女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-20 →恋のカタマリ-22
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-20】へ
  • 【恋のカタマリ-22】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-21

 ←恋のカタマリ-20 →恋のカタマリ-22
そういう意味で、高宮は楽だった。
暴力団のことは、知らない方が良いから。

高宮も一切、そんな話はしなかった。
最初の頃だけだ……自分がそういう人間だと示したのは。

それでも俺は、気を許したことはない。

最悪から始まった高宮と俺の関係。
だから素のままでいれば良かったし、高宮もそれを望んだ。
どれだけ悪態を突こうが何をしようが、高宮はいつも不敵な笑いを浮かべ俺を苛つかせるだけ。

俺にとっても高宮は、ここでは唯一素を曝け出せる相手でもあった。

憎しみは消えない。
消す必要もない。

高宮も同じだろう……。
俺に、罪悪感など欠片も持っちゃいない。

*

食事をして、交代で風呂に入りソファーで夜景を見ながら酒を少し。

「今日で終わりだな」

高宮が夜景を見ながら、改めて言った。

「うん。明日からは、普通の大学生になる」

拓篤も夜景を見ながら答える。

「普通か……」
「そう。俺は、表に戻る」
「学んだか?」
「学んだよ……。あんたの言った通り、学校では教えてもらえないことをね」
「そうか」

高宮の横顔は、微笑んで見えた。



「……もう、この恋も終わらせる」


高宮が次にそう呟いて、拓篤を見た。


「え……?」

眉をしかめると、高宮が頬に触れる。


優しく、愛おしむように。



あぁ……そういうことか。

何となく……感じていたこと。


「俺に恋をしてた?」
「そうだ」

手を下ろして、空になったグラスにスコッチを少し注ぐ。


「いい年した大人が、ガキに恋をするとどうしようもない。バカになるな……全く」

くくっといつものように笑いながら、グラスの酒を口に含む。

いつもとは違う高宮。

「どうしたって、可愛く見える。生意気な処も、反抗的な処も……全部な」
「俺が可愛く見える?……気持ち悪い」

拓篤の言葉に、高宮が声を上げて笑った。

グラスをテーブルに置き、高宮が拓篤の顔を両手で持つ。

「月に一度。……バカな男になるのも悪くなかったよ」

そして真剣な顔で拓篤の唇を、高宮が親指でなぞる。


「戻れ……拓篤。俺も、戻る」


そう言って額にキスを落とされて、拓篤は驚いた。
そんな風にされたことは、一度も無かったからだ。

まるで恋人にするようなキス。

瞼にもキスをされ、頬にも……。

拓篤はもう、抵抗もせず高宮の好きにさせた。


額をくっ付けて来て、そこで動きが止まった。
何もせず、ただ見つめてくるだけ。


その熱を帯びた目に、キスをしたいのだと……拓篤は気付く。

あんなSEXをする男が……。
人の体を内側から塗り替えて行くような抱き方をする男が。

キスの一つが出来ないなんて。


いいよ……高宮さん。
今日だけ。


拓篤が自分から軽く唇を合わせれば、高宮が目を剥く。

高宮に好意を持ってるわけじゃない。
でも、したいと思ったから。

戻れ……戻る。
そう言った高宮に。
互いにもう、これで終わりになる関係へのキス。

拓篤が唇を離すと、高宮の方からも軽くキスを。

まるで中学生のように、戸惑いながら軽く触れ合わせるだけのキスを何度もする。
拓篤の方から口を開けば、高宮が少し戸惑って……同じように口をあけた。

舌が入り込んできて、拓篤の舌を攫う。

そこからは堰を切ったように、高宮がディープなキスを仕掛けて来た。

嫌……じゃない。
なぜだろうか。

それより……キスなど、いつしただろうかと思う。

少なくとも、アンブラッセでは一度も。

それ以前も……最後にしたのは、いつだろう。
気軽なSEXばかりで、そのついでのようなキスしか経験がない。

相手の想いが圧し掛かってくるようなキスに、拓篤は戸惑いを覚えた。

高宮の手が後頭部に回り、キスも熱を帯びて来る。
相手の興奮が伝わると、同じように興奮を覚え息が上がる。

拓篤も高宮の首に縋るように両手を回せば抱き上げられ、ベッドへと連れて行かれた。

*

ベッドの上でもキスを交わし、高宮の手が素肌を滑る。

唇を離し、高宮が拓篤を見つめた。


――恋とは、なんと愚かなモノなのだろうか。


高宮の自分を見る目に、誰かが言っていた言葉が浮かんだ。

