女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-73 →ここに、おいで-75
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-73】へ
  • 【ここに、おいで-75】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-74

 ←ここに、おいで-73 →ここに、おいで-75
中間テストも終わった次の週に、浩太は内定を受けた会社へと向かった。

店ではなく事務所の方だということで、地図を片手に早目に駅に着く。
前に光希と一緒に行った店と同じ駅だけど、ビルが立ち並んでいてもう迷いそうになる。

目印の郵便局が見つかって、やっとホッとした。

ビルの中に入って、会社名がズラズラと並ぶプレートに目を走らせると、五階のフロアは全部「L’oiseau Blue(ロワゾー・ブリュ)」の名前だった。

(あった……)

本社は入社式の時に行くけど、普段はこの支社に来ることになる。

時間を確認すれば、まだ少し早い。
浩太は仕方なく、ビルを出てあまり遠くに行かないようにしながらその周りをウロウロとして時間を潰した。

*

エレベーターを降りたら「新卒者の方は、こちら」の矢印通りに歩き、扉の前に来た。
浩太は深呼吸して、ドアをノックした。

「どうぞ」

声が聞こえて、扉を開けると、中にはまだ二人しかいない。
皆、同じように学校の制服を着たままで、緊張した面持ちで座っている。

浩太が中に入って通知書を見せると、席に案内された。

壁にかかってる時計を見て、あと二十五分……。
何をするでもなく、隣の人と話すこともなく浩太はジッと待ち続けた。


時間になってスーツ姿の女性が前に立った。

この場所に居る今日の新卒者は、高校生ばかりの十八人。
挨拶の言葉の後、自己紹介を一人ずつすることになった。

*

自己紹介と説明で、二時間程。

「寮を希望の人は、申込用紙を渡しますので残って下さい」

最後にそう言われて残ったのは、浩太を合わせて七人だった。
申し込みの書類を渡されて、説明を受ける。

場所は四か所に分かれていて、一応希望を聞いて空があれば優先してくれる。
まだ新しい綺麗な寮の方に五人が手を挙げた。
浩太ともう一人は、アパート形式の方を。
あと二つは本社勤務の人がほとんどで、空き自体が無い。

先に新しい寮の方の説明が始まった。
ワンルームタイプで、一応部屋で生活するには困らない程度のキッチンやトイレ、風呂も完備だ。
男子と女子の二棟に分かれている。
その説明を聞いても、浩太はあまり心を惹かれなかった。

次に、浩太の希望するアパート形式の方。
こっちは男子しかダメだと言われたが、女子は全員新しい方を選択しているから問題無し。
写真を見てもどっちかというと古い作りだけど、浩太の中ではそんなのは気にならない。

「寮母さんは居ないけど、管理する方が一階に住んでるから。彼女を連れ込むとか、そういうのは禁止。そこは普通の寮と同じよ?」
「はい」

二人で素直に頷いた。

家賃は二万円で、水道代も込みで給料から天引きされる。
電気やガスは、各自で支払うということだった。

八畳の部屋と、小さなキッチンがついている。
風呂とトイレはユニット式。

浩太には、それで充分だった。
どんな場所でも、遠慮せずに自由になれる場所は自分の城だ。

「カフェで、寮があるとか珍しいですよね」
浩太と一緒にアパートの方を選択した緒方が、会社の人に遠慮なく聞いてる。

「そうなの。本社と違ってカフェの部門はスタッフの入れ替わりが激しくて、すぐ辞めてしまう子が多いから。苦肉の策で、住む場所があれば、簡単には辞めないだろうってね。だから、この三年くらいなのよ?カフェの方に、寮が出来たのも」
会社の日吉さんも、親しみを込めたように笑って答えてくれた。

「君達も、頑張って続けて欲しいな」

*

同じ寮を希望した緒方と一緒に会社を出て、駅まで一緒に歩く。

「何で、寮なの?」
緒方に聞かれて、叔母の家に世話になってることだけを言った。

「親、いないの?」
あけすけに言ってくるけど、嫌な感じはしない。

「うん」
「そっかー。じゃ、切実だよな。俺は、部屋狭くってさ~。弟と妹が、休みの日に腹の上に乗ってくんだぜ?もう、一人で住むのに憧れて、憧れて」

その言い方も切実で、浩太がクスクス笑う。

「僕も。一人で住むのに、ずっと憧れてた」
「実現するな」

ニッと笑われて、浩太も肩を竦めて見せる。

「俺は、厨房を希望してんだ」
「料理好きなの?」
「あぁ。本当は専門学校でも行きたいけどさ、家にはそんな金無いし。調理師免許欲しいから、実践で行くしかない」
「僕は、ホールがいいな。でも、決めるのは会社だしね」
「俺、ホール嫌だな~。でも会社にそっち行けって言われたら、言うこと聞くしかないもんなぁ……」

