女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-83 →ここに、おいで-85
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-83】へ
  • 【ここに、おいで-85】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-84

 ←ここに、おいで-83 →ここに、おいで-85
引っ越しの作業は、簡単に終わった。
荷物といえば、段ボールに二つだけ。
二日前に鍵を貰ったから、浩太が時間の合間に自転車で何度か運んだ。

あとは荷物が来る日に内野と二人で部屋で待ち、電化製品は内野が設置して、浩太は棚を組み立てた。
買ってきたカーテンをつけたら「部屋」になった。

狭いと言っても八畳と、小さなキッチンもある。
途中で叔母が来て、浩太の服やキッチン周りなどを手際良く片付けてくれた。

一緒に夕食を食べに行くことになっていたから、三人でブラブラと歩いて駅前の少し洒落たレストランに入った。

外食が久しぶりだという叔母が、前から行ってみたかったのだとのリクエストで。
三人で食事をしてる間叔母はテンションが高く、外食だけでなく浩太が無事に生活できる基盤を目にしたことで、ホッとしてるんだと思えた。

何度も感謝の言葉を言われ、最後には涙まで浮かべ出して浩太に窘められてしまった程だ。

思えば、義理とはいえ息子が甥っ子にしたこと。
兄の頼みを、こんな形で中途半端になってしまい果たせなかったこと。
他人の内野に託すしか出来なかったこと。
夫、息子、甥、の間に挟まれながら、心労があったことは確かだ。

まだ未成年の甥が、一人で暮らすことへの心配も当然あるだろう。
だからって他人に預けっぱなしも、釈然とは出来ない。

店を出て頭を深く下げられて、内野の中で少しの後ろめたさまで感じる。
何もしてはいないけど……。
浩太にもつ感情は、ただの善意ではないからだ。

一緒に居ることに喜びを感じていたのは自分であり、それにあまりにも感謝されると申し訳なさが出てくる。

「また三人で食事に行きましょう」
最後にそう言葉を交わして、叔母は急いで帰って行った。

「忙しい人だな」
「叔父さんが家で待ってるからね。仲良しなんだよ?」
「そうか。いいな、仲が良いのは」
「叔母さんに、毎日メールしなきゃなんない」

浩太が唇を尖らせる。

「面倒臭いか?」
「うーん……」

面倒くさい、とは言えないか。
心配してくれてるのは、浩太だって分かってるんだ。

「ついでに俺にもメールしろ」
「えーー」
「なんだ?部屋出たら冷たくなるのか、お前は?」

内野がちょっと本気になって言えば、浩太が首をふるふると振る。

「返信くれる?」

前を向いたまま、ポツンと言った。

「すぐには無理でも、絶対に」
「じゃ……毎日、する」

浩太のアパートの前に着いた。
二人で無言で立ち止まる。

「内野さん……。コーヒー飲んで行ってよ」
「そうだな。まだ時間早いし」

内野も離れがたく、浩太の招きを素直に受け入れた。

*

引っ越しを終えた今日から、浩太はここに住む。
そんな当然のことを、部屋を見回しながら思う。

「時々、内野さんとこに行ってもいい?」
「いつでも、おいで」
「ご飯とか、早く帰れる時は一緒に食べたりしたい」
「そうだな」

具体的な話は、何もしなかった。

浩太がしたいように。
俺は、浩太を受け入れるだけしか出来ない。
そして、浩太が飛び立って行くのを見ていてやりたい。

「いつ?」
「言ったろ?いつでも、来ればいいって」
「うん……」

寂しいよな、浩太。
俺も、凄く……寂しい。

何故、お前はまだ高校生で。
何故、お前は真っ新のノンケなんだろう。

どうしようもないことを、恨みがましく思ってしまう。

どこに理由を探しても、お前を恋愛対象として見ることが許されないように思える。
そのおかげで、何とか二か月半を乗り切れたのだ。

「行きたい時は、メールする」
「メールは毎日な?」

内野が悪戯っぽく笑う。

「内野さんへのメールは、面倒臭くなんか無い」
ちょっと怒ったように、浩太は答えた。

―― 十八歳。
気持ちの移り変わりの激しい頃。
新しい世界に触れ、たくさんのことを吸収して、間口が広がって行く。
その内、過去は後ろに追いやられて行く……。
寂しさも、新たなことで満たされて行くと、忘れ……。
時々、思い出してノスタルジックな気分に浸る。

