女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「あ♪帰ってきた!」by浩太☆チロル様 →ここに、おいで-73
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【「あ♪帰ってきた!」by浩太☆チロル様】へ
  • 【ここに、おいで-73】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-72

 ←「あ♪帰ってきた!」by浩太☆チロル様 →ここに、おいで-73
「浩太……?」

その時、後ろから声が聞こえた。
その声に、浩太は体に悪寒が走った。

自分の名前を呼ぶ声。
一番、聞きたくない声……。

浩太の顔色が変わったことに、目の前の叔母が目を剥く。

「浩太、ちょっと出ようか」
「……うん」

……情けない。
情けない。
情けなくて、泣きそうだ。

「あんたは、部屋に入ってなさい」

顔を伏せたままの浩太には、要がどんな顔をしてるのかなんか分からない。
要のスニーカーが目に入って、浩太はゾワッ……としたモノで、本当に委縮した。

「大丈夫?」
叔母さんが、動けない浩太の腕を掴んで玄関から出してくれる。

「……ごめんね」
そう言って優しく体を包み込む腕に、浩太は小さく首をふるふると振った。

「いつもなら、夜まで予備校なのに……どうしたんだろう」
言い訳をするような叔母に、また首を振る。

「……浩太。凄く怖かったんだね」

怖かったよ……。
僕は、男なのに、大した抵抗も出来なかった。
怖くて、今でも体が半分に縮んだような気分だ。

怖くて、悔しくて、情けない。

「……どうしよう」
叔母が、誰に言うでもなく呟く。

「大丈夫」
「何言ってるの。こんなに震えて」

抱きしめたまま背中を撫でられて、優しさの前で膝が崩れそうになった。

そんな自分に、浩太は驚く。
しっかりと立てないくらい、弱ってる自分に。

嫌だ……。

要になんか、負けたくない。
怯えてるところなんか見せるのは悔しい。


浩太は息を吸い込み、足にグッと力を入れてみた。
地面にしっかりと体重をかけるように、意識して。

そこでいきなり玄関が開いた。

ハッとして見れば、要だ。

顔を正面から見てしまえば、怯みより怒りが勝った。

申し訳なさそうな顔で自分を見る要に、浩太は顎を上げた。

「浩太。ゴメン……」


今更、何だ――という思いしか出ない。

浩太が要を睨み付ければ、その目が伏せられた。

要が叔母の方をチラリと見た瞬間……。
突然、掴みかかってやりたい衝動が起きる。

「浩太」

叔母の心配そうな声で、息を詰めていた自分に気付き、息を吐いた。

……ここで喧嘩なんかしてる場合じゃない。

浩太は顔を上げ、要を見た。


「謝っても、許さない」

それだけを言って、そのまま廊下を歩き出した。


「浩太、待って」
叔母さんが慌てて追いかけてくるけど、心臓が訳の分からないくらい逸って浩太は立ち止まれない。

「こうたっ」
泣きそうな声で、やっと立ち止まる。

「叔母さん……ごめん」
「いいの」

言葉の途中で、強く言われた。

「浩太は、悪くない」
「うん」
「何処かで待ち合わせれば良かったね」

今度は優しい声で、髪を撫でて言ってきた。

「僕もバイトだし、叔母さんも仕事でしょ?」

ひきつるように無理に笑みを浮かべる浩太に、叔母が一瞬だけ目を閉じ開けた。

「今、やっと本当の意味で納得出来た気がするわ……。やっぱり内野さんの処でお世話になる方を選択して、良かった」
叔母が実感を込めて言う言葉に、浩太は小さく頷く。

あの後、帰ってたら……きっと要に掴みかかってたと思う。
恐怖と怒りが混ざったままの、自分でも訳の分からない衝動が破裂していたかもしれない。

「叔母さん。僕、仕事も決まったし。ちゃんと頑張るから、心配しないで」
泣きそうな顔をして自分を見る叔母に、浩太もひきつったままの顔で笑って言った。

「もう行かなきゃ。メールする」

まだ項垂れてる叔母に、今度こそ意識して笑顔を作って、浩太はそのままバイトへ向かった。

*

内野は、会社を出てから携帯を見る。

―合格したよ

短い浩太からのメールが来ていた。

そうか……。
合格したか。
良かったな、浩太。

ホームで電車を待ちながら、祝福する気持ちと共に、何とも言えない寂しい気持ちになる。

時間を確認すると、ちょうど浩太のバイト先まで迎えに行ってやれる時間だ。