二人で話ながら駅に着いて、ついでだからアパートを見に行こうって話になった。

「え。お前、地元?」
「一つ向こうの駅」
「それって、運命じゃーん」

だんだん慣れてきて、どんどん砕けてくる緒方が面白くて、浩太が声を出して笑う。

それでも、以前の自分だったら、もっと嬉しくて仕方なかっただろう。
今の自分は……嬉しさに酔えない。

*

駅について、寮の申込み書を封筒から出して地図を頼りに歩く。

「お前、地元だろ?」
「でもこっちの駅までなんか来ないから、知らない」

歩いて十分。
やっと建物が見えて来た。

二人で小走りになって、向かう。

「わ…。結構キてんな。古いの一棟ごと買い上げたって感じ」
「だって、水道費込で二万だよ?充分じゃない?」
「そうだよな……うん」
「新しい寮より一万円も安いし」
「現実的~」

緒方が肩を竦める。

「金額で決めたのかよ」
「違うよ。この場所が良かったから」
「俺も、沿線がこっちだったら実家まで一本なんだ。池内なんか、地元だもんな」

地元だからじゃないよ。
内野さんから、一番近いから。
新しい寮は、ここから四十分も遠い。
住む場所を自分で選べるから、選んだ。

入口の前に立つと、小窓のある部屋が見えた。
そこが、管理人さんが住んでる部屋だとわかる。

「怖いじいさんだせ?きっと」

緒方の言い方が可笑しくて、浩太が笑う。
二人で中に入ることはせず、ちょっと離れた場所からもう一度建物を見る。

四階建てで、ちょっと古い感じのマンションとアパートの間のような建物。
説明では三部屋空いてるって聞いてたから、多分ココに住める。

「春からココに住むんだな」
「うん」

僕は、その前にどこかに部屋を借りないと。
半年にも満たないけど。
でも、遠くに行かなくて済む。
内野さんの、近くに……いられる。

「一人暮らしかぁ~」
「うん。一人暮らしだ」
「狭いけど、俺らにはお城だな」
「うん。お城だ」

同じ言葉を復唱してるような自分が可笑しくなってくる。

「遊びに来いよな」
「うん」

話ながら、二人でジーッと建物を眺めていた。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-73】へ
  • 【ここに、おいで-75】へ

~ Comment ~

寮、彼女連れ込み禁止? じゃぁ、彼氏は?(  ̄▽ ̄)腐腐ッ

実は気になってたんです(´・c_・`)
就職決まったあと卒業まではどーするのかって!
部屋借りるつもりって?!
叔母さん家には絶対帰りたくないのわかるし、
叔母さんも、先日の要との鉢合わせで
浩太君がどんなになるかもわかって
このまま家に呼び戻すのも不安ですよね…

え~~~(・。・;
ならさぁ、卒業までウッチー家でお世話になるって事でイイじゃないのぉ…?
と思うのは私だけでしょか???


緒方君とも気も合いそうだし、イイ同僚になりそうで良かった(*^。^*)
希望の寮にも入れそうだし♪
動機がイイ♪
「ウッチー」に近いから!
『ウッチー家』にじゃなくてウッチーに!!(*´∀`)
も~浩太可愛すぎ♪グリグリ
と、はしゃいでる場合じゃないかf(^_^;
念願の独り暮らしが、こんな気持ちになるなんてね…
なんでだろうね?浩太…
心の中でも『内野さんが甘やかすから』とか思ったりして
真の意味までに届かないww
誰かに刺激を与えてもらわないとダメかなww

管理する人って……もしや ますみ様?!

