女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-41 →ここに、おいで-43
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-41】へ
  • 【ここに、おいで-43】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-42

 ←ここに、おいで-41 →ここに、おいで-43
浩太に真剣な顔――というか、泣きそうな顔で言われて、成瀬はバツの悪い思いがした。
やっぱり仔犬がクゥ~ンと鳴いてるように見えて。

「怒るなって。お前、何か危なっかしくてさ」

成瀬が機嫌を取るように浩太の頭を撫でてみても、首をまた振る。
余程……慕ってるんだ。

悪口を言われたのだと思ってる。
そんなつもりじゃなかったけど、確かに――良い意味で言った覚えもない。

「偏見持ち過ぎかもな……俺」
「そうだよ。成瀬さん、自分がそういの嫌いだから」
「う~ん……。お前に言われるとなぁ……」
「僕、そんなのどっちだっていい。内野さんが何であっても、好き」

半泣きになって……いや、ちょっと涙目だ。

「好き……?」
「うん」

自信たっぷりに『好き』という言葉。
……多分、そういう意味じゃない。

「人として好きなのか?」
「うん。だから悪口聞きたくない」
「ごめんって」

本当に泣きだしそうで、困った……。
余計な心配をして、泣かしてどうすんだよ、俺。

「成瀬~~。荷物入って来た!!さっきからブザー鳴らしてんのに」
店内から、二木が顔を出す。

「聞こえてねーし。また接触悪いんだよ」
「あ、泣かしてる。虐めだ、虐め」
「違うわっ」

成瀬が苦笑いして、そのまま店内に入って行った。

浩太は、目をゴシゴシと擦る。涙なんか出てない。
ショックだったのは……何なのだろう。

内野さんが、他の誰かと仲良く手を繋いでたから?
相手は、男の人……。
内野さんが、そういう側の人かもしれないってことに?

浩太はジッと考える。

――違う。
悲しかったのは……『気をつけろよ』と言われたこと。
そういう風に言われるのが、内野さんだっていうのが嫌だった。

大人なんだし、誰かとお酒飲んだり、仲良くしたり。
ここにだって、大人の人が酔っぱらって来る。
……自分の知らない部分があったって、おかしくないんだと浩太は思う。

それは……それで、悲しいってのとは違う。
何か分からない……。
モヤモヤする。

このモヤモヤは、要のことを考える時とは違うモヤモヤだ。

手を繋ぐくらい、仲の良い人がいるの?

内野が男であれ女であれ、そういう相手がいるのかと想像すれば胸が焼け付く。

マキ……さん?

僕と――間違えた人。
まだ自分のこと知らなかったんだから、当たり前なんだけど。

浩太は記憶を呼び覚ましてみる。

酔ってソファーにゴロリと横になってる内野さんに、僕が顔を近づけた。
揺り起して「泊るよ?」って、僕がもう一度そう言った時……薄目を開けて、名前を呼んだんだっけ。

……何、もう。
凄く嫌な気持ちが、自分の中に湧いて来る。

今の僕は、内野さんが他の誰かと仲良くしてたら嫌だって思ってる。
いつも優しいから、それが違う人に向けられるのが嫌ってこと?


……これって、焼きもちってヤツかな?

浩太が読みかけの漫画を放置したまま悶々と考えてると、二木が店内に入って来た。

「池内~。俺、上がるから」
「あ、ゴメン。休憩過ぎてた?」
「いーよ、いーよ。ちょっとくらい。成瀬が虐めるから」
「虐められてないよっ」

浩太が言い返して店に入る後ろで、二木がケラケラと笑う声がした。

*

内野が洗濯し終わったモノを乾燥機に入れてると、光希がシャワーを終えて出てきた。

「腹減った」
「あぁ、近所で何か食って帰るか?」
「一緒に行く?」
「いいけど。俺も減ったし」

小さくガッツポーズをする光希を見ながら、シーツも洗っておかないと……などと頭をよぎる。
悪いことなどしてないのに、この後ろめたさは何だ?

