面目な話をしていると、やっぱり学生だなと思う。
それにしても、一番最初の出会いを思い出せば……随分と大人びたもんだと改めて感じた。

「何?」
「一番最初の日を思い出してな。お前、暴れてたろ」
「……あぁ、あの頃はどうしていいか分からないことだらけでさ」
「ガキはそういうもんだ」

頷く拓篤に、そろそろ落ち着いたなら帰ろうかと思った。

「もう、寝なさい」
「え……?泊まってよ」
「バカ。そういう訳にはいかない」
「なんで?もう遅いし、明日の朝帰ればいいじゃんっ」

二人掛け用のソファーの横に座って、服を掴んで来る。

逃がさないとばかりの必死な様子に、何だかもうエロさより心配になってきた。

「何かあったのか?無茶な飲み方して、あんな場所で男漁るようなことまでするとか」

問えば黙る拓篤に、堂本は縋っていた手を剥がして直接手を繋いでやった。

「あの店には良く行くのか?」
「何?取り調べ?」

憎まれ口を叩きながらも、口調は弱い。

「……たまに遊びには行くよ。一人でいると、寂しい時あんだろ?でも、誘われても寝たりなんかはしてないよ。今日は、特別」
「そうか。別に俺も、そこまで硬いことを言うつもりはない。男だしな?でもな、危ない奴もいるから……そこだけは、頼むから気をつけろ」
「頼むの?」

そこが嬉しかったのか、綻んだ表情を見せた。

こういう顔を、俺は知っている。
大抵は思春期のガキが悪さをして、親が迎えに来た時に一瞬だけ見せる顔。
構って欲しいという、サイン。

「あぁ、頼む。遊ぶなとまでは、俺も言う権利はないからな」
「堂本さんが時々でも会ってくれるなら、遊ばない」
「……会っても、楽しいもんじゃないぞ?」
「そんなのどっちでもいい」

握ったままの手をギュッと握り返してきた。

「何でだろ?」
拓篤がボソリと呟く。

「何が?」
「そんなに知らない人なのに。堂本さんと居ると、安心する……」
「そりゃ~警官だから……とか?」

少し茶化してしまって不味かったかと思ったが、拓篤は頷いている。

えぇっ、そんな理由?

