女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

ここに、おいで。

ここに、おいで-120

 ←ここに、おいで-119 →ここに、おいで-121
「池内。帰り、昼飯食べに行こうよ」
「いいけど」

センターが終わって、次の助走前のほんの一時。
学校も、二日間は午後の授業は無し。
けど、この後すぐにまた本番に向けて走りだす。

学校は浩太たち三年生は後はもう、最後のテストを受けるだけだ。

一緒に学校を出て電車に乗って、途中下車してファーストフード店に入る。
ちょっと前の自分なら、こんなことでお金を遣うのも、避けていた。
一人暮らしをするために必死になって、お金を貯めていたから。

実現したからと言って財布の紐が緩むことはないけど、あの頃のような切迫した気持ちからは解放されている。
もう高校生でいられるのはあと僅かで、制服でこんな風に寄り道をすることだって無くなる。
早く大人になりたいと思う反面、いざとなるとやはり少し寂しい気持ちもあるのだ。

「あー。もう本番が目の前に迫ってるよぉ……」
「緊張する?」
「うん。でも、この流れで行く」
「頑張るしかないもんね」

越智がコクンと力強く頷いて、ポテトを頬張る。

「合格して……彼女でも出来たら最高なのにな~」
「好きな子いないの?」

そういえばこんな話、したことがない。

「いるけど」

あっさりと答える越智に、浩太が驚いた。

「え?居るんだ」
「けど、受験だしさ。今は、それ処じゃないよ。はぁー」

泣きそうな顔で言うから、浩太もつい小さく笑ってしまった。

「俺、前の彼女に振られてからもう勉強しかしてないよ」
「え?振られたんだ」
「うん。けど、高二の時だよ」
「なんで振られたの?」

浩太が目を瞬かせて聞くから、越智が眉をしかめる。

「古傷、開くのかよー」

以前の自分なら……多分、興味無かった。
誰が誰と付き合おうが、振られようが、恋愛自体に興味なんか無かったから。

……内野さんも失恋したって言ってた。

あんな風に、傷つくくらいの打撃。

僕も内野さんに振られたら、きっと物凄い打撃なんだろう。
そう思ったら、怖い……。

「聞きたい」
浩太がもう一度言えば、越智が肩を竦めた。

「単純な理由。……キスして抱きついた」
「え?それで振られたの?」

浩太が目を丸くすると、小さく頷く。

「まぁね。けどさ、同じ高校生でもあっちに座ってる奴らと俺達じゃ、全然違うな」
話題を変えるように、ハンバーガーを食べながら目線で向こうにいる男女のグループを見る。

