女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-111 →ここに、おいで-113
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-111】へ
  • 【ここに、おいで-113】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-112

 ←ここに、おいで-111 →ここに、おいで-113
三日の夜、内野とご飯だけ食べて浩太は自宅へと帰った。
三十日の夜から、二日の夜まで。
結局、四日間も内野の部屋に泊まらせてもらったのだ。

さすがにこれ以上は、厚かましくはなれない。
内野さんだって、ずっと休みな訳じゃないのだ。
自分の時間も欲しいだろうし、他の約束だってあるだろう。
仕事は二月まで忙しいって言ってたから、ゆっくり休めるのは今だけだ。

帰って部屋を見ると、さすがに四日も留守にしていて締め切っていたせいか、TVボードの上に埃が溜まっている。
明日は、早起きして掃除しないと。

ここのアパートもあと三カ月の契約。
二か月半住んでるけど、自分の家という感じはまだ無い。
春から寮に入るからって言うのもあるんだろうけど……。

内野さんの部屋の方が、ずっと落ち着くなんて。

次の休みは、父さんの墓参りに行こう。
来る回数を減らした方がいいと言われてから、毎月……から少しずつ減らして行った。
今は四季に合わすように三か月に一回。

思えば、叔母の家に世話になってる時は、父のお墓に行くことが心の拠り所のように思っていた。
休日の時間を潰すことも、自分にはとても大きなことだったんだ。
父に語りかけて、寂しさや孤独感を紛らわせてたつもりだった。
そして。もうこの世には父が居ないという現実を自分に落とし込むような感じだったとも。

父に会いたいと……今も、思う。
でも、もうどれだけ望んでも、それだけは叶えられることの無い願い。

それに比べたら、今の僕の願いは可能性を秘めてるんじゃないかと、強気にもなる。
その確率はどれだけ低くても、ゼロではないのだから。

携帯が鳴って、電話するのを忘れてたことを思い出した。

「浩太?家着いたか?」
「あ、うん……。電話するのうっかりしてた」
「……こっちは、もう着く頃だろうと思って、電話待ってたのに」

送るという内野を、また振り切るように帰ってきた。
着いたら電話しろと言われて、ちょっと腹が立ってしまって。

ただ心配してくれてるだけなのは分かってるのに、また同じことでムッとしてる。
進歩無いよな……。

「ごめんなさい」
「いいよ。じゃ、お休み」
「お休みなさい」

電話を切って、部屋で横になって天井を見上げる。

四日間泊まったのに。
結局、ベットの下に布団を敷いて寝ただけ。
わかってたけど。

一緒にベッドで寝たいって一回だけ言ってみたら、ダメだって言われた。
くっ付いて寝たいだけだって言っても。
悩むこともなく、あっさりと……ダメだって。

何かしてくれなんか言ってないのにな。
前みたいに夜中に潜り込んでやりたいと思ったこともあったけど、夜更かしが続いたのとバイトで疲れてたのか、気付いたらもう朝だった。
……そういうところが、子供なのかなぁ。

朝寝てる内野さんの顔を覗き見て、髭が生えてる寝顔に……触りたくなった。
結局、我慢できずに触れてみた。

チクチクした感触が、浩太の手に残っている。

下半身がズクリ……と熱くなって、重くなってきた。
浩太は手を伸ばし、内野の髭に触れた指で自分の下着に手を入れる。

誰かを想ってこうなるのは、後にも先にも内野さんだけだと思いながら。

僕は……内野さんに、触れたい。

まだ浩太には生々しい行為は、現実的ではないのに。
女の柔らかな肌に触れたいと思う欲望ではなく、ただ触れて触れられたいと思うのは内野だという現実。

これが叔母の言う、普通じゃないことなら。
僕はもう既に、そこに居るのと同じじゃないのか……?

