女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-23☆R15

 ←恋のカタマリ-22 →恋のカタマリ-24☆R18
「遅いな」

指定された外資系のホテルへ向かい、部屋をノックすると開くなりそう言われた。
後ろを伺い、誰も居ないことを確認してから中に入る。

「警視さんと一緒にされても」

ふふん……と笑って、グラスに氷を入れてミニボトルの酒を注いで渡された。
グラスを受け取り、早川の前に座る。

「どういうつもりですか?」
「見合いした」

早川がネクタイを外しながら、いきなり言った。
そういえば、結婚話が出てると随分前に聞いたままだった。

あれから、少しずつ話は進み……観念したんだな。

「お前は断ったそうだな」
「所轄の巡査部長の俺の縁談まで、良くご存知で」
「お前の署は、規模が大きい。本庁に来る頻度も高いからな」
「まぁ、人口も多いですから事件もそれなりに」

ふっ……と笑って、グラスを揺する仕草。
いつもポーカーフェイスで、何を考えているのかが掴めない。

「そう見つめるな。照れる」
眼鏡を外し、テーブルに置く。

「相手は?」
「知らないのか?」

もう、知ってると思ってたとでも言うような顔。

「岩居警視監の三女さんだ」

……それは断れないだろう。

「まぁ、結婚も契約だからな」
「キャリアも楽じゃないですね」
「お前は、そのままでいいなぁ」

心底羨ましそうに呟く早川に、何も言えない。
同じ警察官でも、歩む道が違うのだ。

警察を管理する側と、現場で走り回る側。
国家公務員と、地方公務員の違いは大きい。


堂本が黙っていると、早川が俯いた。

「可愛い人なんだ。好意は持ってる」
小さく呟く声は、嘘じゃないのだろう。

「良かった」
「……良くはないな」

袖のボタンを外しながら、苦笑い。

「けど……」
「今は、妹のようにしか思えない。そういう好意だ」

首元のボタンを外し、前を開けて行く。

さすがの早川でも、結婚を目の前にすると色々と思うことがあるのだろう。
人間臭い面を見て、堂本の中に生まれる何か……。

「これから一生、女を抱き続けなきゃいけないのが……今更のように、圧し掛かってくる」

いつもより饒舌な早川が立ち上がり、ベルトを外しながら近づいてきた。

「まるで種馬になったような気になる」
女が聞いたら、激昂するような言葉を吐く。

「結婚なんかやめちまえよ」

目の前に立つ早川を見上げ、昔の口調で言った。

「意地が悪いな……近平」
昔の言い方で名を呼び、寂しそうに笑う早川の手を取った。

「お兄さんの果たせなかったことを、弟のあんたが背負う必要があるのか?」
「俺には、あるんだよ」

潤んだ目で自分を見る早川を強引に膝の上に乗せた。

「女を抱くのが気が進まないなんて……それだけの理由で、崩せるものか」

話しながら自分を見おろす早川の肩からシャツを滑らせて剥いで行く。

「言っておきますが。結婚したら、もう相手はしませんよ」

堂本が早川の肌を手の平で撫でる。

「冷たいこと言うなよ……」
「不倫は、勘弁」
「硬いな」
「これでも、警察官ですから」
「じゃ、若い男でも買うか」

早川が堂本のネクタイに手をかける。

俺達はいつもこうして、行為が始まる前に会話を交わしながら肌に触れ合っていた。

「気をつけないと、スキャンダルになりますよ」
「あぁ……そこは大丈夫」

ニッと笑う早川の唇に指を這わせると、舌を出して舐めてくる。

「近平……久しぶりなんだ。先に抜いてくれ」
「スーツが汚れる」
「いいから」
「あんたは……発情すると、それだ」

いつもそうだった。
言う事を聞けば、後で必ず「汚した」と怒るのだ。

我儘で気まぐれな処は、学生の頃と変わらない。

堂本が早川を膝から降ろし、自分のネクタイに手をかけて解く。

「鳴海さん。シャワーに行きましょう」
「……大人になったな、堂本」