明日浩太がここに来るから、光希の痕跡を消そうと働く自分の脳。

これじゃ、まるで。
浮気したことがバレないように必死になってる旦那だろ?

自分で呆れながらも、内野は寝室に入ってシーツをはがす。

「休みにシーツ洗うのはいつもだしな」
まるで自分に言い訳するように声に出して、洗濯機に向かう。

「あ。ちょっと~。俺まだいるのに。デリカシーないよな、内野さん」

光希が髪を乾かしながら、鏡越しに言って来た。

「え?」
「そんなさ~。俺とのエチの後のシーツ、さっさと洗うとか。早く帰れって言ってるようなもんじゃん。傷つくわー」
「いや……そういうつもりじゃなくて」

じゃ、どういうつもりだ?
確かに、デリカシーがない。
前の俺なら、こんなことしてない。
こういうことは、別に初めてでもないんだ。

……頭の中が、浩太に知られたくないという方向にしか向いてなかったからだ。

「言い訳無用。いいけどね。内野さん正直すぎて、傷つきながらも笑える。帰りますよ、帰りますー」

光希に心を見透かされてしまった。
そんな自分に、どうしたのかと情けなくなる。

これでも今までは、スマートに色んなことに対応してきたはずなのに。
簡単に心の中を見透かされて、言い訳して、墓穴掘って。

「傷つけたお詫びに、ちょっと早いけど夕飯奢って?」
「いいですけども」

変な敬語が出て、光希がまた笑う。

「内野さん。イメージ狂うーーっ。……けど、ますます気に入っちゃった。……どうする?」

光希に顔を覗きこまれて、頬にキスされる。

あぁ、もう……。
年下の子に、からかわれて。俺、何か格好悪いな。

「あぁ、またしたくなってきた」
「は?」
「ダメ?」

上目遣いで甘えたように聞かれた。

「ダメ」

即答した内野に、光希が肩を落とす。

「くそ~~!俺の美貌も、甘え作戦も、内野さんには効果無しか!」

光希が文句を言いながら、下着をつけてさっさと着替えて行く。

「知ってるけど。俺、内野さんのタイプから外れてるもんね」

振り返って、さっさとバスルームから出て行った。

洗濯機に洗剤を入れてからリビングに戻れば、光希が携帯を弄ってる。

「内野さん。この近所に定食屋あるみたいだよ。俺、そこでいいや」
「あー。その店、そこそこ美味い」
「じゃ、決まり」
「……ってかお前、今日仕事は?」
「今、気付く?!今週は店の改装で休みでーす。行こう」

光希に追い立てられるように、内野も玄関に向かった。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-41】へ
  • 【ここに、おいで-43】へ

~ Comment ~

クゥ~ン… U´・エ・`U

〉内野さんが何であっても、好き」

よー言いきった!
ゲイでも引き摺り男でも、万が一猛獣でヘンタイプレイが好きであったとしても(例え酷すぎ)
浩太君には格好良くて頼れる大事な人だもんね(*^ー^)ノ♪

内野君!
浩太君があなたの事で涙目になってまで怒ってるよ~
内野君が来春まで恋愛しないという気持ちでいるのはわかってる。
でも、光希君にデリカシー無い言われようが浮気隠しと思おうが
跡形もなく痕跡消して浩太君のささやかな「恋人が出来ませんように」の願いを不安にさせないであげて~

マキさん…じゃなくてタテさんだったけどww
浩太君ヤキモチだと自覚した?
恋心か、単なる独占欲だけか。。
どっちにしても色々と気づき始める一歩となったんじゃないかしら♪

