女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

【最終回☆祝イラスト】近平×拓篤(微妙に背後注意)ライオンVS豹?

★イラスト★

2015.06.01 (Mon)

 皆さま、今日から6月ですね。もう年越して、半年近く…(゚Д゚)それは置いといて、本題。一昨日「恋のカタマリ」が無事に最終回を迎えました。そして昨日、またもや長々と後書きを書いてしまいました。何でも長いkiriです。メールとか、めっちゃ短文のくせに。最終回と昨日、たくさんコメントや応援の言葉を頂いて、有難う御座いますm(__)mさ。本題へ。お祝いに、寿祐様よりイラストを頂いたのでUPさせて頂きます!これを頂いたのはク...全文を読む

頂きモノのイラスト&SSのお知らせ

★イラスト★

2015.06.07 (Sun)

 皆様。連載が終わって、三日程腐抜けて腑抜けておりました。のんべんだらりと過ごし、それが心地良くなってきてる自分が居てヤバイ(゚Д゚;)とにかく!書く気力が失われる前に、PCに文字を打たねば!……と、気を取り直し。何とか「牧村三兄弟」を書き上げられそうなので、まずは予告をさせて頂きます。今回は三兄弟だけに焦点を当てるつもりで最初は5話程度の予定でした。あの「俺は先生」のパターンで、ラブエロ無しで行くパターン。…...全文を読む

牧村三兄弟+α-1

牧村三兄弟

2015.06.08 (Mon)

 隼が病室の扉を開けると、ベッドに横たわる母がこっちを見た。「母さん。起きてたんだ」「来てくれたん?」母が体を起こすから、慌てて傍に行く。「寝とき」隼の優しい声に、母が嬉しそうにまた横になった。「忙しいのに」「親が手術したってのに。時間なんか作るよ」隼が眉をしかめると、ニッコリと笑う。母はこんなに小さかったのかと、隼は思った。手術と言っても、婦人系の病気で命に関るような大きなモノではない。「痛い?」...全文を読む

牧村三兄弟+α-2

牧村三兄弟

2015.06.09 (Tue)

 父が母の顔を見て、優しい顔をしているのを見ながら隼は思う。家の中のことは母親に全てを信頼して任せて、ただ外で家族のために寝る時間を削って働いて……。子供のことを全て把握なんか出来る訳もないか。ただでさえ、医者という仕事は人の命を預かってるんだ。もう今の俺の年には、兄貴が生まれていたしな。男として父として、祖父の代からの病院も守らなきゃいけないし。……必死だったんだろうな。祖父が亡くなったのは、まだ小さ...全文を読む

牧村三兄弟+α-3

牧村三兄弟

2015.06.10 (Wed)

 翔が来て、近くの居酒屋に三人で向かう。ビールを頼み、三人で乾杯をして近況報告。こういうことでもないと、こうやって三人が集まって外で飯食って酒を飲む機会などない。皆、それぞれに違うことをやっていて時間的にもバラバラだ。「翔、お前彼女は?」隼が聞けば、両手でバツをする。「別れたのか?」優が確認すれば、ウンウンと頷いた。「兄貴こそどうなんだよ」「今俺は、彼女作ってる暇ないんだよ」「そうなんだ」「女に割く...全文を読む

牧村三兄弟+α-4

牧村三兄弟

2015.06.11 (Thu)

 久しぶりに実家で風呂に入って、翔に借りた部屋着を着れば少し大きいことにちょっとムカつく。リビングに行けば、先に風呂から上がった兄貴がパソコンで論文を読んでいる。その傍に翔がちょこんと座っているのが可笑しい。体は兄貴より大きいのに、ちょこん……に見えるのだ。お前は犬か……と、心で呟いて口元が緩む。「翔、風呂入れ」「はいはいー」ビールを持って兄貴に渡せば、パソコンを閉じて隼を見る。「……何?」「いや……。お前...全文を読む

牧村三兄弟+α-5☆R18

牧村三兄弟

2015.06.12 (Fri)

 母親の見舞いに行ってから三日目の祝日。隼は少し遅目に起きて、部屋の掃除と洗濯に取り掛かる。この間の休みは実家に居たから、戻って提出物の仕事にかかりっきりで部屋は手つかずのままだ。風呂掃除も終えて、とりあえずバスタブに湯を溜めておく。勇次が起きたら入るだろう。今日も事務所に顔を出すとか何とか、昨日の夜中に帰ってきて言ってたし。ソファーの周りの勇次の散らかした雑誌や書類をまとめていると、寝室のドアが開...全文を読む

牧村三兄弟+α-6☆R18

牧村三兄弟

2015.06.13 (Sat)