「あんたのこと……大嫌いだ」
「あぁ、知ってる」
「でも、俺を抱いてる時のあんたは悪くない」

正直な気持ちだ。

高宮とのSEXは、何故か嫌じゃなかった。

快感を引きずり出すようなSEXに、憎しみさえ飛んで溺れた時間があったのは事実だ。
ここで他の男とも寝たけど、そんな風にはならなかった。

肌が合う、合わない。
そういうことを聞いたことがある。

理由を考えても分からないから、もう……そう結論付けた。

「お前を囲わなくて正解だ」
「……うん」
「こんなことをしていたら、命がいくあっても足りん」

クスッと笑う高宮の頬を、拓篤が撫でる。

「……あんたがヤクザでなければ、少しは好きになってたかもね」

拓篤が冷めた目で、真剣に告げた。

可能性は、無い。
俺と高宮の間には、何も生まれない。

高宮がヤクザで有る限り。


「……残酷な一撃だな」

高宮がニヤリと笑う。


――それくらい、喰らえ。


拓篤も、同じように笑った。



「拓篤」

今度は真面目な顔で名前を呼ぶ。


「表に戻ったお前と、裏の俺とは、もう何の縁もない。例え道で俺をみかけても、知らない振りをしろ。それが、断ち斬るってことだ」


その真剣な目を拓篤も見返す。

「わかりました」

*

明け方まで抱かれ、高宮の腕の中で眠りについた。
汗ばんだ肌を寄せ合い、高宮の心臓の音を聞きながら。


朝に高宮に起こされて、一緒に風呂に入った。
それでも、何一つ語りもせず。


最後に部屋を出る時、花束を抱え振り返った。

――これで、裏の世界とは決別。


「さよなら」
「さよなら」


あっさりとした言葉を交わし、あっさりと部屋を出る。


エレベーターに乗り込み、その箱の中に入ると、薔薇の香りが突然のように自分の中に満ちてきた。

嗅覚までが変化したのかと過り、そんなバカなと首を振る。

ロビーのボタンを押して。
訳もなく……拓篤は高宮を思い出し、泣けた。

憎くて、大嫌いで、殺してやりたかった男を思い出して。

エレベーターを降りれば、大きな薔薇の花束を持った若い男が歩きながら泣いているのを、皆が驚いた顔で見ている。

恥ずかしくなんか無かった。

高宮だけでなく。
自分がしてきたことが、過去になる日だと思うと。

訳の分からない哀しみや、安堵や、希望や……色んなモノが混ざり合った。

力が……抜けていくように思えて、崩れそうになる足を踏みしめるように歩く。

「さよなら」

ホテルを出て、拓篤は声に出し。

裏から表へと戻る道を歩くために。


一歩足を前に、踏み出した。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-20】へ
  • 【恋のカタマリ-22】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもお話楽しみにしてます。
これからどう展開されていくのか気になる~早く明日になれ~
 
高宮さんファンなので早期の再登場希望です。

出だしは昨日の引っ張りからf(^_^;)


いやkiriさま、先輩がカッコいいのは解ってるつもりだったんですが、ここまでとは♥
あの目の肥えた裕理さんがポーッレベル!
女性にまで爽やかにニッコリできるなんて…反則だ!ぎゃー♥w
とある46話の先輩の印象がまた変化します♥読み返そう…(紙本なら既にボロボロww)

悪の象徴のような存在の氏にも、この1年で拓篤くんに与えたモノも少なからず、でしたね…
『失ったモノを嘆くより、得たモノを糧にしようと思う』
まさしく、です。

最後の氏の告白にムキュッと胸が鳴りました…
更に甘い、官能な最期の一夜…切なく堪能いたしました(ノ∀`)♥
有り難うございます!

別れたあとの拓篤くんのひとしずくの涙…
その欠片でジュエリーを作ったとしたら何色に輝くのかな…by明良 designed✨
欲しい…←物欲やめれw

そしてw
氏に対し先輩…どんな♥をするのか興味津々津々津々津々準備万端♥←おいっww
(でもすぐにそちらにいかないのは、とある~の倍はある、と予告いただいた時点で了承済みw)
先輩が1から教えたかったかもしれませんが、なにせ先輩、食い逃げの常習犯ですから(笑)
氏のようにじっくり一晩かけてレクチャーなんてできません(笑)それこそ最中…自粛w

そしてお久しぶりの、それも放置プレイ中wな悩める男子、遼さん…堪え忍んでおられますか…^^;)kiriさまに同じくここにも既に萌えww
萌えコメの全貌が謎で、こちらは焦らしプレイくらいました(笑)
翠さんのさじ加減にまた萌えw
やるときゃやる(勉学も♥も(//∇//))この二人もカッコいいぞ!^^