Re: 寮、彼女連れ込み禁止? じゃぁ、彼氏は?(  ̄▽ ̄)腐腐ッ

うさメリ様

>ならさぁ、卒業までウッチー家でお世話になるって事でイイじゃないのぉ…?
多分、多くの方がそう思ってるはず…。

私もココ考えたの。しかし!…鬼ですので←

実質的にお金も大きく動くしね。それも充分に皆が分かってる。
しかし、デリケートな問題を含んでるので、ココは!!(-д-。)

2人を離して、じっくり考えさせましょう…。
揺れます、どっちも。揺れろ~~~~!!←やっぱ、鬼

さて。緒方くんというニューキャラが登場~。
しかし、彼は春からなのでそう出番は多くありませんww
離れてからの半年が、揺れ揺れのピークです!
でも心強いよね。同じ年で、理由は違うけど一人暮らしに憧れてた♪
彼は料理人を目指してるし、浩太はギャルソン♪うふふ~

浩太は「内野さんの近く」ということで、迷いなく「古い」方のアパートを選択。
住む部屋の綺麗さより、内野を選ぶ。そこは一切揺れない。
少しでも近くに居たい=会いに行く気、満々❤

落ち着いてから、動き出します。浩太の気持ちが…!!
今は浩太も「寂しい」だけですけどね。離れてみて、わかることがたくさん。
予想するのと実感するのは、また違いますもんね~。
光希も、動くし。内野だけはずっと停滞してますので(笑)

あは。
ますみさん管理人になったら「内野さんとこ行かないの?」とかお勧めしちゃいそうです。
ご飯とか作って「食べなさい」とか持って行ってあげそう…。

有難う御座いました☆

いよいよ

社会人への扉が開きますねー
寮もうっちーの近くで良かった良かった\(^^)/
あれほど憧れて夢見てた自立への道が現実化してるのに、喜びに酔えない浩太。
何かにつけて内野さん内野さんって、うっちーを基準にしてるとこがいじらしくて笑える(^^)

うっちー、浩太のこういうとこ知ったらますます手放したくなくなるね!


春まで暮らすとこ探さなきゃ~なんですね
私も卒業までうっちーん家にいさせてあげたいけど
でもうっちーの、保護者的役割を早く終わらせてあげたいって気持ちの方が強いです
一つでも解ける縛りがあるなら解いた方がいい

同居が解消されればうっちーも今のように叔母さんと連絡取り合わなくても済むでしょうし

これぐらいでうっちーの固い心と蓋が動くことはないでしょうけど、小さな小石だって退けていた方が道はより平坦になるものー!

ハンターも猛追して来るだろうし!!(>_<)


Kiri さま、コメ返読んでて、「浩太も光希も動く 、停滞するのは内野だけ」に爆笑してしまいました(≧∇≦)あははははーっ!早く停滞うっちーにお目にかかりたいです~
毎日の更新にたくさん元気をもらってます!ありがとうございます\(^^)/

きゃー、するするっ!

うさメリさまっ。なんて嬉しいご推薦! ・・・と、まずは浩太くんのことから。。


未来が、近付いてきてますね。 説明会受けに行って、寮も見に行って(あ、’りょう’って変換したら、遼・さまになっちゃった。いまはラブラブしてるの?)。

うっちーとの別居が間近になって気持ちも揺れてくるんだわ、絶対。腐腐。
甘やかされ、に馴染んでしまったから、一人の部屋に帰るのは味気ないよ、浩太。まして季節は冬に向かう・・・。温もりが恋しくなるよ~~~(と突ッついて見る。笑)。

再びの家探しに、都合よくうっちーの部屋の近くが空室になったりしないかと淡い期待をしてみますネッ♪


そうそう、寮の管理人になれたら、得意のおはぎ・野球ボールサイズを作って浩太に持たせますから、内野さん、よろしくです~!
「池内くん、お世話になった人が居るんだってね。これ、私が作ったんだけどよかったら持って行って♡ なんなら泊まって来ていいわよ~~」

とか、やりたい。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いよいよ

さく様

今から約、半年後…。
浩太の社会への扉が開きます~!

