女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ここに、おいで-1 →ここに、おいで-3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-1】へ
  • 【ここに、おいで-3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ここに、おいで。

ここに、おいで-2

 ←ここに、おいで-1 →ここに、おいで-3
内野は三杯目の酒を飲みながら、ひたすらに失恋相手を思い出す。

普段は大人びているのに、突拍子に思いもしないところで突然幼い部分を見せる。
直情型でストレートで、ひねくれたような事を言うくせに、何処か純粋な部分があった。

その意外性に、惹かれ。
その激しい部分も純粋さも、いつのまにか「可愛い奴」という印象に変化して行った。

一旦その感情が湧いてしまえば、相手が何をしても可愛く見えてしまう。
そんな時に酔いも手伝ったのだろう、牧村が誘ってきた。

顔を合わせてから半年もしてから誘ってきたのは、同じゼミ生だということで躊躇していたくらいは想像がつく。
同じ臭いを嗅ぎ分けていたからこそ……俺達は互いにどこかで、敬遠もしていた。

見た目もタイプの男に、それも「可愛い」と思い始めていた男に誘われて、断われる訳がない。

結果……ハマった。

抱いてる時は、想像を遥かに超えていた。
体中で「気持ちいい」と訴えてくるその表情と仕草に、見事な程。
普段は絶対に見せない顔をして、甘えてくる男。

短絡的に言えば――自分だけのモノにしたいと思った。

……俺は、簡単に堕ちたのだ。

牧村は普段は口が悪くて、乱暴だ。
俺はその、心と体の成長が比例してないアンバランスさに、どうしようもなく傾いて行った。

一度、同じ学部の奴と、喧嘩してる場面を見たことがある。
後で聞くと、ゲスな言葉を言われたことで、腹を立てたと言っていた。
背もそこそこあるし普通に男っぽいのに、男を惑わせるような色気は抱かれる男特有のモノだ。

本人は意識せずともその色を、極一部ではあるが……同じオスが嗅ぎつける。
興味本位で近づくと、まもなく制裁を受けるのも知らないで。

抱かれるといっても、女じゃないのだ。
根本的なところが全く違う。


オスはオス。


排出する側の性は、溜まれば出したくなるという単純さを孕む。

ドライで、感傷に浸るなど、無い。

その方法がSEXか自慰であり、自分の好みがネコかタチかなだけ。
そこのところを、勘違いしている男が多すぎる。
特に中途半端なノンケ。

それでも、お互いの合意の上なら それも結構。
性処理で行うSEXなど、掃いて捨てるほどある。

当然、本気で惚れた相手とは違う。
ただの性処理ではなくなる。
心と体が一体になり……初めて、愛し合うという行為になる。

そこは男でも女でも、変わりない。

俺は牧村に、それを望んだのだ。

俺達にとって、同じセクシャリティーっていうのは、物凄く大きなことだ。
それは、きっとノンケやバイとは比べ物にならない程、重要な要素だ。

けど、相手のセクシャリティーを条件に、好きになる訳じゃない。
大抵はノンケに惚れて、大人になる頃には一様にみな酷い失恋を経験してる。

酷い失恋――そう言えば聞こえはいいが。
気持ち悪がられたり、陰口を叩かれたり、当然のごとく虐めの対象にだってなる。
親や兄弟に疎まれ、近所で噂にでもなれば、家族にも好奇の目が行く。

