女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-54 →ここに、おいで-56
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-54】へ
  • 【ここに、おいで-56】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-55

 ←ここに、おいで-54 →ここに、おいで-56
浩太を純粋に心配してくれていることが、内野には嬉しかった。
甥っ子だってなんだって、血は繋がってる。それに、数年間でも一緒に暮らしてきたんだ。

それに、亡き兄の忘れ形見。
肉親は浩太しか居ない。それは浩太も同じ……。
互いに、愛情がないはずがない。

浩太の中に、この叔母を悲しませたくないという思いも含まれていたからこそ、色んなことを我慢だって出来た。

優しい気持ちが、従兄を増長させ……こうなってしまった部分もあるだろう。
それでも、誰かを思い遣る気持ちまで潰してほしくはない。

「大丈夫です。今は、私のところで休んでます」
内野が安心させるように、叔母に向かって言った。

「病院は?」
「いえ、病院に行く程では……」
「しかし、診断書は充分に取れます」

写真を目線で指し、内野の言葉を継ぐように言った江東の『診断書』の言葉に、叔母の目が戦いた。

少し脅し過ぎかとは思うが、もうここは一任して任せるしかないのだ。

叔母が自分への疑惑を晴らした訳ではない。
それは、あの従兄も同じだ。
淫行……そう言ったのは、あながち嘘をついたつもりではなく、疑惑を伝えたのだろう。

普通に見れば、どう考えたっておかしい。
他人の大人の男の家に、毎週通う高校生……。
何も知らなければ、誰だって首を傾げるだろう。従兄が怪しむのも、分かる。

……そんなことは、俺も江東も充分に分かっていてココにいる。

それを踏まえた上で、目的は一つ。
浩太を従兄から引き離すこと。
そのためには、この叔母が了承しないと。

「藤川さん。要くんは浩太くんを、殴った訳ではないのです」
江東の言葉に叔母がまた、小さく瞬きをする。
……やはり、喧嘩という言葉に頭が持っていかれてるようだ。

叔母は、ほぉ……と息を吐き、目の前の水を飲んで写真に再び目を向けた。

「……これは、噛んだ痕ですよね?」
歯型を見て眉根が寄り、訝しむ顔をしている。
それはそうだろう。喧嘩とはいえ小さな子供じゃあるまいし、相手を噛むなんてこと普通は考えない。

「それは、息子さんが浩太くんに乱暴を働こうとしたからです」
「……乱暴」
喧嘩だと思い込んでいるだけに、ピンと来ていない。

「または暴行。性的な意味も含まれた、暴行です」

江東の言葉を聞いた瞬間に叔母は音がする程息を呑み、しばらくして噛み痕の意味を悟ったのか……天を仰いだ。

「暴れて嫌がったから、こういう痕がついた。これが、紛れなき証拠というものです」

叔母がしばらくして顔を元に戻し、目を閉じる。
事実を受け入れようとしてるのか、それとも……?

江東も内野も、黙ったままジッと相手のリアクションを待った。


時間にすれば十数秒程。……それでも沈黙の時間としては、長い。

「……わかりました」
そうは言っても、理解できてはいない表情。
相手が女の子ならピンと来ることも、男相手なら、喧嘩の延長でそうなったと思っても仕方ない。
何かの間違い……まだ、そう思いたいのだ。

「帰ってから、息子さんにこれを見せて確認をして下さい」
江東がプリントアウトした紙を目線で示した。

「事件にならない限り、息子さんを叱るのは親のあなたのすることです」
「……はい」
叔母は目を閉じたまま何度か頷き、辛そうな顔をする。

「あの子が……浩太が、言ったんです」
「何を?」
「一人暮らしをしたいと。それを……私はダメだと言ったんですっ」

小さく叫ぶような叔母の言葉。
……自分を責める方へと走り出した。
思考が彷徨っているなら、一つずつ進めるしかない。

「もっとちゃんと理由を聞いていれば……」
「いいですか?子供は、隠すんです。必死で、隠す。子供を見くびってはいけない。聞いても、そう簡単には言いませんよ」
江東の優しい口調に、叔母がやっと力を抜いた。