忌々しいとばかりに今度はわざと苗字で言い、さっさとバスルームに向かう早川の後ろ姿を見ながら、堂本も後を付いて行った。

*

堂本がボディーシャンプーで泡を立て、早川の体を撫でるように洗えばキスをしかけてきた。

舌を絡ませながら首筋から鎖骨へと手を滑らせ、胸の尖りを摘み指の腹で撫でれば、早川の体が反応する。

唇を離し、少し下にある早川の目を見れば、欲情の色が濃くなっていた。

視力が悪い分、眼鏡を外せば更にジッと見てくるのだ。

俺は、この目に弱い。
試合が終われば、この人はこういう目で俺を見ていた。

闘った後、欲情するのがいつものパターンだった。


「あんたは、変わってないな」
「いや……年取った」
「何をおっしゃる。……男は?」
「……久しぶりだ」
「じゃ、手加減……」
「っしなくていい」

焦れったいとばかりに、堂本の手を自分の雄に導いてきた。

「男の匂いだけで出そうだ」

耳朶を噛まれ、堂本が硬い早川の雄を手で包み込んだ。

「あぁ……っ」
「女の手とは違うでしょう」
「違う……違っ……あ、あ……」
「もう出そう?」
「ん……っ…………あっ……」

弱い先端を指でグリグリと刺激しながら数度擦りあげると、早川は呆気なく達した。

「ほら、今からでしょう」

荒い息を吐く早川の腰を抱き、引き寄せる。

「近平……」
今度は名前を呼んだ。

「鳴海さん、たまには俺を思い出してくれた?」

あっさりと断ち切られたことを、未練がましく聞いてみる。
格好悪いというより、ここまでくれば本当に聞いてみたくて。

「お前のSEXは好きだったからな。飢えた時は、思い出して自分でした」
「あんた……何処までも割り切ってんな」
「二度と、男と恋愛する気はない」

女を愛せもしないくせに……。

心でそう思ったが、口には出さなかった。

「俺は結構、夢中だったんだけど?」
「知ってたよ。だから、切った」

あぁ、そうですか。

この野郎……という思いと、そういう生き方しか出来ない早川を、どこかで愛しくも思う。

好きに生きることの出来ない人間は、たくさん居る。
どうしても、何をしても、そこから逃れることの出来ない人間が。

それに関しては、堂本はもう何を思うことも無かった。
誰もが好きに生きられる世の中なんて、甘っちょろい考えなど持っていない。
事件が起きる度に、理不尽なことを目にしては流して行く。

俺達の仕事に、理屈や理由を追及しても答えなど出ない。

人の感情程、その一瞬で大きく動くモノはないのだ。

「で?結婚までの逢瀬に、俺を選んだのは?」

身近なゲイなら他にもいる。
同じ警官でない方が、面倒じゃないはずだ。

「……お前、この間本庁で道場に居ただろう?竹刀振ってるお前を見たらダメだ。体が疼く」

そういうところが、可愛いんだよ。

堂本は早川を壁に押し付けて、そのまま唇を奪った。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-22】へ
  • 【恋のカタマリ-24☆R18】へ

~ Comment ~

ガッカリじゃなくてドッキリ♡の方だったぁ( 〃▽〃)

〉「あぁ……そこは大丈夫」
でニッと笑うって…
もしやナルちゃんもアンブラッセの会員とかっ?!って思っちゃった

早川管理官にとっては
見合い×警視監の娘=結婚
と、答えを出す前に答が出ているキャリア組。
ヤッパリ結婚しないとキャリアには不利なことが多いんですかねぇ…?

ナルちゃん的には目をつむって三女さん抱いて
目を開けてチカラちゃんに抱いてもらえれば
例え結婚しても何とか精神を保てると思ってたかナ~?
思惑外れてチカラちゃんにプリンはしない宣言されちゃって…。
警察官たるもの人の道は外さない!
ナルちゃん一本とられちゃったね(^o^;)

ここにも決別する二人が居ましたね…。
結婚までにまた会う機会があるかどうか。
これで気まぐれ我儘ナルちゃんも封印かな…?

