女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

ここに、おいで。

ここに、おいで-102

 ←ここに、おいで-101 →ここに、おいで-103
浩太は午前中に買い物に出て、ついでに弁当箱もカゴに入れた。
これからも機会があったら、作ってあげたい。

レジでお金を支払ってから、最後に弁当箱を袋に詰めながら思う。

恋人が出来たら邪魔はしないと思ってた頃との、違い感じて。
これは……僕は意思を持って、邪魔をしようとしてるんだよな。

本人に、邪魔をするなとハッキリ言われてるのに。
負けたくない……。
僕は、咄嗟にそう思ったんだ。

内野さんが自分に甘いのを知っていて。
僕は、光希さんの邪魔をしてる。

昨日、一緒に寝た。
何も無かったけど、一緒にベッドに入った。
それだけで、少しでも光希に近づこうとしてる自分が居ることを改めて思った。

ってか、気付かれてないかもしれないけどさ……。

いや、気付いてたと思う。
だって、壁際にくっ付いて寝てたもん。

何、あれ。
あんなに不自然に避けなくったって……。

浩太は勝手に色々考えて、ムッとしたままスーパーを出る。
今日のメニューはオムレツとサラダと、キャベツの特売だったから、簡単に野菜炒め。
あとは冷凍庫に残ってた豚肉で豚汁。

そして明日のお弁当のおかず用に、ウィンナーや冷凍のから揚げも一袋買っておいた。
料理が特別得意って訳じゃないから、自分のお弁当には結構冷凍物を使う時もあるけど、結構美味しいんだ。

スーパーの入口にお正月用の飾りが売ってるのを見て、ふと過った思い。
内野さんはお正月、どうするんだろう?

光希さんと一緒に過ごすと言われたら、さすがに邪魔は出来ないとは……思ってる。
どっちにしても、年末年始はバイトのシフトがしっかりと入ってる。
内野さんも光希さんも休みだもんな……邪魔したくても出来ないや。

もしかしたら、実家に帰るかもしれないし。

お正月、内野さんと一緒にいられたら最高なのになぁ……。
でもさすがに、それは厚かましいよな。
クリスマスとかそういうイベントは、あんまり足を踏み入れちゃダメだとは思ってるんだ。

思ってるけど。
……本当は、一緒に居たい。

聞いてみようかな。
聞くくらいは、いいと思うんだ。

*

昼の三時前になって、成瀬が入ってきた。
三時半に高校生の山路が帰るから、浩太は休憩をもらう。

事務所のテーブルでおにぎりと、アルミ箔に包んだオカズを食べる。
内野さん、ちゃんと食べたかなぁ……。

大きな会社なんだから、社食だってあるんだろうけど。
浩太の頭に社食や、お洒落なランチなんかを食べている内野が浮かぶ。
そして、残り物の自分のアルミホイルに包まれたオカズを見る。

でも、喜んでくれてた。
お弁当に触れて……有難うって言ってくれた。

浩太は内野の嬉しそうな顔を思い出して、おにぎりに噛り付く。

そこに成瀬が事務所に入ってきて、タバコのカートンを選んで取り出していた。

「……ったく、新人は遣えねぇ」
「また文句言う」

浩太が食べながら言っても、ケッ!と言いながら、タバコのパッケージを開けて行く。

すぐそんなこと言うから怖がられるのに……。
そう思いながら、成瀬を見ていた。

「……昨日のギューだけど」

パッケージを開けながら、成瀬がボソボソと話しかけてくる。

「うん」
「俺、もう謎で、謎で……。ずーーーっと考えてたら、なんか突然ピン!と来ちゃって」

え……。何か気づかれた?