「浩太くんは、まだ未遂で終わったとも言える。要くんも、その点では助かったはずです。まずはそこを安堵しましょう」
江東が間髪入れず続けた。

頷く叔母に江東はクリアファイルから、浩太の言葉を箇条書きにした文書を取り出して、渡した。

とことん……突きつけるつもりだ。
江東は自分の役割を心得てる。

「浩太くんの『言えなかった』ことの一部です」
「え……」
「これは浩太くんの一方的な言葉かもしれません。けど、彼の心の叫びに耳を傾けるだけはしてあげて下さい。彼が、どんな思いで過ごしていたのかを。浩太くんの後見人として知ってほしい」

まだ何かあるのかと言う怯えを見せ、叔母は文字に目を落とし始めた。

震える指で紙を持ち……その目から涙が落ちて紙面を濡らすのを、内野と江東は黙ったまま見ていた。



全部を読み終えて、叔母は大きな息を何度か吐いて吸う。
息を止めて読んでいたのだろう。

紙をテーブルに戻し、顔を覆い……再びこちらを見た時は、後悔・罪悪感・痛恨……色んな痛みを含めた目をしていた。

「あの子が……家に来るのを、要は不安がってました。受験だったんですから、それも理解してたんです。それに、主人も難色を示してました。でも、放りだすにはまだ十五歳で……。既に両親は他界してますので他に身寄りもなく、施設にやるのも忍びなくて……。思えば、兄から『頼む』と頭を下げられただけでなく、私の自己満足のために引き取ったような気がします」

そこで一旦言葉を止めて息を整え、落ち着こうと努めてる。

「あの子に不自由をさせてるのは、感じてました。平日はほとんど顔を合わせることもなくて、まともに話もしてなかった。でも、この紙に書いてあるのは、全部……要のことだけ。きっと、他にもたくさん……私は、何もしてやってなかった……」
「違います」

内野が堪らず横から口を挟んだが、江東は止めなかった。

「浩太くんはとても叔母さんが好きです。毎日弁当を作ってくれるのだと、自慢してました。そこは……どうか、そんな風に思わないで頂きたい」
「お弁当を、自慢……ですか?」
「はい」

こういう事態になると、人は皆自分を責める。
それが逃げ道だからだ。

実際、快適な生活が出来なければダメだなんて浩太だって思ってなかったはずだ。
自分が世話になってる立場ということも、もう分かる年。
少しくらいの不自由さも、ちゃんと自分なりに受け止めていたように思う。
何よりも。あの子の中に、卑屈さは感じられなかった。

「藤川さん。多少の不自由さをどうこう言ってるんじゃないんです。問題は、浩太くんと息子さんの、ここから先の話です」

泣いていた叔母の目が、現実に戻っていく。
悠長に構えて嘆いてる事態ではないのだと、気付いたのだろう。

「浩太くんはまだ未成年で、その上高校生です。本来なら、藤川の家に帰るのが筋でしょう」

叔母は当然だとばかりに頷く。

それが自分の責務だとでもいうように、彷徨っていた目が強くなった。

――肝心なのは、ここからだ。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-54】へ
  • 【ここに、おいで-56】へ

~ Comment ~

(-ω☆)キラリ

外堀は、埋めたっ (大違っ)

こんなシリアスな場面で何言ってるかなウオ…(´д⊂)‥ハゥ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: (-ω☆)キラリ

ミホ様

江東、ジワジワ~と攻めて行くようですね。
叔母さん、まだ受け止められてないもん。
そうよ、外堀から埋めて行くの。……戦とは、そういうもの(戦、違う?