内野さん……。こっちに来るなと言われても、僕はもうその扉の前に居るんだよ。

自分の声が漏れて、耳に届く。

叔母の家では要が居て、自慰なんて数える程度だった。
あまりそういう面に興味も無かった。
それでも溜まってくると腹が重くて、風呂場でただ擦って出したりはした。

でも今は、あの内野の腕の中を思い浮かべ、最初にたった一度だけされたキスを想い浮かべて。
あの牧村と言う人と、間違ってされた……酒臭いキスでも。

「…………っ……」
小さく唸って、排出した精を自分で眺める。

何やってんだろう……。
排出した後に来る虚しさは半端なく、浩太を急激に落ち込ませる。

触れたいとか、触れて欲しいという願いは届くのかと、弱気にもなる虚しい瞬間。

内野さん。
僕はもう、兄のようになんて思ってないよ。

これって、そういうことでしょう?

浩太は手についた汚れを、ふき取りながら思う。

SEXなんかしたことなくたって、ある程度の知識くらいあるよ。
僕は小さな子供じゃない。

体が小さくったって、見た目がどうであったって、高校生であったって。

――僕は、男なんだよ。

光希にハッキリと言われた言葉。

内野さんは、僕には手を出さないって……。
断言されたことが、悔しい。

じゃ、自分が手を出せばいいのだと思っても、かわされてしまうことくらい想像がつく。
柔道をしている内野さんに、力で敵うとも思えないし。
それをすれば、僕は要と同じだ。

それに。やみくもに突進したって、大人からすればただ子供がダダをこねてるようにしか見えないだろう。
……あの、初詣の日に皆の前で大声で言ってしまったことのように。

内野さんも、光希さんも、目を丸くしていた。
その後で、光希さんが小さく笑った顔も見た。

大人の余裕?

だから何なのだとも、思う。

いくらだって笑えばいい。

僕が僕自身を笑わなければ、いい。

十八歳だって、誰かを好きになる。
それがたまたま、大人の男の人だった。

初めて誰かを好きだと、ちゃんとそう思った。
初めて触りたい、触られたいという欲望を持った。

それのどこが悪いのか。

浩太は単純に、そう思うのだ。

それが成就するかどうかは別の処にあっても。

こっちを向いて欲しい。

僕は、内野さんにこっちをちゃんと見て欲しい。

思えば、誰かに好きだって告白さえしたことのない自分が、いきなり大人の人に向かおうしてること自体、無謀なのかもしれない。

…………明日は、内野さん用事があるって言ってた。

きっと光希さんだと思う。
何となく、そう感じる。

どうしよう……。
恋人になっちゃったら?

浩太はグルグルと、同じことを繰り返して考える。

――駄目だ。

誰にも相談も出来ない。

浩太はモヤモヤを抱えたまま、携帯を取り出す。

明日行かないでくれ――など、まさか言える訳もないし、そんな権利はどこにもない。
年末から今日にかけて一緒に過ごしてくれた上に、これ以上の我儘はさすがに言えない。

調子に乗りすぎだ……と自分で反省しながら、浩太は携帯を持ったままゴロゴロと転がってはため息をついていた。

【BL小説】参加中。↓最後にバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-111】へ
  • 【ここに、おいで-113】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様。

> 初めて誰かを好きだと、ちゃんとそう思った。
> 初めて触りたい、触られたいという欲望を持った。

> それのどこが悪いのか。

ごく、単純明快で、私は好きです。
ただ、周りがソレを良しとはしない。
浩太はそんな周囲を跳ね除けることが出来るのか?

がんばれっ!


そして、忍耐王、内野(笑)
光希のグイグイを躱しきることが出来るか?

kiriさん、今日もありがとう。

Re: タイトルなし

鍵コメ2様

あ、お出かけですか?

> ああ、続きが気になる~!!←笑

戻ってきて、一気に読んで下さいー。(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

浩太の頭の中は、わりと単純明快。

色々グルグル~するんだけどね。
結局は、単純な場所へ。
まだ、複雑さがよく分かってないのもあるけど、基本的にそういう子ですww

>ただ、周りがソレを良しとはしない。

浩太の本質…。人と比べない処。
大人と子供の差を感じてはいますけど。
その距離もいずれ縮まって行くという方向を見てる。

持って生まれた気質と、父の育て方が表に出てきます。

忍耐王(笑)
ほんと、勇次と並ぶくらい忍耐だね~。意味は、ちょっと違うけどw

追いかける方と、追われる方の違いもあるしね。

有難う御座いました☆

大人の階段のーぼるー♪

君はまだーシンデレラさー♪頭ん中でぐるぐる流れてる(^^)

