女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-68 →ここに、おいで-70
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-68】へ
  • 【ここに、おいで-70】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-69

 ←ここに、おいで-68 →ここに、おいで-70
夏休みが明けて、学校が始まるとすぐに就職に向けて一気に走り出す。

クラスで就職組は三人だけだから先生もわりとノンビリとした対応で、浩太もそう焦るまでは行ってないけど。

筆記試験と、面接。
受ける先は、あのカフェにした。
理由は実際に店に行った時、ここで働きたいと思ったから。

大学と違って、一社しか受けられない。
落ちたら、また次だ……。

来週すぐに試験と面接がある。

浩太の髪も光希に切ってもらうことになってるし、準備だけは出来てる。
後は、本番で頑張るのみだ。

光希さんも言っていた。

転職を二回して、自分の道を掴んだって。
光希さんは、親や親類とも縁を切ってる。
どうにかして、自分で一生食べて行く道を探して行かなきゃならないと焦った時期があったと。

『強くならなきゃ、野垂れ死ぬと思った』
光希が放った言葉が、浩太に強く刺さった。

野垂れ死ぬ……そこまでの思いは、僕は知らない。
けど。孤独を感じていたのは、僕だけじゃない。
僕も……強くなるために、頑張りたい。

*

お風呂上がりに勉強をしてると、内野が帰ってきた。

「お帰りなさい!!」
「ただいま」

夜の十一時半も回った頃。
週末まで連日で残業だと、さすがに疲れた顔をしている。

「ご飯食べる?」
「あぁ……。頼むよ」

浩太がキッチンに立って用意をしてると、視線を感じて振りかえる。

「なに?」
自分をジッと見ていた内野に、浩太が問いかける。

「来週早々だったな。就職の試験」
「うん」
「浩太がいなくなると、また元の生活に戻るんだな」

寂しそうに言う内野に、浩太が手を止める。

「……内野さん、寂しい?」
「寂しいよ」

その言い方が可愛く思えて、そして嬉しかった。

「僕が高校生じゃなかったら。……大人だったら、同居出来たのにね」
「あぁ……。それも有りだったな」

二人共、分かってること。

他人同士で、片方が未成年で、おまけに高校生で。
男同士であっても、とても不自然なことをしてるのだから。

「僕、またご飯作りに来ていい?」
「いいのか?」

内野の目が輝いて見えて、浩太は嬉しい。

「今みたいに毎日は無理でも。僕は、内野さんとご飯食べたい」
「そうしてくれると、俺は嬉しい」
「嬉しい?」
「あぁ……凄く、嬉しい」

嬉しい――の言葉に、ちょっと泣きそうになる自分。

一か月半くらい、一緒に生活をした。
たったの一か月と半分でも、僕は安心してココに居ることが出来た。

僕の不安を、内野さんが取っ払ってくれて。
ご飯を楽しみにしてくれて。
寂しいとか、嬉しいとか、言ってくれる。

浩太がキッチンに向き直り、豚肉とキャベツと玉ねぎを炒める。

「僕も、嬉しい」

恥ずかしくて、前を向いたまま浩太がそう言った。

*

僕も嬉しい……。
そう言った浩太の後ろ姿を斜めから見ながら、内野は傍に行き、その細い体を抱きしめてしまいたくなる。

劣情ではなく、包み込んでやりたいと思う気持ちの方が強い。

もうすぐ、ここを出る。
そう思えばこそ、だとも思うし、だからこそ、出来ないとも。

この感情がただの寂しさから来てる訳じゃないことも、さすがに気付いてる。
週一で顔を合わせていた頃とは、違う。
毎日顔を見て、浩太の仕草、言葉、表情に、愛しいという気持ちが湧いてくる。
そこから目を逸らすことが出来るのは……。