。.:*:・'°☆kiri様今日もありがとうございました。.:*:・'°☆

こんにちは。

kiri様

お久しぶりです。
この2日間の内野君に対する皆さんの様々な反応が、おもしろかったです♪
私は、どっちかというと「別にいいんじゃないの」派なのですが、その後の彼の行動に、「もっと堂々としていたら?」とツッコミたくなりました!
そんなに慌てなくても、浩太が来るのは明日だよ~。
とにかく浩太にバレたくない!という、その必死さが笑えますが、なんだかちょっと可愛いいですね。

対して浩太君の方は、モヤモヤしちゃいましたね~。
でも、モヤモヤしながらも、自分の気持ちを冷静に分析しようとしてる。
浩太って、確かに性的な部分ではちょっと幼いけれど、それ以外の部分では、結構大人ですよね。
人の気持ちも、相手の立場とかを踏まえた上で考えることができるし、今回の成瀬君に対しても、自分を心配してくれているから出てきた言葉だってちゃんとわかってると思う。
さあ、このモヤモヤの正体はなんなのか?
はっきりするのには、まだまだ時間がかかりそうですね。


優様、

「陸朗通信」ありがとうございました。
あの、秋也と直樹の喧嘩のとばっちりを受けた翌日のお話ですね。
秋也がたこ焼きの画像を送りつけた時、陸朗は事務所にいたのね。
隼とは違って、せっかく愛ある返事を返したのに、放置されてちょっとカワイソウ。(笑)
でも、秋也にしてみれば、「来ていいよ。」とも言えないし、「差し入れする。」とも言えないから、結果放置ってところかな?
信史がいるのがわかってて、こういう返事を返しちゃう陸朗のストレートな部分が好きだなあ♡

まるで墓穴の潮干狩り♪

コンビニでは成瀬くんが。部屋ではうっちーが。
相手のリアクションに後ろめたーく思いながらも、もー掘る掘る。。

ココは街中なんですけどっ(笑)。

成瀬くん、やっぱ話し方ってやつを勉強しないとー。そのままじゃ、彼女が出来た時にももたつくよ。
「おまえ、あいつとやけに親しげだけど。」
「何よ、あの人は主任なの。変な事言わないで!(プンすか)」
なんて会話が将来ありそう。

浩太は成瀬くんに言われて、とうとう自分の気持ちに一歩踏み込み。
”このモヤモヤは、要のことを考える時とは違うモヤモヤだ。”
ということに、
”……これって、焼きもちってヤツかな?”
ということに?気付いてシマッタ・・・。ひゃっほー!!
成瀬くん、大金星~~!


そして対うっちーには光希が、その気もないのにビシバシ言い当てて。
知ってるこちらから見れば・・かわいそう。
でも、いい思い出にはなるよーー!

さて、内野。アナタの忍耐がますます試されます(鍛えられます?)。来年の春まで、キスマークなんか付けられないでね。

Re: クゥ~ン… U´・エ・`U

うさメリ様

浩太、セクシャリティーに関しては未知数すぎてピンと来てないか?笑
それよりも、手を繋いでいたことの方に、気を取られてます。

内野がどんなでも、自分と接する時が浩太の全てなんでしょうね~。
えぇ…例え、猛獣だったり、へんたいだったとしても!爆
大人になることに憧れる浩太には、内野は理想の人なのかもです。

悪口を言われたと怒る浩太。
内野…必死になってシーツ洗ってるけど、浩太はあなたを「好き」ですとー。
まだ、深い意味はなくても…嫉妬めいた感情だってことには気づき始めた。

誰にでもある独占欲なのかもしれないけど、その境目って難しいよね。
連動してるんだし。

そう…何か「ん?」って感じの第一歩です…(*^_^*)

有難う御座いました☆

Re: こんにちは。

Luna様

あはは、内野の騒動面白かったですかww
まぁ、私は「有って当然」だって思って書いてるので。(26歳の男が、むしろ無い方が心配)
勇次も隼も信史もその他諸々…酒呑んで、羽目外して致したことあったんですが(爆
だから、ビックリもしましたけどね~w失恋、ヤケ酒がインパクト強かったのね、きっと。

そうなのよ。別に悪いことしてないのに…内野。何をビクつく??でしょう?
今までだって、あったことだろうに…。(結構、遊んでた時期があった)
浩太が来るなら、もう男はあまり部屋に呼べないな…なんて、苦笑いまでしてたし!
さっさと綺麗に片づければ、大丈夫!
でも、私がもし内野の立場で、可愛いがってる子にそーいうのはやっぱり知られたくないな。
だから、もう部屋で致しちゃいかんよー!