「まさか……。あいつに、惚れたか?」

いきなりの大正解に、浩太がおにぎりを喉に詰まらせた。
ゲホゲホしながらお茶を飲む浩太を見て、成瀬が呆れたような顔をする。

「お前さ……あの新人にしとけや。可愛いだろ?女の子だし、高校生同士だし」
「……そんな身近で手軽みたいに」

浩太がムッとして言い返せば、成瀬が頭をわしゃわしゃとしてきた。

「お前のために言ってんだよっ。何かされたか?で、変になっちまったとか?」
「違う……」
「じゃ、何であんなこと」
「それは……」

玄関で抱きしめられてからおかしいのだと言おうと思っても、また変な風に取られる。

「あの男……。高校生に……」
「違うっ」

勝手な憶測は、もうたくさんだ。
好きなのは、僕の勝手で……内野さんのせいじゃない。

「ったく……お前、危ない目に合っといて、懲りないっつーか……」
「内野さんは、何もしてくれないよ!!」

浩太がつい大きな声で言ったら、成瀬が目を見張る。

「……は?」

成瀬の顔を見て本気で言ってた訳じゃないことを感じ、浩太も力が抜けた。

「一緒にベッド入っても、何も無いんだから」
「何、自慢してんだ。……ってか、ベッドに一緒に寝てんのかよ」
「それも微妙……。寝てたから、僕が勝手に潜り込んだだけ」

浩太の言葉に、成瀬が一瞬目を剥いて……ゲラゲラと笑いだした。
ムッとして、お茶を飲みながら残りのオカズを口に放り込む。

「ま、ガキすぎて相手にしてもらってないっつーことか」
「…………」
「いいんだよ、それで。あっちに行かない方がいいんだって」
「あっちって……」
「リスク高過ぎんだろ?やめとけって」

成瀬の言ってることは、普通に誰もが思うことなんだって浩太だって分かってるつもりだ。
だから、誰にも相談できないで一人でずっと悶々してた。

「偉いじゃん。あの人」
成瀬がボソッと呟く言葉に、ちょっと悔しくなる。

「じゃ、僕を相手にしたらまた偏見?」
「いや……そこは男も女も一緒だ。いい年した大人が高校生に手出すのは、俺的にはバツだな」
「成瀬さん……結構、頭が硬いんだね」
「俺はこれでも、教育学部なんだよ」
「先生になるんだったら、偏見とか無くした方がいいよ」

生意気なことを言われた成瀬が、手を拳骨の形にして浩太の頭にグリグリとしてくる。

「痛いっ」

ブザーが鳴り、成瀬が慌てて店内に戻って行った。

――あいつに、惚れたか?
そうだよ。
成瀬さんなんか、全然ドキドキしなかったもんね。

――ガキすぎて相手にしてもらってないっつーことか
その通り……。
全然、相手にしてもらってないよ。

僕は、今……。
内野さんに恋人が出来そうで、焦ってるんだよ。
その人は僕よりずっと大人で、綺麗で、格好良くて、自分の腕だけで生きてる人。
どこにも勝ち目なんか無くったって、僕は負けたくないなんて思ってるんだ。

抱きしめられる前から、本当は同じような気持ちを持ってたような気がする。
それくらい、今の気持ちに違和感を感じないんだ。

相手にしてもらえてなくても、会いたいし、声も聞きたいし、色々と世話するの嬉しい。

こういうの、どうやって止められるのかもわからない。

それが、子供なんだろうか?

【BL小説】参加中。↓最後にバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-101】へ
  • 【ここに、おいで-103】へ

~ Comment ~

お久しぶりです◎
いつも楽しみに読ませて頂いてます♩
少しずつ話が動き出しましたね!モンモンしながら読んでますww
成瀬、イイ奴ですね!好きです◎
偏見もあるけど…何というか、結局世の中そういう人が大半で、その人たちが悪ということでもなくて…(なんか話がおかしな方向に…ww)

はやく浩太と内野さんくっついちゃえ!と思う反面、光希サイドから見ると、ぽっと出の浩太がかわいいけど邪魔で仕方がないんだろうなあとか…
ごちゃごちゃ書いちゃったけど、毎日楽しみにしています^^

浩太さんの本音

「なにもしてくんないよ」

そうですか。
何かしてほしかったんですね。
ぎゅっとか、ちゅっとか。

でもそれ以上は?(^_^;)

内野砦の守りは堅いぞ。



ブラウザを変えたら拍手ボタンが小さくなってしまった…なんでやろ…(-_-;)