もう、内野さん、内野さんてうるさい…浩太。
隼も、ゆーじ、ゆーじとうるさかったな…そういえばww

その内野は、浩太が「居場所」を作ったら、もう自分は必要とされない…?
なーんて、弱気なお父さんみたいになってますけど。
浩太の頭は、あなたの存在がデカくなってますよ…腐

うん。このまま残りの半年…。一緒に居させてやりたいのは山々なんです。
きっと、ほとんどの方が「あと半年なのに」と思われてるかと。

でもねー。内野も、キツかなぁ…。あんまり我慢させるの気の毒で(苦笑
気持ちが惹かれてんの自覚しとるし!ここらへんでいっぺん、堪忍してやろうかと…(偉そうに

>ハンターも猛追して来るだろうし!!(>_<)
えぇ!ハンター光希、頑張る。彼も、ちゃんと内野が好きだからね。
有る程度、内野の気持ちも知っていて挑む光希も、格好イイぞー。←煽ってる

あ、そうです。内野は停滞…。う、う、動けん…(-д-。)の状態のまま(爆

有難う御座いました☆

Re: きゃー、するするっ!

ますみ様

どんどんと、社会人への道が見えてきた!
扉が視野に入ってきた頃には、内野とも変化してるかなぁ…。笑

今はまだ見えてないけど、それまでに色々と右往左往しながら。
悔しかったり、苦しかったり、嬉しかったり、恋というモノを知って行く。

あぁ…浩太。寂しいよ…。
書きながら「大人にならないで欲しい」とか思っちゃうけど。
そんなこと言うてたら、内野が辛いわな。
何より、読者さまに「ええ加減にせい!」と怒られる(>_<)

がんばりまーす!

ますみさん、管理人になったら、ほんと色々世話やいて…浩太が懐くかも…。
そんで、内野が見に来るの←過保護ww

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

内野の葛藤が見えました?
そうです…。隼や明良もゲイで、同じ部分の葛藤はあったんですけど。
内野の方が、相当深い葛藤です!
受けの場合、相手は「そういう経験もあった」で、ある意味済むけど。
だから彼らって、ノンケでもそこはそう拘ってなかったし、軽かった。
自分の愛情を注ぐ相手にだけ、やたらと葛藤してただけで(自己中2人なのですw

攻めの方がずーーーっと、大きい葛藤です。それも相手は、今から!!の18歳。
ごめん…内野(爆

>できれば浩太への想いは溢れないまま蓋して、光希のことを好きになれたらそのほうが内野は動きやすいですね
そうなの。だから、書きながら「絶対また何か言われるな~(´艸`*)」と思ってました←

隼が「理想の相手を好きになれたら、苦労はない」とか何とか。
内野も同じ思いを辿るかな…。

>今更ながら、内野の葛藤を思うと、私まで沈む・・・(笑)
うん。内野がグダグダしてる時、イライラするだろうけど…。その気持ちも汲んでやって下さい!

あ。見たな?笑
あれね、大きいの近日に。ちゃんと載るか試した間に、見たのねww
今もう元に戻しちゃった。だから、待ってて下さい!!うふふふ(≧▽≦)

有難う御座いました☆

今日の私の突っ込み処

kiri様。

説明会に向かう浩太。
初めて行く支社やから、早めに場所の目星をつけて。
時間が早過ぎるから、離れ過ぎない辺りをウロウロと。
30分より早く行き過ぎるのは、会社の方に迷惑やから、25分前。

これから就職試験を受ける読者の皆様。
コレが本当に社会人になるための一歩やと思います。
新人にとって当たり前な、でも案外出来てなかったりするマナー。
本当に、大事です。
あ、でも。個人企業には、こんなに早く行ってはいけません。
特に面接などの時やと、前の時間の方と被ってしまって、けっこう困ります。
別に待合室が作れるような大きなところなら良いんですがね。

さあ。就活の皆様!そろそろ本番かと。
頑張って自分を信じて、売り込みましょう!!


て、読み方で良かったんでしたっけ?kiriさん。(笑)

Re: 今日の私の突っ込み処

優様

浩太、完璧!?

確かにね~。採用されたからって、気を抜いてはいけません。
上の人は、時間は結構しっかり見てますもんね。

たまにね、面接自体遅れてくる人がいます…。
電話あればまだマシなんですが、それでも早目に来て確認しなさいな…とこっちは思う。

昔、アルバイトの募集で大学生の男の子面接した時のこと。
一応、仕事内容の希望を聞いたら「一番楽なのがいいです。体がしんどいのは好きじゃないんで」と言いました。

ビックリしたわー。
その時は事務所の片隅でしてたので、何人かが仕事しながら聞いてたんですけどね。
帰ってから、皆で目を合わせ無言…苦笑
でも、友人に聞いたら、似たような経験あると言ってました。

色んな子がいますね。ほんと。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-73】へ
  • 【ここに、おいで-75】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。