 勇次の厚めの唇に全部を覆われて、食われそうになるこの感覚が好きだ。唾液が混ざり合うことも、興奮する……。三歳から知っている幼馴染とキスをして、繋がって。俺がゲイでなければこんな関係じゃなく、時々会って酒を飲みながら嫁や子供の話をしていただろう。何一つ、疑問も持たずに。けど、俺達はこうしてキスをしてSEXをしてる。男同士で、繋がってる……。それが今じゃまるで、俺達が出合ってからなるべくしてなったようにさえ...全文を読む

牧村三兄弟+α-7

牧村三兄弟

2015.06.14 (Sun)

 勇次が出かけてから、隼がリビングのテーブルで仕事をしているとインターホンが鳴った。 ロックを解除して、しばらくすると玄関に着いたようだ。 「はーー。久しぶりだ」 扉を開けるなり、ズカズカと部屋に入ってきてドサッと荷物を置いてテーブルに座る。 ジャージ姿で薄汚れていて、どうみてもグラウンドからそのままこっちに来てる。 「お前汚ねぇな。先、シャワー浴びて来い」 「もーー。相変わらず神経質なんだから」 飯くら...全文を読む

牧村三兄弟+α-8

牧村三兄弟

2015.06.15 (Mon)

 「俺、勇兄の家族好き。自由って感じで」いや……そう簡単な話じゃないんだ。勇次に敷かれたレールは、クラシックへの道だった。あいつだって、色々悩んでた時期があった。当時の俺は自分のことで頭がいっぱいで、気が付いたら勇次はもう答えを出していたけど。家族は理解してくれているが、バンドをやってることを快く思わないクラシック畑の人が周りにいるんだ。その理解を無駄にしないように、勇次は頑張ってる。「音楽バカでも色...全文を読む

牧村三兄弟+α-9

牧村三兄弟

2015.06.16 (Tue)

 陸朗が首をブルブルと振ると、隼がニッと笑う。「飯、食いたくない?」「食うよ!!めっちゃ腹減ってるし!!オムレツ食いたいし!!」陸朗の訴えを聞きながら、フライパンに卵をジューッと流し入れた。「いい音すんなぁ……」陸朗がボソリと呟き、翔をチラリと見れば兄と同じようにニッと笑う。「マジで兄弟だ。同じ笑い方……」「俺の方がデカいけどね。はい」何が「はい」かと思うと、シャツを捲りあげて腹を見せた。「えーーー。ち...全文を読む

牧村三兄弟+α-10

牧村三兄弟

2015.06.17 (Wed)

 勇次が部屋から出て来て、少しの間に空気が変わってるのに隼を見た。「何だ、その顔。どうした?」 「何でも無い」 隼がまたプリントに向かうと、勇次もソファーに座った。 「お前、何した?」 隼の機嫌が悪いのを訝しみ、翔に問う。 「サイン頼んでたんだ」 「あぁ、そんでか」 勇次が分かったとばかりに、ふっと笑う。 翔が事情を説明すれば、うんうんと頷く。 「明日、メンバーで打ち合わせするから、来るか?全員分、集まるぞ...全文を読む

牧村三兄弟+α-11

牧村三兄弟

2015.06.18 (Thu)

 「今日、押しそう?」部屋に入って、椅子に座って健太郎に聞けば首を傾げる。「打ち合わせ自体は終わったけど、リーダー次第」そうだよな……。さっき携帯にかけたけど、出なかった。「三十分待って無理そうだったら、帰るぞ」「えーーー」「健太郎、悪いけどサインしてやって」さっさと用事を済ませようと隼が言えば、快く承知してくれる。「あ、リーダーと陸朗のはもう書いてある」「昨日、もらった」本来の目的の陸朗はもう一枚、...全文を読む

牧村三兄弟+α-12

牧村三兄弟

2015.06.19 (Fri)

 そこに居たのは三村だ。「わっ……出た」健太郎が首を引き、ゲンナリとした顔をした。「お前、何触ろうとしてんだ」冷たい声と鋭い目。何てタイミングだよ。魔力でも持ってんのか?隼もさすがに、久々の三村の冷たい目にブルっと来る。「今、触ろうとしてたよな?」そう言って畳みかけてくる。「実際、触ったのは牧村さん」こいつ……。今度は隼に矛先を向けようとする。「牧村は拳を当てただけだ。お前らは、手を広げて触ろうとしてた...全文を読む

牧村三兄弟+α-13

牧村三兄弟

2015.06.20 (Sat)