ナルちゃんも。。

自分の人生を好きに生きれない運命を背負った男がここにもいたのね。

社会的地位のある人で、ゲイであることを隠して生きてくだけでも大変そうなのに、一生、女性と連れ添って生きていかなくてはならないなんて苦行どころの話しじゃないだろうなぁぁ(>_<)
種馬て。(哀)

堂本。。ナルちゃんともう一回…なんて思ってた矢先のお誘いww 燃えに燃えそうですねー(//∇//)

「冷たいこと言うなぁ」なんて言ってるナルちゃん。堂本は不倫はなし!って言ってるし、後ろにたくまがスタンバってるので、ここらで終わりにしといてね?
ナルちゃんにはぜひアンブラッセをオススメしたいわ~(*^^*)

Kiri さま今日もありがとうございます~Rがあちこちあって目が醒める思いですー( ☆∀☆)11時が楽しくてたまらなーい♪

ヲトナの世界は虚しくて…

拓篤に続いて、こちらでもピリオドを打つ人たちが。

> 「二度と、男と恋愛する気はない」
と言いながら堂本を切ったのは、
惹かれたからなのか、
絆されそうになったからなのか、
ただ単に気に入っていたからなのか。
それとも、堂本をKeepしておこうと思ったのかしら?
なるちゃんの本心が分からーん!ヲトナだー! ウキャー!ヽ(o`Д´o)ノ ワキャー! ←これはガキ

でも、なるちゃんはこれから本来の自分でない自分になるのね。
がんばれー。└|∵ |

どうもっちゃんも未練があるようで、割り切ってるのかなあ?
なるちゃんがこういう人って分かってるから、自分も合わせてるのかしらね~?
二人がヲトナで、カッコイイけど、なんだか虚しぃわぁ…。 (´・ω・`)

虚しくて切なくて、早く拓篤とどうもっちゃんがくっついてラブラブしてくれないかなーなんて期待度UPしちゃいましたよん。
そちらはゆっくり、じわじわ、楽しみたいです。

昼前後にお話し読んで、午後は目いっぱい妄想タイム♪
明日も妄想が暴走しないよう気をつけます。┏○))ペコ

Re: ガッカリじゃなくてドッキリ♡の方だったぁ( 〃▽〃)

うさメリ様

>もしやナルちゃんもアンブラッセの会員とかっ?!って思っちゃった
その可能性は大ですねぇ…。
拓篤と時期が被ってないですが。あ、ナルちゃんは受けだった…。

政治家しかり、官僚しかり…。
日本のトップクラスを担う人は大抵は、こういう結婚が多いと聞きます。
たまに居ますね。恋愛結婚だってことで、マスコミで美化される方々が。
もちろん、そういう方々も居るのはいるけど普通よりはちょいはみ出てるんでしょう。

>例え結婚しても何とか精神を保てると思ってたかナ~?
ナルちゃん、堂本の気質知ってるからね…。多分、それは分かってたんじゃないかな~。
普段、緩いんだけど。警官としての誇りは持ってる人だもん。

だから、結婚までの逢瀬。
そう割り切れる相手として、堂本を選んだ気もします…。
もちろん、好意は持ってるでしょう。それもかなりの好意❤

有難う御座いました☆

Re: ナルちゃんも。。

さく様

たくさん居ますよ…。本当に、たくさん。
好きに生きられないからって、不幸とも限らないしね。
それぞれに、どこに視点を置くかで違ってくるとも思います。

早川の辛いのは、今のとこ「女性と致す」ことだけなので(苦笑
まぁ、生粋のゲイではありませんから。
「男は久しぶり」と言ってましたので、女性とも一応はOKな人。
ただ嗜好が男性の方が好きっていうことなんでしょうね。

結婚まで…という期間限定のお付き合い。
程良く緩く(節操無しw)だけど、警官としてのライン(不倫は×)は、はみ出さない堂本。
堂本をよーーく知ってる男です…鳴海さん。

まぁ、こういう男たちのために…福園が居るのかもですね(苦笑

有難う御座いました☆

Re: ヲトナの世界は虚しくて…

トーヤ様

早川にとって「恋愛」という位置は凄く低いのです。
優先順位っていうのは、人それぞれに違いますからね。
そういう意味では、堂本だって最優先ではない…。
恋愛と仕事。もしも、どっち取る?って言われたら「仕事」と答えるタイプですね。
だからエロも割り切れる度合いが高い!←

そういう男だって知ってて、ナルちゃんは誘ってます。本気になられたら困る。
常に上に立つように教育されている人は、こういう考え方をする習性。
でも、学生時代に付き合ってた時、わりと本気になりかけたような気もしますよね…。
だから切ったのかな~とも思ったり…(妄想

堂本ですか?そりゃ未練はタラタラですけど。
ナルちゃんのこと、知ってるから&同じ組織に居るからこそ割り切れます。
そりゃ、虚しいけどね。
しかし、堂本。そーーんなに、ナーバスな男では有りません(爆

拓篤くんも色々と。今は、普通に戻ろうとしてるかな~。
どこで出会うのか?待ってて下さい~!