理解出来ない人は、死ぬまで出来ない。
それが悪人という訳じゃない。ただ理解出来ないことの一つ……なのだ。

ゲイとノンケとの決定的な違いの一つ――絶対数の少なさ。

その絶対数の少ない相手に、俺は本気で惚れた。
女の影を気にしないでいい相手を、好きになった。

同じセクシャリティーで、同じ世界に生きて、好みのタイプだと言ってくれた俺を、好きになってくれるかと。

理想の相手だと思って、俺は浮かれた。
出会ったのは、運命なんじゃないかと思った。

馬鹿みたいに、牧村との未来図まで想像した。
二人で暮らし年を重ねて行く、将来的な設計図まで……。

育ちの良さがちょっとしたことで滲み出る男に、ふさわしい住まいと暮らしを……と、そんなことまで。

なのに。いくら口説いても、抱いても――結局は、頑ななままだった。

挙句の果てに、幼馴染に持っていかれた。

っくそ……っ

内野は、グラスをテーブルに降ろし額を手の平で覆う。

なんてメデタイ男なのかと、自分を呪う。


「内野さん?」
光希が心配そうに顔を覗き込んでくる。
優しい声も、今は受け入れることさえ出来ない。

「悪い……。思った以上に、しつこく尾を引いてる。放っといてくれないか」
目も合わせずに光希に告げると、ソッと傍を離れて行った。

今日はヤケ酒だ……。

牧村を怨むつもりはない。
最初から、あいつはずっと「付き合えない」と、言い通して来た。
体だけの関係ならいいという言葉に、縋っていたのは俺だ。

一度だけ……。少しだけ、その気になってくれてきたかと期待した時期もあった。
でも結局『俺、絶対浮気するから』なんて、驚くような振られ方をした。

心に住んでる男がいるから。
その男とどうにもならないから、ふらふらと色んな男とその気になった時だけの付き合いをする。
それは、俺達の世界では珍しいことじゃない。
皆がそうじゃない。だけど、そこらへんに転がっていることだ。

牧村が焦らしたり、駆け引きをするような男だったら、まだ良かった。
少しは、憎むことが出来る。

でも。牧村は……そうじゃない。

だから、断ち切れない。

もう追いかけさせてももらえない。


大切なモノに手をつけちゃいけないのに。
バカだな、牧村……。


ノンケの男に、お前の何がわかる?
俺達は同類だろ?
牧村、目を覚ませ。
俺なら、お前をわかってやれる。


あの幼馴染と、早く壊れてしまえばいい。
そして、俺のところへ来ればいいのに。


持田勇次。


今をときめくバンドのリーダーで、牧村の幼馴染。

ノンケだと言ってたが……あの、牧村を見る目と、俺を見た目は……っ。

「…………っ」

俺より、ずっと牧村を知っていて。
俺より、ずっと稼いでいて。
俺より、ずっと余裕で。

そして、牧村の目はあの幼馴染を好きだと言っていた。

「ちくしょ……っ」

何、卑屈になってんだよ。

内野はグラスに残った液体を、喉を鳴らして一気に飲みほした。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ


浩太、控室にて待機中。
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【ここに、おいで-1】へ
  • 【ここに、おいで-3】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメm*様

またのお越し♪(*゚▽゚*)嬉
えぇ、コメントは好きな時に投入して下さい!!いつでも~♪

内野…相当凹んでます。
学生から社会人になって、取り巻く環境が大きく変わって。
恋愛脳がどこかに押しやられていたと思います。
それに慣れた頃になって、ドーーーン!と一気に来ました。

色々と恨み節…でも、憎めない。
もう、追いかけることも出来ない&もう大学いかないから姿も見れない。
当分、ウジウジと何かにつけて出てきますが…。
控室に待機中の少年(笑)が、内野に新しい風を送りますよー。

有難う御座いました☆

切ない!

kiri様

内野くん、思いっきり引きずっちゃってますね。
彼については、あまり強い印象が残ってなかったので、「愛を、くれ」を大学時代から読み返してみたのですが、内野くんに注意して読んでみると、彼は彼なりに随分頑張っていたんだなあと思いました。
一見軽い言動も、今にして思えば、あまり真剣さを表に出して、完全に隼に拒絶されるのが怖かったのでしょうか?
一度、理詰めで隼に強く迫って、読者の皆さんにウザがられてたのが、ちょっと不憫でした。
3年以上もの間、忍耐強く口説いていたんですものね。
簡単には、忘れられないですよね。
そうか~、隼との将来設計まで思い描いてたんだ。
切ないなあ。。。


で、「愛を、くれ」を読んでたら、ちらちら出てくる秋也がカッコ良くて♡
強い秋也に会いたくなって、37シリーズを「逢いたくて」から読み直してます。
自分から信史を取り戻しに行く秋也は、本当にカッコいい!
最後の空港の場面では、わかっててもまた泣いちゃいそうです。
信史のPCからの「愛してる」と、秋也の「信史、愛してる」の呟き。
余韻があって、大好きなシーンです。