とても華やかで髪型も決まってるし、自分達とはずいぶんと違う印象だ。
雰囲気からして違うし、カップル同士なのかベッタリとくっ付いてる男女もいる。

「はー……俺らって、ガキっぽいよなぁ……」
「うん」

確かにそうだと思った。
同じ年でも、あんな感じだったら相手にしてくれたかと過ったが、そういう問題じゃないかと思いなおす。

「まぁさ、勝負は大人になってからってことで」
「そうだよ」

大人になったら、自分も少しは洗練されてるかな。
そうしたら、内野さんと並んでもお似合いになれるかな……。
浩太はすぐに、思考が内野に飛ぶ。

「池内は、好きな子いる?」

浩太の表情を見て、越智が聞いてきた。

「いるよ」
「マジ?そんなの聞いてないよー。もしかして、もう付き合ったりしてるとか、言わないで……」

ショックを受けたような顔をして手を合掌してくる越智に、浩太が苦笑いを返す。

「ううん……。片想い」
「学校の子?誰、誰??」

身を乗り出して聞いてくる越智に、浩太が口を引き締める。
相手が男の人だとは、さすがに言えない。

誰かに言いたい気持ちはあるけど、やっぱり誰にでも言えることじゃない。

「違うよ。学校の子じゃない」

じゃ、バイト先なのかとか色々聞いてくるから全部首を振った。

「何だよー。秘密主義?」
「違うけど……。凄く年上の人だから」

さっき自分も越智に振られたことを聞いておいて、何も答えない訳にもいかない。

「え?年上?大学生?凄く年上……っていくつ?」

矢継ぎ早の質問に、浩太がまた小さく笑ってみる。

「……社会人で、八つ上」
「えぇ……っ。じゃ……えと、二十六歳ってこと?」

コクンと頷くと、途端に現実に戻ったような顔をされた。

「……相手にしてくれる?」

テンションが下がった越智に、浩太はゆっくりと首を振った。

「やっぱりなぁ……。そんな大人からみたら、俺らなんかガキだもん。これが反対ならイイかもしれないけど」
「え?」
「お前が女で、向こうが男だったらってこと」

向こうは男で、僕も男だよ。
心でそう呟き、目の前の冷えたポテトを口に運ぶ。

これが普通の反応。
浩太は、冷静に受け止める。

「まぁさ、綺麗な大人のお姉さんに、初体験とか……。そういう話もあるけど。恋愛対象になるのは、違うかもな」

恋愛対象にはなれる可能性が低くても、ゼロじゃない。
この間、抱きしめてくれたあの強さを思えば……僕は可能性を見出してる。
――前よりも、ずっと。

「手の平で転がされて~みたいな?で、こっちが本気になったらもう相手してもらえなくなんの」
「何、その妄想」
「TVとかであるじゃん」

何か話が違う方面に行ってしまったけど、別にいい。
本当のことの方が、理解してもらえないだろうし。

「あ、ごめん。なんか、望み無いみたいな言い方して」
「いいんだ。諦める気、無いし」

……諦めたら、その時点で終わる。
向こうが、僕を追いかけるなんてことは無いんだから。

「スゲー、強気!」
「そうかな」
「……そんなに好きなの?」
「うん、凄い好き。その人のことばっかり考えてる」

本当に、バカみたいに考えてる。

「恋煩いっていうやつ?」
「そうなのかな……。わかんない」

越智が黙って、しばらく考えている。

そして、浩太を上目遣いでチラリと見た。

「やっぱり、その人とエッチとかしたいって思う?……よな」

ストレートな言い方に、浩太が咽った。

「だって、俺それで失敗しちゃったし。好きだったら、そうなっちゃうだろ?」

慌てて言い訳をする越智に、咳をしながら笑いが漏れる。
しばらくして咳も止まってから、浩太が体勢を真っ直ぐにして越智を見た。

「うん。好きな人に触りたいし、触られたいと思うよ。それがエッチって言うなら、僕はしたい」
「うわ~」

浩太がニッと笑う。

「池内……。何か、カッコイイ」

越智が眉を下げて言うから、浩太が吹き出した。
エッチしたいって言ったのが格好イイなんて、変だと思って。

「だってさー。何か今、急に大人みたいな顔するから」
「急に、大人になれないよ。なれるなら、なりたいけど」
「池内ぃぃ……俺を置いてかないで」

泣きそうな声を出す越智が可笑しい。

けど、強気なことを言ったって、現実はそう甘くないことも浩太にはちゃんと分かっているつもりでいた。

【BL小説】参加中。↓最後にバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-119】へ
  • 【ここに、おいで-121】へ

~ Comment ~

待っています×2

ガキっぽい君たちを応援しますよー!
それぞれに一所懸命ですもんね!
越智くんと話してみて
浩太くんはあらためて内野さんとの恋愛のハードルが高いと思ったかもしれませんが
読んでいる私もよく分かってなかったかも…
相手が男で八つも年上でって…
越智くんと比べちゃうとやっぱり難しい恋なんだよなぁって…
高校生同士でもあれこれ悩んだり色々あるのに
それ以上のハードルが浩太くんにはありますものね…
でも一つ一つ乗り越えて行って
内野さんの温もりが浩太くんだけのものになる日を待っています~


kiri様!
昨日は突然、勝手に亨を持ち出してしまい失礼しました
(>_<)
だけど、だけど、またいつか愛して止まぬ彼に逢えるのですね!!
ありがとうございます
\(-^〇^-)/
浩太くんが蟹鍋を喜ぶように万歳したMOMOであります!