Re: NoTitle

鍵コメh様

> ど、ど、ど、どうしましょう!!
> 高宮さんが不憫に思えてきた・・・。

あはは。そう思っちゃう方もいるかと…。
不憫ですね…報われない相手に、恋しちゃうと。
悪人でも恋をする……。ってことですね~。

はい、ほんと何度もすいませんでした。凹
また、遊びに来て下さいね~!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

いったん様

高宮にもファンが?!(゚Д゚)

いや~。こんな悪人でも、こういう時は少々哀愁が出ますね。
でも、計算高い悪い人です。決して善人では御座いません(笑

また何処かでチラリと出ますよ❤なんせ、行動範囲が同じ地区ですので( *´艸`)

有難う御座いました☆

Re: 出だしは昨日の引っ張りからf(^_^;)

はるかぜ様

堂本のイメージは、龍介系の野獣ではなく…甘い感じですね。
龍介は男前なんだけど、見た目野獣が前に出て怖い!!(笑
堂本は同じ野獣でも普段は牙を隠して、ニヤ~とした人かな…(いいのか、それでw

悪の高宮。悪人だって、誰かを好きになることがあるさ~。
その相手には自然と優しくしてしまうのが、人間臭さ…。
でも、絆されてはいけません。悪い男なので。
拓篤と手を切ったのも、自分のためが大きいです。溺れたら…破滅。

明良と拓篤。遠い親戚のような感じをイメージして書いてるんですよね~。
年は、8つ違うんですけど(内野と浩太くらい離れてる)

はい。ここですんなり、堂本へは行きません。
拓篤はまず、表での日々を頑張らないと。裏から抜けて、すぐに元通りなんて無茶ですよねー。
ちゃんとした姿で、会いたいんじゃないかな…。

>先輩が1から教えたかったかもしれませんが←堂本に、そんな概念無いのですよ( *´艸`)

堂本VS拓篤のR…❤一体、いつになるのやら(・。・;

そうなのよ。コメントが承認出来ない現象が。前も一回あったんですよ。何故か分からない。
激しく萌えますね…。ラブもだけど、男として未来に向かう姿は格好イイ!!

有難う御座いました☆

只今海外旅行中なので、帰ってからまとめて読むのも悪くないなぁって思ってましたが結局Wi-Fi繋がるところで読んじゃってます。
やっと拓篤が表の世界に戻って恋がはじまるんですね。
高宮さんの恋心も切なくて拓篤が共鳴(?)しちゃうのも無理ないですね。でも憎しみだけで終わらなくて良かった。ちょっと泣けちゃいました。
これからは拓篤の乞いでキュンキュンさせて下さいね~。

ええもちろん一人ですよ!

コメント通り一人寝でしたよ‼︎
今日も朝から冷たい目で見られ…機嫌悪いの何の。
今日だって抱きついたら手刀が飛んでくる始末。
kiriさんで癒されます。

高宮さん、かっこいいですね。
切るという名目で表へ背中を押してやる…
あとは堂本さんが受け止めるだけ…きっとkiriさんのことですから
焦らされまくるのでしょう。でもそれも醍醐味!笑

でもまず!自立からですね。
対等になって堂本さんと一緒に。
ここまで来るのに苦労したんですから頑張ってくれるんですよね?
期待してます。

そして俺は一人で買い物に…
もう今日辺り襲いましょうか?コロされかねない…か。
はぁ…今日の晩ごはん何がいいですかね?w

萌え死中

切ないぜ叔父貴!
なんだかんだ言って琢磨を教育してるし。
アッチもコッチもソッチもウフフもぜ~んぶ手取り足取り。
悪役になりきって、実はイイ男の叔父貴であった。

拓篤も思いっきり涙を流して、人生を再スタート。
いまは過去の自分を泣けばいいよ。
泣いて泣いて、いろんな膿を洗い流して。
涙が乾いたら気持ち新たに一歩を踏み出すのダ!
ああ、感情移入しちゃうじゃないか~ 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

実はR表記を期待しちゃったんですけどw、無くて良かったなと。
最初で最後のキスですか。
最後だけは恋人のキス?
キスだけなのにエロい!何故だ~。゚+.|壁|素' д'敵)ノ萌ェル゚+.

幼少の頃のプロローグ、
裏への一歩を踏み出した第一章、
裏との決別の第二章、
明日から第三章なんだなと(勝手に章立てしながらw)気持ちが引き締まった所に、
↑ の遼さんのコメントで…♪゚+.o(*萌´д`从´д`萌*)o.+゚♪

晩御飯は秋刀魚の塩焼きで。

┏○))ペコ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

おみち様

わ、海外旅行中にもかかわらず、Wi-Fi繋げて読んでくれてんですかー!