おめでとうの、メールを打つ。

あの浩太の好きな焼肉屋は、夜の11時半までやってるから、ちょっとした祝いに食べに行こう……とも。

ちゃんとした就職祝いは、また日が近づいた時に改めてしてやればいい。

受けた会社には、寮があると言っていた。
いくつかあるけど、どこも沿線上だとも。

だから、遠くに行く訳じゃない……。

でも、浩太は俺の傍から居なくなる。

*

少し早目についてしまったので、コンビニの前で携帯を取り出す。
十時まで、あと十分程度だ。

人の出入りが多い時間なので横手に回って浩太にメールを送ろうとしたら、目の前にコンビニの上着を着た男がいた。
ゴミ箱に足を突っ込んで、ガシガシと乱暴にゴミを圧縮している。
何気なく見ていると、その男が振り返り内野と目が合った。

あぁ、大学生だったっけ?名前は……忘れた。

「池内、待ってんの?」
慣れ慣れしく、内野に聞いてくる。

「そうだけど?」
生意気な大学生に対抗するつもりはなくても、その目つきが気に入らない。

「あんた。あいつのこと、守ってやれんの?」

いきなりの言葉に、内野が眉をしかめる。

「どういう意味?」
「あんたまで、あいつ傷つけるとか無いよな?」

その言葉で、浩太に起こったことを知ってるのだと内野は察した。

「無いよ。でも、そういうこと無闇に口にするもんじゃない」

知らない人が聞けば、変に勘繰られるようなことだ。
それに気付いたのか、大学生が唇を噛み締めた。

「あいつ……。今日、様子変だったから。また、何かあったのかと思って」
「え?」

内野の驚いた顔に、大学生が目を瞬かせた。

「あー……。まった俺、余計なこと言ったかな?すんませんっ」

ペコリと頭を下げられて、そのまま扉を開けて中に入られてしまった。

内野は一歩踏み出したが、そこでやめた。

内野は時計で確認して、店の方に入って行く。
レジに数人が並んでいて、ちょうどバックヤードからさっきの大学生が入ってきた。

浩太をジッと見ていると、視線を感じたのかこっちを見た。

その瞬間のホッとするような表情に、胸が熱くなる。

何か、あったのか?

内野は目の前のミントタブレットを手に取って、さっきの大学生の方のレジに並んだ。

順番が来て、少し驚いた顔でこっちを見る大学生の胸元の名前は「成瀬」とあった。

浩太を、心配してくれる成瀬くん……。
覚えておこう。

「二百八円です」

千円札を渡して、釣りを受け取る時。

「大丈夫だ」

小さく声に出して、成瀬の顔を見た。

「有難うございます」

手を持たれ、その手の上にレシートと釣りを置き、成瀬は内野の目をちゃんと見て頷いた。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【「あ♪帰ってきた!」by浩太☆チロル様】へ
  • 【ここに、おいで-73】へ

~ Comment ~

いやぁぁーっ!要!恐れてた事が(>_<)
可哀想な浩太。浩太は悪くない、悪くない。
内野氏、早く浩太を不安から守ってぇ。二人で乗り越えるんだ!
トラウマってそんなに簡単なものじゃないだろうけど、内野氏の頑張りどころだね。

まさかの。。

昨日、要の名が出た時からなんか嫌な予感がしてたけど…
要もあの時とは違う。謝らずにはいられなかったんだろうけど、浩太にしてみれば受け入れられるはずがないよ。
あれからまだ二ヶ月も経ってないくらい、鮮烈に記憶だって蘇る。

自分で制御できないほどの怒りや悔しさ、怖さ、膝も崩れ落ちそうなほどの。本当に胸が痛いです。
でも、本当に今度こそ叔母さんが解ってくれてよかった。うっちーに託したことを正解だと納得してくれて!


そしてうっちー!あぁやっぱり王子様よ♪騎士よ♪ (〃∇〃)ノ このタイミングでお迎えに参上するなんてーっ
ブルーな気持ちで仕事してた浩太。目の前にうっちーが現れるなんて!もー成瀬が見てようが客がいようが、抱きついていきたかったことでしょう
うっちー、今日はためらうことなく浩太をぎゅーって してあげて
浩太にはうっちーの腕と胸の温もりが一番の安らげる場所なんだから
よろしく!うっちー\(^^)/


最後のうっちーと成瀬のくだり。かっこいいーっ(>_<)
二人の間に友情があるわけじゃないけど、共に浩太を守りたい、守り抜く、という共通する思いに強い絆のような、結束力を感じました!
この強さは男性ならではですよね~女性だと感情が先に立ってオロオロしたり冷静になれないことが多々ありますものね~


あぁぁ早く明日の11時になってーーーっ!