ますみさま、こりんさま、それから同じく黒魔王亨を愛する方々と共にお待ちしております♪

はぁぁ~待ち遠しいです!

kiri様!今日もありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 待っています×2

MOMO様

等身大の高校生の浩太…です。
やっぱり、何だかんだ言ったってこれが浩太の今の世界なんですよね。

どれだけ、内野までの距離がまだ遠いか。
越智くんを見ていたら、よく分かって頂けるかとww
けど、恋は恋。浩太は、自分が少々無謀なことしようとしてるもの現実に受け止めてる。

今の浩太の強みは、あの内野からの熱い抱擁。言葉は無くても、何かを感じたはず。
挫けそうになるたびに、あの熱を思い出して奮い立たせると思います。

光希への敵対心だけなら、力の差に凹む要素しか無いもの。

いえいえ~。亨スキーさんが続々とww
亨のお話はね、かなり遠い未来まで広がってます。勿論、愛する明良絡みで。
だから、ネットでの公開は見合わせてるとこ。時差が激しいのでww
時間無い状況で、まだまだ先の話なので今はただの「構想」だけですけどね。
亨を愛してやまない方々に。あの時、苦渋の決断をした亨の未来を。。。
いつか実現出来るよう…。濃いキャラは、書くのも結構エネルギー居るんですよ(>_<)

その前に、洋平と明良のSSなどで亨の名前は出てきます(笑
愛なんぞ~は「三角形」のお話だもの!2人の中に、亨は居ますものね。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメ2様

昨日のちょい甘シーンから、一転して現実!
がっかりされる方多いと思ってましたが「いいタイミング」と言われ、嬉しいです(*゚▽゚*)
リアルとも言ってもらえて~~❤

やはり、浩太の世界はこっちなんだってこと、感じて頂けたらと思ったので。
今から、彼がどれだけ高い山に登ろうという気持ちで居るか…ですね。

なるほど~。ほんと受験は、周りも大変…。うちは私立で高校からスポーツ特待で行ったのですが、スポーツやめてしまえばタダの人(笑
厳しい受験を潜り抜けた子達って、ほんと何かの肥しになってると思います。

越智くんに共感して貰えて(*'-'*)エヘヘ 地味な等身大の高校生くんでした。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

可愛い二人(^^)/\(^^)

昨日とは、うってかわって可愛い展開ですね(笑)
うん、なんかホッとする~たまにはクールダウンもなきゃね(^^)

浩太にとって、こういう等身大の気負いなく話せる友人との時間もたまには必要ですね~
浩太の周りは、いっつもダメダメ~尽くしの大人達ばかりなんだもの(^^;
うっちーも長友と話せて楽になった部分があっただろうし。

改めて、難しい相手に向かおうとしている厳しい現実と、今、見い出せてるゼロではないであろう可能性と。
ちゃんと冷静に受け止めてるとこは偉いな~と感心します。
その一方で突拍子もない攻撃もぶちかましますけど(爆)

けど、うっちーったら昨日のギュー!ちゅは、好きだと告白してるようなものですよね~(//∇//)口では弟のように可愛いとか言っておきながら、激しいギューに加えてチューて!(≧∇≦)


Kiriさま、わたしはこれまでうっちー浩太のほのぼのに癒されまくって、どこかそれで満足してましたが!
もうわたしの心は完全に変わりました!!
なにがなんでも二人のRが見たいー 見るー 見届けるーー(◎▽◎)

あんなに牧村くんに惚れぬいて、必死で追いかけてたのに、あえなく撃沈。その後のグルグルうじうじを経て、ようやく見つけた陽だまりを…しかも両手を広げて向かってきてくれてるのに、気持ちを押し留めて諦めようとしてる。
そんなうっちーが不憫に思えてなりません。

だからこそ、愛しい浩太と結ばれて、身も心も幸せの絶頂に包まれたうっちーをこの目で見届けたいのです。
うっちー色に染まってく浩太にも興味津々ですが(笑)