雰囲気が好きです

kiri様
ウダウダで~~~っておっしゃってましたが、この子嫌いじゃないです。
本編で読んだ時は内野君って、ドライだけどでもほんとに隼のこと思ってるんだなぁって見えてたんですが、もっともっと真剣だったんですよね。絶対数・・・考えたことなかったけど、そうなんですね。そんな刹那な中で生きてるんだって思えば、抱きしめたくなります。
昨日はういちろさんとこのちびうさちゃんで萌えて、「愛なんかー」の洋平への告白から最後まで読んで、また泣いてしまいましたよ。
いつもは亨とスーパーで出会うシーンと最後は読まないんです。空港での「行ってくる」でやめる。(笑)
明良と亨の、「どうか・・・ どうか。」を読むと、胸が痛くなって宿命なんてどっかいっちゃえ~~~って思って泣けてきます。
今朝は内野君の始まり読んで、秋也が「泣き虫」って涙を拭いてあげるとこ(大好きなんですよ~ここっ!)から最後まで読んで、秋也頑張ったね!って涙して・・・(結局秋也です!アタシは・・・)
もぉーkiri様のとこはひと粒で何度もおいしいですね。

長々とすみませんでした。本編の感想があんまりないので鍵付きにした方がいいのかな?と思ったのですが、すべては内野君のせいで・・・ということにしておいてください。
これからも内野君楽しみしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 切ない!

Luna様

あ、読み返してみました?笑
そう出番は多くないんですけどね~。大学時代からだし。
内野が3回生で、隼が2回生で出会ったんでした。(年は同じですが)
登場時結構軽かったでしょ?でも、あれもワザとだったという…。
途中で「実は結構マジ?」という部分もチロチロと出してましたが。
ここまでとは思って無かったかな~とww
だって隼、重いの嫌がってたもんね。ウザがってたし←ヒドイ
でも隼が「好きになれるかもしれない」……そう思ったのは、内野だけですし。
彼の存在で色々気づいたこともあった。
>読者の皆さんにウザがられてたのが、ちょっと不憫←あった、あった(笑

そうですね~。やっぱり秋也って「光」ですよね。
暗くて重いシーンでも、彼が出ると何だかパッと明るくなる。
信史を取り戻す時は、気合い入れて書いたな~(いや、いつも入れてるヨ?
漢な秋也を書く時は、凄く楽しいです♪

好きなシーンとかこうやって書いて頂くと、ほんと嬉しいです(*^。^*)

有難う御座いました☆

Re: 雰囲気が好きです

eico 様

あ。そう嫌いじゃないですか?良かった…。
まぁ、ずーーっと続く訳ではないので。でも、時々またウダウダですけど←

そうです。真剣だったの。絶対数の少ない相手と、巡り合えたんだもの。
同じ大学で、同じ学部で、ゼミも同じ…なんて!

あ、明良達読み返しました?
私も今さっき言われて、スーパーのシーンだけ読んだら泣いた(笑
書いてる時は必死だから、それ何処じゃないんだけど、時間経って第三者的に読んだら…。
自分で書いて、自分で泣くなよ。とツッコミましたけどww

あ、やっぱり秋也ですか~。彼はホント強いもの。
ブレない強さって凄いですよね。信史が何よりも愛してる部分。
そこが5年経っても変わってなかったことが、何より嬉しかったんですもんね。

>すべては内野君のせいで・・・←あはは、了解です~。
いいんですよ。本編に沿わなくても!思ったまま書いて下さい♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

>持田勇次
出ました。名指しで敵視!!
まぁ…ユルシテやりましょうね。もう、悔しくてたまらないんだと思う。

今だって、早く壊れてしまえ……なんて思ってるのも本心。
だって、他の奴じゃなく、自分が幸せにしてやりたいって男だから思っちゃうのよね。
隼も男だけどww
相手の幸せを本当に心から願えるのは、やはり…自分も幸せになれた時かもしれない。

うん、運命の相手だと思っちゃっても仕方無い。
こんな数の少ない中で、理想だと思う相手に出会ったんだもん。
隼も一時、そうかもしれない…とか過ってたし。勇次の存在が邪魔をした(内野視点ww

有難う御座いました☆もうすぐ浩太でるよー。

Re: はじめまして。

鍵コメk様

はじめまして~。ようこそです!
控室に待機中…にツボって、ニッキリ?笑

あ、スピンオフ好きですか?私も第三者的に読むのは好き♪
でも書くの結構…面倒な部分も(笑)色々絡まってるとこ、解きつつ進めてます…。
でも、喜んで下さると思えば楽しいんですよね~!

