女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

ここに、おいで。

ここに、おいで-65

 ←ここに、おいで-64 →ここに、おいで-66
「わ。何、その頭?」

バイトの休憩中、漫画を読んでる時に成瀬がシフトで入って来た。

「切った」
「ふぅ~~ん、可愛いじゃん」
「可愛いとか嬉しくない」
「じゃ、格好イイ」

タイムカードを押してから、ニコニコして浩太の髪の毛先を弄って来る。

「もうっ」
浩太がその手を跳ねのけると、またグリグリと撫でてくる。

「やめてよっ」
「色気付いちゃって。彼女でもできたか?」
「違う。僕の髪切りたいって言ってくれる美容師さんが、ただで切ってくれただけ」
「ラッキーじゃん。さすが床屋とは違うな」

成瀬も時々意地悪をするけど、要のとは全然違う。
からかいながらも、目は優しいから。

その成瀬の目が、自分の首筋をジッと見てる。
うっ血の痕はもう消えた。
けど外に出る時は絆創膏をずっとしてたから、痒くてつい触ってしまう。
そのせいで、まだ少し被れてる。

言わなきゃ……。全部じゃなくても、ある程度本当のことは。
泊めてくれたし、優しくしてもらってるし、何よりも心配をかけてる。

「成瀬さん。五分だけ話する時間ある?」

成瀬が眉を上げ、浩太の顔を見てその意味を察したようだ。

「待ってろ」
バックヤードを抜けて、店内に入ってすぐに戻ってきた。

「オッケ。店長、夜番だし。松井のおばちゃん、ちょっとくらいイイってさ」

浩太の休憩は、あと十分ある。

「あのね……」

浩太は時間がそう無いから、首の絆創膏の件から話を始め、泊めてもらいたかった原因まで一気に話した。

*

バイトの間中、成瀬が機嫌悪いような気がする。

何で言わなかったんだと、怒ってたけど。
松井さんが時間になったから、店内に戻ってそのままだ。

「成瀬さん、怒ってんの?」

客が居なくなってから、浩太が傍に行き小さい声でボソッと聞いてみた。

「怒ってるっつーか……。何か、腹立ってる」

怒ってるのと、腹立ってるのって同じじゃないの?
浩太は首を傾げながら、チキンを冷凍室から出してフライヤーに入れて行く。

言わなかったことに、腹を立ててるってことだよな。
でも……言えなかったんだ。
格好悪くて、恥ずかしかったから。
女の子みたいに言われるのをずっと我慢してる自分自身が、凄く恥ずかしかった。