>やっと拓篤が表の世界に戻って恋がはじまるんですね。
はい、戻ります…表に。でも、すぐに恋は始まらない…んです(汗

恋は一人じゃ出来ないですしね…。今の拓篤は恋よりも、先に元に戻る方が先決!
堂本も、色々とあるようですし。

けど、交差して行きます。。。少しずつ。

高宮はある意味、想いを遂げることが出来た❤
しばらくはまだ、ラブモードには行きませんが、どこかで近づいて行きますよ。

有難うございました☆

Re: ええもちろん一人ですよ!

遼様

> コメント通り一人寝でしたよ‼︎←やっぱり( *´艸`)

抱きついたのに~~手刀飛び!!達也みたいで萌え…❤←
嫁の強さにシュン太郎…が、大好物で御座います(私的な好み

高宮はね~自分の為にも、斬りました!
決して、拓篤を想ってなーんて甘いだけじゃない部分が高宮さんなのです。
恋などに溺れようものなら、隙が出来てしまいますからね。チビシ―世界なのよ…。

堂本と対等…の部分は、最後の方かな?男だから、ソコ気になりますよね~♪
やっぱりまだ拓篤は学生なので、社会に出てからソコの部分が頭をもたげてくる。
それまでにも色々あります…ウフフ。拓篤の態度に注目~!笑

>そして俺は一人で買い物に…  ←ギャー何故か、哀愁に萌えるー!
>もう今日辺り襲いましょうか?コロされかねない…か。 ←やっておしまいなさいっww

今日はサンマ…とのお声も(笑

有難う御座いました☆
フレーフレー!遼さん~~~~www

Re: 萌え死中

トーヤ様

やはり20も上の男から見れば、拓篤の青さは危なっかしいよね。
何か、また自分みたいな悪い男に何かそういう対象にされるのは多分嫌なのね。
どこまでも、男ってこんな生き物ですわ…。
自分はイイケド、他はダメ!っていうね。

そう。悪役なんだけど、イイ男っぷりなのは認めましょう。
男が男に惚れる世界ですから。汚いことやってても、そのやり方に美学ってあるじゃないですか…。えぇ、悪は悪なりに。彼らの世界での常識という枠の中で。
表からみたら「全部悪じゃん」で終わるけどw
高宮に惹きつけられる方は、自分の中の「男」の部分が反応してるのかな…とも思ったりします。

高宮には「実は良い人」とか「善人」とか…そういう甘ったれたことは、一切無いのでした。

拓篤は、まず…元に戻ることからですね。
アンブラッセのことも、高宮のことも、そう大して感傷は無いです。
そこらへんは若いせいか、あっさりと(笑
けど、普通の大学生ってのが中々ねぇ…。

キスがエロかったですか?何故だろうww

うん、明日から第三章的かな?何章まであるんだろう…笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメu様

表街道へ、一歩進みました。

たった1年…なんだけど。
この年頃の1年って、私達(コラ)とは吸収力が違いますもんね~。

経験は肥し。
その肥しが耕せる時が来るかどうかは、分からないけど。
年相応に少しでも戻って欲しいな…。
恋なんか、その後でいいよ…(書き手のあるまじき言葉w

はい、高宮さんも恋をすれば、ただの男になる時間でした。
本人が「戻る」と言ったので、しっかり裏でまた金庫番に集中かなー。

有難う御座いました☆

fresh start にちなんで


再投失礼します。。。
たまたま耳にした曲の歌詞が、今日の拓篤くんにカブったので…
(あくまでも主観です^^;)

英雄 (doa)ウルトラシリーズの主題歌らしいです
http://www.youtube.com/watch?v=fvXHUB6VzuE

”男なら 誰かのために強くなれ”
”泣いてもいいよ また笑えればいい”

涙目で花束を抱えて唇結び、一歩踏み出す拓篤くんが見えるようです…♪
曲の流れるなか、同時にエンドロール 原作「kiri」が浮かびました^^


今日LGBT関連の資料を調べていたら、途中でマッキーさんにもヒットしまして(カムアウトされていましたのね)
セルフレーベル立ち上げ後のアルバムだからできたのかもですが、まんまな曲(軒下のモンスター)が収録されたアルバムもリリースされているんですね!

彼の心の叫びが伝わってくるようです。。。

中村 中(あたる)さんの「友達の詩」も名曲…
http://www.youtube.com/watch?v=zPQS55Y3Vds

「手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人は友達くらいでいい」

前から大好きなバラードで、よくエレクトーンでも弾くんですが、いつしか、両想い前の隼くんに重なるようになりました。。。イントロの、寄せて返すようなメロディが毎回ジワン…ときます。

曲つながりながら脱線、失礼しました(^^ゞ

Re: fresh start にちなんで

はるかぜ様

歌、聴きました!うん、格好イイ!!
ほんと、高宮に向かう時の拓篤から今まで…ですよね。
今後の拓篤も少々入ってました(笑


目的は、達成しました。問題は今後ですね…。
拓篤がこれだけの強気で居られたのは「高宮の存在」が、彼を奮い立たせてたということ。
彼は「悪」ではあったけど、高宮が居たからこその部分がとても大きいの。
そういう意味じゃ、高宮の存在は男としての拓篤にマイナスだった訳じゃないんですね~。
人生の厳しさを、高宮本人が最初に意図した方向とは違っても…教えたとも言えます。
マイナスを転じてプラスに持って行くことこそ、逆境の中で掴めるモノ!