自分もそうだったから。
―― 十八の頃を思い出せば。

浩太が来たいというなら、いつまでも。
頼りたいのなら、いつでも力を貸す。

お前が俺にくれたモノは、大きい。
たった、一年と少しの付き合いだけど。

――俺の心は、もう……お前でいっぱいだ。

何故、手を伸ばしてしまったのだろう。
何故、手放さなければいけないのだろう。

引っ越し前夜の昨日、そんなことまで思ってしまった。

最初から、自分のモノでもないのに――。

ただ、行き場の無い少年を少しの間庇護してやっただけで、どこまで贅沢になるのだろう。




感傷に浸るのは、ここまで。

内野はこの切なさごと、押し込めた。


「そろそろ、帰るよ。お前も、明日学校だろ?」
「え……」
「寝るまで居て欲しいか?」

子供扱いすると、プッとふくれる。
そんなお前が、どうしようもなく愛しい。

今日は、一人で部屋で酒でも飲もう。
風呂入って、着替えて。
一人きりの部屋で、お前との生活を思い出して。

何も今日で終わりじゃない。
浩太は、また来ると言ってるのだ。

「寂しくなったら、電話でもメールでもして来い」
「うん……」
「近所だろ?何かあったら、すぐに来てやるから」

しょんぼりとする浩太の頭を、ガシガシと撫でる。

「しっかりしろ。男だろ?一人で頑張るって、決めたんだろ?」

内野が言えば、唇を引き締めて深く頷く。

「何かあったら、俺はいつでもお前のとこに行くから。寂しかったら、俺のとこに来ればいい。な?」

さっきと同じことをまた、言い聞かせるように言う。

甘やかしてるのかもしれない。
でも、しょうがない……。

――俺は、浩太が可愛い。

立ち上がって、玄関まで浩太が付いて来る。

靴を履いて浩太を見ると、内野の服の裾をギュッと掴んできた。

内野は胸が苦しくなり、浩太の頭を撫でる。


込み上げてくるのは、あの――熱情だった。


その熱情が、自分の服を掴むその指先のせいで……飛び出してしまいそうになる。

やめろ、浩太。

やめてくれ……。

少し離れようと体を引くと、浩太の指が更にギュッとまた、服を強く掴んだ。


あぁ……っ。


「浩太……。ちょっとだけ……」


堪らず。
目の前の浩太の体を両腕で、抱きしめる。

ギュッと……。ギューッと。


浩太の体がビクリ……と、驚きを表しても、そのまま数秒。
背中に浩太の手が回ってきた。

内野は、頬にあたる浩太のコメカミに、ゆっくりと口づける。


(大好きだよ……浩太)


心で呟き、そのまま体を離した。

「おやすみ」

そう言って、玄関を出て行った。



浩太はそのまま玄関で佇み、まともに浴びた熱情に戸惑い。
動けないまま、ガクリと……膝を折った。

【BL小説】参加中。↓最後にバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-83】へ
  • 【ここに、おいで-85】へ

~ Comment ~

NoTitle

今日のはこっちまでか〜っと熱くなってきましたー!
なまじ80話過ぎまでR無しで来てる分、ささいなことでも刺激が〜〜〜(^^;)

あらあら…

kiri様。

( ´~`)。

ウっチー。そこまでかぁっ!

はあ…11時にkiri様に会える幸せ(*⌒3⌒*)

この妙なムズムズ感!

さいこーっ!

今日は20分から会議なのですっげぇ急いでセブンイレブンの納豆巻き二本!

ドキドキ

毎日メールしたい。毎日メールが欲しい。って、もう!大好きだって告白してるみたいなものですよ~
内野さんと浩太くんがメールする!で、大好き!って言いあってる感じ!