有難う御座いました☆

なるちゃんの志・・・

kiriさま、こんにちは!

早川さんも、「好きに生きられない人間」だったのですね。
この志に至った理由(お兄様のことなど)も、とっても気になりますが、
学生時代からいままで、堂本さんからの熱意をクールに避わしていたのは、
ゆくゆくは結婚せざるを得なくことを予見してのことだったのでしょうか?
抗えない”この先”へ踏み出す前に、堂本に会って癒してもらいたかったのかな?そして、堂本さん、ひいては男性全般への別れをちゃんと表したかったのか…?

ふっと、某国家機関に勤めていた当時のキャリア組上司(もちろん日本最高峰大学法学部卒)が30代後半でお見合い結婚をしたときのことを思い出しました。職場では男女とも独身者は少なくないのですが、やはり、上に立つものとしては妻帯者であるべきであるという思想は、公務員という保守的なところでは根強く残っているし、特にトップに立つ人は公の場(皇室行事や外交等々…)へ招かれたときには奥様が同行するのが当たり前の世界ですので…。上にいくためには愛情云々だけでは動けない世界なのかも?

今回のお話、どのRシーンにも切なさが潜んでいて、それが、さらに魅力倍増ですね!
この二人も、武闘派・肉体派の外見とは違って、繊細な会話や行為の中に関係性の深さを感じて…♡
野獣さんカプの”食うか食われるか”の戦い(?)とは違った大人な二人ですね(*^_^*)

と、またまたR回に登場の私ですが(^_^;)、明日も楽しみです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: なるちゃんの志・・・

key様

世の中、好きに生きられる人が全てじゃないですもんね。男でも、女でも。

早川の場合、それなりのお家だと…。
警官の場合、上に立つひとは大抵家柄とかも調べられますし。
勿論、普通の警官でも調べられる&結婚相手とその親戚も調べる。
身内に前科などあろうものなら、警官になれないし、相手も同じで結婚もできませんしねー。
なので兄の件が無くても、好き勝手出来るとは限らない。
周りがそういう人達ばかりですから…。それに対して大きな疑問もないかな~。
ただ、やっぱり堂本みたいに自由に見えたら、ちょっとは羨ましいとは思いますw

うん、どこに行くにも夫婦同伴…これが、結構鉄則な催しが多いそうです。

ということで、そんなにセンチメンタルな考えは無いと思います。
マリッジブルーってやつでしょう。男にだって、あるそうですから…。
まぁ、それに付き合えるだけの度量がある男として、堂本が居る。

現実は現実として、ちゃんと受け止める。少々の弱音。吐ける相手だと思うから、吐いた。
早川の中の堂本は、それなりの位置に居るんでしょう。
堂本も分かってるだろうし!

そう…野獣カプの場合は職業も全然違うし、幼馴染で恋愛の部分での葛藤(主に達也w)でしたw

有難う御座いました☆

Re:  「宿命~Fate~」の男たち

鍵コメh様

あの薄い笑みは…やはり、そっちでした(笑
堂本も、まさか寄りを戻す…なんて、そんな甘い考えでは行ってないと思う。
そこまでバカではないだろうしw

鼻血な大人の男のストレートなセリフ…でしたか?
もう、ムードも何も無く…本能、そのまんま!!