Re: タイトルなし

こゆき様

お久しぶりですっ(^^)/ 読んでくれてたんですね~(嬉

ちょっとずつですが、一応は進んでますww
浩太が気づいたけど、内野がねぇ…。

成瀬、悪い奴じゃないでしょ?
そう、そう!偏見もってるから「悪」って訳じゃない。
皆、色んなことに多かれ少なかれ持ってるもの。
内野だって「子供だ」「ノンケだ」って、有る意味偏見持ってるし。

>光希サイドから見ると、ぽっと出の浩太がかわいいけど邪魔で仕方がないんだろうなあとか…
うん、これもそうだと思う。
出合いの後先は恋愛に関係ないって言ったって、腹立つきもちも抑えられないよねー。

ここから終盤に向けて、ちょい切ないシーンもありますが…ハピエンに向けてジリジリと(゚∀゚)

有難う御座いました☆

Re: 浩太さんの本音

Az様

何かをしようとまでは思えなくても(やり方もワカランw

なーーんにも無さ過ぎも、ちょっと…。
この微妙~さよ(笑

それも、壁にくっ付いて寝てるし!そんな避けんでも(> <。)
とか思っちゃったりね。
恋って、こういうもんだよ…浩太。

え、拍手ボタン小こい?何でだろ…。そんな小っこいの押してもらって(>_<)
有難う御座います~~~!!

成瀬大放出( 〃▽〃)

くふふ~♪Kiri さまー私のために←(違)成瀬をたくさんありがとうございます~\(^o^)/

うっちーに惚れてること気付いてたんですね~そりゃそうですよね、いきなり純情な浩太が抱き締めて!だなんて(笑)

けど感情的にやめろ!って頭ごなしじゃないとこに、彼なりに諭してるとこに成瀬の本質が出てる気がします。言葉や態度は乱暴かも知れないけど。
それは浩太のことだけじゃなく、うっちーのことも認めてくれてるからですよね?
浩太に手を出さないとこも。偉いな、あの人って成瀬の口から聞けて嬉しいです。
応援なんて出来ないだろうけど、悶々としてる浩太にとって話せただけでも良かったのではないかと。さんざん成瀬のことブツクサ言ってますが(^^;

うっちーに気持ちが届くまでまだまだ長い道のりかな~
浩太がコンビニ卒業しても時々、成瀬に会いに行ってほしいな~♪

なんかいろいろ動いてゆく感じ…。うっちーと浩太のほのぼのに馴れるとなんだか変化が怖いっ(>_<)でも大きく動いてくれなきゃ~という期待もあってジレンマでドキドキひやひや悶々としてます(@_@;)
けど今日はオアシス成瀬登場でウキウキ~♪♪
Kiri さま毎日の更新ありがとうございます(*^^*)

NoTitle

kiri様。
成瀬くん、教育学部?
じゃ、アレですよね!
このお話が終わってしもたら特攻SSで、隼の後輩教師として出ますよね!
絶対ーーーーっ!に、出演機会がありますよねっっ!!
てか、まだまだ【ここへおいで】が続いてますよね(苦笑)
でも一番喰いついとかなアカンとこですよね(違っ
いえ、与太話ですけどね。



内野さん、壁に張り付いたまま朝まで寝たのね。寝相が良いわ。
浩太なんか、仰向けで、蒲団から足放り出して寝てたのにww

この辺が大人と子供の差?!(笑


ますみ様、鍵外れたe様。
ありがとうございました。
流石に気付くの遅れました テヘ

きちゃない勇次とそれを嬉々としてお世話する隼&ベース以外の腕を磨いてしまう事になる陸朗。。。
良いのか悪いのか(汗)
いえ、良いのです!きっとっ!


ええ、多分(; ̄ェ ̄)

恋だね♪

浩太~うっちーったら本当にひどいよね~ あんなに壁にくっつかなくてもね~
せっかく一緒のお布団に入ったのに『何にもしてくれないし』^m^
でもきっと本当になんかされちゃってたら、びびっちゃったと思うぞ!
一人でぐるぐる考えて、む~っとしちゃう所がやっぱりお子ちゃまな浩太君!本当にキミは可愛いなぁ~ 

成瀬くんといい関係ですね!すっかりバレてるし(笑
他の人に話せて少しは気持ちの整理ができたかな?
成瀬君、浩太との付き合いの中で少しでも偏見がなくなるといいな~
そして浩太とうっちーのこともいつか暖かい目で見てほしいです♪

恋する気持ちは誰にも止められない!浩太~その想い止めなくていいのよ~
早くうっちーが浩太の気持ちに気付いてラブラブにならないかな~と心待ちにしつつ、その時の光希を想うと切なくて心が痛くなる...