 「勇兄、さっきからキャベツばっか食べてんじゃん」 キャベツを中心に食べる勇次に、翔が笑う。 「このソースに程よく絡まったキャベツが美味いんだよ」 「俺、このソースがちょっと焦げて麺が硬くなったのが好き」 「勇次!ソース零すなって」三人でワイワイ食べていると、みるみる野菜も麺も無くなって行く。翔は昔から食べる量が凄い。まだ酒も飲めない内は、食べること中心で速度だって早かった。そういえば、家ではホットプレ...全文を読む

牧村三兄弟+α-14(終)

牧村三兄弟

2015.06.21 (Sun)

 勇次がヘッドフォンを外し、ドアを開けた隼を見る。 ……来ると思った。 クスッと零れそうな笑みを耐える。 母親の入院で気が張って、家でも翔が居る間はずっと兄としての役割をしていた。このところすれ違いも続いたし、二人で過ごしたのは……あぁ、風呂に一緒に入ったきりだ。 そろそろ甘えたい……いや、構って欲しいって方が合ってるか? 「どうした?」 「急ぎ?それ」 「う~ん。まぁまぁ」 途端に機嫌の悪くなる顔。 「こっち来...全文を読む

同人誌についてアンケ

★お知らせ

2015.06.23 (Tue)

 皆さま、ちょっとココでアンケートを取らせて下さい。随分と前から、ずーーーーーーーーーーーっと言って頂いていた「同人誌」についてなんですが。その度に、言葉を濁しつつ…ここまで来ました。お礼を兼ねて、頑張らねば!と思いながら、挫折して頓挫……のまま、1年半。毎回、お声を頂くたびにヽ(;′△`)ノメールでも、ちょこちょこ「出ないんですか?」というお声も頂き…。はぁぁぁぁ……本当に、不甲斐なくてすいません。m(__)mなん...全文を読む

野獣SSのお知らせ&アンケについて

★お知らせ

2015.06.27 (Sat)

 皆さま。まずは、お礼を。アンケートにポチ、有難う御座います。予想を大きく上回る、ポチがあって……嬉しいです。現在、ちょっと腰退けちゃってチキンにもなってます←ほとんどの方は、とにかく「欲しい」というお声で、あぁ待って下さってたんだなぁ…とシミジミ。もうスッごい喜んで下さってる方の多い事!ほんとビックリです。全部!!という太っ腹なお声もいくつもあってヽ(゚Д゚;)ノ!!しかし、やはり本編を同人誌で…ってお声が多く...全文を読む

俺の勝ち-1

俺の勝ち

2015.06.28 (Sun)

 龍介が本庁の斎川と共にN署を訪れる。現在追っている被疑者が、事件前に職質されていることが制服警官からの報告で分かったからだ。もう随分と前のことでも、何処で絡まった糸が解ける切っ掛けになるか分からない。刑事課に顔を出し、職質した制服警官を呼び出してもらった。ちょうど子供達に道場で柔道を教えていたらしく、道着のままだ。「江東と申します。すいません、こんな格好で」「いや、構わない。今、調書は見せてもらっ...全文を読む

俺の勝ち-2

俺の勝ち

2015.06.29 (Mon)

 車を降り、紙袋を二つ両手に持つ。車のドアを閉め向こうを見ると龍介の先輩、堂本が見える。龍介が居なかったら、預けて帰ろう。歩いていると、若い青年がこっちに向かって歩きながらジッと見られているのに気がついた。おぉ……。綺麗……というか、美麗?な男だ。あの明良さんを何処か思い起こさせる色彩のコントラストが絶妙。達也はあまりにも見られるので、男相手には滅多に見せることのない笑み浮かべた。頭を下げられて、同じよ...全文を読む

俺の勝ち-3

俺の勝ち

2015.06.30 (Tue)

 「あれがユーレイか」取調室のマジックミラー越しの部屋で見ていると、早川管理官が入って来た。「はい」「目撃者はまだか」「今、こっちに向かってます」早川が腕を組み、眉をしかめて男を見る。「手こずらせるな」やっと逮捕にこぎつけてみれば、黙秘。上にかなりせっつかれたのだろう。焦燥と疲労が浮かぶ、管理官の横顔。そこへドアが開き、堂本が顔を出した。「着いたか?」「はい。今、書類を書いてこっちに」「目撃だけが頼...全文を読む

前月     2015年06月       翌月

Menu

プロフィール

kiri

Author:kiri
FC2ブログへようこそ!

【BL小説】メインです。
エロ有り、愛有り。
※18歳未満(高校生含)は、読んではいけません。
ご注意下さい。
男同士の恋愛エロですので、不快な方はスルー願います。
コメント等、大歓迎です。
(誹謗・中傷はお断り。こちらで判断次第削除します)
誤字・脱字のご指摘も有りがたく思います。
お気軽にメッセージ下さい。
尚、著作権は放棄しておりませんので、文章の転載は禁止。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。