「お前に腹立ててんじゃねぇ。何か、自分に腹立つんだよ。泊めてやった時に、もっとちゃんと聞いてやればよかったってな」

聞かれても、僕は言わなかったよ――絶対に。

「けどさ……。聞いても、俺に出来ることっていえば……従兄を殴るくらいだったかもな」

後ろを通り過ぎる時に成瀬がそう言って、そのまま店内の整理をしに向かった。

言わなくて良かった……と、浩太は思う。
でも、成瀬の気持ちは嬉しかった。
怒った顔のままで本を整理してる成瀬を見て「有難う」と心で呟いた。

*

浩太が上がる時間になっても、レジには人が並んでる。
時間通りに朱さんが来て、レジを交代してバックヤードに入った。

ロッカーで制服の上着を脱いでから、携帯を見る。

―ご飯用意できてるから、早く帰っておいで。

内野からのメールを見て、浩太は何故か泣きそうになった。

早く帰っておいで。

その言葉が、凄く……凄く嬉しくて。
自分の家じゃないのも分かってるけど。
それでも、帰りを待ってくれてる人が居る。

浩太は、携帯を握りしめて胸にギュッと抱く。

こんなことくらいで泣きそうになる自分に大きく息を吸って、一気に吐きだしてロッカーを閉めた。

*

帰り道、自転車を走らせながら顔が緩んでくる。

内野さんが、僕を待ってくれてる。

こんな気持ちになれることが、どうしようもなく嬉しい。

少し前まで、この道はとても重いものだったのに。
自転車のペダルを押す足が、今はこんなにも軽い。

いつも内野さんは、僕に嬉しいをくれる。

僕は、内野さんが大好きだ。

そんなことを改めるように思って、また頬が緩む。

今日は、内野さんが早いって聞いてたから、ホットプレートで白菜と豚肉を焼きながら食べようと思ってたんだ。
帰って白菜を切って、大根おろしをすれば終わり。

きっとお腹すかせてる。
僕も、お腹すいた。

早く帰って、一緒にご飯を食べよう。

*

自転車を止めて、走って部屋まで向かう。

灯りのついた部屋……。

浩太は鍵を取り出して、扉を開けた。

「ただいまっ」
「おかえり」

内野が、ニッコリ笑って浩太を迎え入れる。

浩太はそのまま内野の傍に行き、もう一度「ただいま」と見上げて言った。

「?……おかえり」
少し驚いた顔をして内野がもう一度そう言えば、浩太が抱き付く。
嬉しくて、それを伝えたくて、でもどう言えばいいのかが分からなくて。

「……どうした?」
「内野さん……。ありがと」
「何が?」
「……ううん。何でもない」

何が?と聞かれて「早く帰っておいで」の言葉が嬉しかったとは、何となく恥ずかしくなって言えず。

テーブルの上を見ると、もうホットプレートから湯気が出ていた。

「わっ。内野さん、用意してくれてたの?」
「メールしたろ?ご飯用意したって」
「あ、そっか」
「白菜と肉切って、大根すりおろすくらい出来るよ」
「僕が帰って来るの、待ってたんだよね」

しつこいけど……嬉しくて、もう一度確認したくなる。

「そうだよ。浩太と毎日こうやって一緒に飯食うのが、楽しみなんだ」

内野は浩太に『寂しいね』……なんて、からかわれるかと思って構えていたら、浩太の顔が複雑そうに見えた。

「浩太?」
「……誰かに待ってもらってたり、楽しみとか言ってもらえるのって凄いや」

恥ずかしそうな顔をして、浩太がテーブルに座った。

「お腹すいた」
「どうぞ、召し上がれ」

内野が自慢気に言うのを聞いて、浩太が笑う。

「いただきます」

手を合わせて大根おろしとポン酢を皿に入れてると、内野がホットプレートの蓋を取った。

湯気が上がり、しなった白菜と肉が美味しそうだ。
前に一度したら、内野さんが凄く気に入ってくれた。

味付けなんか塩と胡椒だけ。仕事で遅くなった父が、よく作ってくれた簡単メニュー。

今も――大好きな人と一緒に食べてる。

そんなことが、また嬉しくて。
浩太は白菜と豚肉を箸でつまんで、大根おろしをたっぷりつけて口へ運ぶ。

「美味しい」
「だろ?」

満足気な内野を、浩太は可愛いと思った。
自分よりずっと年上で、大人なのに。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-64】へ
  • 【ここに、おいで-66】へ

~ Comment ~

NoTitle

初めてコメントさせていただきます。
「愛を、くれ」がおもしろくて、ずっと読ませてもらってます。

なんだか二人の幸せを見ているとこっちまで幸せになれます。
浩太くんはすごい健気で可愛いし、内野さんも浩太への愛情がひしひしと伝わってきますwでも、いつかこの幸せが急に壊れてしまうんじゃないかと毎日気が気じゃないです。
是非彼らを明るい未来に導いてあげてください。お願いします。

これからも楽しみにしてるので、頑張ってください!
失礼しました。

NoTitle

kiriさん、やばいです。
このお話、好きすぎる。。。。と、どうしてもお伝えしたくてコメントしました!
(内野さん、めちゃめちゃ良い人だったんだな。邪魔者だと思っていて、ごめんなさい。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてコメントします。毎日11時を楽しみに生きてますっ。

ラブラブ新婚生活萌え過ぎです。早く恋だと気付け!早く押し倒して~

Re: NoTitle

あー様

初めまして♪ようこそです(^o^)
愛を、くれ…のスピンオフ、読んで頂いて嬉しいです。

今はホノボノ~な、父子?兄弟?なんかまだそんな感じですけど。
ちょっと兆しが見えてきてますよ…。
うん、これからも色々ありますが!もう、一時のようなヌメ~としたのは無いですww

紆余曲折あれど、ハピエン目指して頑張りますので!よろしくお願いしますね。
また、お顔出して下さいね♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

hina 様

お久しぶりです!