あらら、愛なんぞ~「暗雲」で停滞中?怖いですか?
えぇ!怖いですよ……。いやいや、脅してどーする。
大丈夫。ちゃんと最後は、誰も悲しい涙は流してないです。

ココにいる皆さんも、潜り抜けたツワモノさんばかり!!Kさんも、さ…どーぞ!爆

内野くんもしばしウジウジですが…その内、本来の彼に戻って行きます。
ちゃんとお料理して、最後には「ま、そこそこイケたんじゃない?」って言ってもらえるように、頑張ります~!

はい、ちゃんと成人されてるんですから!コメントは、いつでも(*^。^*)

またお顔出して下さいね。有難う御座いました☆

鍵コメK様

横レス申し訳ありません。

とても要らない情報かもしれませんが、kiriさんのリコメ読んだらついつい絡みたくなってしまいました。
ウザいようでしたら是非スルーしてくださいませ。

【愛なんぞー】の《暗雲》あたりで停滞されているようですが・・・
ーー怖いですよーー、て、一緒になって脅してどうする!て、皆様に叱られそうですが。

大丈夫ですよ。
確かにお話は辛いところが沢山有りました←有るんや。
でも、どれも大事な事なんです。
そして、未来の3人は、みんな笑顔なんですよーー!!
なんで、恐れず読んでください。
そして!!我々オバハン達と(いえ、中にはお姉様も、たまにお兄様もいらっしゃいますが)楽しく語らいましょうね。


そうですね、一番怖いのは【コメ欄】かもしれません。
私もかなり意地悪を書いた記憶が、、、
洋平さんがねー、色々羨ましかったもんで、ちょーーーーっと、軽ーーく意地悪をねーー。
うん、コメ欄は怖いよ、マジで。鍵コメの嵐でした。

そんな訳で、本編は絶対読まなきゃ損!!!ですので、
意を決して飛び込んでみましょう!




ああ、ウッチー。
ごめんなさい、特攻には良いスパイスだったわ。
隼には色々教えてくれてありがとうねーー。
ぐらいに軽く考えていたわ。
そらそやわね。本気で好きやから隼が嫌がる事、嫌われることは怖くて出来へんかったんやんな。
結果、軽い都合の良いオトコ を演じるしかなかったんよね。

kiriさん、ウッチーの幸せ。よろしくです。← かなり嫌いじゃない様子。

↑(爆)

優さんが脅してる(笑)

亨派がワンコを敵視してたのを思い出すわぁ。
洋平は悪くないよ、うん。
悪くないだけに腹立つだけ。(^_^;)

でなぁ。
ウッチーの切なさが…
ほんっとにまぢだったのがしみじみ来て。
持田さん、恨まれてるよなぁって。

更に昨日のリコメのkiri様の片恋の話が
ものスッゴク可愛いのでちょいと羨ましい。
←色々と薄い人なんで切羽詰まった思いをしたことない。

今更ながらに「恋」したくなるじゃんかよー

NoTitle

kiriさまこんばんは♪
昨日から新連載がはじまって!

はじめから内野君の切なさで胸が痛くなりました…
「愛をくれ」では、特攻のことしかみえてなかったので内野君に全然興味なくて(>_<)
でもこのお話でたぶん好ききゃらになるんだろうなぁと♪
ハピエンよろしくです!

私も鍵コメさまのリコメ読んでてその当時を思いだし…
『暗雲』…こわくて私はしばらく小説読まずに逃げました(笑)
その後戻ってきたらコメ欄がめっちゃヒートアップしてて、私もどさくさに紛れてコメデビュー(*´ω`*)
でもこの小説読み終わったあとの達成感みたいなのがハンパなかったなぁ♪

今となっては良い思い出❤

明日も楽しみにしています♪

泣いた?

kiriさま
またおじゃまします。
泣けましたか?あのシーンいいでしょ♪(←作者に言うなっ!)
駆け寄ろうとして止めた足とか、心の中での会話とか、幸せか?幸せだよ・・・なんて泣けますよ!!!
宿命さえなければ、好きな人と一緒にいられたのに・・・
でも、私にとっては「愛なんぞー」は珠玉の恋愛小説ですよ。
同性とか異性とか切り離した部分で感じるものがありました。

秋也のブレない強さには憧れます!
それは、恋愛だけじゃなく私生活部分にも・・・
きっついなーと思っても、秋也はそのきつさを耐えて、二人の先を見てきたんだもんなぁ~
あ~転職してぇーなんて思うけど、秋也のしんどさを考えたら、もうちょい頑張ろうって思ってしまう~
すごい子だよ~この子~!!!←作者がですね~♪