浩太の叔母。
そして、協力してくれた江東に、長友。
皆の顔が浮かぶからだ。

裏切るようなことは出来ないし、そっちに少しでも近づくような行為は徹底的に避けてきた。

普通のストレートな男なら気軽に出来るようなことでも、内野は意識して避けてきたのだ。

そして避ければ避ける程に、蓋がカタカタと鳴る。

浩太の信頼だけは、失いたくない。
それだけは、絶対に。

「内野さん。ちょっとだけ炒め過ぎってのが、好きだよね」

浩太が振り向いて聞いてくるから、内野は頷く。

ちょっとした好みさえ、把握してくれて。
好きな漬物の銘柄さえも、覚えてくれていて。
全ての量も多すぎず、少なすぎず、適量。

俺が喜ぶことを、ちゃんと見てるんだ。

野菜炒めと、白飯と、味噌汁が、順番にテーブルに並ぶ。
冷蔵庫から、昨日の残りのきんぴらを出してレンジで温める。そして、漬物も。

すっかり浩太の味付けに慣れてしまって、口に運ぶとホッとして一日が終わったと実感するようになってしまった。



「内野さん。今日はいつもより疲れてない?」
「あぁ……。そうかもな」

今年入社した新人が、扱いにくい……なんて愚痴を浩太に言っても仕方ない。
どこの会社にでもある、人間関係。
仕事だけをすればいいなんてことは、無いのだから。

同じ大学出身だからということで、課長に面倒をみるように言われて半年以上。
B4で卒業したから、年は三つ下だ。
知識だけに頼って小手先で仕事をしようとする処から、違うのだと言う事を何度も言う。
怒れば、たった一期しか違わないということが素直に聞けないようで、拗ねる。

正直、仕事の何倍も疲れる。
それでも、浩太の「お帰りなさい」の声を聞けば、オンとオフの切り替えが出来るから不思議だ。

「浩太の顔見て、浩太の飯食ったら、癒されるけどな」
「ほんと?」

浩太が目を輝かせる。

「本当なんだな、これが」
「僕、ちょっとは役に立ってる??」
「あぁ。浩太は、俺の癒しだ」
「やった」

夜中なのに、嬉しさで弾けそうな顔と声。
この年代の、無邪気さ……。

可愛いと思う気持ちと、同時に湧く小さな嫉妬。

いつしか自分が失ってしまっていた、煌めきが浩太の中にある。

ずっとこのままで居て欲しいと願うのは、俺の勝手な思いだ。
浩太も、春になれば社会に出て行くのだから。

煌めきは、いつしか擦れて行くものなのかもしれない。
人は摩擦を繰り返し、色んなモノを乗り越えて行く生き物だ。

例えもしも、この瑞々しいとも言える煌めきが擦り減って行くことがあっても。
俺は……それを、ずっと後ろから見守っていてやりたい。

浩太は、浩太であり、他の誰でもない。

いつか、浩太がもっと大人になった時。
今のこの時を懐かしんで、酒を酌み交わせるように、覚えておきたい。

どうか……。
この部屋を出ても。
浩太が頼れる存在であり続けたいと、内野はただ願う気持ちで居た。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-68】へ
  • 【ここに、おいで-70】へ

~ Comment ~

僕が大人だったら同居できるのにね。
無邪気さは時には残酷に凶器となって内野氏の胸に突きさる。
内野氏、あふれる恋心に目を背けないで。蓋をしないで。
浩太が出ていく時に私も泣いてしまいそうです。

Re: タイトルなし

おみち様

浩太は、まだホント入口に立ってる感じですね。
内野は、同居してから更に…蓋が鳴るようになってしまった。
もうすぐ、出て行くと思えば余計に。

まだ今のとこは、ビチッと蓋。浩太と恋愛するなんて気は、全く無いのでした。
わざわざ負い目を感じてまで、恋愛なんてしたくないという気持ちも強いし。←狡い大人
ガード、硬いよ(>_<)

有難う御座いました☆

泣ける(T-T)

今日のうっちーは切な過ぎて泣けてくる~(>_<)

疎過ぎる浩太に気を取られていたけど、そうだよね、これまで恋愛の場数を踏んできたうっちーだから、気付いてる想いに強く蓋をして、そういう方向へ行かないように自分を戒めてるんだよね
こんなに近くにいるのに、抱きしめることも出来ないなんて蛇の生殺しじゃないのー
やっぱここは浩太に抱きついていってもらわねば(鬼)

うっちー、試練はその人の中に、乗り越える準備が出来た時に目の前に事象として現れるんだよ?
だからきっと大丈夫!浩太は持ち前の強さでグングン成長してうっちーに追い付くはず。その時が来たらしっかりと抱き留めてあげてね!
一人だとぐるぐる苦しいばかりでも、二人だったらパワーも二倍、愛情も加わって無敵の二人になれるよー(^^)人(^^)

Kiri さま、私の姪は同性婚を視野に入れてパートナーの娘と海外移住するために二人でがんばってお金を貯めてます。彼女の方は海外での生活経験もあり、数ヵ国語話せるのでその点での問題はないようです。私の姉(姪の母親)は葛藤もあったようですが今では応援してて彼女に対しても本当の娘のように接してます。
彼女の親は反対してますが。
捨てるのも失うのも当然と受け止め、覚悟を決めて二人で先へと向かっています。でも無くしたものの何倍もの幸せや安心に満ちた人生を手に入れることができるだろうと見てて思います。
姉なんて、移住した先に遊びに行くわ~とノンキに構えてます(^^)