>このお話、好きすぎる←あぁ、嬉しい…(*゚▽゚*)
スタート時は、地味すぎるからどれだけの人が読んでくれるかな~。
古参の方は残ってくれるかな~(厚)…みたいな感じに思ってたので、凄く嬉しい!

>邪魔者だと思っていて、ごめんなさい←笑 いや、サブキャラはそんなもんですw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメ様

> 読みながら自然と笑顔になっているのです。
あぁ、嬉しいお言葉…。

ほのぼのな感じは書いてる時も、ニヤけてます(笑

こちらこそ、毎日読んでもらえて!
有難う御座いました☆ またお顔出して下さいね~♪

Re: タイトルなし

おみち様

はじめまして、ようこそです♪

>毎日11時を楽しみに生きてますっ←(つ﹏<。)嬉しい…っ

ですね…これ、ラブラブな新婚さんだ❤
チューも無いけどwwそれは…いずれまた。妄想してて下さい…腐

またお顔出して下さいね。
有難う御座いました☆

kiri さん覚えてくれてて嬉しい(≧∇≦)

う、浮気から戻った…
そう?そうなる?(汗だく)

韓流アイドルリアル腐にハマった私を忘れずにいてくれてありがとう(泣)
あの頃の皆さんもお元気なのですね!
嬉しい(≧∇≦)

特攻スピンオフたまりません!
「牧村」って言葉がでるたび、ヒャッホー!ってなる私
かわいい浩太を親戚の子を見守るように遠くから、心穏やかに見てたいのに…
できるかしら??


Re: kiri さん覚えてくれてて嬉しい(≧∇≦)

めぇ様

えぇ、浮気ですともー笑
いえいえ、ほんとに久々にお顔出してくれたのが心より嬉しい…(ρ_;)

言ってましたね。つべにハマってるとか、一度途中で…笑
あの頃の皆さんの何人かは、今もお顔出してくれてますよ!
コメントはしなくても、読んでくれてる方も^^

隼も後でチラリと出ますので…そこ、楽しみにしてて下さい。

そうでした。めぇさんん、いつもキャラが傷つくとやたらと胸痛めてましたね。。。
信史に怒ってたのが、懐かしいです(笑
もう、そうキャラを虐める…という展開は無いはず(あくまでも私的にw
心は右往左往しますが…いつものことだと。ウフフ

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おおおおっ!

kiri様。
成瀬兄ちゃ。怒ってますね。
> 「お前に腹立ててんじゃねぇ。何か、自分に腹立つんだよ。泊めてやった時に、もっとちゃんと聞いてやればよかったってな」

内野ももっとちゃんと聞けば良かった、て後悔してましたよね。
みんな、自分を責める。ちゃんと見てやってれば浩太があそこまで傷付かなくてすんだのに。。。て。
本当にみんな浩太がすきなんですよ。
一生懸命で純朴で、素直な浩太が。
浩太もいつか大人になっちゃうけど、無くして欲しくない部分です。

で、出た。
内野さんの世話好き!
なおかつ、でろでろ甘々(笑)
浩太、嬉しいをいっぱい伝えて、もうホンマ甘々。
楽しいですよね。


おお!めぇ様がお戻りになってはる!
隼をいつもマッキーと呼んで、2人を“持牧”と略してくださったのはめぇ様ではなかったでしょうか?
いえ、そうです。それを老がxxゲフンゲフンっ
とにかく読み間違えて特攻にしてしまったんですよね。
それ以外にもなんかあの頃のコメがすごかった。←探して読んでた。
めぇ様のご帰還、とても嬉しく思っております。
また、2年前と変わらず遊んでくださいまし。