37の健太郎なんて『ムリムリムリ無理~秋也は信史のもんじゃいボケ~』
だったし(ゴメン健太郎くん!今はちゃんと好きだよ~)
特攻の時には、うっちーいい男だな~と思いつつも
『隼には勇次君がいるから!ごめんよ~うっちー』な重くない感じだったのに
光希くんには心寄り添っちゃいます。 なんでだろ?(そんなの知らんがな~ですよねww)
光希が自暴自棄になって変な男に引っかからないように、今から
願かけて光希のまわりいい男で囲んでおきます!

kiriさま~走り始めた浩ちゃんが、転ばずそのままゴールのうっちーの胸に
飛び込めるよう祈ってます♪
明日も楽しみにしてます! 今日もありがとうございます(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 成瀬大放出( 〃▽〃)

さく様

あは~。成瀬の登場で、喜んでくれてますねww

成瀬、すっごい「謎」だったようで、気になって考えて…ピーン!
まさか?と思って振ったら、浩太そのままの反応。
まぁ、内野来る度に、尻尾ブルンブルン振って嬉しさを体中で表現してた仔犬だったからね。

内野と少し「浩太見守り隊」みたいなことがあって、何となく印象も変わってきてたとこ。
そこで手を出してたら、最悪な野郎!でしょうが…。浩太からの言葉でまた良い印象に。
成り行きも軽く聞いてるから、惹かれる気持ちにも頭ごなしには否定しませんでした。

でも、やめとけ。…と。えぇ、成瀬君の意見はご尤もだと思います。
浩太の未来を、ここにも案じてくれてるお兄ちゃんが。偏見も何のそのー。

だよね。浩太がこれ以上を望まなければ、ずっと…ホノボノでいられるんですよ。
内野はそのつもりでいますから!
浩太のためなら、内野は自分の気持ちに蓋をし続けることが出来る人です。
だけどねぇ…。仔犬はそろそろ脱皮開始(´艸`*)

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

優様

> 成瀬くん、教育学部?←笑

いやいや、ここは先生になるのに、もうちょっと偏見どーにかした方がイイよ?的な。ww
でも後になってから「あ…。先生=隼と結び付けられるな?」と思いましたわさー。

やっぱり食いつかれた(゚д゚)!

成瀬…隼とちょいキャラ、カブってますよね。←今、思った(爆
こんな先生2人いる学校てっ。
まぁ、何か降りて来たら…。ご都合BLも、可能性無しとは( ・⊝・ )

内野、壁にくっつきすぎて、体痛くなかったんかいな…。
浩太は多分、好きに動いてたかと。

>この辺が大人と子供の差?!←正解(おい

有難う御座いました☆

何でも聞いてみよう!聞かなきゃ前に進まない♪

浩太が好きを認識したら
一度に色んな事が開花したようにも思えるんですがっ!
恋愛に目覚め、男(の子←)に、嫉妬にと目覚め始め前に向かってる!
きっと、殆ど未体験の事に勉強よりも頭使ってるでしょうww

本来の浩太がムクムク出始めているのも感じますね。
甘える、我儘言う、取り敢えず言ってみるは、言える人を選びがち。
ウッチーはそれを全部叶えてくれる人だと、浩太も気づいていますしね。

自分からギューお願いしておいて、
成瀬さんなんかと‥なんか呼ばわり(爆
ここで成瀬君にバレて、何気に浩太も本音言っちゃって
今後の相談相手、成瀬君に決定かナ?