「泊まってって」

拓篤が手を離し、体重をかけてきた。

「それはまずいな~」
「なんで?」
「お前、学生だし」
「今年二十二歳になる、もう充分な大人だよ?」

前は、もうすぐ二十一になるとか言ってたぞ?
あれから、半年も経ってないのに。
一歳でも多くみせたい気持ちが見えて、可愛くも感じる。

「それでもなぁ」
「俺、もう大人だってば。部屋も自分で借りて、大学も自分で行ってる。親の脛かじりでもない」

ソファーが軋む音と共に、体重をかけて堂本の胸に顔を埋めてきた。

あぁぁぁ……ヤバイ、これはヤバイ。

発情してるのは、さっきのクラブの時からで……治まったかと思ったが、そうではないらしい。

こういう時、雄は落とすために必死になる。
それこそ、熱が冷めるまではとことん来る。

それが分かっているからこそ、ヤバイ。

「拓篤……」
「俺、魅力ない?」

埋めていた顔を上げて……熱のこもった目で見つめられて、もうクラクラしてきた。

「あるよ……充分に。あと五年もしたら、俺のタイプのドンピシャだ」
「じゃ、成長するから」

よじ登るようにして、顔を近づけてくる。

「成長……か」
「何も、重いことなんか望んでないんだ。俺だって、今のこの気持ちが何なのか分からない。まだ、あんたのこと良く知らないし」

拓篤の正直な言葉に、堂本は微笑む。
下手な口説き文句より、ずっといい。
計算して媚びるようなら、気持ちは下降しただろうけど。

拓篤がシャツのボタンを外し、前を開けた。

「……お前っ」

そこには薄らと痣が見えた。
店で踊っている時は、照明のせいで見えなかったのだ。

「まだ喧嘩してんのか?」
「これは……違う。喧嘩は喧嘩だけど」

苦い顔をする拓篤に、何となくでも堂本は察した。

「後味の悪い喧嘩か?」

コクンと頷く拓篤。

「喧嘩したの、久しぶりだったんだ。何かこう……冷えてたのに、ボッと火が点いた」

あぁ……だからあの店に行った。
男を挑発して、興奮しているように見えたのは喧嘩した後だからか。

俺達にもある。
喧嘩ではないが、試合の後や、事件を解決した後など。
興奮した状態がすぐに消えない時。
早川と一時でも復活した切っ掛けも、そうだったから。

「それで、発情したか」
「分かってんじゃん」
「鎮まらない?」
「全然……あんた見てると、無性に体が疼く」

拓篤の目の色が、強い欲情を示していた。

「あんただって男だったら、わかんだろ!鎮めてくれよ……っ」
そう言って、泣きそうな顔をした。

「セフレは勘弁」
「……俺も、あんたとはそういうのは望んでない」

そのまま両腕を首に回してしがみついてきた。

あぁ……どうしたもんか。
気持ちが分かるだけに、無碍にも出来ない。

やたらと懐いてくる拓篤を、可愛いと思ってる。
生意気でエラそうな処も、何故か可愛い。

この感情は、覚えがある。
……それだけに、躊躇もする。

「なぁ……堂本さん。お願い……鎮めて」

しがみつく腕は、必死だ……。


堂本は両手を上げ、その手が宙を舞う。

しばらくしてから意を決するようにその細い体を抱き上げて、近くにあるベットへと運んだ。

いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-33】へ
  • 【恋のカタマリ-35☆R15】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiriさま

拓篤、堂本さんと少しでも一緒にいたくて、必死で健気な感じが満載で!!
ずっと憧れていた人だもの~、仕方ありません。ここを逃したら、こんな美味しいチャンスは次ないかも?ですもんね。自分の今の気持ちを晒して、ゲットしていくしかないね--、拓篤必死です!!!

拓篤のストーカー気味の行為も、堂本さんの心臓一発命中!! そんな健気な事をされた事はなかったのね、堂本さん。そりゃ、免疫ないと撃ち抜かれちゃうますね( *´艸`)

>「あるよ……充分に。あと五年もしたら、俺のタイプのドンピシャだ」

堂本さん、拓篤にカムアウトしたっぽいですよね。でも、拓篤はとっくに堂本さんは男もいけるって知ってて粉かけてる感じですけど(笑)
タイプど真ん中と言われたら、余計に引くに引けないしっ。

>この感情は、覚えがある。……それだけに、躊躇もする。

堂本さんの感情も、少しずつ動いてきた感があります~。ホールドアップして、意を決したのなら、拓篤の願い通りに鎮めてやっていただけますか?堂本さんっ!!

kiriさま、明日Rがつくんですよね!? 逆になる事は・・・ないですね?
よろしくお願いします💕

神(kiri)頼みなう

なんとなく、どうもっちゃん、据え膳食わなそう。
せっかくの据え膳なのに、
おまわりさんだから安心できると言う拓篤がお膳だから、
手、出せないんじゃ?
必死な拓篤だから、余計に?

いかんぞ、堂本君!喰らえ!喰らってしまえ~~!
据え膳食わぬは男の恥ぢゃ!
子守唄なんぞ歌わないでくれ、頼むから~ ( TーT)m オネガイ


最後にkiriさんに質問。

お 姫 様 抱 っ こ で す か !? (ΦωΦ) クワッ!

┏○))ペコ

(*ノωノ)キャ...(*ノω゚)ノ チラッ

この展開を望んでいたのに いざ そうなると (∀・;)オロオロ(;・∀)してしまうのは 何故でしょうか?(∀`*ゞ)エヘヘ

まぁ 読者(←私だけかも?(苦笑))が望んでいる様な 深いモノにはならないとは 思うんですけどねー

しかし~!
欲に燃え上っている体と心が 何所まで制御出来るのか 分からないもの!
堂本さん、頑張ってちょうだいね♪
p(*・ω・*)qガンバ...byebye☆



Re: 節操がない

鍵コメ様

お顔見せないと思ったら。
そうだったんですか…。
いや、それは凹みます。

そして、解禁がコレ→ rocketnews24.com/2014/11/17/510299/
          (興味お持ちの方は頭に http:// つけて下さい)
           筋肉マンな♂達のカレンダーですよ…♪ウホカレで検索しても。
  
そうそう、それが人間!!こういう時は節操なんて、何のそのです。

そして、いつか。一番好きだったモノを手土産に持って行ってやって下さい。
お茶でも飲みながら…「ほれ、言わんかい」ですね。

ちゃんとご飯食べて、寝て……たまには萌えも補給しながら、生きましょう!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