そして、内野さん、もう、ドキドキさせないでください!
ドキドキし過ぎて浩太くん同様に動けなくなるから…
コメカミに口づけって、心の中で言ったとしても、大好きだって告白してるみたいなものですよ~~
あ~ ドキドキする…
あ~ 切ない…
あ~ ホントに目が離せない2人!

いったいどうなってしまうのかぁ~~~!?(ガチンコ風に!)←TOKIOがずっと前にやってた番組

kiri様!今日もありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「行ってもいい?」や「いつ?」が
なんて淋しく聞こえるんだろ…

浩太は念願の一人暮らし
内野君は元の生活に戻るだけなんだけど
同じ家に居ることが当たり前になってた今は
自転車で10分の距離、右と左に分かれるのがこんなにも淋しいものになってしまったね…

うぅっ…((T_T))
『行っちゃヤダ…』の心の声が聴こえた

ハグ以上の感情を込めたギューッで
内野君の切ない気持ちがダイレクトにコメカミから浸透してった?!
ハグを受け入れた浩太も同じ感情を抱いているからそれがわかったはず?!

一日に何回もウッチーの事考えちゃうだろうし、メールしちゃうし♡
日毎に『分かんない』気持ちが、一人になったことでわかってくるんでしょうね♪


アレッ?今、光希君が横切ったような…?ww

わおー(//∇//)

最後の最後で我慢できなかったんかーい!?(笑)

崩れおちた浩太…その先は!?

NoTitle

もーっっっっっ!何とかしてあげてー(笑)
毎日毎日、更新が待ち遠しいです。。。。。。かなりハマってます!

Re: NoTitle

purple_rabbit 様 

> なまじ80話過ぎまでR無しで来てる分、ささいなことでも刺激が〜〜〜(^^;)←笑

84話で、初の意思を持った内野からの抱擁とコメカミへのキスでした…(*'-'*)エヘヘ

有難う御座いました☆

Re: あらあら…

潤様

うっちー、これで精一杯~!

今ごろ、死ぬほど自己嫌悪してそうです…。
ノンケ相手に、こんなことしたことないもんで(〃∇〃)

>この妙なムズムズ感! ←笑

納豆巻きを2本て!違うの1本ずつにしましょうよ←ソコ

有難う御座いました☆

Re: ドキドキ

MOMO様

離れるのが寂しい。それはお互いに。

こういう時って、気分が盛り上がっちゃう♪
そして…内野は、それを知っている大人。
酔いしれたままでいられないのが、寂しい大人だね。

しかし!
浩太…服掴んではいかんでしょう。
帰って欲しくない…とは、言えなかったけど。

もうちょっと、あと10分!とかさ。。。
でも、しっかりしないと…と思って我慢したのかな?

で。内野、堪らず。コメカミ(たまたま目の前にw)へ、チュ❤
これ、内野…かなり凹むよ(笑

>いったいどうなってしまうのかぁ~~~!?←聞いたことあるから声が聞こえるww

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメm様

ドキドキしてくれましたか?(*゚ー゚*)
コメカミへのキスだけで!←明らかにR不足?汗~

いえいえ、もうそのお言葉だけで嬉しいです!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

うさメリ様

離れることが、めっちゃ寂しい!!…の、浩太と内野。
いいのよ、いいの。あんた達、平和すぎるんだもん…。
離してしまわないと、ずっと疑似兄弟やってるだろうしww

今晩は、寂しいだろうね。浩太はお布団の中で。内野は一人酒(笑

内野、堪らず…手を出してしまった(ハグでも)
それも、唇で浩太の肌(コメカミでも)触れてしまいましたよ!!

ど、ど、どうしましょう…。←

いえ、浩太はそのあまりの感情の波に圧倒されて…また、頭グルグルです。
比べるモノのない時って、基準がわかんないのね。

こういう時って「離れるのが、寂しいから?」←人間、自分に保険かけそう…。
まぁ…これが浩太に何かを目覚めさせた一因にはなりますよね。

皆さま、お願いデス。浩太、おぼこい18歳。先を急がないでぇぇ~~(願
あ、私のせいね?(/▽゚\)

えぇ、光希も当然出ますわよー!