有難う御座いました☆

Re: わざわざ、すみませんでした。

鍵コメ様

了解です(^-^)
そのメンツさんなら、更にOK!って感じがするんだけど。。。
私の方は、全くもってOK!!なんですが、私がそう言ったとこでねぇ。
そんな偉そうに言う、権利無し(笑
そういうケースは、なんぼでも有りますから、実際!
後は表現がそれぞれ違うもの。また色々検討してみて下さい。

いえいえ、ナンボでも言うて下さい❤

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

江東はやはり、慣れてるというか…。
叔母の心の揺れを感じ取りつつ、ゆっくりと進めてますよね。
事実を突きつけても、叔母は心が受け止め切れてない。
写真見ても、文書読んでも、まだ喧嘩の延長だとどこかで思いこもうとしてる。

そりゃ男同士で身内同士が…ですよ。腐女子なら、ピン!!と来るけど(爆
ちょっと匂っただけで、無理やり全部そっち持っていきますからね…私なんか。
いや、ふざけてる場合ではw

そう。自分を責める…これが一番の逃げ道。
そうなれば「自分を責めないで」と、皆が口を揃えます…えぇ。
叔母も、そっちに逃げ込んだ。逃がすか~~~~!!の、江東。←顔は冷静

江東の何処が格好良く思えるのか…それは、eさんにしかわからない(笑
非番でも仕事モードだからかな?何でだろう…w
やっぱ、内野を守ろうとしてるとこかな~。男同士の絆!みたいな。

あと半年…。浩太に我慢をしなさいか、しなくていいか。
それも、個々の考えがあるでしょう。筋を通さないとダメよ!という方。
いや、浩太がこんな目にあったのに。という方。そこはもう、それぞれの捉え方ですからね。
ココは、叔母が決定権を持ちます。。。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イイがにして~~。

お義母さんのよく使うセリフ(あ、こちらの方言)。笑。
「あなたに任せるから、万事お願いね」 もしくは、「よきにはからえ~」です。
でも、事が終わったあとで、必ず文句言う(おーい)。



叔母さんは、ここに逃げ込めない。
義理の息子も、血のつながった甥っこも、共に大切だから。

「ウチの子に限って」 「誰かに唆されたんです」
そう言えたら良かったのかも。でも、そんなこと出来ない。
浩太はたった一人の身寄りで。アレは大事な息子で(義理だけど)。

内野は浩太だけを見てればいいけど、叔母さんはそうはいかないもんね。
きっと人生最大の、苦悩と決断。


それでも、目の前の二人ともが子どもたちを守ろうとしてくれてるのは、伝わるといいなあ。

叔母さん、自分に自信を付けるためにも、道を見つけて。

ここからまた奮闘…でしょうか?

前々記事にてたくさんの方に慰めてもらえて、うれしかったです。
さっそくメモ紙に寂しかったエピソードを書いて翠の部屋に仕込んでます←
ついでにエ○本も探しましたがありませんでした(泣)

そんな一人寂しくやってる俺のもとに、今日メールで「カリフォルニアのねずみさん♡」という題で、某人気キャラクターのネズミとハグしてる写真が送られてきて「チーン…(゜ω゜ )」ってなってます(泣)
kiriさん…これプロレス決定でいいですよね?w


内野さん…より江東さんのしっかり者感に憧れ(((オイ
叔母さんはどうするのかなー…自分の子がこんなことになったら親としては堪らないでしょうね。女の子でももちろんしちゃいけないことだけど、同性も厳しいですよ。子供のマイノリティーを受け入れてくれる親なんてこの世に何組あるのやら…
世の中「はい、そうですか」じゃ通じません。要も一時の気の迷いなら苦労しないんだろうけどなー…
でも、やっちまったことはしょうがないので、きちんと怒って理解させてくれることを叔母さんに期待します。

痛い。。。

kiri様。

痛いっす。
叔母さんが、自分を責めて、ソコに逃げようとする退路まで塞がれたっ!
はい。よくある逃げ道ですよね。
でも、ハッキリ逃げ道と言うkiriさん。
『大人が逃げてどうすんねん!』と退路を断つkiriさん。
お見事です。

ええ、私は逃げたい大人。
そんな大事な決断は、して良いのか悪いのか。。。判断しかねる奴。
でも、耳に痛いのは、本当は決断せなあかんのが分かっているからです。
逃げて、2人の子どもの未来が開けるわけじゃないの、分かってるんです。
しかし。
少しぐらい時間をくれてもーーー!