その存在が無くなったことで、どうなっていくのか…。

マッキ―さんの歌詞。ほんと、隼とか内野の思春期に繋がってる(涙
http://j-lyric.net/artist/a0005ff/l025b9a.html
あぁ、胸が痛い!!きっと、今もたくさんの彼や彼女がこんな思い持ってるのよね(> <。)

中村さんの歌、ヒットした時期はまだ腐ってなかったのか、あまりピンと来なかったけど。
今は少しは分かる…(つもり)

しかし、そう思うと。堂本は、突き抜けてんなぁ…と←

ご紹介、有難う御座いました☆

まさか。。

高宮で涙することになろうとは…(T-T)

キスする事に戸惑うのはたくまに溺れることに対する怖れや自制があったのかなぁ。
唇へのキスって想いがダイレクトに伝わりますものね~
特別だからしない、させないってあるのかも。
たくまの方からキスしたことが何故かすごく嬉しかったです。

この恋を終わらせる、見かけても声をかけるな、断ち斬れ、とたくまを押し出してくれた高宮に拍手を送りたいくらいだわ~
たくまの心も身体も知って、しかも身体の相性も良かったみたいだし(//∇//)それでも潔く決別してくれた。
さすがです!

たくまも涙と共に裏から表へと還る。
フツーの大学生に戻るのには少し時間が必要かな?燃え尽き症候群にならないでね~~


Kiri さま今日もありがとうございます~なかなか切ないシーンでした(T.T)
初登場から高宮に妙に惹かれてましたが、やっぱ好きだなぁって思ってしまいましたーこういうタイプは今まで苦手だったはずなのに~高宮に戸惑いっぱなしでした(^^;
明日からの展開も楽しみですー(*^^*)

三指ついて 拓篤お疲れ様でした!

高宮ももしかしたらキスは特別と思ってる一人?
ジツハ ワタシモ キスハ ダイジ♡

プ/リ/テ/ィ/ー/ウ/ー/マ/ンと言う映画の中で
主人公の娼//婦が、「(クチ)キスはしない。何故なら~~」
のようなセリフが有るんです。
カラダヲウルのは仕事でもキッスは別。
それだけ特別なものだということなんですね。。

高宮も恋してたんだもの。。
ずっとキスしたかったんだろうなぁ…。
高宮にとって本気のキス。
拓篤君を思い出すとき、きっとエチよりも、このキスを思い出すんじゃないかなぁ?
決別のはなむけとして最高のものを貰っちゃいましたね。。

拓篤君もこんな気持ちで泣くことはこれで最後!
全て流しきって、次に泣くときは嬉し涙を流せるように強く逞しく行くのよ!!!

って言いながら、ワタクシ泣いてました!
フィギアスケートの羽生くんが中国の選手と激突し流血
それでも痛さを堪えて出場
転んでも見事に滑りきり2位に!!!
感動で涙が止まりませ~んm(。≧Д≦。)m

が、
もしや一人でご飯を食べているかもしれない遼さまに萌えてしまった←ゴメンナサイf(^_^;
ご飯と一緒に一言メモ添えて置いておくっていうのはどかな?
表は頑張れ!裏はチョメチョメ ナーンテ♡

’サムライ’ 抱きしめて。

拓篤くん~、薔薇の花束、しっかり抱えて帰ったのね。
泣き顔を隠すのは丁度良かったでしょう。別の意味で目立ってたけど。

でも、俗物な主腐、1本くらい落っことさないかしら、って淡い期待して後ろ尾いてってるんだけど・・。
お願いだから、生ごみの日に出さないでねー。


良くも悪くも世の中の裏表を見せてくれた、高宮。
ヤリ残した青春の一つが音を立てて扉を閉めた感じがしたでしょうか?
ホテルの部屋を出れば切れる縁。
でも、心の聖域には・・・・。


はるかぜさま。
ステキな歌をご存知で。。私も聞きに行ってきましたっ。よかったです~~!
不思議に繋がるんですねー、歌って。


遼さま。
それでも翠さまの為にお買い物いくんじゃないですかーー! しかもくっく○○ではなく、ココで聞く・・?! メニュー、何がいいですか? って。。
ドタ―ッ、って倒れましたよっ。