Re: 恋だね♪

key2 様

>本当になんかされちゃってたら、びびっちゃったと思うぞ!←正解

だって、内野…多分、Rになると本領発揮しちゃうよ?
浩太の年にはもう、夜の街で年上相手に遊んでた人なんだから!
あの隼さえも、内野のテクには押され気味だったもの~。

でも、やっぱり…。浩太には、いきなりそんなこと出来ない内野だと思います(爆

成瀬にバレて、開き直っておりますが(笑
でもやっぱりこれが「現実」だってことも、少しは分かったかと思います。
多分、誰一人「いいんじゃない?」なんて、言ってくれる人はいない。
ほぼ100%の人が「やめろ」という。多分、私でも…リアルなら言う(腐ってても
浩太の気持ちがまだ芽生え始めなら、安全な方を道案内をしてあげたくなる。

光希も、やるだけやらせますね。例え失恋したって、それがどうした!…と思って。←ヒドイ
今の光希は、心に浩太を残したままの内野を丸ごとは愛せないと思う。
ただ想いを残してるっていうなら別ですが…。内野は多分、浩太を優先し続けちゃう。浩太が来る限り!それに耐えるか、もっともっと強くなって包み込む程の大きな愛情を注ぐか…。24歳じゃ、それもキツいな。

あはは~。健太郎!あの時は、健太郎ボロカスだったなぁ~。
でも中には「イケー!!」と、ドSな方も居て、面白かったです←

揺れろぉ~内野。浩太と光希の間で(鬼kiri参上?
人に何言われたって、いいよ。自分の人生だから、自分が幸せになるために!
狡くても、臆病でも、何だっていいよ。他人が自分の人生を歩く訳じゃないもの。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメs様

今、村見て来た。
ほんとだ。今日のお話がUPされてない。

で、よくよくみたら…「新着記事・画像が表示されない」障害出てるとか何とか?
時間的なとこみたいだけど。そこにハマっちゃってたみたいね…。
しょーがないか←エラそうに

Re: NoTitle

鍵コメe様

>仕方ないよ、浩太。あれでも内野さんは耐えてるんだよ、たぶん。
うん…耐えてるはず。壁にくっ付いてるとこが、物語ってますよw

>成瀬が教育学部というところが今日の私のポイントでした。
初期にそう設定してたので、やっと出せた…。笑
「おい、先生はもうちょっと偏見をなくした方が。。。」と思いつつ、書いてたの(笑
色んな生徒がいて、色んなマイノリティーの子が居るもの。
成瀬も今回のことで、少しは軽減されていけばいいなぁ…。

成瀬は先生目指してる分、高校生と社会人をキッチリ分けて考えてますね。
浩太は頭が硬いっていうけど、そういう人が居ないと世の中どんどん乱れるんだよ~。
柔らかい人もいて、ある程度のバランスが取れてるってことも、その内知って行くだろうけど。

成瀬と浩太って、一時の洋平と隼みたいね。いや、こっちはRの欠片もないですが(笑

あ。はい。イ○ン君の件は、何故か知っておりました…。
ビックリしましたよ、聞いた時は!数年前に否定してたものー。
でも、イケメンなので…萌えてしまいました。←ソコ

あー。とうとう勇次が秋也を抜きましたか~!
いやもう、ジワジワ追い上げてたので、時間の問題だとは思ってたんですよ。
一応うちのサイトのメインキャラなのに、信史も野獣に抜かされそうです。(>_<)
押しキャラだけは、譲れない!ってのが、凄くわかります(笑

有難う御座いました☆

Re: 何でも聞いてみよう!聞かなきゃ前に進まない♪

うさメリ様

もう好きになっちゃうと、やっぱり色々考えるよね。
恋愛を通して、色んなモノに目が行って成長もしていく部分あるんだし。
やっぱり恋は、成長を促す要素多いなぁ~w

他キャラよりおぼこくて頼りなく見えてた部分は、ここが欠落してたのよね。
他は案外しっかりした子だったもの。

>ウッチーはそれを全部叶えてくれる人だと、浩太も気づいていますしね
そうなのよね。内野、浩太にはやたらと父性を発揮してしまうとこあるしw
でも、初めて「受け入れてくれない」ことを体験する。

自分から成瀬に相談することは、無いと思うけど(反対されるの分かってるから
でも、成瀬が気にしてそうですよね…笑

有難う御座いました☆

普通と違うけど。

幸せは、自分が感じられるならそれでイイと思う。そして相手も同じように思ってくれるなら・・、それが一番。

決めるのは自分自身だもの。


浩太、ハードルの高い恋だけど、めげずに走ってるねー。
ゴールがはっきりしてて、だからかな?暗くないし。成瀬くんに言われても、
「好きなのは僕の勝手」   エライ!