有難う御座いました☆

Re: わおー(//∇//)

のいのいこ様

> 最後の最後で我慢できなかったんかーい!?(笑)

えぇ…出来なかったようです( *´艸`)

離れることが、結構強い「スパイス」になったみたいよ?ww

明日、場面展開。飛びます…(ぇー

有難う御座いました☆

かぁぁーっ(///∇///)

きゃーっうっちー!浩太ーっ(///∇///)

「何故、手放さなければ…」で涙がぶわーっ!からの幸せの衝撃波に完全に腰が砕けました/(//∇//)\

あぁでも安心しました~うっちーも人の子だったんですね~(*^^*)もうしばらくは何もないままかと思ってましたが…熱情が蓋をちょこっと押し上げちゃったのね。

うっちー。人は誰にでも避けては通れない相手っていると思うんだ。きっと傷付く、泣くことになるって分かってても。 それが魂の響き合う相手だったら尚更。
どうぞ帰ったら浩太の身体の感触をアテにお酒飲みながらぐるぐるしてください(笑)


浩太~変化球が効いたね!無言で服の裾を掴む→更に強く掴む→うっちー陥落(///∇///)
あんなに力強く抱き締められたの初めての経験では!?しかもこめかみにゆっくり口づけーっ(*^)(*^-^*)
熱情まともにくらって膝ガクガク~~
澪は玄関でキスされて崩れたあと、ベルトを外し…でしたが、ま、まさか浩太も!?

「大好きだよ」の心の声はじんわりと浩太の心に染みていくでしょうね
もー浩太のここからの変化から目が離せません!楽しみ過ぎる~♪

kiri様

初めまして。。。
毎日たのしみに読ませて頂いています(^ω^)

今日のUPの分。。。心臓が…ドキドキしちゃって…

萌え。。。ですヽ(;▽;)ノ

堪らず...

kiri様、初めまして。

kiri様の小説、最初から全て読んでいます。
泣かされたり、鳥肌たったり、嬉しくなったり...

この二、三日、話が新たな展開を迎えそうな様子に、ただただ切なくなっていました。

そして今日!!
内野ではないけれど、「堪らず」コメントしちゃいました!!

「堪らず」って、なんか凄く伝わりました‼︎‼︎
本当に内野、こみ上げてきたのでしょうね。
抑えておくつもりの物が、抑えておかなくてはいけないと思っている物が堪らず出ちゃったのでしょうね。
きっと、この後自己嫌悪に陥りグルグルして...

はぁ〜〜...
kiri様、早くこの二人を幸せにしてくれないと(無理だと思うけど...)
私...私...何か出ちゃいそうです...

これからも、楽しみにしています!

Re: かぁぁーっ(///∇///)

さく様

>うっちーも人の子だったんですね~ ←笑 半分、サイボーグ化しかけ…
しかし!やはり離れることを実感すれば、ホラホラ。

やっちまった…。←内野の声

たったこれだけのことでも、読者様喜んで頂いて(-д-。)

もう「熱情」を感じてしまえば、あとは蓋閉めたって湯気出てくるよ?
人生そんなに何度も、熱情感じる程好きになれる相手なんか巡り合えない。
ってか、そんなエネルギーは若い内に消費して!!爆

牧村は同じゲイだったもんで、口説きまくってたけど。
二度目の熱情は…まさかのノンケ。一番、恐れていたことが現実になった。

浩太はね、一体何が起こったのが更にグルグル~~~!
ベルト外すまでも行けない…かなぁ…どうなんでしょ?笑

でも、内野の熱を浴びたのは間違いない。
すぐには分からなくても、その熱の波動はしっかり伝わってるはず!

それが…いずれ内野に向かう「力」になる?

有難う御座いました☆

Re: kiri様

クギベラ様

はじめまして♪ようこそです~!

毎日読んでくれて…う、嬉しい(*´`*)

萌えて頂きましたか?…良かった❤
ちょっとずつ、萌えが増えますように…(祈

また、お顔出して下さいね!
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

hina様

リコメが反映されず…順番狂いました!ごめんなさい(>_<)

>もーっっっっっ!何とかしてあげてー
あはは。ですよね~。
しかし、安易にくっつけると、今までのは何ぞや?…だと思うので(ぇ
もうちょっと待ってて下さいね❤

有難う御座いました☆

Re: 堪らず...