>「宿命~Fate~」の文字を背負って生き進む男たち…亨さん、高宮氏、早川管理官…
こういう人達は、自分の居場所をちゃんと持ってるんですよ。
そこが心地悪い場所なら、耐えられないと思う。
そこに、甘さを求めてしまうと切ないですけど。

時に悪足掻きしてみたり、寄り道したり、色んなことして…最後に、自分の居場所に戻る。
そこに恋愛というのが、一部分あるんだとも思います。

いいじゃないですか~。50代くらいになって、振り返った時…煌めく過去の恋を持ってるとか…。
そんなの、持って無い人もいるんだよー。

あ。早川は堂本が、不倫OKとは思ってないかと…。
さすがにヤバいでしょう。警官同士…関係が長い間続けば、物凄くヤバいです。
過去に、付き合ってたからね…。ある程度は、互いの考えを詠めてるとも思えます。
どんな人間か…くらいは。大人の駆け引きの会話も、楽しむ男たち。

私もね「○○○○論」その考えは有り…な方ですね。
年重ねた分、色々見てきてますし…。
まぁ、そういうのに一々目くじらたててキーキーするエネルギーもない(爆)←年のせい
但し、キッチリとしたルールを守れる場合のみ!

はい。また感想は、ゆっくりと…( *´艸`)

有難う御座いました☆

NoTitle

あらあら、早川さん。
こ~んな割り切った、デキる男でも、いざ結婚となると。。。
一種のマリッジブルーですかね?

確かにこういう形の結婚だと、たとえ彼が完全にノンケだったとしても、気が重い部分はあるでしょうね。
それでも、結婚すると決めた以上、彼なりに覚悟を決めて相手と向き合っていかなくてはならないですから、その前にちょっと誰かに甘えてみたくなったのかな?


>闘った後、欲情するのがいつものパターンだった。
うわっ、なんか萌えます♡
この二人の組み合わせもいいなぁ。
ちょっとその当時の話も読んでみたいです。

リコメで・・見ちゃって。

kiri様。
やはり出てきましたね、亨。結ばれない宿命の代表・・代名詞? けれど、あの恋愛を体験したからこその決別と生きる道。

自分の生きる道は変えられないから、悪あがき。
今度は早川管理官が乗り越える番なんですね。。 あ、早川さん、本気の愛人作ったら大変・・・、っと、そーいうこと、しないんでしたっけ。 野暮を言いました(苦笑)。


オトナ同士の、ギブテイク感漂うエチですがーー、その分切なさも。
しかし、楽しむことはアリでしょう。。


・・・堂本サン、アナタが竹刀持ってるのを見ると、アブナイのねっ(笑)。


さて、また鹿島工務店ビル回って帰ろう。
♫月がとってもあおいから(今日は白くてきれいですが) 遠回りして帰ろ~~♫

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

Luna様

> 一種のマリッジブルーですかね?←うん、コレだと思います。
結婚は一生の問題ですからね。それこそ人生のパートナー。
そう、ノンケだって気が重くなるとは思います。

ここでちょっと…。切ないと言って下さる方もいるのに、何ですが。
早川は好意を持ってますので一緒に居る内に、肉欲は無理でも愛しい相手となる可能性も大。
激しくなくても、大切に育んで行く夫婦愛も…色々ですよね。

まぁ、甘えてるんでしょう…堂本に。
だって、まだ自分を少なからず想ってくれてるの伝わってるだろうし(目つきでww

>闘った後、欲情するのがいつものパターンだった。
攻撃的になりますからね~。
きっと…激しかったのでは…(//∇//)

有難う御座いました☆

Re: リコメで・・見ちゃって。

ますみ様

うん、亨は確かに切なかったです。
明良から、あんなに一途に想われてるのを振り切ったからね。
想いを残したままで、戦場に向かった訳だし…。

けど、ナルちゃんはまた違う…苦笑
この人、割り切ってますので。だから、大学卒業と共に切ったんでしょう。
本気になる前に切る。男とはもう恋愛しない。そう決めて遂行した。
賢いですね…ぬかるみにハマらないようにする。これもこの人の生きる道。

亨の場合はね…まだ12歳の頃に、明良にロックオンされちゃったから、ダメだった(>_<)

なので、今回の2人は本当に割り切ったお付き合いのつもりです。
言葉で甘い駆け引きを楽しむとは思いますが。
結婚前のちょっとしたナーバスな時期。まず、悩んでたら堂本を呼ばない。
堂本は相変わらずの目で自分を見るし(バレバレw