成瀬に―ちゃん、全部拒否じゃないけどある意味普通の人・代表。。
はっきり言うけど浩太を心配してるの分かるから浩太だって真面目に答えてる。
それも浩太にちゃんと考える機会になって。

いつか浩太が内野の横で幸せそうに笑ってたら、成瀬にーちゃんもほっとするかも。
あ、でも、その前にバイト卒業して、先生になってるか。


新しいお弁当箱、出番が多いといいねー。




Re: 普通と違うけど。

ますみ様

好きな者同士。一緒に居て、心地良い相手。
本当はそういう人と、結ばれるのが理想ですよね…。

何が幸せへの道かどうかなんて、誰にも分からない。
だから、自分で決められるならそれで納得も出来るかな。

人はアレコレ言うもの。その人の人生を背負う訳じゃなくても、ついつい…。
でも心配して言ってくれる人もいるんだから、そこで耳を塞ぐだけってのもね。

こういうことって、年重ねて分かってくる部分大きいですよね。

浩太だけじゃなくって、内野も、光希も…成瀬も。
皆、成長途中。人は死ぬまで、どこかで何かを学ぶんだって聞きますし!

成瀬は遠回しに言わないから、嫌味ではないよね。
偏見というより、今回は「普通に皆が思うこと」と言った。

けど、浩太が幸せに笑ってたら…。
あのコンビニの前で浩太が見たカプのように、微笑ましいと思ってくれたら◎

有難う御座いました☆

ここにも運命の出会いが(大げさ?)

kiri様

この102話を読んで、コメ欄も読んでいろいろ考えちゃいました。
成瀬の感覚は極めて一般的なんでしょうね。
同性・愛を気持ち悪いと思うことも一般的な感覚なんでしょう。
でも教師としてはその一般的はどうなのかなあと思うんです。
教師の「そんな人いるの?」とか「同性・愛って気持ち悪いよね」とか、そういう配慮のない言葉にとても傷ついたという、セクマイの方の経験談を聞きました。
一クラス30何人かいればひとりかふたりはセクマイの子がいるかもしれないことを考えると、教師こそセクマイについて学んで偏見をなくすべきなんじゃないでしょうかね。
決して別世界の無関係なことじゃないはずなんですよね。
そういうことを考えると、成瀬が浩太や内野と出会ったことは、教育学部の成瀬にとっては運命的なことだったように感じます。
成瀬の教育学部設定にこんな意味があるとは。
kiri様、さすがです!
成瀬、きっといい先生になりますね(^o^)

Re: ここにも運命の出会いが(大げさ?)

志緒様

うん。成瀬の言葉は、普通の一般的な反応だと思います。
いや…普通よりはちょっと優しいくらいかも(苦笑
浩太のこと、内野のこと…深い部分までは知らなくても、少し「知ってる」からでしょう。

成瀬の変化。気付かれましたか?笑
「気持ち悪い」と前面に出してた子が…浩太が抱きつき「気持ち悪い?」と聞いても「気持ちよくは無い」と答えた。これは凄い変化なんです(成瀬的にww

彼を先生の卵的な設定にしたのは、偏見…というか「知らない世界」が彼らにはまだまだたくさんあって。それをまず「知る」ことから、理解が始まるんじゃないかな…と思って。

学校には色んな少数派の子がいます。セクマイだけじゃなく、家庭の事情やら病やら色々。その全てに「理解」は無理でも、セクマイを理解しようとする姿勢が受け入れる容量を大きくするきっかけになるかも。何にでも、始まりがある。

今の教育現場は、昔よりは変化してるようです。ホットラインなんかではセクマイの子の悩みが急上昇とか。きっと、昔からあったんでしょうけど…今の時代が受け入れしようと変化してきてる途中なんでしょうね。それでも、いきなりの変化は無理だろうから…。まずは先生方が、頭から否定しないであげるようになって行って欲しい。

成瀬も、今は成長の途中。外から見ていた世界が、浩太によって身近に感じるように。
良い先生になって欲しい(>_<)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-101】へ
  • 【ここに、おいで-103】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