Kiri さまの「内野を幸せにしてあげたい」という言葉が心に染みる今日この頃~♪

苦悩ぐるぐるはまだまだ続くでしょうけど、さくはうっちー浩太の『R 』にフォーカスして応援しまくります(^^)/

Kiri さま今日もありがとうございます~明日も楽しみにしてま~す♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうどう~

はっはっは、越智クン、君は確実に置いていかれるよ。(肩ポム)

昨日の『あ…っ♪(脚色)』事件(?)で盛り上がってしまって、kiri様に宥められた120話でしたね。(笑)
はい、落ち着きます。今後に備えて♪♪←www

読み返すと、最初のころは久保田君というお友達がいました。忘れてたけど(^^;
浩太は話をする子はいても友達と呼べる子が少ないのかな?
越智君はずっと友達でいて欲しいですねぇ。カムアウトとか難しいけど。

気が付けばもう120話なんですね。本当にお疲れ様です。
まだまだ続くと思うと…込み上げてくるものが…興奮が…ハァハァ
せっかく宥めてくださったのに、台無し。w

では、明日も萌えに参ります。┏○))ペコ

Re: NoTitle

鍵コメn様

でましたね~。亨スキー様!
名前だけで、晩御飯頑張って作れますか~~笑

亨は、恋は成就しなくても、人生という視点で見れば「男」としてはとても幸せな人だと。
心を痛めて下さった方々へ、何かをとは思ってます…。
いかせん…構想だけはあるのですが、文字にするのが中々(苦笑
一体、いつになるかは自分でも謎ですが。亨は頭の中にちゃんと居ますので!

>濃いーヒトが好みwwなので、薄味うっちーは、ちょっと醤油かソースをドバドバかけたくなるんですが、
>だいぶこうたに煮詰められてきてますね♥

えぇ、濃いキャラばかりだと、食あたり(爆)しそうなので。
薄めテイストに仕上げつつ…そろそろ煮詰まってきております(笑

>もっと濃くな~れ。←笑

夏休み、子供さんに色々吸い取られつつ…
夏休みの終わりに近づくにつれ、このお話も終焉に向かいますので!(たぶんww

有難う御座いました☆

Re: 可愛い二人(^^)/\(^^)

さく様

昨日の流れで行けば、うっちーの苦悩?かと思われてるかな…と。
しかし、場面展開!爆

あんまり、切ないの続くと読者様もシンドイ、ブログ小説ww
とにかく、残り少ない浩太の高校生っぽさを出しかったんですよね。
いつも大人の中の子供…ってイメージついてると思うんですけど。
越智君の前では、対等です(そりゃ、そうか)特別、突出もしてないし、普通の高校男子。
背伸びして頑張ってるけど、普段はこうやって等身大で。

さすがに越智君は、高校生なりの考えですよね。
長友とは違いすぎるww けど、長友だってこの時期なら…こんなもんでしょう。
自分でも言ってたし。今だから分かる…的なこと。
8年経って、社会の垢に程良くまみれたからこそ、理解出来てきた。
越智君も8年経って、浩太とバーでお酒呑みながら…なんて想像したら楽しい。
今は、ハンバーガーとポテト、コーラだけど。

浩太は、内野のギューで「可能性」をしっかり感じたと思いますよ。
洋平じゃないけど、可能性があると思うから向かって行ける。
闇雲に、強気って訳じゃないんですよね。

>なにがなんでも二人のRが見たいー 見るー 見届けるーー(◎▽◎)←笑
えぇ…Rシーンは、濃くは書けませんが、それなりに…ウフフ

苦悩の中に、時々見える「可能性」という名の扉。内野が、開ける日まで…しばらく!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメn様

あ、いいの、いいの。
そんなちょっとした間違いくらい(*゚ー゚*)

> 亨への愛が疑われてしまう←笑

疑ってませんよ~❤
愛はちゃんと届いてます♪

Re: どうどう~

トーヤ様

> はっはっは、越智クン、君は確実に置いていかれるよ。(肩ポム)←爆!