性のジェンダーなどというものに翻弄されることなくみんなが幸せになれる未来が来てほしい

うっちーファイトだよ!
毎日楽しみーっ\(^^)/

酒よりも、マッサージよりも癒しの浩太

イヤァ~ンkiri様 お気になさらないでぇ♪
kiri様からの放置プレイ…デヘ ‥ウヘヘ も、悶えま腐(///∇///)


ここで働きたいと感じたのは直感が働いたのネ!
ピンと来るのも大事な要素。
働きたいと思う気持ちが強ければ面接もその意志をぶつけられる!
エプロンにネクタイ、シャツと自分の姿も想像してみて
『チョットイイかも♪』ってねww

光希君良いアドバイザーだ!
内野君からもアドバイスもらってだろうけど
おそらくスンナリ就職して転職経験もないし、
苦労人で経験者の社会での自分の道の見つけ方聞けたのは大きな収穫だと思う!
初給料貰ったら、光希君ご指名でお店に行かないとね!

だんだんと同居解消の日が近づいて
二人とも素直に気持ちを話すようになってるみたい。
シミジミし過ぎてウルウル来ちゃいました(´;ω;`)


お疲れモードの内野君の原因聞いてビックリ!
昨日まで教育実習生が来てたのてすが
担当の先生方が

〉知識だけに頼って小手先で仕事をしようとする処から、違うのだと言う事を何度も言う。

今日まさにこれと同じことボヤいてました!

人に教えるってホントに大変!
仕事も倍になるし疲れも倍。。
試用期間の数ヵ月は、自分も初心に戻る良いキッカケと思って教えてたなぁ…(トオイメ‥)

期間限定だから。

終わりがはっきり見えているから色々動くんでしょうね、心も気持ちも。

いっそう蓋を押し込める内野。
浩太は不安がなくなって急に視野が開けた感じ。あれもこれも見えてくる。
またグン!と伸びるのかしら?

百聞は一見にしかず、をまんまいった浩太。見るってこんなにも大事なのねー。

ヘロヘロうっちー、癒しがなくなるのが心身に沁みて。でもまだ鉄壁のガード。 大丈夫。浩太は花嫁修業の旅に出るのよ。あなたの横に並ぶためにまた向かい風に立ち向かうの。
光希サンのヘアメイクの力も借りて(・・なんじゃそれ?)。

鮭みたいに、大きくなって食べ頃になって戻って来てー(笑)。



さくさま。
姪ごさんと、パートナーになる女性の、強い絆を感じました。背後の橋を燃やしてでも運命の相手を選ぶ。
覚悟のいることでしょう。 傷だって残る。けれど、自分が幸せになるなら後悔しないと。

拍手を送りたいと思います。笑顔でいてください。



うさメリさま。
人を教える時に初めて知識や経験が自分の物になる。そう思いませんか?
あなたも、いつか分かる。・・・て気分。
思い出します~~。


あと、数えるほど。

kiri様。

来週の就職試験。
もし、これで決まってしまえば、浩太は内野の元を出て行くんですね。
せっかく内野の好きな野菜炒めの火加減も、好きな漬物の銘柄も、食べる量も、きっとオカワリのタイミングまでも覚えてしまった浩太。
残業続きで帰ってきた内野の疲れも癒してくれるのに。
出て行くしかないんですよね。

寂しいですね。


浩太は、今のところバイでもゲイでもノンケでもないんですよね。
はっきりとした恋愛すらわからない(笑)
内野さん、そら“高校生”を差っ引いても怖くて手なんか出せませんよね。
たとえ、卒業して働きだしたとしても、なかなかおいそれとは。
でも、実は性☆癖とか関係なく、本気で好きになる人がかなりツワモノで揺るぎがないかも。。。とも思うワタクシ。
37しかり、勇次しかり、たっつぁんも。
ーーー全部kiriさんのキャラですけどね(笑)
いかなモンでございましょう。

kiriさん、今日むっちゃお忙氏?