・・鍋なんかどうですか?
 蟹、解禁になりましたから、送ってあげますよ?
こちらは雌のたらば蟹、別名香箱ガニ、も売ってます。雄より2回りくらい小さいですが、卵も美味しいんです♡


kiri様。
拓篤、気が抜けてしまったりするんですか? 危ないなァ。 したら、学食来た時こっそり、鷹の爪(唐辛子)振りかけておきます。 目が覚める♡

Re: まさか。。

さく様

高宮はヤクザで、汚いこともするし、世間の常識を斜めから見てる人。
でも、元々は目指すモノがあった人でもあります。

元々、こんな形で拓篤を陥れた目的を思えば、とても褒められた男ではありませんがw
起きてしまったことを恨んだって仕方のない事ですからね。
時間の針は戻せないんだし。

拓篤にキスをしなかったのは、それがタブーだからです。
こういう世界では、キスはNGなんだそうです。
その禁を拓篤が許した…。まさか自分からキスしてくるとは、高宮もビックリw

高宮は配下をたくさん持ってる人。やっぱり、こういう漢気が無いと…。
すっぱり切るとこは切る。そういう習性を持ってるんですね。
ヤクザは男社会ですから。感傷に揺れてるようなトップなど、誰もついていかないかとも…。

目的を果たしてしまった拓篤は、本当に孤独になります。
そういう意味で、拓篤を強く支えていたのは…実は堂本ではなく、高宮への憎しみだったということ。

私的には、拓篤に年相応にある程度は戻って欲しいかな…と思います。
それをさせてくれる相手が…フフフですよね♪

有難う御座いました☆

Re: 三指ついて 拓篤お疲れ様でした!

うさメリ様

キスはやっぱり気持ちが無いとですよね…。

こういう仕事では、キスはご法度なんだって聞きます。
やっぱり、そこは心が直結する部分なんでしょうか…。

でも拓篤は自分から許した。自分でも何故か分からないけど、したいと思った。
ここの心理に理由をつけたって、その時にしたかったからとしか拓篤も言えないでしょうね。

決別としてのキスと…残酷な一撃を喰らって、終わりました。
高宮だって、バカで愚かになっていた自分との決別の日。
明日からは、また裏の世界でビシバシ!お金を動かすでしょう。
ちゃんとした会社も持ってますからね…。

フィギアの羽生くん、TVで観ました!
痛々しい姿でしたが、ホント立派です…(> <。)
こういう強さが、また人を感動させるんですよね…。
素晴らしい!!力貰った方、きっとたくさんいるわ…。

有難う御座いました☆

謝罪。

kiri様。
昨日の遼さんのコメが開けなかった件。
す、すみませんっ!重い私が遼さんの上にデンっ!!と乗り上げてしもたんが、原因ですね(汗)
なんせ時間も、コメNo.も一緒やったし。。。
もー、遼さんが一人やったら淋しい淋しい言うからー。
オバチャン引き寄せられてしもたよ。←イラン
そんなわけで、ごめんなさい。
お詫びに徹夜続きで疲れてる翠さんの為の献立です(夜中やっ!

○ カボチャのそぼろ煮
○ 蕪の生姜あんかけ 又は 蕪とベーコンのクリーム煮
○ おジャコと蕪の葉の混ぜご飯
あと、もうちょっと足りなければ、だし巻卵とか。

寝不足と疲労で弱ってる翠さんの胃に優しくて暖まって栄養のあるメニューにしてみました。
モチロン、作るのは遼さんですよ。

はぁーーー。
高宮さん。流石に悪推会が認めたオトコやわ。
勿論、世間での良い人ではありません。
しかし!
ただの恋する阿呆ぅな男やありませんかっ!
こんな阿呆で可愛らしいて悪い漢。
悪推会が放って置く訳がないです。
さあ、拓篤くん。
歩き出したその先には、まだまだ苦難が散りばめられています(kiriさんのことやから楽はさせてもらえません。
それでも。
この阿呆な漢の小さな恋心が教えてくれた、世の中の見方、歩き方。
どうか、胸に大事に持って歩いてください。


NoTitle

見たよーーーー、見た!
羽生くん。
いや、うさメリさんのコメ見て、YouTube探したんやけど。
凄いよ!あの怪我で滑るなんて。。。
顎、パックリ割れてたし、こめかみの辺りのガーゼも血が滲んでたー(>人<;)
それでも何度も4回転に挑戦して、転んでも転んでも立ち上がって。。。

ホンマに凄い。

あ、kiriさん、今日の高宮さん、ありがとうです。
明日は場面も変わると思うけど、楽しみに持ってまーす。太字の文

Re: ’サムライ’ 抱きしめて。

ますみ様

100本って重いらしいですね。
この1年の重み…でもあったかもしれない。
まだ19歳だった1年間。大学じゃ、皆キャンパスライフを謳歌してる年頃です。
サークル、コンパ…楽しい時間を、大人の男達のために費やした1年でした。