Re: タイトルなし

おみち様

そう。浩太は悪くない!
許さんでええのよ…そんなもん。

そして騎士(?)2人。
自立しようとしてるのに、甘やかす大人(苦笑
いいよね。この件だけは…。トラウマになってるのは、事実なんだし!

有難う御座いました☆

NoTitle

わぉ…ニアミス…って、ニアミスではないか(苦笑)
でも、要からの第一声が「ごめん」で、少し救われた気持ちになりました…
浩太くんの言うように、誤っても許されるわけではないんでしょうけど、少なくとも後悔している様子の要。
彼にも未来があるとしたら、前を見てまっとうに進んで欲しいです。叔母さんのためにも…

そして、昨日はイラストご紹介も萌え~ました(^O^)
チロルさまのところへもビュ~ン(笑)

皆さまに絡んでいただいた♥、イラストつながり(なのか?w)での後日談です^^
かねてより、腐理解者の姪と、さらに突っ込んで会話ができるように(笑)←いいのかそれで?叔母としてw
姪「お姉ちゃん(強制呼称ww)、コミックにも手を伸ばしてるの?」と苦笑されつつ(笑)
クリムトを熱く語っていたところ、なんと、学校図書にも画集があるらしく。
私よりよく知っておりました(苦笑)たくましい…
「ん~…今度気が向いたら、クリムト(接吻)構成で、37?だっけ?そのカップル描いてみようかな」
なんて!!爆弾発言を(嬉泣)←
私「(動揺を隠しつつ)…そ、それいいね…そしたら、肌色だったら服描く手間省けるよねっ♪」
…姪よ、しょーもない叔母でスマン^^;)
ここの絵師さまがたのような素晴らしいスキルもなく、きっとなんちゃって、になるでしょうが(笑)、その心意気が嬉しかったというご報告でした(笑)

うさメリさまの、「6パック」の人物に非常に興味を持ちつつ…失礼いたします(笑)

Re: まさかの。。

さく様

要も一応、ちゃんと反省はしてるようです。彼なりに意を決して、謝ったんでしょうが。。。
浩太にとって「ごめん」の一言で済まされるモノではない。
謝って済むことと、済まないことがありますもん。それでも、一言謝りたかった要に「許さない」と言った浩太。許すも許さないも、浩太が決めれば良いことですよね。

正面から顔を見た時に「怒り」が勝った。これは、浩太の性格の現れ。
力で敵わなくても、叔母さんがいなかったら本当に飛びかかってた可能性大。
まだ17歳の子に、大人の冷静さなんかくそ喰らえです(苦笑

叔母さんは、実際の現場を見ていないから、実感…ってのは無かったはず。
内野に預けてることをどこかで納得出来て無かったけど、今日ので本当に良かったと思ったようです。

内野。寂しい…(>_<)でも、浩太をお迎え~!
そこで成瀬と目が合った。一瞬の火花(成瀬の目が不審そうw)
浩太は自分で頑張ろうと思ってるけど、この件に関しては確実に傷ついてるんだもん。
誰もいなければ別ですが、事情を知ってる人がいるならココは甘えてもいいと思います。
何でも一人で頑張る=強くなる…というのとは違う。

内野と成瀬。短い言葉と目線の中に、浩太を思い遣る気持ちが交差しました(*^_^*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

はるかぜ様

うん、要も反省はしてるようです…。
浩太の傷を見せられて(叔母が持って帰った)親父に殴られ、部屋で1週間軟禁。
その後、浩太が帰ってこない現実を感じたでしょう。
これで反省しないなら、それまでのこと。想像力が無くても、自分が同じ立場だったらどうするかくらい親なら諭してるだろうしね。色々、考えたはずです。。。

チロルさん家の浩太。ちょっと大人に近づき加減が絶妙でしたよね(゚▽゚*)

腐理解者(笑)の姪っ子さん!突っ込んでのお話…育ってますね、順調に←
その内、越えられちゃうかもですよ…若さは成長が早いもの!!
>私よりよく知っておりました(苦笑)たくましい←ほら!吸収力が、スポンジ並み…ww

37を…?いや、大丈夫ですか?あれ、うちのサイト内で一番、へ○たいで濃いぃんです(爆
でも、描いて欲しい…うーん、うーん。(何を悩む
もう!!はるかぜさんに一任します!←オオゴトになってます