Re: 泣ける(T-T)

さく様

内野ね~、今はまだガッツリと恋愛感情onlyでもない。
やっぱり庇護欲の方がずっとずっと勝るんだけど…いつか、それが移行していく予感が。
恋になっちゃうと、苦しいよねぇ…できれば、恋になって欲しくないかと…(>_<)
でも、少しずつ蓋が音を立ててるもんで。

>やっぱここは浩太に抱きついていってもらわねば(鬼) ←ほんとにww

>試練はその人の中に、乗り越える準備が出来た時に目の前に事象として現れるんだよ
えぇ、本当にそう思います。
過去キャラ達も色々と言われてきましたが、その時期まで皆様に随分と待って頂いた記憶が(滝汗
どうか内野のその「時」まで、イライラして待っててもらいましょう。←おぃ

わ~♪姪っ子さん、格好いい!!
やはり2人で力を合わせて、目的を持つっていいですね…。
母(姉)も、色々と葛藤はあったと思いますが、娘のように接してくれて!
ココにも女性同士のパートナーで頑張ってられる方も来て下さることがあって、凄く逞しいです。
でも、そこに至るまでにはきっと、凄く大変な思いをしてこられたんだと思います。

やはり「覚悟」を決めることで、前に進めるんでしょうね。
その覚悟は、簡単にして良いモノじゃなく。
転げまわって苦しみ、考えて悩んだ後に来る覚悟だからこそ、強さにもなりますもんね。

有難う御座いました☆

Re: 酒よりも、マッサージよりも癒しの浩太

うさメリ様

ほんと、すいませんー。
昨日、何かバタバタしておりまして、確認せずのままだったので(^^;
今日、あれ?と思いました。リコメの「送信」をちゃんと押してなかったのかも…。

そうですよね。
「ココで働きたい!!」って強く思う気持ちって大事。
私も就活を思い出します…。制服に憧れたのよね~当時ww
合格して、新人教育でコッテリ絞られたけど、制服を貰った時嬉しかったな(遠い目。

うん、内野より光希の方が雑草的な強さはあると思います(笑
内野はやはりゲイであること以外は、エリート街道を歩いてきた人だしね。
浩太のド根性の部分、光希は薄々感じてるでしょうか…。

内野、今「教育係り」でも、正式ではないと思うの。
普通はもっと上の先輩がするはずなので、同じ大学出身というだけで少々押し付けられたかも…。

あ。先生も同じことボヤいてましたか(苦笑
ます「違う」ってとこを教えるのがね…難しいかもです。
スタートを「0」に持って行くことから始めるのが、もう手間…w
自分の仕事だけでも内野2年生で大変なのにね。頑張れー

有難う御座いました☆

Re: 期間限定だから。

ますみ様

期限を切るって、結構大事ですよね…何か日々生きてると(何、それ

2人とも、同居解消の日が毎日迫ってるのを「寂しい」とは思ってる。
だけど、約束はちゃんと守らねば…ですもんね。

うん。浩太はもう、寂しいだけじゃなくて、その先も見てる。
恋愛感情云々は後から付いてくるもので、早かろうが遅かろうが、別にいいと思うのです。

未来のイメージが少しできて、それを実現するために頑張る。
実現していくその道のりの過程に、内野の存在が膨らんでくるはずだしね~。

その内野はもう、父のように「寂しい…(ρ_;)」ですけどww
内野もね、ちょっと外の空気吸いましょう。
浩太が居ると思えば、どーせ真っ直ぐ帰ってきて遊びにも行ってない。

一旦少し距離を置いて、次に何かが始まれば…(´艸`*)

有難う御座いました☆

Re: あと、数えるほど。

迷惑フォルダー様 ←タイトルと間違え?…か、わざと?笑

あぁ、あなたのメール文字化けはしてるは、迷惑フォルダー入りやら…でしたよ(爆

出て行く時って、出て行かれる側の方が寂しいかな~。
内野ーー。泣くなよ…!!
あなたの嫁さんは、逞しくなって行くはず…(ぇ

そうなんですよ。浩太は別に女好きでもない(笑
まぁ、普通にノンケだとは思うんですが…。例えばバイも、色々だもんね。
ちなみに亨はノンケ寄りのバイで、洋平は完全なバイ(隼に向かうとこからして)…の違い?
そしてピカピカのノンケは向井ですw

で、内野が浩太に恐れを成すのは。
高校生、ノンケ、無垢……の三拍子!!どうだ!!手は出せまい~~~的、設定の浩太。

うん。本気で好きになれることなんか、人生でそう何回も無いかと…。
ただ、普通の恋愛よりは彼らが「スタート」を踏み込むのには時間かかりますね(>_<)

いや昨日、お客さんが来てずーーっと朝方まで喋ってたので…。
リコメも中途半端なままでした。その上、今日に限って仕事忙しかったし(>_<)

有難う御座いました☆

完全横レス(横よこ?)