今日も来れた。何かに感謝を。

白菜と豚肉!相性イイのよねぇ♪

「髪切った?」←タモさん風
成瀬君めざとく見つけたww
髪切った位じゃ言わない方が多いんじゃなあかなぁ?
口に出すとは‥よっぽど可愛かったんだな(* ̄∇ ̄*)

成瀬君もずっと気にしてくれてる。
嬉しいね。。。
こっちのお兄ちゃんも浩太君になにかあったら助けてくれるには違いないけど
「‥従兄を殴るくらいだったかもな」
ホント言わなくて良かったよ(^^;

頭(内野君)とチカラ?(成瀬君)
大人と子供を見せつけられてる感じww
この差は大きいなぁ…
まぁ成瀬君も社会に出たらそういうふうには思わなくなるだろうけど!

叔母さんちで言ってた「ただいま」と
内野君ちで言う『ただいま』
同じ言葉なのに天と地ほども違うね!♪

恥ずかしくて言えなかった言葉も
言わなくて良かったかもしれない!
言われたらウッチー、
蓋こじ開けたくなっちゃったかも(〝⌒∇⌒〝)

Re: NoTitle

鍵コメe様

>あ。成瀬だっ。←笑
>少し前に二木に見張っとけっていってた成瀬とかもう。。。
えぇ、eさんが成瀬を何気~に気に入ってるのは、何となく感じておりましたww

乱暴っぽいんだけど、実は結構優しいんですよね。成瀬くん。
浩太のこと、虐めてるようで可愛がってる。

しかし、殴っちゃいかんぞ…成瀬。
まぁ、それは本人も大学生で成人してるから分かってるんだけど。

>大人でないとできないことっていろいろありますよね。
>でもその大人でないとできないことにはきちんと責任が伴う。
そうなのね。ココはやはり内野のようにはしたくても出来ないし、まず頭が周らない。

いやもう、今日は新婚さんでしたね。
内野は大したことしてないんだけど。白菜と肉切って、大根すっただけww
で、メール…。これが浩太には「凄く嬉しい」こと。
ま~た、可愛くなってしまう…。内野、頑張れ(>_<)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメm様


> 恋人同士でなくても、友達でなくても、血は繋がっていなくても
> 人って誰かを幸せにしたり、幸せにしてもらったりできるんですね。

いや、ほんとそうですよね~。
なんか心が勝手にささくれてる時とか、何気ない言葉だけでも嬉しかったり。
人は人を傷つけもするけど、優しさで癒すこともできるんだなぁ~って思います。

>浩太くんに抱きつかれたら、きっと私死んじゃいますね。可愛すぎて。笑 ←
浩太の「嬉しい」気持ちが全身から出てますよ…きっと。内野、伝わったかな~

有難う御座いました☆

Re: おおおおっ!

優様

はい、成瀬は怒ってますね。
元々、顔怖いのに…お客さんがビビるぞw

まぁ、成瀬の言い分はわかります。そんなもんですよね、人って。
気になってたし。。。浩太、言わないし。自分をつい責める方向へ。
浩太のこの芯の部分は、大人になっても変わらないでいてほしいですね。
多分、内野が全身でギューして行くと思うので、そうねじ曲がることもないか?
秋也の純粋培養のように…ww

内野、ちょっとキッチン立っただけですが。
抱きつかれて、また……何でもしてやりたいというのが増えたかな(笑

そうです~。めぇさんがお顔出してくれました。
いくつか前の記事に、ひょっこり~。で、今日の記事にも!
でしたね…めぇさんの「持牧」を、あなたが「特攻」と読み間違えたのが始まり(爆
マッキーは、A子姐も言ってた記憶が。まだ、愛を~連載前から連呼してた(笑