ある意味、ギブアンドテイクですね。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

ちょっと切ないですが、鳴海さんめちゃ割り切る人です。
まぁ、ちょっと高宮に近いかな…。

表側とはいえ、こういう愛欲の部分は紙一重…ってことですね。
恋をしたり、割り切ったり、未練残したり、切なかったり…色々な気持ち。

うん。堂本が不倫しないの分かってるんですよ(笑
軽いし、いい加減なとこあるけど、同じ警官だし。
学生時代から竹刀も体も♥合わせてきたから分かる。
言葉で遊んで、ちょっと甘い気分も楽しんでるのでしょう。大人~

有難う御座いました☆

NoTitle

kiriさま

ここにも「期間限定の恋」だったんですね。

高宮と早川さん。対極にいる2人だけれど、置かれている状況はとても似ていて、しかも自分の感情をバッサリと切り捨てられる。う~ん、似てるっ。

>「お前は、そのままでいいなぁ」

なるちゃんの本音。本当に、堂本さんが羨ましいと思った一言ですね。

結婚が現実的になってきて、ちょっとだけ持て余している気持ちを、堂本さんとの束の間の触れ合いでちゃんと昇華できちゃう人なんでしょうね、なるちゃんは。
ああ、大人だわっ。

けど、竹刀を持った堂本さんを見て発情しちゃって、この間はあれだけツンツンしてたのに、こんなに甘えちゃうなるちゃんが可愛いっ、と思いました💕
あ、ツンツンしちゃったのは、発情したのを隠すため?

明日は、どんだけ甘えちゃうのかな~と、楽しみにしております!!

kiriさま ありがとうございます。




Re: NoTitle

みゃお様

そうですー。早川も、属性は高宮ww(大学も学部もまた同じという)

切ない気分になれることなど、普段有りませんから。
裏と表という大きな違いはあれど、それぞれに逆らえないトップがいて下がたくさん居る地位。
軟な神経じゃ、到底そこには居られないので…かなり図太いです。
学生時代から、競争意識が激しい中生きて来た方々ですからね~。

皆様…切なさや甘さを何処かから拾って頂いて、有難いのに。
こんな2人でスイマセン(爆

勿論、ロボットじゃ有りませんから、色んな感情は渦巻いてるでしょう。
けど、優先順位的には…恋愛の位置は低い。

でも堂本に甘えてるんですよね…コレ。そこに、堂本キュン♥

有難う御座いました☆

なかなか思う様には…

いかない事も多いですよね〜(^_^;)

好きな人と必ず添い遂げられるとは限らないし…

今回の登場人物それぞれ、思いどうりいってない人が多いよね〜


チョット蜜月に足伸ばして…やっと2人でスタート始めのバカップルみてきて…ヾ(@⌒ー⌒@)ノニンマリ
やはり、大波乗り越えて掴んだ幸せラブラブe-415
いいよね〜(^◇^)
37も、この後波乱が待ち受けてるんだろうけど←kiri様だから…


今回は…大人な感じと野獣な感じと緊張感漂う感じとプハァと笑える感じと色々入り混じってて…ついつい次は?って(*☻-☻*)ワクワクしながら紙本捲って読んでる感じ‼︎

この後…拓篤と堂本ッちゃんが絡んでいくのか、ますます楽しみe-343

まずは、ナルちゃんと堂本ッちゃんのガッツリらぶe-266
楽しみますe-317ウホウホ

Re: なかなか思う様には…

ゆうキリン様

お久しぶりです♪

>好きな人と必ず添い遂げられるとは限らないし
ですね。これは、誰もが言えることかもしれない。

今のとこは、まだお話の序盤が走り出した感じですので。
まぁ、キャラの皆が思い通りには行かないですがw

今回のこの2人は、今から熟して行くような…そういう入口にいる年齢。
30代に入る頃にやっと男っぽくなって来るかなぁ…。
まぁ、仕事が仕事なので。普通の年齢よりちょっと老齢しちゃってる部分もあるけど(>_<)

37徘徊してくれてるんですね(/ω\)
あの2人は甘いですから…とにかく♥波を乗り越え…また、波が来るかどうか(爆

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-22】へ
  • 【恋のカタマリ-24☆R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