浩太、心も身体もムクムク成長中~(〃∇〃)
浩太が色めき立つと妙に安堵してしまう。

けど、ほんと見てて飽きない子ですね~
大人顔負けの思慮深さを見せるかと思えば
一緒にベッドで寝たい、潜りこんでやりたいと思いながら気付いたら朝だったとか(笑)仔犬がベッド周りでキャンキャンしてるみたい(*^^*)
くっついて寝たいだけて。触るの我慢してるうっちーを更に修行僧にするつもり!?(爆)
も、うっちーオチオチ寝てられないんじゃf(^^;
でも、それでも同じお部屋でずっと寝かせてくれて、うっちー優しいなぁ~


うん、浩太、確率はゼロなんかじゃないよ。
生きてるんだもの。(秋也も言ってましたね~)
会える、顔を見れる距離に居られるのだから。ここからだよ(^^)d

恋人が出来るかも知れない焦りや虚しさ、グルグルでしんどいだろうけど、今は力を溜める時。
がむしゃらに動いたって今はうっちーを困惑させるだけ。

重い重い扉を開けるのはパワーが要るからね。今の想いや苦しさに、とことん向き合って、落とし込んで、糧にして、その時が来たら突き進んで行けばいい。

うっちーも今は困惑してかわすことを念頭に置いてるかも知れないけど、苦悩の中でちゃんと浩太のこと見て考えてくれるよ!

相談できる人も、共感してくれる人もいない中で、それでも前を向く姿勢を崩さない浩太がいじらしくて可愛くてたまりません!
Kiri さま今日もありがとうございます(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あっという間の3日間…

後ろ髪引かれまくりながらの帰宅
送ってくの言葉も、ウッチーが離れがたかった。と言う風に解釈してみれば
も少し長く一緒に居られたかもしれないのにねぇw

浩太が、夜這いとか寝技とか考えて
ベッドインはオネダリしてたっ!!?
そりゃ間髪いれずに『ダメ』言いますよね(^_^;
そんなことされたらねぇ…蓋が…‥…

ウッチーの寝顔も格好いいんだろうなぁ♪
我慢ならずに顔をスリスリ、思い出して自身をスリスリ

自慰する位になるまで。。。
扉の前で入れてくれるの待ってる状態になってるんだね。
こうなったら開扉されるまで、考えて体当たりして突き進むしかないねっ!
ガンバ!浩太❗

Re: 大人の階段のーぼるー♪

さく様

大人の階段、今は一歩上がってはまた降りたりしてますね。
けど、その内二段飛ばしくらいで行くかもよー。若いスタミナあるから←言い方がおばさん

なんか、腹黒なとこもチラッ(笑
ちょい策略めいたこと思うんだけど、朝まで爆睡。。。実行に至らず。

完全に、自己中状態です!
内野の気持ちなんか、もう「子ども扱いしかしない」と思いこみ。
一緒にくっ付いて寝る?内野、どんな顔してたんでしょう?
迷いなく「ダメ」としか言えなかったかな…。気の毒~!

そうそう。内野さんには、会いたいと思えば今は会える。確立はゼロじゃない。
秋也も隼にそういう風なこと言ってましたね。
一番近い、大事な人を失った彼らの心は、ネガることより違うその先を見る。

多分、秋也の時のような「味方」や「見守ってくれる」人はいない。
秋也が信史の居ない時間、頑張れたのは…その周囲の存在だって大きかったもの。勇次の背中や、隼が時々会いに来てくれたり、メンバーや、親友の存在、玲奈ちゃんも忘れちゃ駄目ねw

浩太は孤立無援です。
誰にも言えないし、相談したところで「男」という部分を隠さなきゃ。
恋愛もしたことない。相手の気持ちも、今は相手にしてもらってない。
意地悪もされる、ダメ、ヤメロ、無駄、こっちに来るな…皆が口をそろえてNO!

頑張れ…。読者様が、浩太の味方だよ!!