みゃお様

拓篤もう「我慢ならん」とばかりの、押せ押せ。
アンブラッセには居たんですが、大したことしてないので(R中心は高宮のみ)
高宮も最初だけで、後は拓篤をただ愛でるようなRしかしてない。
攻め込み方が分からないんですよね~。

同じシーン、内野×光希の時にもありましたけど。
光希はやはりゲイであり、男を対象とした攻め込み方を熟知しておりましたので。

拓篤くんはもう、ある意味泣き落とし…的に「どうにかして」と迫りました。
でも、これが正直な気持ちなんですよ。本当にどうにかして欲しいの(笑

初めてじゃないかな?こういう風に迫ったのは。
拓篤、誘い受け…初体験でした。

>堂本さんの感情も、少しずつ動いてきた感があります~ ←ググっと来てますよw

さて、明日はRがつくかどうか…。11時のタイトルをご覧ください…(爆

有難う御座いました☆

マグカップ洗っておきます!(^o^ゞ

ズッキューンバッキューンドッキューンฅ(๑*д*๑)ฅ!!
拓篤君いつの間に拳銃を所持?!
それも弾の先には♡の矢がっ♪
話題を変えちゃうとからしくないのに
相当ダメージ食らったな(  ̄▽ ̄)ww
簡単に取れそうにもない場所に食い込んでるからこのまんま放置しかないな!
どうやら心拍数も上がってきて血圧も上昇してきたようで、
なにサラッと『タイプ』とかカムアウトしちゃってるの?チカラたん♪ww

Hands up!
これじゃぁ龍介くの竹刀がメーン!!!と命中だぁww

ヴゥ……
このマンションの壁も天井も頑丈に出来てる!
仕方ない…ますみ様と一緒に大人しく待つか(._.)(._.)

はるかぜ様
龍介君に甘えたいのはヤマヤマなんですけどね
シラっと目線を投げ掛けられたらそれだけで悩♡殺されて仕事にならなくなるから♪♡♡♡
生きてくためにはお金がいるのでガマンガマンww

Re: 神(kiri)頼みなう

トーヤ様

あはは。私のことですからね~。
そう、すんなりと行くか?…と思っちゃいますね(笑

確かに。堂本が「警官」だって言うのが拓篤には大前提なんですよ。
裏に行く時に、表の象徴だった訳ですから。
けど、警官だからって言うだけでもない…のは、ココからでしょうね。

>子守唄なんぞ歌わないでくれ、頼むから~ ←これは拓篤が切れる(爆

そうです。姫抱っこかな?それか、腰から抱っこか?
あの達也を、軽い…とひょいと持ち上げた男ですから。
いつも男相手なので、拓篤なんかひょいと…ひと抱き~❤

有難う御座いました☆

Re: (*ノωノ)キャ...(*ノω゚)ノ チラッ

けいったん様

思ったよりも、堂本…宙に浮いた手を抱き…に変えました。
もっと躊躇すると思いました?笑

まぁ、同じ男で…拓篤のこの燻りが理解出来る訳で。
エロさもですが、先に心配が来てしまった堂本ったん。

さて、どうするのか?←毎回言ってますねw

拓篤の熱を鎮めてやらなきゃ…。(。v_v。)

有難う御座いました☆

Re: マグカップ洗っておきます!(^o^ゞ

うさメリ様

自分の想いを、素直に口にする拓篤くん。
それだけ必死なんですよね。
「俺のことちょっとでも、分かって」って。

初めてかもしれない、告白&お誘い♪
最初は警察官ってとこからスタートしたんだけど、もう時間経ってきて熟成されてきた?笑
まだ、恋だとかというちゃんとした意識までは行ってませんが…。
とにかく、堂本に触れて欲しいと思う気持ちをバキュバキュと打つww

互いにちょっとした告白のような感じですね。
こういう恋の始まる前の微妙~な空気感。
どれだけ関係が深くなろうが、この「時」は今だけー。

堂本、もうエロだけでなく…色んな感情が湧き始めておりますw

有難う御座いました☆

絶賛発情中!?

kiriさま、こんにちは!