>良くも悪くも世の中の裏表を見せてくれた、高宮。
うん。私はね、やっぱり女の子は知らない方が良いってことイッパイあると思うの。
でも男で、もう親の庇護を受けられない状況なら、知ってても損はないかと。
拓篤の場合は特に…そう思います。

うん。気が抜けちゃうだろうと思います。普通に考えたら。
家族がいて、友達に囲まれて…そういうモノがあるなら、別ですけど。
ポン…と一人になって、裕理に世話になって、坊ちゃまだった拓篤がココまで来たのは、高宮の存在があったからってのは大きい。

男は強くならなきゃイケナイ時があるんですね…きっと。もちろん、女もですけど!

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

漢高宮、ちょっと切ない~💕

kiriさま

またコメが飛んでしまって、凹んでます💦
本当に下手なんですね~わたし(涙)

拓篤との逢瀬の時間だけが、高宮がもしかしたら素に戻れる唯一だったのかも・・・。
高宮も、恋する漢だったんですね~。善人ではないけれど、切なくなりました。
拓篤に恋してた事を、素直に告げるとは思ってなかったです。でも、決別するためには必要だったのかも。

最初の頃は、拓篤が借金を返し終わっても、色々手をまわして拓篤を手放さなかったらどうしようなんて考えてましたけど、さすが高宮あっぱれです!!
でも、こういう漢でなかったら、裏の世界で頭ははれないでしょう。いつまでも執着していたら、命取りですものね。それに、期間限定だったから、その間だけは恋できたのかも。
悪人なんだけど、善人じゃないけど、ちょっとそこに惚れちゃいそうです~💦

拓篤と高宮のキスシーン、もの凄くきゅんきゅんしちゃいました💖
甘くて切なくて、後に別れしか待っていないキス。しかも、高宮からではなく拓篤からだなんて。
高宮をちょっとでも翻弄させられたのでしょうね~。高宮、嬉しかっただろうな💖
今までしてなかったのが不思議でした。だって、最初に拓篤にあんな事させちゃってたから!! こういう世界ではタブーなんですね。
あ~、このキスだけでも萌えまくりました---!!( *´艸`)

この1年間の怒涛のような生活が終わって、新たな道に進もうとする拓篤。
1つの目的を果たして、次には?
楽しみでもあり、目的を失くした拓篤がどうなっていくのか~と、ドキドキする不安な気持ちもありです。
あ---、頑張って欲しいっ!!!

kiriさま、ありがとうございます~💕

Re: 謝罪。

優様

あ。ホントだ!コメNO.が一緒!!やっぱり同時に送信してたんですね~。
遼さんと一緒にポチ…。ちょっと嬉しい?笑
管理画面で開けるとね、2つ同じコメントなのよ!何で?と思って、スマホで見るとちゃんと表示されてるの。不思議な現象でした。

そして高宮。
自ら「バカな男」だと言っておりました。
想像してやってください。裏で恐れられている男が…ニヤリと薄く笑うだけで、下の者が震えあがるような男が、善人の訳ないじゃないですか(苦笑
そんな男が、1か月に一日だけ…拓篤に会える日だけは、ご機嫌だったのかもですよ…?
きっと自分を嗤いながら、ホテルへ向かっていたことと思います。

その日々とも、今日でスッパリ!
恋をしていたと正直に告げ、終わらせました。
こういう部分があるから、下の者もついてくるんでしょう。
高宮も案外、ホッとしてるんじゃないかな…。

>この阿呆な漢の小さな恋心が教えてくれた、世の中の見方、歩き方。
男として大事な部分を教えてもらった…と思うくらいが逞しいと思います。
物は考えよう…と言いますから。

>kiriさんのことやから楽はさせてもらえません←笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

凄かったね…。もう、感動だよ。
リアルタイムで見てたら、ハラハラしてマジで泣くくらいだわ。

格好イイ!!ほんと、男だ…羽生くん。
なのについ…やっぱり見た目は受けっぽいとか思ってしまう自分が、今日はマジで反省モノですわ…汗

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

> 酔っぱらいすぎてよくわかりませんっ。
> こんな状態でなぜここにあらわれたのでしょうか。お許しください。
晒し(爆)いいのよ、いいの。コメントめちゃしっかりしてますよーーー!
私バリウム飲んだことないのよね…。お疲れ様です(^^;

>高宮さん。恋だと拓篤に告げたとこがまたっっっ。
こういうとこが漢らしいと思います。悪人でも。

>戻れ、戻る。
>この言葉で線をビシッと引くわけですね。
そうです。「表」に戻れ…俺は「裏」に戻る。…と。
もう終わり…だということを、拓篤の気持ちに沿って分かり易くいいました。