有難う御座いました☆

Re: 不法侵入はダメ

鍵コメk様

>実はですね、BLの世界・・・kiri様の小説ででびゅー♪
えぇぇっ…そうだったんですか!!(゚д゚)ビックリ
そりゃ、BL用語出て来たら「え、何?」って一々ググるはめになりますよね(笑
もう、知識も…ついてきたことかと。。。(´艸`*
>今、楽しくてしょうがありません!←新たなる腐の扉を開けちゃいましたね??フフ

初BLって方、時々来て下さるんですが、焦りますー(爆)
しかし…皆様、どこから飛んできて下さるのでしょう。いつも謎ですww

で。本編。
浩太…寝込み中に触る。危うく、要化してしまうとこでした(汗~
ま、お髭だけですけどね(笑)好きだったら、触りたいんだよね~~~。キャー

>内野、セコムしてるし・・・触れるとビィ~~~~ってね←笑

恋愛…その部分では、結構向かってますよ。そう何年もかけるようなことは有りません‥腐
浩太がね!!段々、ボルテージが…。高校男子は止まり難い…。

有難う御座いました☆

浩太いじらしい・・・

でも、強いのね、浩太!ほんとだったら、ぐるぐるしながらネガティヴに入って
行っちゃいそうなのに、一生懸命、前向きに頑張ってる。

>いくらだって笑えばいい。
>僕が僕自身を笑わなければ、いい。

なんか・・・この言葉にジ~ンときました!なんか自分振り返って恥ずかしく
なってみたり(^^;
ほんとに強くないと、この言葉は出ないと思います。見た目は儚げなのに、
浩太の中身って、実は登場人物の誰よりも強いんじゃ?と思ったり。
キャンキャン可愛い子犬かと思ってたら、いつの間にか得体の知れない獣?に
なってるかも・・・?<でも躾は行き届いてそう(笑)

これからの浩太の急成長と、ウッチーのぐだぐだぶりを、毎日楽しみに拝見して
います(^-^)<あ、ハンター光希の攻撃もね(笑)

Re: あっという間の3日間…

うさメリ様

本当は、ずーーっと居たいよね。内野さんと一緒に居たいし、自分家より心地良いし。
そして何より「邪魔」できるもんー。

ちょっと腹黒な浩太も、チラチラと。恋なんか、綺麗な心のままでして何が面白い。←おぃ

まず夜這い…コラコラ。何を考えてる。←いやいや、前に既に実行済。
その上、何かをしようと言う明確な計画も無いですけど。そして、朝まで爆睡。
だって、お正月夜更かしだし、バイトめっちゃ忙しいし!仕方ない…寝ても。

それに柔道してるから、いざとなったら負けるみたいなことも。
浩太…何をする気だったの?←多分、意気込みダケ

相手を完全にロックオンしての自慰は、ここ最近でしょうね。
もう、これは…進むしかない。…と、浩太は思ってることでしょう。
体は正直です。18歳…心よりある意味、とても分かり易いww

有難う御座いました☆

Re: 浩太いじらしい・・・

む~様

うん。浩太の強さってね、秋也とはまた違うのね…。
純粋さとか、真っ直ぐさとかは似通ってても。秋也の方が、まだ天然っぽい。
特出した容姿で、どっちかというと人から「下」に見られることのない高慢さを持ってる秋也とは、どっちかというと逆かもしれない。
雑草的な強さ…かな?

浩太の大人びた考えや言葉は、父親からの言葉を応用して行ってます。
今までもチョロっと出てきてましたけどね。彼の根に、それが息づいてる。
明良父はもう「可愛い」だけで、激甘でしたけど。浩太の方は、育てられたから。

浩太の心は、ちょっと獣入ってきてますよ…笑
だって男だもん。ココは、見た目裏切るかもですが…しょーがない。
でも、具体的なことはまだ知識が追いつかない(爆

>ウッチーのぐだぐだぶりを←笑
最近は、内野のこういうとこが好きな方まで出てきました…ww

有難う御座いました☆

少年盛り易く、学(BLについて)成り難し~。

某有名コトバで遊んで見ました。笑。
浩太、本当に悶々シテマス。かと言って、お寺の和尚さんにも聞けないしねぇ。 寂聴サンあたりなら、「いーんじゃない?人生は1度きりよ♡」 とか言ってくれるかもしれないんだけど(笑)。


18才の世界は小さい。そして本流から外れる・・という選択を見つけられない。 でも、足を踏み入れちゃったら、進むしかないんだよね。

迷わない為に、迷う。けど、覚悟が決まったらもう、砂漠だろうと海の底だろうとそこにあるゴールを目指すのみ!