優様
関西弁のコメ、ほっこりしました~♪
陸通もありがとうございました。りっくんが語る秋也姫が楽しみです♪

真剣に振られたけど。

まぁね・・。 勇次が気付かなければ攫うことも出来た、かもしれない。
隼だって、失くしたくないから必死だった。無意識に逃げていたから、受け止めてくれる内野君、は救いだったのよ。 しばらくは。

”なんてメデタイ男なのかと、自分を呪う。”
”あの幼馴染と、早く壊れてしまえばいい。
そして、俺のところへ来ればいいのに。”


それくらい好きで、幸せだったんでしょ?未来を夢見るのは、悪くない。
ただ、匙加減が難しすぎただけ。
相手が我が侭王子だったから~~。

浩太クン、早めに出てきて、うっちーに天啓を与えてあげて。
「俺はおまえに出会うために生まれてきたんだー」 なんて、懐かしのしょーねんたいの歌みたいなセリフ、言わせてあげてね―(でも、想像すると笑ってしまう。今は)。

ただ、イイ男がやさぐれてるのも、好きなんだけど。  腐腐。



あ、鍵コメさんの初めてさんと、・・わっわっ、またのお越しされた方が??!
きゃーごめんなさい、ご挨拶してなかったかもしれない。。

鍵コメm*さま。・・・あの、遅くなって済みませんです(汗)。
はじめまして。 ご挨拶遅くなってごめんなさい。

コメントするの、楽しいですよね~。そしていろんな方がいろんな方向からkiri様ワールドを見せてくれる。
コメ欄って、万華鏡(カレイドスコープ)みたいです。 私も、中毒患者。笑。
ここも読み甲斐があって、つい何度も覗きに。。
日常の、ささやかな刺激、一緒に味わいましょう!


鍵コメKさま。
初めまして。控え室・・・。ホント、楽しみですね♪ 身長体重くらいしかわからないから、つい妄想・・・もとい、想像で、勝手につくり上げてます。をほほ。 

そして私も優さまに続いてしまおう。 ’愛なんぞ~~’、手強いです。
山登りする、いもとちゃんの気分で、是非登り切ってください。。大丈夫。
kiri様はハピエンにしてくださってます!(力説)

遠く想いあう愛だって、幸せなんです。  自分で決めた事だから。
あ、絵師さまのイラスト眺めながら・・、も、ひとつの策です。 背後にはお気を付けて(笑)。。


kiri様。
また私信込みしてました(←確信犯?)。でも、 新しい方を見る?の、楽しいですーーv-398

NoTitle

>同じセクシャリティーで、同じ世界に生きて、好みのタイプだと言ってくれた俺を、好きになってくれるかと。

そこなんだよね~
なかなか諦められなかったわけ。
運命って思い込んでしまっても不思議じゃないもん。

あばたもエクボとか、美化しすぎとか言われても、いいんです。

高校生が相手ということは、ウッチーが今24か25なので、8才くらい年下なのかな?

犯罪じゃない?スレスレ?どこが?

かわいい子だったらいいな~
でも、ウッチーが好きな、なまいきなやんちゃ系なのかな?

ういちろ様宅の、ちびうさちゃんの可愛さにノックアウトされてまして。
洋平が隠そうとしても無駄な「かわいいお尻」とか~

それは置いといて~

ウッチーの復習ワタクシもしましたわよ。軽いけどいい男。でも本気。
あの頃はkiri様、タイトル毎回つけてくれてたよね~
復習しやすい~



いや、そのー(汗)

erico様 ←また私信(笑)

関西弁のコメにほっこりとか・・・
ありがとうございます
でも、あの、その・・・(滝汗)

関西弁しか喋られへん。てのがホンマのとこなんで


えへ。陸朗はまたぽちぽちと書かせていただきますね。


完ぺきな私信です!ありがとうkiriさん❤︎

Re: 鍵コメK様

優様

夕方から友人達とご飯食べに行って、飲んできてこんな時間…。(-_-;)
今日、寒かったわ~~~!!ほんと、澪じゃないけど「寒っ」と何度も声に出た。

あー、そうやったね。
愛なんぞ~は、鍵コメの嵐でした。
でも私がリコメしてる分は、まだまだ大丈夫でしたよー。
私への罵詈雑言も凄かった。「よくこんな話書けるな。人間性疑う」みたいなの結構あった(爆
そんなに酷かったかな~。そうでもないと思うんだけど?←自覚無し