えぇ、落ち着いて下さいね…皆さま~♪
いや、肩チューで あんなに反応有るとは思いもせず。
Rが無いばかりに、も、も、申し訳ないー!でも、面白かった(おぃ

久保田くんとは、今もメールとかはやってるかな~。
浩太には、今のとこ親友!って呼べるキャラは居ないんだけどね。

学校から帰ってすぐバイトに行ってたし、周りは皆受験生だし。
でも、普通にクラスの皆と仲良くしてると思いますよ。そう目立たない子だけどw
仕事始まったら、また仲良しさんも出来るかな~。

>まだまだ続くと思うと…
ここから山を迎え、終焉に向かって行きますけども!
私はその山を簡単に登らせないという癖が…。ズリズリと落ちては、また上がる。…的な。
でも、そこまで険しいって訳でもない…はず(私的にw

ハァハァして…読んで下さいーー!鬼?

有難う御座いました☆

越智かぁーー。

kiri様。
こんばんは。

越智かぁーー。そうか、越智君で来たかー。
いや、マクドで←言ってない ポテト食いながら恋バナ。
うんうん、それも大事よ、浩太。
年上のお兄様方(含む、成瀬❤︎)との交流は、色々ベンキョーになるけれど、やはり学校の、と言うか、同世代の友達も大切。
今一度、自分の立ち位置をかみしめて、其処からまた新たに走りだそうね!

さて、kiriさん。
私、また明日、明後日と次男の試合です。
もう、ご心配いただいた通りの真っ黒クロスケですが、更に色付いてくるかも。
ええ、そろそろ肌の色より天然髪の色のが薄くなってきました。
今さら、シミそばかすは物ともしませんけどね。
ただ、どうせなら、真っ黒になってでも、観てて良かったーーーっ!な結果だと嬉しいです。



明日、江東、長友両氏の出演でも、喜びます。
隼やCCが出たら、もっと喜びます❤︎← 無理と知りつつ、言わずにおれないの。


では、ありがとーございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

猟犬か(化)・・?

”……諦めたら、その時点で終わる。
向こうが、僕を追いかけるなんてことは無いんだから”

これって光希も思ってること。浩太はまだ知らないだろうけど。
あの、ぎゅーーーっ!で、浩太は内野を追いかけて捕まえたいハンターになっちゃったかな?


でも、学校に行けばまだ高校生。 大人に揉まれて爪先立っていてもここでなら等身大。
浩太はやっと高校性らしい放課後を過ごしているみたい。
バーガーにポテトにコーラ。そして越智クンと 恋バナ❤ きっと今より将来楽しく、いえ楽しかったと思えるでしょうねーー。

この後、またバイト行くんだね、浩太。   頑張れ。




MOMOさま。
突然・・、なんて。嬉しかったですよ―。kiri様も「亨は別格」って。
だから、大丈夫です(根拠のない自信~)!  時々、他の方もポン、と(ドン!もありますけど。笑)いらっしゃってますもの。野獣カプ、とか、37カプとか。 うふふん。  そのうち冬澪も。。
え?特攻ペア? 私にとっては常に横にいるので今更な感じです♡


さて、明日は卒業式まで飛ぶのでそうか??

Re: 越智かぁーー。

優様

えぇ、越智で行きました(笑

浩太、高校生なんだけど、バイトのシーンの方が多いなww
もうすぐ、高校生で無くなるし。私がちょいと寂しいです(>_<)

>(含む、成瀬❤︎)←なんで、成瀬が❤︎なんだ(爆

わー。土・日は次男さんのテニス。
洋平と明良もテニスしてたんだよなぁ…そういえば(二次元
何か、お母さんたち皆焼けてるんだろうな…。息子への愛のため、黒くなる母…。
私は室内競技だったので、そういう心配は無かったけど。
椅子が硬くて、座り難いんだよね、体育館ってどこも。え、何贅沢言う?スミマセン

>真っ黒になってでも、観てて良かったーーーっ!な結果だと嬉しいです。←ガンバレー息子!!