あとは、誰かが「それでもいいんだよ」 って認めてくれることだけかなー。。



内野の方が揺れてるか。
光希を取ったら茨の棘も少しは柔らかいんだろう、と思う。 気持ちも通じ合える部分が多い。
ただ、どこまでいっても浩太が1番になりそうだし?
とっくにエチも含めた’好き’だし、ね。

新年度になったら浩太がもの凄く変わると思う。新しい職場の♂友だちにこっち側がいた、ってなったら、うっちー、どうする??(笑~~)

浩太一回おねだりしてみたのね~ でも速攻却下されちゃったかー
でもね浩ちゃん、ただくっついて寝るだけでも内野さん大変な事になっちゃうんだよ! 許してねー浩ちゃん♪愛故に…

何とも想ってなかった時は本当にただの添い寝だったけど、今のうっちーには苦行ですね(^w^) お目々も(も?)ギンギンで眠れない~ww

まさか浩太が自分を想ってしてるなんて、うっちー夢にも思ってないでしょうね~ 浩太は子供だから!!って思い込んでるもんね! でも浩太だって高校生3年生の男子だぞ!色気はゼーローでもf(^_^;

Kiri様今日もありがとうございます♪ 毎日暑いですね~ 暑すぎて何にもやる気になりません(*_*; うっすら埃を掃除する浩太の方が主婦力高いです!
浩太を見習って明日は頑張ろう♪涼しかったら←
明日も楽しみにしてま~す(^o^)




Re: 少年盛り易く、学(BLについて)成り難し~。

ますみ様

浩太、色々と悶々。
好きになっちゃったのが、内野さんなばかりにー。

それが無ければ、平和な日々…いや、ちょっと退屈?笑

>足を踏み入れちゃったら、進むしかないんだよね。
内野にギューされて、成瀬に確認作業して、やっぱりそうだと確信して。

そこからはもう、気持ちは一人ジェットコースター。

誰にも聞けない。恋愛若葉マークなのに、参考にするような恋愛も周りに無い。
コンビニに来るお客さんくらいしか(> <。)
頼りの内野さんは、当事者だし。一番聞けそうな光希は、ライバル。
まさに気分は四面楚歌。

それでも、何の知識も無いからこそ!突き進める部分もあるかも…?

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

kei2 様

浩太、くっ付きたい一心で、お願いしてみました…。即、却下。
何かしてくれなんて思ってない。だと?
内野の~内野の~~気持ち、ガン無視(知らないもんで

もー。一人で気持ちだけが前へ前へ。
恋じゃなかったら、今までのようにただ頑張ればいいんだけど、恋は相手次第ですからね。

まぁ、まさか…自分でナニをしてるとは、内野も知らない。
ってか、もう浩太のそういう系は、なるべく考えないように頑張ってる内野さんかもしれないww
色気無いしね…浩太(爆

猫キャラちゃんみたいな色気が、仔犬にもいつか出てくるのだろうか…。
書き手も不安だよ(^^;

ほんと毎日、暑いーー。ちょっと出かけたら、汗が吹き出します。
今からなんですよね…夏本番!うは~…ヤダな(-A-。)
頑張って乗り切りましょう!

有難う御座いました☆

Re: お赤飯!

鍵コメt様

いいのですよ…いいの。
浩太が、ターゲットを決めて…致した訳ですから(笑

祝い!!

BLですからねっ。Rが全然ないけど!一応…。
今日も☆R15…つけようか迷って…そのまま、寝てしまいました。←
つけたら、多大なる期待をさせてしまったことと(汗

>仕事帰りにコンビニでお赤飯のおにぎりを買って帰りました。←笑

えぇ。これも大人への道!ww

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-111】へ
  • 【ここに、おいで-113】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。