で、ウッチ―はこんなに本気でした。
そらね、希少な数の中で理想の相手に巡り合ったのは奇跡!!運命!!
…って思っちゃうよね。

はい、ちゃんと幸せにするよー。時間かかっても←

有難う御座いました☆

Re: ↑(爆)

Az様

あー、ほんとあの頃は「亨派」「洋平派」って感じで、完全に派閥あったよね。
明良を好きな方は、とにかく明良が幸せになってくれるなら…みたいな。

亨スキーさんがもう、濃くて、濃くて(爆
洋平スキーさんは亨が何かするたびに、ムキー!って怒ってた。笑
もう既に、かなり懐かしい…。

そう。ウッチ―は、持田さんを敵視。
でも、わかってんだよねー。隼が選んだってことも。

えぇ、若い頃の恋って、好きなことに一生懸命。恋に恋してる部分も有ったりww
打算とか駆け引きとか分かんないし。純粋さが、眩しいっす。(>_<)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

サエ様

>「愛をくれ」では、特攻のことしかみえてなかったので内野君に全然興味なくて(>_<)
いやいや、そんなもんですよー。そんなもん。
サブキャラは、やっぱりサブなんですよね。
で、こうしてスピンオフでメインになって帰ってくる…ってのも楽しい♪

あー。そうでしたね。
三角関係はもう読みたくないとか言われたような…笑
あの頃は、ほんと毎日皆さんの想いを受け取るので私も必死でした。
こんなに色々反響あるのは予想外で、結構しんどかった時も。
でも、最後までかけたから良かったです(´▽`)

>今となっては良い思い出❤←ほんと、その通りですね!

有難う御座いました☆

Re: 泣いた?

eico様

あは、自分の書いたのを久々に読んだら、何かポロリンww
書いてる時って必死だし、ちゃんと終わらせないと…とか思っちゃうから。
自分の小説は恥ずかしくて読み返せない(>_<)読むと欠点しか見えないんですよね~。
でも、宿命によって揺れ動いた彼らの恋愛はやっぱ切ないっす(ρ_;)
>珠玉←きゃー!!なんてこと!もう恐縮と光栄でいっぱいです♪有難う!!

秋也ね~。彼はやっぱり、太陽な子。
でも、月にもなれるようになった…もしかして最強??ww
仕事とかホント色々あるよね。もうちょっと…もうちょっと…もうちょっと。
そんな感じで、頑張れるだけは頑張ってみて下さい。無理しなきゃダメな時だってあるんですよね。女だって闘ってんだ!です。振り返った時に「よう頑張った自分」って思えたらイイですね。

有難う御座いました☆

Re: 真剣に振られたけど。

ますみ様

そう、最後には隼はちゃんと内野と話をして振りました!
前は「ウザい」だの「重い」だの…気まぐれな我儘王子でしたが。

勇次に必死に想いを伝える側になって初めて内野だけじゃなく、悠木のことや過去の子達の必死な気持ちに気付けたんだもんねー。

ほんと、勇次が幼馴染でOK!だったら。
隼は内野とくっ付いてた可能性あります。正直、そっちの方が気持ちは楽だと思う。
隼はどんな形でも、勇次とずっと繋がっていることが一番の望みだったんですから。

内野は優しいし、本気で愛し続けてくれたら…隼もいつか…なーんてこともあったかも。
残念だったね、内野。勇次はとっくに気づいてて、気付いてないのは隼の方だったのでした!

>イイ男がやさぐれてるのも、好きなんだけど←この意見、案外あって面白かったww

えぇ、もう私信はいつでも~♪皆であーだ、こーだ。楽しいのが、一番です!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

蝶丸様

隼だって言ってた。理想の相手だって。
お互いに同じこと思ってたのよね。だからって、くっ付いて上手く行くかどうかは別ですが(苦笑
それでも、内野は本気だった。

>犯罪じゃない?スレスレ?どこが? ←犯罪です(笑
ま、未成年(18未満)が訴えて「表」に出た場合は、まず…裁判しても負けます。
絶対に大人が悪いのですから。言い訳無用です。

最近は、男の子への性・犯罪が増えてるようです。男の子は「恥」だと思うから言えないらしく、表沙汰になってない方が多いけど。ホットラインに、専用のコーナーが出来たとか聞いたことあります。
きっと女でも中々言えないよね。ましてや男の子。
男の子は必ず「自分が弱いから悪い」と皆口を揃えて言うとか…おばちゃん、胸痛い…泣

あ、昔はタイトルつけてた。でも、もう無理です…。似たようなタイトルとか出てくるし。
ほんと、あの明良…あの顔、反則!!