有難う御座いました☆

Re: 白菜と豚肉!相性イイのよねぇ♪

うさメリ様

髪切ったのすぐ分かるくらい、変わったのかな~。
思えばこういう時、女性の方が分かりにくいですよね。
長さを揃えただけとか、分からんだろうし(笑

成瀬「可愛いじゃん」て!!
浩太を完全に、可愛いヤツとして見てる(BLでなく…w

そうなのよね。成瀬くん、殴っちゃダメ。笑
いや、本人もそんなことは分かってるんだろうけど。
前も「何も出来ないしな」みたいなこと言ってた。
でも、彼なりに気にしてて、浩太が虐待されてないかとか見て確認したりしてたね。
もし、痣でもあったらどこかに訴えるくらいは出来ると思ったのかもです。

やはり社会に出て、自分で責任を持つようになって……ということが必要だって、成瀬くんも思ったでしょうね。

「ただいま」の言葉。
叔母さんの家でも毎日言ってただろうけど、叔母さんは仕事で居ないし。
叔父さんは、首で頷くくらい(悪気無しw)要は…言わずとも…。

嬉しいね…。待ってくれてる!!それだけで、ペダル踏む足が軽いなんて。

有難う御座いました☆

うっちーメールに。。

思わず涙ぐんでしまいました(ノ_<。)
ほんとに優しいうっちー。
直接言われてもすごく嬉しいけど、短い文章ってことのほか胸を打ちますね込められてる想いが…。後で何度も読み返せるし♪
冬吾も澪からの新妻メールを何度も読み返してましたものね~にやけながら(*^^*)

浩太の素直な心や言葉、嬉し過ぎて抱きついちゃったり…その1つ1つが固く閉まっちゃったうっちーの心の蓋をやんわり緩めてくれたらなぁと願わずにいられません。浩太、うっちーのこと可愛いって。愛しい想いが溢れてて、こちらまで幸せに満たされます~



しかしこんなラブラブな蜜月を重ねていって数ヵ月後に浩太がアパート決めて引っ越したら、うっちーはどうなってしまうのでしょう。牧村病どころの話しじゃなくなるのでは!?
寂しさのあまり光希の元へ行ったりして…いや、まさかそんな。はっ!でも光希の方から来ちゃう!?光希のこと嫌いじゃないけど困るよ困るー
Kiri さま~もうグルグル妄想が止まりません(◎-◎;)


浩太、成瀬に事情を話せて肩の荷が降りたかな?
お世話になったしいつも気にかけてくれてたものね。
ちゃんと話を聞いてあげてたら…もっと早く気づいてあげてたら…浩太の周りの大人達の痛恨の想い。浩太は未遂とはいえ深い傷を負ってしまった。でも身体の傷は徐々に治り、心の痛手はうっちー王子が全力で守り、包み込み癒してる。
浩太の心が壊れなくて本当に良かった。
意外と厚かましく(笑)逞しい浩太。ある意味うっちーより安心して見てられるー(^^;
明日も楽しみです~♪

Re: うっちーメールに。。

さく様

何気ない、言葉ですね。お母さんが子供に言うようなメール(笑
内野は今、安心させてやりたいのでイッパイなんだろうな。
毎晩、自分の部屋の片隅で寝る浩太に、あの時の衝撃が蘇るんだろうし。
勇次もそうだったけど、こういう時って本人以上に内野もショック受けてる部分もあると思います。

>冬吾も澪からの新妻メールを何度も読み返してましたものね~
あった、あった!もう…ニヤけちゃって、新妻な澪にメロってましたっけww

二か月程限定の二人の暮らし。
これが離れた時に、また色々とあるかと…。良い意味でも、う~ん…な意味でも。
色々と妄想してて下さい~(ぇ
でも、そんなにビックリ!!(゚Д゚;)的な展開には行かないと思います。フフ

浩太は勿論傷ついてるんだけど…。されたことよりも「負けて悔しい」的な方が強いかな。
けど、怖いモノは怖いよね。

成瀬にも、全部じゃなくても有る程度は話せたし。
>意外と厚かましく(笑)逞しい浩太
あはは。浩太ね、イイ子、イイ子って言われてるけど案外図太いし、そんなに繊細じゃない。
光希の親のこと聞いても、わりとその瞬間だけだったでしょ?
内野帰ってきたら、自分の髪型のことで一杯。こういうとこが、子供だしそれでいいと思うんです。
人のことでまでクヨクヨしてられないし、しても仕方ないもんね。(ドライw