浩太はね、お父さんとたくさんお話してきたんだと思うんです。
母のいない浩太に、構ってやれる時だけはお父さんは出来るだけ色んな話をした。
布団二つ並べて、眠りにつくまで二人でお話とかしてたんだろうな~って思う。
浩太って、思ったこと結構素直に口にするでしょ?それは、ちゃんと聞いてくれる存在が居たからだと思うの。お父さん、イイ子に育ったよー!

ハラハラとモヤモヤな二人…。こうやって進んで行きますw

有難う御座いました☆

Re: まるで墓穴の潮干狩り♪

ますみ様

二画面でお送りしました…(脳内でセルフ再生でお願いします)

成瀬ね~。何か、一々直球な子なんで。悪気はないのよ。。。だから困る。
男同士ならOKでも、対女性になると…怖いぞ~成瀬!!
浩太に怒られて、お勉強…笑

浩太の比べ処が狭い!!要とは、そりゃ違うよ…浩太。
でも、今の浩太の世界は小っちゃいから、仕方ないよね。
そうやって色んなこと考えて、大人になっていくんだよ。

そして光希。今ちょっと弱ってる(笑)ビクビク内野に、ビシバシ!
思えば、内野も隼の心詠んで、ビシバシ口説いてたでしょ?オアイコよ。

内野の忍耐は強いですよー。高校生というのに、気が取られてると思います…皆さま。
しかし、内野はノンケには手を出しません。←当たり前か?笑

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

焦れ焦れは、覚悟していたんだけど…

ハラハラは、心の準備が出来てなかったので 今日は しっかり調整して来ました(笑)

ずっと気になってた内野がフリーで しかも酔っていたとはいえ 体も関係出来て 光希は嬉しいんでしょうね♪
浩太とは違った可愛さがあって 憎めないな私!

それに 浩太の時も 光希の時も 酔った挙句の行動をした内野が悪いって!(o ⌒∇⌒)oo(⌒∇⌒ o)ネェ

成瀬の言葉に傷つき モヤモヤな気分の浩太が、この後 予定外の行動をしそうで。
こういう時って 次から次へと 碌な事しか起こらないもの!
心配だぁ~ヽ(Т∇ヽ)(ノ∇Т)ノ心配ね~...byebye☆



Re: タイトルなし

鍵コメK様

いつも有難う~。
忙しいのに!コメは無くても、合間に読んでくれてるのは感じてます(*´▽`*)

Re: 焦れ焦れは、覚悟していたんだけど…

けいったん様

焦れますよね~。えぇ、もうこのお話は、進行が遅いです!!
なんせ、内野はノンケには手を出したこと有りません。そこの線引きが、強い人。
長友を好きだったけど、告白しなかったこと少しも悔いてもないでしょ?
そのボーダーを、超えるにはかなりの時間がかかります。それプラス、高校生(苦笑

私ね、前も思ったんですけど。女性読者様は、攻めに対して厳しい(>_<)
受けは少々のことしても許してもらえるんですよね~。やっぱり、投影しちゃうのでしょう♪
浩太も光希も、自分から押しかけたんだけど…内野が責められる。笑
コレ、内野に限らず攻めが受けの家に行って強引に上に乗っかってたら…もっと凄いことに(´艸`*)
内野だっていつも飲んだくれてる訳じゃないんだけどな~。長友とも普通に飲んでたし。
けどそこが面白い!!だから、書くのやめられないのかもですww
私は、BLは男同士で「対等」なとこに萌えるので普通に書いてしまって「お?そこ?」ってのが面白かったりします~♥