有難う御座いました☆

内野君イイとこまで行ってたんですけどね~ 隼の顔と体だけじゃなく内面も好きだったから、勇次君も脅威に感じてましたもんね。 イイとこまで行ったからこそ、諦めきれない悔しい想いもあるんでしょうね。 隼も同じセクシャリティーにスゴく拘ってたけど、うっちーもそうなんですね。(確か明良君もそうでしたね。)

うっちーと一緒に、はやちゃんの事色々思い出してました。
本当隼は性に関しては最初から奔放でしたねー だけど心はピュアで一途。それがたまらなくいじらしい♪
秋也みたいに真っ白で真っ直ぐ!とは違うけど、純情なの。純情と奔放、真逆だけどそれを両方持ってる。
頭脳明晰なのに愛しのアホちゃんだしww

ちなみに私は、はやちゃんのahoちゃんでお子ちゃまな所がツボです!大好き♪
秋也はどこまでも真っ直ぐな所♪
明良君は~ あっ!イケナイ…一人ひとり全員の大好きなとこ、お伝えする所でした…自粛(笑)

内野君イイとこまで行ってたんですけどね~
隼の顔と体だけじゃなく内面も好きだったから、勇次君も脅威に感じてましたもんね。
イイとこまで行ったからこそ、諦めきれない悔しい想いもあるんでしょうね。

隼も同じセクシャリティーにスゴく拘ってたけど、うっちーもそうなんですね。(確か明良君もそうでしたね。)
内野くんの心の中覗いて、色んな事、マイノリティーとか男の性とか…宿命とか…本当色んな事考えました。
ぐるぐると結論は出ないけど、そしてそれをここに書くと、ものスッゴく長くなるのでやめますがww(実際打ったら恐ろしいほど長すぎたので消去しました(笑)
とにかく私は、今まで通りマイノリティー全てに対して、理解し、見守り、応援していく!って事で落ち着きました(*^-^*)

Kiri様いつもありがとうございます♪
高校生のウケちゃん楽しみです(*^^*)
今日はお休みだけど病院(お陰様で今週退院です!)行ってきます!! もちろんうっちーに会ってから♪
楽しみにしてまーす\(^o^)/

Re: 内野君イイとこまで行ってたんですけどね~ 隼の顔と体だけじゃなく内面も好きだったから、勇次君も脅威に感じてましたもんね。 イイとこまで行ったからこそ、諦めきれない悔しい想いもあるんでしょうね。 隼も同じセクシャリティーにスゴく拘ってたけど、うっちーもそうなんですね。(確か明良君もそうでした

kei2様

隼は、永遠の少年…笑
私は彼のそーいうとこが好きなんですよね。男の子そのもので、ちょっと乙女なとこもあって。
でも、イケイケで直情型。こういう子って、そこが魅力だって知れば、ズブズブ…。
内野もその一人になりました(爆

あ~明良のどこが良いか、途中でえぇぇwww

結局、内野も勇次に近い目線で隼を見ていた。そこを勇次は何とな~~く察してしまったようです。
だから、凄く焦ったんだろうな…。あの勇次が、隼を突き放したんだもん。
本気で隼を好きなのも感じて、幼馴染に徹してやるのが一番イイのだとも思った。
内野、そういう意味じゃイイ線まで行ったのよ、ほんと。でもダメだったんだよね~。

このサイトに来る男性読者様の声を聞けば、やはり「負い目」というのは避けられない。
私たちは「そんなの関係ないよ。男も女も同じだよ」なんて、つい思っちゃいますが。
全然違うんですよね。ココを「ネガ」だと思う方もいるかもですが、違う。

人としての、本能ってあると思うんです。それは、男にも女にも。
世間体とか自己保身とか…そんなダケじゃない、もっと根っこの部分。

明良も隼も、内野も。それを抱えた上で、幸せの道を模索…。
どうぞ、見守って下さい(´▽`)

あ、今週退院ですか!良かったです。またそれなりに忙しくなるとしても、一安心ですね♪

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ここに、おいで-1】へ
  • 【ここに、おいで-3】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。