絶賛発情中の拓篤くんにメロメロ・クラクラ♡のどうもっちゃん♪
好みの男子であり、しかも好意を寄せてくれていることに驚きと嬉しい気持ちをいだきつつも、指導者的立場としての庇護的感情も…、いろいろな気持ちが入り混じって、さすがのどうもっちゃんもタジタジですね!
「そこだけは頼むから気をつけろ」にはとっても共感!
特に警察官であるどうもっちゃんは、青少年が被害者である悲惨な事件を多く見てきたでしょうし、なおさら心配ですよね。(どうしてもおばちゃん目線で心配してしまう私(^_^;))
直球勝負の拓篤くんに対して、どうもっちゃんの心にはいろいろな感情が渦巻いていますが、その感情の均衡がくずれたときが鍵(R♡)?

さて、意を決したどうもっちゃん!!!今夜はどのような決断か???
明日11時が待ち遠しいです(*^_^*)


《ますみさまへ》

翠さまのお名前の件、教えていただきありがとうございます!
瞳の色が由来なのですね!!!なんて素敵なんでしょう…(感嘆の溜息♪)

萌え死にしそう~(//∇//)

「堂本さんが出てこないかなー。会えないかなーって。何回もね。」
堂本~わたしも心臓撃ち抜かれてしまったー(>_<)
なんっって可愛いのたくま!
必死に訴える顔も言葉もしぐさも!!
堂本、いつものおふざけオヤジキャラはどこへやら。。グラグラ~~ww

俺のタイプドンピシャだって何気にカムアウトしてるし(爆)
そんな言われたらますますたくま引けないよねっ


手を繋いであげるとこでは思わずほろり(ノ_・,)あったかくて大きな手に、たくま安心しただろうなぁ~


んで、抱き上げてベッドへ~うきゃーー(//∇//)
明日はお祭り騒ぎか!?
ワッショイワッショイ♪


Kiri さま今日もありがとうございます~もぅ明日を思うとニヤニヤが止まりません(///ω///)♪
ドキドキしつつ11時を待ってまーす♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 絶賛発情中!?

key様

発情が、どうやら治まる処か…。堂本を目の前に、更に上昇~。
もう、止まりません。男の子だもの( *´艸`)
堂本も、そこらへんのサガはよくご存知でww

危なっかしい拓篤を、放置も出来ないし。
何かもう、ずっと好意持ってる!と攻撃もされクラクラ~。

既に均整は崩れかけてるような(笑
元々、倫理にはそう厳しい人ではないんですよね。
ラインは、未成年と不倫とか。そういう部分だけは、ガシッ!!としてますけど。

一夜限りなどだったら、例え既婚者でも結構気軽にR出来る人。(但し、情がある相手はダメ
でも、拓篤にはちょっと躊躇してますね…ふふふ

有難う御座いました☆

Re: 萌え死にしそう~(//∇//)

さく様

本当のことだもんね。プチ・ストーカー(笑
読者様は、よーく知ってる。
騙してる訳でも、計算で言ってる訳でもない。
時々、無性に会いたくなる人が、自分の部屋にいるんだよ?
そりゃ「夢みたい」だって思うよね。
そんなつもりで、クラブに行ったんじゃなかったもん。

必死で訴えてますね。だって、今しかない…と思うから。
口調も軽いし、態度も緩いんだけど、ある部分で一線をビシッ!って引かれちゃう部分知ってるもん。大人ってそういうモノだって、知ったと思う(高宮然り

そう。手を繋いでもらっちゃったしね~。抱っこもしてもらって。
ますます…堂本に寄せる想いが濃くなりそうな予感❤

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

前半は昨日のコメでしたか(寝落ち前のww
ヌーボー解禁!!で、酔っ払eさんでしたが、コメはちゃんとしてましたよ~。

>拓篤、可愛すぎるっ。帰れないってっっっ。
>私も使おうかな。。。。勇次みたいな人引っかかってくれるかな。。。
大丈夫!まだ通用するよ?←何のススメだ
私など、きっと道端に放り出されてしまいます。eさん、今の内~!