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様。

なんなんしょーか。この大人なはずの内野。
残念や。残念すぎる。挙動りすぎっしょ。
コータはアンナに一生懸命、成瀬さんに悪口やめてよ!て、耐えてるのに、
内野。なんかもう、鬼のカミさんの目を盗んでキャバクラ行ったら、知らん間にポケットに名刺入れられてて。
気付いたのが鬼の目の前で、何処に隠すのが正解なんかパニックの元、訳ワカメーー!てヘンな日本語になってしもてるぜ。


て、私のコメもかなりわけわからん。

ますみさま。うさメリさま。Luna様。ありがとー。
秋也は、返信メールなんか、気付いてないですよ、きっと。

kiri様。夕べはバタバタと失礼しました。

Re: タイトルなし

鍵コメh様

お久しぶりです~。ひゃー、温泉!!イイですね~~~~♪
私の憧れの…女だけでの温泉旅行!!萌えがなくても、楽しいですよ!
別邸なんて、贅沢です~。うん、普段仕事で頑張ってるんだから、自分にご褒美(^^)/
長い廊下…とか「温泉に行こう」を彷彿しますw
そうですよ…その長い廊下を、37や特攻がお手々繋いで歩いてたのよ、きっと!(゚∀゚)
そして「卓球無料券」爆。秋也と隼を思い浮かべて、卓球してくださいww

>光希くんとの一夜、健全な体なら仕方ないよなぁ…なんて。←言い方がさすが!職業柄ですねw
>よく我慢してるほうだと思います。←私もそう思ってます。
羽目外したのなんて、失恋してから初だったと思いますもん。
エチも出来ないくらい、落ち込みまくってた内野だったの(爆

私もね、Rは攻め視点で大抵書いてるかなー。37は特に信史に…(私がへんたい?
読者さまによって、受け視点で読んだり、攻め視点で読んだり…で、また違うでしょうね。

でもやっはり野獣が一番良いんですね(*´▽`*)また書きますよ、はい…!

では、せっかくの温泉。存分に楽しんできて下さい!!
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

ちょっと格好良くなってきてたハズの内野。
また残念&イタイ大人に戻ってしまいましたー。

自分でも自覚しとるし。
まるで浮気を隠す旦那のようでしたね、ホント。
首傾げつつ…笑
浩太に「嫌われたくない」という思いで必死。

それにつけても、浩太は毅然と「悪口言わないで」と!格好イイぞ~。
大人だから、色々あるだろうことも…一応は考えた。
将来の旦那のタズナをしっかりと握る姿が浮かぶわ…。
尻に敷かれてしまえ、内野。

有難う御座いました☆

>秋也は、返信メールなんか、気付いてないですよ、きっと←私もそう思う

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

成瀬、ちょっと反省(笑
浩太の仔犬攻撃にはどうも弱いらしいです。
元々は浩太を心配して…だったんで、ウルウルされて、ハッ!(;゜○゜)
ホント、この二人の方が年も近くて兄弟っぽいですわーww

そしてその浩太くんは、モヤモヤ~。
誰と手を繋いでたの?その人にも優しくしてるの?…子供っぽいジェラシーですけど。
でも、自分の知らない内野がいるのも当然だとも何とか思ってる。

うん。内野は手強いですよ。なんせ、スタートが、庇護欲からですし。
そこから派生した思いが、恋の方に行かないように、行かないように…。
光希はそんな内野の痛いとこ突いてきます!こっちはもう、大人ですし。
配役的には、隼を口説いてた時の内野そのものですね。
だからこそ、内野も無碍には出来ないし、光希を好きになれたらと思ってもおかしくない。

ふふ。色々心配でしょうけど、光希と浩太の対面は当然…いずれ有ります!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-41】へ
  • 【ここに、おいで-43】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。