て、そこが江東さんの手腕?(笑)


はい。
私も心をしっかり持って、叔母さんと一緒に耳の痛い、心の痛い、決断を、しましょう←それはいらない。


でも、ほんまに。これは大事なこと。
んでもって、なかなかできないことですよね。
ーーそうでもない?私が弱いだけ?

では。
明日をビクビクしながら(苦笑)待ってます

辛いでしょうが…

叔母さん苦しんでいますね。。
でも、ここは責任感や義務感、亡き兄に頼みこまれたから、ということを軸に判断しないでほしいです…
亡きお父さんは浩太 が傷つき苦しむことを望んでるわけないのだから!

それに浩太だけでなく要だって、浩太が近くにいたら、これまで以上に勉強にも集中出来ず心乱れてまた受験失敗するのでは 。要が猛省、改心出来るなら話は別ですけど、今の要では無理なようですし(-_-;)

緊迫したシーンが続きますね~固唾を飲んで見守りたいと思います
江東~頼みます~浩太とうっちーを守ってー!



Kiri さま、私信スミマセン

ますみさま
感嘆いたしました~Kiri さまの紡ぐ言葉をじっくり噛みしめながら、奥深さを味わっていきたいです(*^^*)
ありがとうございました♪

Re: NoTitle

鍵コメm様

今、江東が前面に出て、内野控え…笑
9:1とか釘さされてるしw

そうですね。事実は事実…。
そこだけは目を逸らさないで、しっかりと。

正誤だけでなく、少しでもより良き道を選択できますように…。

有難う御座いました☆

Re: イイがにして~~。

ますみ様

ありますね。「好きにしていい」と言われ、したら文句言われる(笑

叔母さんは、決断の時。
大人にすれば、後たった半年…です。
でも、子供と大人の時間の流れの速さって違いますよね。

起きてしまったことは、後でどれだけ理由付けをしても消せないもん。

叔母さん、今回ほど子育ての難しさを痛感してるかもですね。
もう大きくなって、そう簡単に思い通りにならないしねー。

そうよ。内野は浩太中心w
だから江東が表に立ち、内野大人しくしてなきゃなんない。
警察官……それだけで、一般の人間って聞く耳をもつものですしね。

有難う御座いました☆

Re: ここからまた奮闘…でしょうか?

遼様

あはは、エ○本、探したの?!爆!!

>某人気キャラクターのネズミとハグしてる写真が送られてきて←無邪気!!爆
もう、ルンルンで無邪気に写真添付してる翠さんと、そのメール見た瞬間の遼さんの顔が浮かぶわ。
えぇ!もう、ネズミさんと浮気(?)したんですから。存分にプロレスの刑で(勝手に

いや~内野、大人しい。。。
江東に「1」だと言われ、それに徹する…。笑
それもこれも、浩太のためーー!沈黙の、愛(?)

そうなの!叔母さんね、色々既に突きつけられているのですよ。
けど、頭で理解はしたつもりなんだろうけど、全然理解してないでしょ?
喧嘩の延長の酷い版?みたいに取ってますね…コレ。
男同士っていうことに、ピンと来ない…これが普通のことだと思います。
これ、相手が女の子だったら一瞬で悟るんでしょうね…きっと。

要は、本当にただの好奇心です。予備校の友達に要らんこと聞いて…ちょっと興味持った。
だから余計にダメ!!なんですよね。

有難う御座いました☆
きっと…翠さん帰って来るの楽しみな、腐女子連。←プロレスが(ヲイ

Re: 痛い。。。

優様

あ。逃げ道のとこ、他の鍵コメさんにも「痛くて刺さる」と言う方が。
あれ?…笑

いやほんと、決断って嫌よね。
大きな決断って、人生の中でそうそう何回もないだろうけど。
小さな決断を何回もして、私らも今に至るのよね。
後で「あ、あれ間違ってたな」ってことも多々(苦笑

>少しぐらい時間をくれてもーーー!
あきません…。江東はそんなの許さない(何の権利があって?