そして。今日の拓篤も…昨日に引き続き…甘え全開で来てます。
まぁ、酔ってるのもあるんですけど(気が大きく成りやすい

しかし、堂本ビックリ(゚Д゚)署の前で会ったのは偶然ではない&何度も来てた

そして…「泊れ」とな。紅茶だけじゃないのかよ、拓篤。
もう我儘まで言い出してます。どんだけー。

それを甘やかして、悦びそうなオッサンがここに。
甘えられると弱いんだもんねぇ…チカラちゃん♪

有難う御座いました☆

私信と呟きの場にして申し訳ないです!!!! m(_;)m

>はるかぜ様
腐教活動はすんなりいきませんね。
私も2ポチくらいしか貢献できなかったモヨウ…。
ああ、どうしたら…。コレが宗教弾圧? ←違うし

腐教その壱、しつこくURLを貼ってみるw
https://www.youtube.com/watch?v=4yxgbY8vuDg#t=74


>#30747の鍵コメ様
ウホウホなウホカレのURLにあった、ウォーリック大学ボート部のtwitterアカウントをクリックしましたら……写真いっぱいじゃないですか♪♪
ホントに綺麗な体……。惚れ惚れします。
情報ありがとうございました!


今朝のワイドショーでもウホカレ紹介していましたが、
記事中にあった『「同性愛嫌悪」や「いじめ」と戦っている』というコメントは言ってませんでした。確か。
支援とか寄付とか、差しさわりのない範囲で伝えるんですね。
日本のTV番組じゃ“同性愛”というのはいまだタブーなんでしょうか…。
もっと開けていくといいと思いますワ。
結婚の問題は置いといて、今は広~~~~く認知されれば嬉しい。

はぅ…最後の語りはスルーで。なにやら恥い…
失礼いたしましたっ!ε=ε=ε=ε=(〃´□`)ノ ノ彡 ズサァァァァァ

Re: 私信と呟きの場にして申し訳ないです!!!! m(_;)m

トーヤ様

QAF布教活動、有難う御座います。(作者でも無いのに礼を言うw

あ。ウカホレ、ワイドショーでもやってたんですかー。
やはり同性・愛とかは出てないんだ…。
そういう言葉自体、特集とかそういうのでも無い限りどこか触れてはいけないワードなんでしょうかね。ココじゃそれが主体なカテですが、やはり一般的には中々壁が高い。
少しずつ取り上げられる媒体が出てきてますけど、反応を見ると現実を知りますわ…(>_<)

NoTitle

拓篤くんの必死さに何かを感じ取ったような近平サン。

お互い、なぜ? がいっぱい胸のうちにあっても、今はマグマのような燻りを鎮めるのが先ー!
このまま近平サン帰っちゃったら、拓篤くん本気であの店行くし。きっと孤独感ますます強くなる。。


あまり人に懐かないはずの綺麗な野生動物が、自分の側にだけ!は寄って来る。  的なシチュ。
堂本さん、ここはひとつ神主さんになって、’鎮めの儀式’をその第三の棒でっ。是非ぜひお願いしますだ~~(平伏。笑)。

ベッド、補強しときますから!


拓篤くん、明日はつやピカだ。 堂本さんは、携番、教えないとネ!

Re: NoTitle

ますみ様

内野の時って、未成年・ノンケ・未経験・保護者的な立場スタート…という、今思っても「そりゃ手を出せないよねぇ…」って感じでしたけど。
今回は、その括りはどれも当てはまりません。
未成年でもないし、バイ&経験無しでもなく(既に男を漁ってた現場を見た)
保護者的な立場だったのは、クラブの偽兄の役割ってだけ(笑

そうそう。このまま放置した方が、残酷だわね…。

>’鎮めの儀式’をその第三の棒でっ←第三の…棒!!もう、PCの前で吹いたw爆笑!!

明日の堂本に皆さんの目が…光ってる(怖っ

有難う御座いました☆

kiriさんのイケズ~~~(T0T)

このタイミングで三連休やん。
先週もウチのトコは三連休だったけど。今月は三連休が3回 orz

堂本なんか堂本なんか拓篤に振り回されてしまえ~( ̄▽ ̄)ノ
ナルちゃんもそうだったし。そういうタイプが好きなのよね♪

運転手なので移動時間には読めないし。なのに移動時間が多い(^o^;)

あっ行列動く(´・ω・`)/~~

Re: kiriさんのイケズ~~~(T0T)

会長様

なぜか、このタイミングでいつも肝心なシーンへと(笑

そうだ、そうだ!
堂本よ、振り回されろ~~~!!

もう、読めたかな?まだかな…( *´艸`)

行ってらっしゃい~!!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-33】へ
  • 【恋のカタマリ-35☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