何で、ココでCCが出るねん(笑)
今日ね、家の周りお祭りで凄い人なんだけど。警備で警察官が、いーーーっぱい!!
江東さん、居ないかなぁ…。と、ついつい一人ずつ見てしまいましたわw
暑い中、誘導とか大変そうで本当お疲れ様です…。江東さん(違

有難う御座いました☆

Re: 寄り道して帰ろう~

鍵コメk様

たまには寄り道♪
いつもは、バイトに直行するんだけど、早く終わった時くらいはね。
高校生で行ける処なんて限られてるけど、それも楽しいのよ~。

うん。浩太は、全部は言わない。
叔母さんにブチまけちゃって、学んだか?笑
どっちにしたって8つ上ってだけで、テンション下がる越智君。
まぁ、相手は♀だと思ってるだろうし…。8つも年下の男を、まともに相手にするとは思わないわなw

好きな人が居る。
その気持ちだけでも、口に出してみました。

>だって『アレ』は兄弟愛じゃないもの!別物の愛よ!
そうだよね~~~!浩太だって、それは感じてると思います。
でも、経験値低すぎて、確信には行かないだろうけど。

有難う御座いました☆

Re: 猟犬か(化)・・?

ますみ様

片想い…というか、追いかけてる時って、諦めた時点で終わりますよね。
遠くから見てるだけで満足なら、それはそれでヨシ!

恋の駆け引きで、押してもダメなら引いてみな。…ってのも有りますけど。
今の浩太と光希は、そういうのは無いかなー。なんせ内野が、あんなだもん(爆

諦めないって気持ち。相手の本気の迷惑なら、ストーカー(爆
でも、内野…ギュー!!したもんね。肩にチューまでしたもんね!
恐ろしく自己嫌悪してるであろう、内野さんだろうけど。

山路さんの前では、やっぱり少しお兄ちゃん。越智の前では、対等に。
幼いように見えたって、やっぱり浩太はちゃんと高校3年生の18歳なんだよね。
ちょっと地味目だけどww

有難う御座いました☆

太陽の申し子♪

浩太は一人暮らしのためにいっぱい我慢してたんだもんね。 放課後のファーストフードだって贅沢だったんだね。 
それを誰かのせいにしたり卑屈になったりしない強さ、明るさが浩太のいいところですね♪ 浩太は初心いけど、胆の据わった強い子だと思います。 きっともう少し大人になったら、うっちーの心の闇も「大丈夫だよ」って丸ごと包んで、明るいところへと導いてくれそう♪ 
同じ想いを共感できる光希と一緒にいる安心感もいいけど、浩太のグっと押し上げてくれるそんな安らぎもいいと思うよ!うっちー(^^)v
光希は月、浩太は太陽、そんなイメージですかね~

kiriさま今日もありがとうございます!
毎日こう暑いと浩太のいる真冬が羨ましい(笑 無いものねだりですな!
もうそろそろバレンタインデー?そんな季節ですよね♪
明日も楽しみにしています(#^.^#)

Re: 太陽の申し子♪

kei2様

浩太は何があっても「これが永遠に続く訳じゃない」と思って、未来を見て来たものね。
目標持って、バイトしてお金貯めて…通帳みて(笑)数字が増えて行くことで、現実味w
どんな意地悪な言葉浴びても、夜にはちゃんと叔母さん家に帰った。
意地悪が嫌だったら、お金貯めてたんだから逃げることも出来たのに。
叔母のこと、父との約束、高校は出ていた方が良いことも考えて、我慢する方を選択。
しっかりしてる!強弱…ってより、逞しさって方が当てはまる感じでイメージしてます。

そう。内野に温かさを気負いなく与えることの出来る子。
今はまだ幼いし、力もないし、頼りないけどね!良い成長株なんだよー。

真夏に真冬のお話(笑)あぁ…V.Dかー。
過去キャラも、誰もV.D書いた覚えがなかったぞ…(;'∀')

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-119】へ
  • 【ここに、おいで-121】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