紫様

はじめまして!ようこそです♪
最初から全部読んでくれてるんですね。嬉しい~(*゚▽゚*)

そして、内野の「堪らない」思いに、突き動かされ…(シンクロ
ニョッキリとお顔出して下さり、有難うデス!!

もうね、この忍耐力の優れた内野でも、今日から別々&浩太の服引っ張り
…の前に、陥落致しました!!
えぇ、家帰るまでの間、額を擦りまくってますよ←困った時する
で、玄関開けて、はぁぁ~~~っ…と座りこむ(妄想)

>私...私...何か出ちゃいそうです...←爆!!多分、出ちゃうかも…(おぃ

今からですよー。今から!どんだけ…(゚Д゚)

また、堪らん時は!お顔出して下さいね♪
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

あー、やっちゃいましたね。内野さん・・・
数回前で
久しぶりの隼君の登場(個人的にはとても嬉しかったです。ワーイ(´∀`*))
で、内野さん隼君の幸せそうな様子見て、
過去をちゃんと割り切れちゃったせいもあるんでしょうね。たぶん・・・
にしても、浩太くん反則じゃないですか!それは!!
若さ、純粋さゆえの武器は卑怯かつあざと最強すぎますね。
そんなことされちゃ、内野さんも流石に「堪らず」ですわ。
読みながら悶絶してました。
もぅ、もどかしい!
次も楽しみです!!

Re: うわぁぁぁ。・゚・(ノД`)・゚・。

鍵コメy様

年齢を重ねてくと、つい涙腺は弱くなりますよね。

>もうそろそろ、内野さんと浩太を幸せにさせてやって貰えませんか。。 ←笑

わかりますよ~!でも、今からです…BLっぽくなってくるのは。
耐えて下さい…耐えてぇぇっ(毎回言ってる気が(;'∀')

もちろん!内野は甘やかすのが仕事(違)ですから…ww

>いやいや。
>待ちますよ!!

そうです!その意気ですとも!←

有難う御座いました☆

Re: 涙が止まりませんでした・・・←

鍵コメm様

忙しい中、読んでくれてありがとうです!
溜まった分の間に色々とあったでしょう?笑

隼と会って、普通に話せたこと。
吹っ切れて、自分の気持ちが何処に向いてるかも認めた。
そして、今日…つい、手を伸ばしちゃいましたね。

しかし…内野、大反省!!(するなー!ってお声が聞こえますww

>毎回、予想以上のものを書いて下さるので、毎日が楽しみです(*^_^*)
ぎゃー!!凄い圧力です…ブルル 大恐縮!!だ、大丈夫かな…汗
色々とね、書いてみたくて…こんな地味BLも♪

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

鍵コメy様

>どれだけ我慢強いんだと、最近は尊敬していたくらいでしたが!
はい。忍耐力は、うちのキャラではかなり上の方です…。
元々、そういう性格(隼の時も、何だかんだと待ってた)なんですが。
相手が、こういう子なので更に磨きが!!爆

今日のシーン、頭で描いてくれましたか♥(*´▽`*)
離れることが切っ掛けで、今日はちょっと2人とも感情が高ぶってしまったのですが。
しばし、離れて…頭冷やして。何とか普通に戻そうとして行くでしょう。楽しく過ごすために。

でも!心の中は、お互いに色んなものが…。
内野は更に押さえつけ。浩太は…ムクムクと…色々(´艸`*)

>あらためてこの物語が大好き!!
あぁ、本当に嬉しいです。地味なりに、そう言って下さる方もいると思えて(ρ_;)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

あー様

うん。多分、隼に会ったのもあるかもですね~。
そしてやっぱり、何よりも…。

今日から離れる…。ここが最大だと思います。
素直に浩太も「もうちょっと居てよ」くらい言えばいいのに。
内野、あっさり帰ろうとするから(笑

つい、服とギュッ!「もうちょっと」の気持ちが行動に←あざとい?ww
「男だろ?」と言われ、言えなかったんだろうけど…内野に与えた衝撃!!爆

もう、もろくも手を伸ばしてギューしてしまった…。
これが彼らの中の、何かを生んだことは確かでしょうね。
何度も戒め~の内野と。邪気なく向かってた浩太が、意図し始める言動へと…。ふふ

有難う御座いました☆

わーいわーい!