有難う御座いました☆

目が回りそう。

みんなが見守って売れている。 いや、くれている。(Kの文字キーちゃんと押してなかったら、く、が、う、になった・・)

成瀬くん、構いたくってしょーがない、って感じがよく分かるよっ。不安定さが消えて、笑顔が増えたもんねー(内野のお蔭)。 原因知らないけど。

そして衝撃の告白。
うん、殴り隊(あ、また変換が。笑)・・・・殴りたい気持ち私も同じだけど、浩太はその時は’おばさんの家’に戻らないといけなかったから。
浩太だって言いたくなかった。

これからは元気な高校生になるよー。成瀬くん、オニ―サン代わり、よろしく♪



そして。お初、の方がまたいらしてるー! しかもトップバッターで!   
あーさま。  はじめまして~。
途中参加のますみです。そう、私も初コメは、’愛を、くれ’からでした。。
kiri様ワールドが、スピンオフが波紋のように広がって、さらに深みを増していく。
一緒に11時から始まる1日を楽しみましょう。
よろしくお願いします。

おみちさま。
はじめまして。ここは居心地の良い場所ですヨ。私も途中参加ですけど、すぐ慣れて。今は主役の内野が好きだった、牧村 隼、が主役だった’愛を、くれ’からいます。
よろしくお願いしますー。
あ、押し倒すの、浩太からだったら面白いですネッ❤



それから・・・めぇさまー。
おひさしぶりですっ。お元気そう。 浩太、雑草のような逞しさと心の強さで明日を見てて、健気で可愛い! いい子は必ず幸せが待っているから大丈夫ですよね。(ね?kiri様)



あら、さくさま、何気にうっちーに蹴りを入れてるよう(笑)。
光希とナニしたら、怒りそうだなぁ。。  うっちー、がんばれ。



Re: 目が回りそう。

ますみ様

そうそう。成瀬は、最近浩太が明るいので、余計に構いたいのかも(笑
だから、首の絆創膏も気になるけど…二木に「見張っとけ」くらいで済んでた?w

浩太の説明聞いて、めちゃ腹立ったことと。
これ、成瀬が見つけてたらまず殴ってるよね…危
内野でも、必死で耐えたくらいだもん。江東の顔がチラついてやめたけど。
殴って解決しないことも、成瀬自身が分かってるだろうし…。

もう、これからはコンビニで兄弟のようにジャレて下さい…。
てんちょーに怒られながらww

そうなの。今日は新しい方が続々と~。
そして、久々のめぇさん。
ますみさんの名前見て、嬉しかったそうですよー。(ちょっと前に記事にコメあります)

新旧(ますみさん、もう完全に旧…ですね←)入り混じって、楽しみましょう(´▽`)

有難う御座いました☆

連投? ほぼ私信です・・。

kiri様、
遡りの旅、行ってきました、んふ。


コメ欄に、自分の名前が出てるのって、うれしいけどちょっと気恥かしい。
見つけました♪ めぇ様のコメ。

A子お姉さまは・・・見つけられなくて。。お元気ですよね。
便りが無いのはいい便り、です。

優さまよく覚えてらして、いいなー。私、なかなかなんです。紙に書いて、どっかに張り付けておこうかしら?



え?旧? まだまだです~、kiri様。やっと中堅あたりだと思ってます。笑。

明日、いえ、今日の浩太は、学校かな?

Re: 連投? ほぼ私信です・・。

ますみ様

あ、遡りました?

嬉しいですね。懐かしい方が、ひょっこりとお顔出してもらえると。
A子姐は、あのJのつべ動画貼った時ですよー。さすがww

いや、もうかなりの…旧メンバーですよ。
だって、愛をくれ…自体、もうかなり前ですもん!
隼の連載くらいから、コメントも徐々に増えてきたような気がします。

浩太ですか?ちょっとワープしますが…。
心配事が無くなったせいか…仕事のこと考えてか。
しっかりしてきてます(^^; 内野は、相変わらずですが(笑)

はぁ~♡

うっちーのメールに…「早く帰っておいで」に、キューン♡
うっちー本当優しいなぁ~ いい旦那になるね内野さん!