いやほんと。その心意気が嬉しいですね~~~❤すくすくと育っておくれ…と♪

有難う御座いました☆

浩太君にもウッチーが癒しだね

浩太。よく踏ん張ったし
突発的だったけど正面から要を見て怒りが湧いたのも
トラウマ克服するためには良かったかもしれない…
怖くても怒りでも、自分から向かって行かないと
克服できない事も有りますから。
辛いですけどね…
ホントは一発おみまいした方が尚良かったもしれない

多分、内野君なら浩太君の変化に気付いたとは思うけど
成瀬君、ワタシは言ってくれて良かったと思うわ。
あと僅かな同居生活の中で、
浩太君を送り出すために不安は無いようにしてあげたいでしょうからね。
その為には内野君は何があったか知る必要があるもの。

お祝いも、気持ちのフォローも
ヨロシクねウッチー!
今日はたっぷりの上カルビと分厚いタンをお願いしますね!w

はるかぜ様
コンサートは、エグ グループの2代目Jと3
代目Jの合同もの(これじゃわからないかなf(^_^;)
シックスパックは6人の生着替えで堪能しましたですわ♪(*^。^*)
女性の『キャ~~』は勿論の事、
それに混ざった男性の『オォ~~』には
何故か嬉しかったワタクシですww

NoTitle

>37を…?いや、大丈夫ですか?あれ、うちのサイト内で一番、へ○たいで濃いぃんです←はい、知っています(笑)…冗談(笑)
信史攻め、濃いぃ~くて大好き♪(笑)

とりあえずまだR18は閲覧できない歳(秋也くんと同じ誕生月…私も←関係ないw)ですので、「誕生日、いや、受験終わったらよろしくね」と伝えております(笑)
しかし、すでにR20もなんのその、な雰囲気…kiriさまのおっしゃるとおり、すでに追い越されています(苦笑)
私の知らないBLコミックの著者名まで(私も初心者ですがw)
彼女は純粋に画のタッチとかの視点から見ているようですが。
いや、描いてもらったとしても、到底お見せできるシロモノにはならないと思いますので、ひっそり来春の楽しみにしようと思います(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつかは…

要と顔を合わせる日が来るとは思ってましたが、合格が分かった日とは(。>д<)

昨日、教育テレビで学校において性同一性障害等にどう対応していけばいいのか考える番組やってました

レズ、ゲイ、バイ、性同一性障害などをひっくるめて、そうした悩みを持っている人は20人に1人と言ってました
正直そんなにいるの?と思ってしまった

要のしたことは許されない事ではあったけど、要も自分で自分の思いをどうしたらいいか分からなかったのかもしれないと思ったり

他人事なら「別にいいじゃない」と言えても
もし、自分の子が…となれば受け入れられるのか自信はないです
浩太の叔母さんも辛いね(T0T)


「愛なんぞ…の大学時代まで読み終わりました
亨がどれだけ明良を思っているかも知ってしまい、困ってます( ´△`)

愛に生きる男と愛に生きられない男

今の次点ではハピエンが見えてきませんが、信じて読み進めます(//∇//)

Re: 浩太君にもウッチーが癒しだね

うさメリ様

浩太、やっぱり怒りの感情は消えてなかったね。
そう簡単に消えるもんですかぃ!です。力の強さを思い出せば、怯んだけど。
気持ち的には、負けてない。要はその真逆ですよね。

多分、掴みかかられても要は抵抗しなかったと思います。
叔母さんをこれ以上悲しませるのは嫌だから、我慢した。
女性の場合、男同士で喧嘩になったら力じゃ止められないものね。
ほんと。叔父さんがいたら、一発でも殴らせてやりたかった…!!

内野、浩太の様子がおかしいと聞いて、顔色変わったかも(>_<)
普通なら、内定通知来てご機嫌だと思うもん。
内野、めっちゃ心配…。
けど、あんまり「どうした、どうした」って聞くと嫌がるしね~。
こういう場合、男の子は扱いが難しい!

でも内野さんになら、言えるよね浩太。
美味しい焼肉食べながら、優しい内野さんにお話しよう♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

はるかぜ様

あははー。
そうか…姪っ子さん、まだR18満たしてなかったんですよね、確か!!
考えれば、そうだった…。
完全に腐ってない場合、信史攻めがヤバイかな…と思ってた私でした(´艸`*)

>彼女は純粋に画のタッチとかの視点から見ているようですが
あ、なるほど!
そういう視点で見るんですよね、絵を描く方は。。。納得~
私も…ひっそりと楽しみにさせて頂きます!!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