リコメのkiri様へ。


”お客さんが来てずーーっと朝方まで喋ってたので…。”  ・・え?

お付き合いなさってたんですか?  kiri様っ!   偉い。。尊敬!
私駄目です。きっと仕事でも付き合えない。

そのうち背仲から、
「まだかー。 まだかー。 早く終わらせロー。」
オーラ放出!愛想笑い出来ても、水しか出さなくなりそう~。

徹夜出来ない人なので(苦笑)。


お疲れさまでした <m(__)m>

Re: 完全横レス(横よこ?)

ますみ様

いえいえ、私のお客だったのです(;´∀`)

ただ喋ってただけなんすが、気が付いたら朝の4時過ぎ(笑
私は夜型なんで、眠くならないんですよね~。

その代り、朝が弱い…|д゚)

蓋閉めて上から縄でぐるぐる巻きにして漬物石乗っけとこ!

うっちー思わず抱きしめたくなる気持ちを封じ込め...
こんな我慢も浩太が出ていくまでのあと僅か...
ホッとするような、でもやっぱり寂しい気持ちの方が強いでしょうね~
お互い大事な存在でお互いを必要としていて、ほのぼのととってもいい雰囲気なのに出ていかないといけない... うぅ切ない(TT)

浩太くんきっと抱きしめられても何にも気付かずただ単純に嬉しい!って思うんでしょうね! なんてたって真っ白白の浩太君ですものね!
でもそれが彼のいい所! 決して鈍い訳じゃなく、純真で無垢で素直... 
秋也も真っ白真っ直ぐだけど、また少し違いますね。
浩太の方が幼いのかな~ 加護心が湧くって言うか...
同じ高校生でも秋也のような色気もないしね~
あ!秋也は早ーい時期から教祖様がついてらっしゃったからか~
そんなこと呟いてたら秋也くんに逢いたくなってしまった!
胸やけする甘~いの堪能しにちょっとだけ行ってきます♪腐腐

kiri様、今日は理不尽なことでひどい仕打ちを受けて、私大人げなく人前で怒ってしまいました! そのあと仕事に向かわなくてはいけなくて、こんな気持ちで行かれない!と、一人になって速攻浩太君に癒されにスマホ握り締めました! おかげで落ち着きを取り戻し仕事できました(単純ww)
浩太~うっちーだけじゃなく、君はおばちゃんの癒しでもあるのだ!
いつまでも癒しワンコでいておくれ~

気が付いたらこんな遅い時間になってしまった!
kiriさまいつも本当にありがとうございますm(__)m
明日(今日か)も楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 蓋閉めて上から縄でぐるぐる巻きにして漬物石乗っけとこ!

key2様

父性だけじゃないから、困るんですよね。
抱きしめてしまえば、蓋が緩みそうで…。我慢、我慢!
期間限定だと分かってて、一緒に居る時間。
心地良いのなら、これが例え恋愛感情抜きだとしても、そりゃ寂しい(つ﹏<。)

高校生でも、浩太はかなり幼いです。
気持ちが他でいっぱい、いっぱいで、恋愛なんかに向く余裕も無かったのもあるかと思います。
毎週の日曜日のことや、家に帰る時の要の舌打ちや。
お金を貯めて、通帳を見て未来を想像して…そんなので、心が占められてたもので。

秋也も中学の時は幼かったねww
女の子と付き合うより、男同士で遊んでる方が楽しいって言ってた。
でも、中学生じゃそういうこも、珍しくないかな…。
えぇ、教祖が塗り替えたのです!勿論、中身はそのままで…外側を(爆
「信史、大好き❤」←ここだけ今も、浩太みたいですねww

あらら。理不尽なことが!!有りますね~有りますとも!
たまには怒りを外に吐き出しても良いと思いますよ。
大人になると、中々出来ないことだから余計に!
浩太で少しでも落ち着きを取り戻せた?浩太…仔犬で良かった(笑

色々ありますが!また、仔犬に会いに来て下さい(*^_^*)

有難う御座いました☆

Re: (−_−;)

鍵コメ様

文字化けだったけど、写真ですぐ分かったよww

>なんで化ける?やっぱり狸か! ←うん、当たってると思う…w

CCのSSは、私の担当じゃないもん…(担当、いつ決定?
いえいえ、それはただの「夢」でしょう←
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-68】へ
  • 【ここに、おいで-70】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。