束の間、離れるだけ。味噌汁は冷めても、カレーなら冷めない距離に。
毎日メールだってする。
でも、隣には居ない。 淋しい。。 だなあ。

うっちー、
”俺は、浩太を受け入れるだけしか出来ない。”
って、もうすでに受け入れ態勢バッチリなんですネ?あとは愛情と覚悟が付け足されればいいだけの。

そこが難問なんですが――。 が!
触っちゃった❤  服を握って「行っちゃヤダ」する浩太に堪らず・・・!!
真っ新の浩太にド――ンッ!って旗立てて。

うん、今頃自分の部屋に帰り付いて靴も脱がずに玄関で
「うわぁー!やっちまった・・・!」
頭抱えてう○こ座りしてますでしょうね(笑)。

でも浩太、そんなのまで隼に似てて。   楽しみだわ♪


二人のターニングポイント、その1.ですね、kiri様。その2、その3・・、じっくりお待ちします。腐腐。



そして~。   また初コメの方々が!v-308
クギベラさま。
初めましてー。途中参加のますみです。内野の、浩太への初BL的アプローチ! 萌え度、急上昇でしたね♪
これからますます’らしく’なるそうなので、ウズウズしながら楽しみましょう。
よろしくお願いします。



紫さま。
最初からいらしてたのですか? 私より先輩。。(汗)。
途中参加なので、小さくなりつつ、、これからも、よろしくお願いします(ぺこ)。
内野の蓋が、バカーッ!と開く時と、合体の時、タオル用意して待ちたいですネ。うふ。



kiri様。
場面転換で、いきなり光希とデート・・・、は、心臓に悪いので、せめてお正月くらいにしてくださいませ。。(あ、そこまで飛ばない?)


きゃーーーー(☆◇☆)

お、お昼休みのトイレの中で、きゃーの口のまま無言で絶叫しましたよ~
やだ~あたしトイレ出るとき顔、真っ赤じゃなかったかしら?
スマホ握りしめ、ふらつきながらの半笑い!絶対挙動不審だったはず~(笑

浩太よくやった!!「コーヒー飲んで」から始まり...
「行ってもいい?ご飯一緒に食べたい!内野さんのメールは面倒じゃない...」
もうね~可愛くて仕方ないです!
頭から丸ごと食べちゃいたいくらい!←
浩太は計算じゃなく本当に素直に自分の気持ちを伝えてるだけ。
その素直で真っ直ぐ向かってくるところが、うっちーも可愛くて仕方ないのでしょうね。
そんな可愛い浩太に服の裾ぎゅっ!とされちゃったら、もう愛おしさが溢れても仕方ないよ~うっちー
あんなに重い石乗っけてた蓋... だけど、隼に逢ってちょっとゆるんでたしね~ うん!仕方ない!諦めよう!

「...ちょっとだけ...」にうっちーの、愛おしさと切なさと葛藤(どこぞの歌みたい、ちょっと違うか!w)が溢れていて、胸の奥の方がぎゅーーーっとしました。
ハ、ハグとこめかみにチュウだけで萌えすぎて失神寸前...
このふたりのR... 生きて拝めるかしら? kiriさま~~
でも浩太がどう変化するのか楽しみ~ うっちー上手だし(でしたよね?ww)
←結局見たい(爆

kiriさま今日は萌え~ありがとうございました!
萌えって行為じゃないんですね~ やっぱり気持ち♪ ←ポジ!
明日も楽しみにしています!

Re: わーいわーい!