そしてそして、家に帰ってからのお二人さん!
もう~なんだこれ!なんだこれ!なんだこれ! 甘~い!あっま~い!(身悶え)
ラブ始まってないのに漂う甘さ!
欲目?kiri様これは私の欲目なのでしょうか?
ベロンベロンに甘やかしてるうっちーとシッポブンブン振って懐いてる浩太!
二人とも大好きオーラーが出まくってるように感じるのは、腐りすぎだから?(笑
これにラブが入ったら…悶え死にます(///ω///)♪
ほのぼのほんわかで甘さもあって…本当大好物です!

Kiri様今日も、癒しをありがとうございます♪
明日も楽しみにしてます!

Re: はぁ~♡

kei2 様

内野ね、多分自分がご飯用意したのがちょっと得意で浩太が喜ぶ顔みたかったんだよ…笑
いつもしてもらってばかりだから、たまにはね~。
こういう気持ちのやり取りが、温かい。。。

今日の2人は、甘かったですね。これまだラブには行ってないんだけど。
でもこの2人はラブになっても、こんな感じかな~とも思うんです。
ここに、チューとか入るくらい?間違っても37みたいな胸ヤケする程の甘さは無いかな…。

Rも無いのに、悶え萌えして頂いて…嬉しい(≧▽≦)
萌え処を読者様に探してもらってます(爆

はやく、チューくらいさせてあげたい…。しかし、それすると内野が大変!!(´艸`*)

有難う御座いました☆

楽しい理由

kiri様

今の浩太って自分の恋心に気づいていないでしょ。
そういう時が一番楽しいんじゃないかな~って思います。
私はそうなんですよね。
とにかく一緒にいると楽しい、話をしていても楽しい。その楽しさが何なのか思い至る前の時期。手放しで楽しい時期。
そういう期間ってとっても短かいんですけどね。
好きって気づくとぐるぐるしちゃってもうだめなんですよね。
苦しくなって自分から離れてしまう。
そういうの私だけでしょうかね。
とことん非恋愛体質(苦笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 楽しい理由

志緒様

ですよね~。
恋の始まり?的な時が、一番楽しい!
浩太もまだ「恋心」とまでは思ってないから、ほんと今が楽しいんだと思う。

そしてやっぱり「好き」だって自覚しちゃうと、もう…。
浩太は恋愛したことないから、苦しいのも初めてだろうし。
でも、気持ちが前に前に行っちゃう。
内野は、好きになるとシンドイの知ってるからそこに行かないようにしてる。
絶対に、シンドイの分かってるもんねww

いや、わかります!私も非恋愛体質系(笑
すぐに誰かを「格好イイ♥」かいう周りを冷めた目で見てた自分←ヤな奴w
片恋が何だか一番、煌めく思い出です…(´艸`*)

有難う御座いました☆

Re: お久しぶりです。

鍵コメ2様

お久しぶりです~。
あ、そうなんですよ。Rが無いからってことで「う~~ん…」と、思ってた方々結構いて。
それでも、ちょっと気になって読み始めて下さってww

私も結構苦手分野なんですよね。大人→少年は。
少年というか、学生同士ならどんな組み合わせでも、結構OK!!なんです(笑
けど、社会に出た大人が学生に…ってのは、PTA根性が生まれてしまって。
これ攻めが学生なら、大丈夫だという自分の中の「母」というか「女」の理屈を感じます。

そうですね。要は不憫です…。そしておっしゃる通り、山口の方がマシだと思えるのも頷ける。
やったことは、山口の方がグロいし、酷かったけど。
要は全く自覚していないからこそ、怖い部分あります。(要のその後は、少し書きました)

高校生でも、大人びた子もいれば、幼い子もいて。浩太は幼く書いてるので、色々ご心配かと。
他キャラなんか、この時期マセてましたもんね(爆

なので、ゆっくりと進めて行きます。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-64】へ
  • 【ここに、おいで-66】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