ギャルソン漫画に、浩太を想像して頂き♪
実際、ちょっとオサレなバーや食事する場所で、そういう男子みますけど。
今まであまり萌え視点で見てなかった!これからは、ちょっと楽しみです←

>これからいよいよゴロゴローっと回されて終盤に向かっていくのでしょうね!
いえ…まだ、終盤までは遠いです…!!(ぇ
くっ付いて終わりでなく、その後も書いたから余計に長くなったわっ(;'∀')

>先生にもぜひカフェにいってほしいものです←笑 えぇ、是非ジャージで!w

そして、要が出ました!
あれから初めての対峙。要が扉を開けるのも、結構根性が要ったと思います。
浩太が案外気が強いのも知ってるしね。何か言い返してくると、覚悟もしてた。
でも「許さない」って、ハッキリ言われちゃったね。また、よく反省しよう…いくらでも。

あはは。eさんのお気にいりの、成瀬も登場しました~。
内野に生意気な態度取っちゃってましたけど。
>嫌わないでっ。悪気はないの。浩太見守り隊なの。。 ←笑
浩太を心配しての言葉だってこと、ちゃんと伝わったようです…。
名前も、今度こそ覚えてくれるよ?きっと。浩太を見守る側の子だと内野認定したから←

そう…。あとは内野の出番!

有難う御座いました☆

内野もお忙し。

あ、気分が。

浩太、せっかく「就職内定」もらって喜んでいたのに。・・・まさか、アレ、待ち伏せしてた?
顔を見たらやっぱ怒りたくなるよねー。謝られたって過去は消えない。
うん、許さなくっていいよ。 それで、足が震えずちゃんと立てた。乗り越える一歩が出来たね。

そして、成瀬(小・ちい・兄ちゃん)から内野(大・おお・兄ちゃん)に伝言(?)。
”「あいつ……。今日、様子変だったから。また、何かあったのかと思って」”
内野にいさん、
”「大丈夫だ」”
おお、ガッツポーズ出そう。

このあと、焼き肉屋で原因究明とハグ・・・かな?

Re: いつかは…

めぇ様

TVでも、随分とそういうテーマを取り上げられるようになりましたよね。
実際、バラエティー番組なんかでもちょっと真面目に取り上げてますが、当事者の方々はそういうのを結構冷めた目で見てる場合が多いそうです。
司会の人の言葉の端々に、やはり偏見が匂うとか…。でも、それも無理もないのだと。

実際は20人に1人処じゃないとも聞きました。
日本は国民性で、かなりそこの部分は理性で押さえられる民族なんだそうです。
学校も制服で通い、統率の取れた教育を幼い頃から受けてきてるから余計に。
ただ、気付かないままでいるなら、その方が生きやすいですよね!

私はもう、娘がもし女性と生きて行くと言われてもOKなんですよ。孫も別に、期待してない(苦笑)でも、女の子だから距離もって見られるからかもしれない!

あ。大学時代まで?
めぇさん、まだまだですよ。大学時代の亨なんて、グレーくらい。
真っ黒になる時期がありますから…。黒い翼をバッサバサと広げて、怖い亨が。
読者様で、逃げた方結構います…。後で戻ってきてくれた方も(´艸`*)
スマホ、投げて壊さないことを祈りますぅぅぅ…。でも、最後まで読んでね!!(願

有難う御座いました☆

Re: 内野もお忙し。

ますみ様

あはは、まさかの待ち伏せ説!ますみさん、めっちゃ怒ってたもんね。
うん、気持ち分かりますともー。

怒れ、怒れ、浩太!そんなもん、怒って当然だよ。

ちい兄(あ、隼思い出すww)が、告げ口(笑
きっとね、浩太からかってもいつものようにジャレてくれないから…。
また陰をチラリと見せるから!ちい兄は、心配(゚∀゚)
それも、わりかし本気で!だって、あんなこと聞いた後だもんね。
で、また色々聞いて浩太に怒られたんだよ…。
こういう時は、大兄でないとダメみたい。

有難う御座いました☆

めぇさまに、横レス

させてください、kiri様。

めぇさま。’愛なんぞ・・・’は、大学時代あたりまでが起承転結の、起じゃなかったか・・・と。
亨も明良も余裕なくなる時が来ます。そして爆発。。でも、必ず笑顔になれますから、大丈夫。

コメ欄まで読破となると大変ですけど、頑張ってくださいね~~!

あとはkiri様のリコメの通りかと。
そうそう、ういちろさまのところに癒しもありますよ♡ 私、大人買い。腐腐。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「あ♪帰ってきた!」by浩太☆チロル様】へ
  • 【ここに、おいで-73】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。