内野の目的は一つですからね。
とりあえず、そこに向かって…。

本当に、後半年…だったのに。

はい。もう、叔母さんと同化して(嫌?)江東の言葉を、膝をくっ付けて聞きましょう。
そして、決断をするのです…!

>明日をビクビクしながら(苦笑)待ってます←既に同化してるやんw

有難う御座いました☆

Re: 辛いでしょうが…

さく様

そうです。
一番、考えなきゃいけないのは、浩太の安全と安心。
後見人としての責任、兄との約束…大人として、そこで揺れるのは当然。
それが、大人なんですからね。
でも、それで浩太が危険や不安を感じるのは、どうなんでしょう?
そして浩太の安全を思えば、赤の他人である「内野が信用できるかどうか」も問題になって来るし…難しい!

ここは色んな意見があると思います。
正当に考えれば、浩太が叔母の家で卒業までいるのが筋でしょう。

叔母さんが、どうするのか。最後まで結構揺れますけどね。
どうぞ、見守っていて下さい(^^)/

有難う御座いました☆

親として

しかも男の子の親としては
いつ自分に降りかかるかという話でして
正座して聞かないけない気分になっております。
奴らは凶器w持ってるからな。

で、だ。
遼さんに横レス。

雄ネズミさんとハグしてたんなら
帰国次第「お仕置き」でよろしいかと。
どんなお仕置きかを詳細に語って頂けることを
みんなてぐすねひいて待ってると思います(^_^;)

Kiriさまへ私信

もうちょい考えてみます。
二週間ほどは猶予があるので。


Re: 親として

Az様

そうだよね。
男の子のお母さんは、他人事じゃない…ってコメントきます(鍵付き
女の子はこんな衝動、そう滅多にないよねぇ…。
あっても力が無いし。被害に合う側が圧倒的だろうな。

>奴らは凶器w持ってるからな。←爆笑!!

あ。了解ですとも!
こっちは男だらけ(笑)だしねww

有難う御座いました☆

おはようございます

余程この状況が印象に残り過ぎたのか
叔母さんが夢に出てきました!
顔とかはボンヤリでわからないし、言ってる事も滅茶苦茶
『浩太はどこ?今すぐ連れて来て!!あなたたち何やったの?』と
叫ぶような感じなんです・・・・(^_^;)

やだなぁ・・・もう・・・
こういう夢は覚えて無くていいのになぁ・・・w
なんでこんなセリフだったんだろう…?
本文とはかみ合わない叔母さんのセリフだったので
正夢とかは無いから良いんですけどね

ではまた11時に伺いま~す(●^o^●)

横レス  ☆遼様☆
翠様お帰りになったら、四の字固め←古っ  してギブさせちゃって♪
そしてその後、ムフフでギブさせちゃって♪❤♪


Re: おはようございます

うさメリ様

あらら。何て、夢!!
叔母さんの揺れる心情が、どっかに残ってたのかもですね・・。

でも、そのセリフは叔母さんの本音かもしれないです。
浩太を目の前にすれば、その傷ついた様子もすぐに分かるんだけど。
知らない男が二人、ドン!(そんで2人ともデカくて、可愛くはないw)
と来られたら「え?何?何なの?あなたたち」ってなりますよね。

ま、浩太を目の前にしちゃうと叔母さん、更に更に感情の揺れが凄くなるので
致し方の無いことですが。
浩太だって辛いもんね。
自分のためとはいえ、お兄ちゃん2人が叔母さんを虐めてる…の図に見えるかも。。。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-54】へ
  • 【ここに、おいで-56】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。