>一時的に燃え尽きを感じてしまうのは当然。
えぇ…。拓篤がどこかで、グアン!となる日が。良い意味か悪い意味かはワカリマセンが(ぇ

有難う御座いました☆

Re: kiri様、こんばんは

鍵コメR様

悪人は狡くて、賢くて、汚くて、醜い面も持ってます…が。
高宮は小者では無かったということですね。
表社会では嫌われモノだし、蔑まれる対象ですが個々に人間らしい面も。

けっして高宮のやったことは美化してはいけないので、拓篤はやっぱり憎んでますけど。

>汚れないし、初めての人とかも重くないのかなぁ〜と思います。男は受け身じゃないから。
そうなの!ココがね、女性読者様には「?」なとこあると分かってて書いてるんですが。
受け身の視点では物事考えない部分があるとは思う。

そうね…こんな強烈な男、拓篤も忘れようがないですよね(苦笑

>これ以上溺れたら自身も破滅するかもだし… ←ここが高宮の賢いとこです
溺れ切ることをしない。他人から見たら寂しいかもですが、そういう性分なんでしょう。

拓篤には普通に大学生活を送って欲しいですね…やっぱり。今しかないんだもん。

有難う御座いました☆

Re: 漢高宮、ちょっと切ない~💕

みゃお様

再コメのトライ…有難うですm(__)m

高宮は最初の夜に決めてましたね。約束は守るって…。
最後に自分を選らんだことで、もう高宮は充分だったんでしょう。

薔薇の花束を買って、食事の用意もして、告白して…終わらせた。
高宮にとっては、これは立派な「恋」だった。

>期間限定だったから、その間だけは恋できたのかも
うん。最初の時に、もう決めてたんだと思います。
この恋を愉しもう…って。

最後に拓篤からキスまで貰えた。もう、絶対何回も思い出すよ(´艸`*)
いつもしたかったんだと思います。でも、当然のことながらしなかった。ルールを守ってた。
本当にこの軽いキスまでの間は、高宮…中坊な気分味わえたこととw

>1つの目的を果たして、次には?
本当だったらね、楽しいキャンパスライフが待ってるはずなのよ。
堂本に会って、心でお礼言って…元の普通の大学生に戻るってのが一番なんだけど。
中々そう、スンナリ行く訳には!爆

有難う御座いました☆

Re: 卒業♪

鍵コメk様

>高宮さんいい夢見ましたね!
うん、ホント高宮にとっては「束の間の夢」だったと思う。
これ以上長引くと、危険だって分かってるでしょうし。

拓篤も高宮も、そう感傷に浸るタイプではないでしょうね…。
この件については。しっかりと思い出にしていくと思います。
拓篤は痛みも苦しみも、胸に刻んで行くことと。

そう…拓篤に今一番必要なのは「恋人」じゃなく「友人」だと思うんです。
出来れば、同年代のね。本当なら、大成が付いてあげてくれれば安心なんですけど。
ココもこじれちゃってて…。
今の拓篤は友人達とは、何処か距離も出来ちゃってるし。
自分から、気安く友達作るタイプでもないんでね…。それが心配かな~。

はい、コメントは鍵でも何でもその時の好きなようにしてもらえたら♪

有難う御座いました☆

高宮……

高宮……すねぇ、大人の恋って。

絶対に報われる事がないのが解ってるだけに、自分に枷を付けて心を押し込めて。
若くて未来が無数にある拓篤と違って、選択肢のない道を歩くしかない高宮。
それでも「恋」しちゃったんですね。
その気持ちは誰にも止められない。

表向きは冷静に振る舞っていても、想い人の一瞬々々を脳裏に焼き付けていたことでしょう。

そんな高宮さんを想像してキュン死する悪推会w
スマホ片手に、ごろごろと身悶えましたわ~(^_^;)


そして、遼さんの「襲う」に1票!




Re: 高宮……

Az様

高宮は、拓篤と最初の日に思ったことを静かに遂行したんですね。

約束を守ること。
その日が来たら、断ち切ること。
それまでは、愉しませてもらう。
その後、哀愁と切なさを噛みしめる…これも、愉しみとして捉える人。

>想い人の一瞬々々を脳裏に焼き付けていたことでしょう←コレですw

理論的に物事を考える人が、この1年色んな感情を味わえたと思うし、そんな自分を馬鹿だと思いながらも何処かで悦んでいたようにも思います。

悪推会の方々、こういう時に言葉を交わさずとも同じ思いを共有!
それが、またちょっと凄いな~と思います(。v_v。)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-20】へ
  • 【恋のカタマリ-22】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。