ますみ様

2か月半。毎日一緒に居れば、恋愛感情別にしたって、寂しいもんですよ。
それも、内野は好きだと認め…浩太は、目覚め始めてるんだもの~♪

えぇ、内野はやっぱり浩太が最優先なんだと思います。
でも、少しずつ距離は置くつもりでしょう。触れてしまってからは、余計に。

浩太は、ビックリしたと思いますよ。大人の本気の熱の前に。ココが経験値「0」所以。
勿論、光希もです。今の浩太は、可愛がられるだけの存在で居るだけ。

だからこその抱擁。
これが無ければ、浩太は光希の前で恐れを成し、指を咥えてたかもしれない。
この内野の「熱」が、ちゃんと浩太の中に伝わって…向かって行ける力へと。

皆様、気が早くてもう(´艸`*)浩太を急がせないであげてぇぇ~。笑
内野は既に、自己嫌悪で逃避しかけてますので…。
えぇ、玄関で蹲ってるのは間違いないかと思いますwww

有難う御座いました☆

Re: きゃーーーー(☆◇☆)

key2様

いや、今日は皆さまのお声に書き手が、えっ( ・⊝・ )
たまにあります…はい(笑

Rが無いので、萌え処を自ら掴みに来てもらえる、逞しき読者様!!好き♥
色気が有りませんが、キュン♥はして頂けたら嬉しいです。

うん。浩太は、計算はしてないな…さすがに。
もうちょっと居て欲しかったんですよ、単純に。本当なら、泊まってほしいくらいに(笑
内野、逃げに入ってたから…つい、捕まえたんですけどね。
言葉が出ない浩太。気の利いたセリフなど、言えないよね…さすがに。

そして。大人の人の熱をまともに浴びました!
腰砕けておりますが…澪とはまた違う(爆)ちょっと怖かったかもしれない。。。
まだ好意から好きへと移行してる途中段階で、こんな大人の熱浴びればねぇ。

今の浩太は、自分が光希や牧村と並ぶ姿が想像出来ないんですよ。
ましてや、格好イイ内野さんが対等に思ってくれるには遠すぎて。

こういうの私たち大人は忘れがちですが。
自分が浩太の立場であり、大人達を見上げていた頃を想像すれば…分かって頂けるかと思うのです!
私も会社に入社したての頃、周りはアラサーのデキる女性が多くて。変に自分が子供に思えて、縮みそうでした。遠い、遠すぎる記憶…爆。

この2人のRは、えぇ…。でも、期待しないでね~~~。37みたいなのは無理っ←

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメk様

うん。スマホで読むと広告邪魔よね~。
中には無料ブログでも出ない処もあるんでしょうが、そうなると移転が大変で…無理っすww
一時、有料版も考えたことあるんですが、実際いつまで続けるか分からないし。
あくまでも趣味で書いてるだけだしなぁ…と思ってやめました。
その内、何か不都合が出来て、それでも続けようと思ったら、そうするかもですが今はこのままで。
大丈夫(*゚ー゚*)ご心配、有難う御座います!

>浩太には急がないで、ゆっくりと大人になって欲しいの。内野が無理矢理大人にするのはダメ。
はい。私もね、ここは最初から決めてます。だから、時間かかってる(苦笑
内野がその気になれば、浩太は簡単に堕ちるかもしれないけど。そうはしたくないのね。
やっぱり、隼のことをちゃんと好きだった人だし…。そういう風には書きたくなくて。
わざとゆっくり書いてる部分あります←
焦れる方、多いと思うし「何で気づかないの?」って思われるだろうけど。
自分でゆっくり気付いて行って欲しいんですよね。書いてる時、めっちゃ真面目だし(爆

浩太の背景は、色々あったけど。悲惨な環境はなるべく避けました。
悲惨さは書くのは簡単なんですよ。その子が幸せになって行く方がきっと、劇的だとも思う。
でも、ヘタレなんで…書けないんですよねー。

うん。要は色々言われたけど、私は普通の子だと思ってます。
やったことは「悪」で、そこは庇えないけど。叔母さんも、気付かなかったことで確かに気配り出来てなかったけど、私は有りがちな日常として書きました。けっして肯定はしませんけど、否定も出来ない。私もダメ母なもんで(´A`*)・゚。
ようは事が起こった時の対処と、その後をどうしていくか…とも思います。

はい、浩太が大人に近づいて行く姿を、ゆっくりと見守って下さい。それが一番、嬉しい…。
色々と賛同してもらって、とても心強いです!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-83】へ
  • 【ここに、おいで-85】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。